子供の教育・成長・食事・遊び

茄子嫌いの子供でも食べちゃう!茄子克服レシピ4選(栄養士ママの発信)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!4歳男児栄養士ママです!

皆さん、ナスはお好きですか?私は大好きです!

ナスは栄養たっぷりで調理次第では、ボリュームがあるので、メインにもなる便利な食材ですよね。

夏野菜の定番ともいえるナスですが、苦手なお子さんも多いようです。

そこで今回は茄子嫌いを克服するポイントや茄子嫌いのお子さんでも食べられちゃう!ナス克服レシピ4選をご紹介します。

この夏は家族みんなでおいしいナス料理を楽しみましょう。



どうして子供は茄子が嫌いなの?

茄子は残念ながら子供が嫌いな野菜ベスト3にいつもランクインしてしまう常連野菜と言われています。

我が家の息子も例外ではなく茄子が苦手です。

理由としては、茄子の持つ独特の食感、味、風味が苦手というのが圧倒的意見のようで、見た目というより口の中に入れたときに不快に感じてしまうお子さんが多いようです。

そもそも、子供の経験値が浅い舌では茄子の持つ味や食感を「おいしい!」と感じるのは本能的に難しいので仕方がないことなのかもしれませんね。

茄子嫌いを克服するポイント

茄子嫌いを克服するポイントとしては、口の中に入れたときの味や食感を変えることが重要です。

実際に我が家の息子もちょっとした工夫をすることで茄子をおいしく食べられるようになりました。

茄子嫌いを克服するのに大切なポイントを1つずつ紹介します。

下処理をしっかりする

茄子は灰汁が強いお野菜と言われています。

大人の私たちにとってはさほど気にならない茄子の灰汁ですが、こどもは舌もデリケートなため、灰汁からくるえぐみを敏感に感じ取ってしまい、不快感へとつながることがあるので灰汁抜きはしっかり行うようにしましょう。

切った後は必ず10分程度水にさらし、キッチンペーパーなどでしっかり水気をきって調理するといいですよ。

調理方法を工夫する

また調理方法にも工夫が必要です。

お子様にあげる場合は皮をむいて小さめに刻む「これなら食べられる!」という子も多いです。

細かく刻んで、混ぜ込む方法や、油と相性がいい茄子は揚げ物や炒め物にすると食べやすくなります。

また茄子は品種によっても味が少しずつ違ってきます。

中でも、茄子が苦手な方には、灰汁が少なく、癖がない水ナスがおすすめですよ。

味付けを工夫する

味付けにも工夫が大切です。

茄子の独特の味を和らげるにはお子様の好きなトマト味や、カレー味で味付けするのが相性がいいです。

また、お子さんが普段から好きな調味料で味付けしてみるのもいいかもしれません。

我が家の息子も不思議と、大好きなポン酢をかけると、大抵の苦手なものも食べられるようになります。

茄子嫌いのお子さんへ!ナス克服レシピ4選

うちの息子が食べられるようになったメニューを紹介します!

簡単にできて夏にぴったりの茄子メニューです。ぜひお試しください。

ベーコンとなすのカレー

祖母に教わった、私の大好きなカレーです!

ベーコンの旨味と茄子の甘みがとてもシンプルで食べやすいカレーです。

【材料】
ベーコン 5枚程度
茄子 1本
玉ねぎ 2分の1こ
カレールー (甘口がおすすめ)2分の1箱
水 500cc
オリーブオイル 大さじ3
ご飯 好きなだけ
【作り方】
1.玉ねぎはみじん切りにし、ベーコンは柵状1センチ幅に切ります。

2.茄子は皮をむき、1センチ幅くらいでさいの目切りにし、水にさらし水気をしっかりと切ります。

3.オリーブオイルを深めのフライパンに熱し、茄子を入れ揚げ焼きにします。

4.いったん3を取り出し、同じフライパンにベーコンを入れよく炒め、玉ねぎを入れしっかりと炒めます。

5.4に茄子を戻し軽く炒め合わせたら、水を加え、弱火でコトコト、時々混ぜながら30分ほど煮込みます。

6.仕上げにルーを入れて、ひと煮込みしたらご飯にかけて出来上がりです!

トッピングとしてかぼちゃやピーマン、オクラやニンジンなどの焼き野菜を添えると彩も栄養バランスも良くなりますよ!

一見茄子が入っていると気づかないので、茄子嫌いでももりもり食べられちゃいます!



なすとひき肉のボロネーゼ

こどもが大好きなトマト味のスパゲッティに混ぜてしまえば、おいしく食べられちゃいます。

茄子で程よくとろみがついたソースは絶品ですよ。

【材料】(3人分)
パスタ 3束
茄子 1本
ひき肉 200g
トマトケチャップ 大さじ6
ウスターソース 大さじ3
玉ねぎ 4分の1個
ニンニク 1かけ
オリーブオイル 大さじ2
顆粒コンソメ 小さじ1
塩コショウ 少々
粉チーズ お好きな量
【作り方】
1.先にパスタをゆでます。

2.茄子は皮をむき、0.5センチくらいのさいの目切りにし水にさらし水けをきります。

3.熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、ひき肉を色が変わるまでしっかり炒め、塩コショウをします。

4.にんにくのみじん切り、玉ねぎのみじん切りを入れよく炒め合わせ、茄子を入れ、火が通ってトロっとするまで炒めます。

5.火が通ったら、顆粒コンソメ、ウスターソース、ケチャップで味付けし、ゆであがったパスタにかけて、お好みで粉チーズをかけます。

トマト味にすることで茄子をほとんど感じずに食べることが出来ます。

大人用はタバスコをかけるとおいしいですよ。

豚バラ茄子そうめん

油と相性が良い茄子は、豚バラと炒めることでまろやかに、食べやすくなります。

そうめんの出番が自ずと増える夏休みに!マンネリ脱出にもぴったりのメニューですよ。

【材料】(4人分)
そうめん 4束
なす 1本
豚バラスライス 200g
めんつゆストレート450cc
大葉 好きなだけ
ねぎ 適量
ごま 適量
しょうが 1かけ
【作り方】
1.小鍋に油をひかずに、1センチ角に切った豚バラを入れ、よく炒めます。

2.皮をむき0.5センチ角に切った茄子は水に浸し灰汁を抜き、水気をきってから、豚バラと合わせ炒めていきます。

3.しっかり火が通ったところで、めんつゆを入れひと煮立ちすればつゆは完成!

4.ゆでて流水と氷で冷やしたそうめんにつけて出来上がりです!

つゆは温かいままでも、少し冷やしてもおいしいですよ。夏バテにもぴったりです。

大人は大葉やしょうがを添えるとさらにさっぱりおいしく食べられますよ。

茄子と野菜のかき揚げ

茄子の天ぷらは茄子嫌いさんにとってはちょっとハードルが高いかもしれませんが、かき揚げなら茄子をあまり感じず食べることが出来ます。

海苔の風味が美味しいかき揚げです。

【材料】
茄子 1本
人参 1本
玉ねぎ 1個
青のり 小さじ1
てんぷら粉 てんぷら粉の袋の分量通りで計算
水 てんぷら粉の袋の分量通り
揚げ油 適量
【作り方】
1.茄子は皮をむき、かなり細めの千切りにし、灰汁抜きをします。

2.人参玉ねぎも皮をむきかなり細めの千切りにします。

3.ボウルにてんぷら粉と水を入れ、青のり、茄子、人参、玉ねぎを入れ軽く混ぜ、一口大くらいにスプーンで成形し、油で揚げていきます。

4.火が通ったら出来上がりです。

お塩や、天つゆ。おろしポン酢とも相性抜群ですよ。

小さめに成型することでお子さんでも食べやすいかき揚げになります。

余ったら、1つずつラップに包んで冷凍しておくと、いつでもオーブンで温めて食べられますよ。かき揚げ丼にしてもおいしいです。

無理に食べさせなくても大丈夫

レシピはいかがでしたか?

子供にはあまり人気のない茄子ですが、そのほとんどの理由が味の経験値の低さからくるものなので、食わず嫌いにならないように無理のない範囲で少しずつチャレンジしていけば、成長とともに克服できることが多いようです。

ママの中にも、苦手なものでも大人になったら食べられるようになった!という方は多いのではないでしょうか?

無理に食べさせようとはせずに、最初は茄子を感じないような料理からチャレンジしてみて「食べられた!」という経験をさせてあげることが1番大切です。

お子さんの自信にもつながりますよね!

夏休みには親子で様々な茄子の料理にチャレンジしてみましょう!



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします