子供の教育・成長・食事・遊び

4歳の我が子が好きな料理レシピBEST6(栄養士ママの発信)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは4歳男児ママです!

突然ですが、皆さんのお子さんはどんなお料理が好きですか?

自分の子供の好物は分かる!というお母さんも、ほかの子の好みってなかなか聞く機会も無いですよね!

お子さんによって、それぞれ好きなものも違い、個人差があるのでどんなものを出したら喜ぶのか?興味深いところです。

また、こどもの舌は大人より敏感で正直なので本当においしいものを好んで食べると言われていますよね。

今回は、4歳の我が子が好きな料理レシピBEST6をお伝えしたいと思います。

晩御飯のメニュー何にしよう?迷ったときにもぜひ参考にされてみてください!



色々サンドイッチ

お好みの具材でその日の気分によってアレンジができるのもうれしいポイントです!

【材料】
サンドイッチ用パン
お好みの具材
トマト
レタス
キュウリ
ハム
ツナマヨ
(お好みの調味料)
マヨネーズ
マーガリン
ケチャップ
ジャム
練乳
チョコクリーム
【作り方】
1.サンドイッチ用パンにマーガリンを塗りお好みの野菜が具材を挟みます。

2.挟み終わったサンドイッチは重ね、濡れ布巾でしっかりと包み1時間ほど冷蔵庫で寝かしなじませます。

3.濡れ布巾でなくてもラップやキッチンペーパを少し湿らせたもので包むと衛生的にも安心ですし、使い終われば捨てられるので簡単!

4.なじませたサンドイッチは4等分くらいの食べやすい大きさに切りましょう。

少しひと手間かけることで、ずいぶん食べやすくなり、おいしくなりますよ。

火を使わないので、お子さんと一緒に作るのにもおすすめのメニューです。

とろーりチーズのトマト鍋

【材料】
トマト缶 1缶
めんつゆ 50cc
みりん  大さじ3
おろしにんにく 1かけ
水 500cc
ナチュラルチーズ お好きなだけ
(お好きな具材)
ウインナー
ジャガイモ
エリンギ
あさり
ブロッコリー
鶏肉
玉ねぎ
キャベツ
パスタなど
【作り方】
1.具材は1口大に切り、鍋にすべての材料を入れ沸騰させ食材に火が入れは出来上がりです。

〆にパスタを加えてチーズをかけるのもおいしいですし、ご飯を入れてトマトチーズリゾットにするのもおすすめです。

お子様が大好きなトマト味で、お野菜もどんどん食べられちゃいますよ。

ホットプレートで手作り餃子

【材料】
(4人分)
餃子の皮 50枚
豚ひき肉 200g
にら 1束
白菜 4分の1束
キャベツ4分の1玉
シソ 10枚
ニンニク 1かけ
しょうが 1かけ
(調味料)
塩 少々
ごま油 大さじ1
醤油 大さじ1
【作り方】
1.大きめのボウルにひき肉と調味料を入れ粘りが出るまでよく混ぜます。

2.にら、白菜、キャベツ、シソをみじん切りにします。フードプロセッサーに入れて粗みじん切りにすると簡単にすぐできますよ!

3.軽く野菜の水気を絞り、ひき肉が入ったボウルに入れよく混ぜ合わせます。

4.具材を皮で包んでいきます。家族みんなで会話しながら包むのもたのしいですよ。
包む際にお好みで、チーズやウインナーを入れると、くじ引き感覚でもっと楽しめます。

5.強火で温めたホットプレートに油を敷き、餃子を並べ両面カリッと焼きます。

6.1カップの水を注ぎ、蓋をし、蒸し焼きにします。

7.様子を見て水分がなくなって餃子の表面が乾いてきたら裏返して再度両面に焦げ目をつけて出来上がり!

ゆずポン酢がよく合う、さっぱりした野菜たっぷりの餃子です。

我が家では週末にみんなでワイワイ作ります!家族みんなで熱々を頬ばりましょう。



なめらかジャガイモのコロッケ

【材料】
メークイン 5個
合いびき肉 100g
牛乳 大さじ3
玉ねぎ 1個
塩コショウ 少々
パン粉 適量
薄力粉 適量
たまご 1こ
揚げ油 適量
【作り方】
1.メークインをよく洗い芽を取り皮は剥かずにそのまま炊飯器に入れ玄米コースで過熱します。

2.メークインは熱いうちに皮をむき、大きめのボウルにバターと塩コショウも加えてしっかりとつぶします。

3.なめらかになってきたら少しずつ牛乳を加えさらに滑らかに仕上げていきます。

4.細かめの玉ねぎのみじん切り、合いびき肉を炒め、メークインと合わせしっかりと混ぜ、小判型に成型して冷蔵庫へ。
粗熱をしっかりとることでパンクしないコロッケになりますよ!

5.小麦粉、卵、パン粉の順でつけていき、中火でサックリとあげていきます。

ソースやケチャップなどお好みのもので召し上がれ!

シンプルですが、メークインのなめらかな舌触りが美味しい一品で、息子に大好評です!

成形する前のタネが余ってしまったら、マヨネーズやキュウリやコーンと合わせるだけで、ポテトサラダに変身させることもできますよ。

ジューシーからあげ

【材料】
鶏むね肉 1枚
おろしにんにく 1かけ
おろししょうが 1かけ
酒 大さじ2
醤油 大さじ1
たまご 1個
マヨネーズ 大さじ1
薄力粉 大さじ4
片栗粉 大さじ5
揚げ油 適量
【作り方】
1.鶏むね肉は1口大に切り、ポリ袋に入れ、酒、しょうゆ、おろしにんにくとしょうがも入れ、よくもみ半日ほど冷蔵庫でおきます。

2.卵を1に加えさらに1時間ほど冷蔵庫で寝かせます。

3.揚げる直前に、マヨネーズ、薄力粉、片栗粉を加え、衣がまんべんなくいきわたるようにして揉み、油を中火にあたためてじっくり揚げていきます。

4.唐揚げが浮いてきたら火が通っているので、最後は強火にし、表面をカラッと仕上げます。

5.油をよく切り、出来上がりです。

我が家の定番のパーティメニューです!

時間がたってもパサつかないので、遠足のお弁当にもぴったりです。

鶏むね肉を使うことで油っぽくなく、たくさん食べられます!

余った分は、冷凍保存しておき、オーブンなどで再加熱するとカリッと復活しますよ!

ネギポン酢などに絡めるとビールにもよく合います!

給食の味!夏野菜カレー

【材料】(8人分)
鶏モモ肉 1枚
玉ねぎ 1個
人参 1本
りんご 1個
トマト缶 1缶
カレールー 1箱
ヨーグルト 大さじ3
塩コショウ 少々
しょうが 1かけ
ニンニク 1かけ
(トッピング野菜)
かぼちゃ
プチトマト 
オクラ
なすび
ズッキーニ
エリンギ
【作り方】
1.鶏肉は一口大に切り、塩コショウをし油をひいた鍋で焼き色を付けます。

2.1口大に切った玉ねぎを1に入れよく炒め合わせます。

3.火が通ったら、フードプロセッサーでスムージー状にしたりんご、人参、トマト缶を入れ、さらににんにく、しょうがを焦げ付かないように混ぜながらヨーグルトも入れよく煮込みます。

4.仕上げに火を止めカレールーをとかしたらカレーの出来上がり。

あとは夏野菜を食べやすい大きさに切って油を敷きフライパンで焼いたものを上にトッピングしていきましょう。

色とりどりの野菜がきれいで、リンゴの甘みがさわやかでおいしいカレーです。

実はもともとカレーが苦手だった息子ですが、なぜか給食のカレーだけはおかわりすると驚きの事実が判明!

給食の先生に作り方を教えていただき、自分でアレンジしたカレーです!

お野菜もたっぷりとれるので、夏バテ気味の時にもおすすめですよ!

食事とともに楽しい思い出を…

我が子が好きな料理レシピはいかがだったでしょうか?

お気付きですか?意外とパーティメニューが多いことですよね!

この記事を書くにあたって、息子に好きなメニューを聞いてみたところ

外食を含め、幼稚園の給食のカレー、みんなでが作った餃子、遠足のお弁当に入っていたからあげ!など、エピソード込みでの返答がほとんどでした。

意外と味そのものが好き!というより、食べる雰囲気や食べるまでの過程などが楽しい思い出として子供の心に残っているのかもしれませんね。

皆さんも子供の頃のお母さんの味や、懐かしい行事食、パーティメニューなど、忘れられない思い出の味があるのではないでしょうか?

小さいうちから食事を通して楽しくおいしい思い出がたくさんできるように、これからも息子との会話を大切に、たくさんの食べ物や味に出会わせて、おいしい経験を増やしてあげたいと思っています。



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします