小学生・小学校

子供向け水筒の賢い選び方と人気ブランド3選

お子様の水筒選び、どうしていますか?

さまざまなタイプの飲み口があったり、迷うことばかり…

そこで、賢い選び方と人気の高いブランドをまとめてみました。

[co-7]

賢い選び方

こども向け水筒を選ぶときに、チェックしておきたいポイントです。

幼稚園・小学校のルールを確認

コップ式、直飲みタイプ、ストロータイプなど、水筒にはいろいろな種類があります。

幼稚園・小学校によっては、衛生やマナーといった面に考慮し、それぞれ指定があったり禁止だったりすることもあります。

幼稚園・小学校用に用意する水筒でしたら、まずはそれぞれのルールの確認をしましょう。

パーツを付け替えてコップ式/直飲み式にチェンジできるタイプの水筒なら、成長や目的に合わせてより幅広く使用できます。

口は広めがおすすめ

水筒は、口の広い作りのものの方が洗いやすく、清潔に保てます。

また、真夏などに氷たっぷりにしたい時も、ざくざく入れられます。

サイズ

大は小を兼ねるという言葉がありますが、こども向け水筒にはあまり当てはまりません。

あまりに大きすぎる水筒は、いっぱいに入れると重く、かさばって持ち歩きにくいうえに、こどもの手に余って注いだり飲んだりにも支障をきたすことさえあります。

最近では、「年齢×100ml」が年齢に合わせた水筒サイズの目安であると説明されているそうです。

ちなみに、我が家の娘(五年生)は、小学校入学後ずっと800mlの水筒を使用。

夏でも足りないことはないそうです。冬はちょっと余るくらいです。

素材で選ぶなら?

水筒にはざっくりわけて、ステンレスのものと、プラスチックのものがあります。

    <ステンレス製の水筒>
    ・プラスチックに比較してやや重いもののそれなりに軽量
    ・丈夫、耐久性がある
    ・保温/保冷の性能に優れている
    <プラスチック製の水筒>
    ・かわいいデザインが豊富
    ・軽量
    ・丈夫さでは落ちる
    ・安価であることが多い

目的によって使い分けることもできますが、どちらかひとつを選ぶとするなら、丈夫で保温/保冷性の高いステンレス製水筒のほうがおすすめです。

人気ブランドは?

Amazonのウィッシュリストランキングによく登録されている・・・つまりみんなが欲しいと思っている水筒のブランドを選んでみました。

出典:Amazon キッズ用ボトル の ほしい物ランキング

サーモス/THERMOS


https://www.thermos.jp/
100年以上もの歴史をほこる世界最大の魔法瓶ブランド、サーモス。

ドイツ生まれの会社ですが、世界各地のサーモス・グループおよび本家ドイツを傘下におさめたサーモス株式会社として、現在は日本に本社を置いています。

水筒の他、スープジャー、ポット、保温調理器など、保温/保冷を目的とした製品を中心に製造・販売しています。

サーモスのこども向け水筒

直飲み・コップ両方使えて保温も保冷もできる2ウェイタイプと、保冷専用のスポーツタイプが、主なこども向け水筒のラインナップです。

サイズは、2ウェイタイプが0.6L~1.3L。スポーツタイプが0.5L~1.5L。

ベビー向けにはストローボトルやベビーマグがあります。

主な生産国は、中国、マレーシアです。

レビューでチェック!ここが人気!

サーモスの水筒のレビューです。

洗いやすさ、軽量さ、ストラップ付のカバーの使い勝手に定評があります。

    <良いです>

    4.5歳だと水筒が500mlでは足りないと聞き、3歳の息子の入園時に購入。とても良かったです。

    吸い口も飲みやすく、子どもが開けやすい(開け方を覚えやすい)持ちやすい(カバーが多少落としてもクッション性あり)、そして水が漏れない

    洗いやすいし、私にとっては完璧です。

    出典:Amazon サーモス 真空断熱 2WAYボトル カスタマーレビュー

[co-8]

象印マホービン/ZOJIRUSHI


https://www.zojirushi.co.jp/
2018年に創業100周年を迎える象印マホービン。

昭和の家庭を彩った、花柄ポットの会社です。

水筒の他、電気ポット、炊飯器、空気清浄機、精米機などを幅広く扱っています。

最近では、インターネットを利用した見守り機能のある電気ポット「i-Pot(アイポット)」が話題になりました。

象印マホービンのこども向け水筒

こどもが使えるものには、保温/保冷のできるステンレスボトル、保冷専用のクールボトルタイプがあります。

特にステンレスボトルは、コップのみ、ストロー・コップ両方使えるタイプ直飲み・コップ両方使えるタイプと、こどもが使いやすいものを選べるようになっています。

サイズは、ステンレスボトルが0.45L~1.03L、クールタイプが0.45L~1.5L。

主な生産国は、タイです。

レビューでチェック!ここが人気!

象印マホービンの水筒のレビューです。

洗いやすさ、容量のわりにコンパクトなサイズ、丈夫さなどとともに、長年親しまれている象印ブランドへの信頼感も評価されています。

    <シンプルで良いと思います>

    小学校1年生の女の子の遠足があり購入しました。

    取り外して洗うパーツが有り過ぎると、今後何かを失くすと面倒と思い、限りなくシンプルなものを探した結果、この水筒に行きつきました。

    リュックやランドセルにもすっぽり入る600mlのサイズ、保冷も十分、洗いづらい所も無く、氷も大きいままコロンコロン入るし、何しろ飲み物をコップに移して飲んだ方が、直接水筒に口をつけて飲むより衛生的だと思ってますから、100%考えていた通りで良かったです!

    出典:Amazon 象印 (ZOJIRUSHI) 水筒 コップつき ステンレスボトル カスタマーレビュー

    <さすが象印!>

    年少〜三年生まで使い、あちこちでぶつけたり落としたり…。だから

    多少傷は付いてますがへこんだりは無し。丈夫です。

    あったかいのはあまり入れなかったのでわかりませんが、冷たいのは氷を半分くらい入れてお茶で満タンにしたのを朝もたせたら、夕方まで冷たい。

    持って帰って来て出し忘れ翌朝洗ったりするときもまだ冷たい

    そろそろ容量不足の為買い換えますが次も同じタイプにする予定です。

    出典:Amazon 象印 (ZOJIRUSHI) 水筒 2WAY コップ&ストロー カスタマーレビュー

タイガー魔法瓶(サハラ)


https://sahara.jp/
関東大震災の際、問屋で唯一こわれなかった魔法瓶といわれる、タイガー魔法瓶。

同じ大阪にある象印マホービンとはライバル関係にあるとされることも多いのですが、両社は商標権を共有する関係でもあります。

水筒の他、炊飯ジャー、電気ポット、グリルなべなどを製造・販売しています。

タイガー魔法瓶のこども向け水筒

タイガー魔法瓶の水筒は「サハラ」というブランドでおなじみ。

2WAYボトルColobockle(コロボックル)が主なこども向けラインナップ。

どちらも保温/保冷ができます。

直飲み・コップ両方使える2ウェイボトルのサイズは、0.5L~1.0L。2ウェイでかわいいデザインのColobockleは0.6L。

主な生産国は、中国です。

レビューでチェック!ここが人気!

タイガー魔法瓶の水筒のレビューです。

軽量さ、使いやすさ、丈夫なカバーが評価されていて、リピーターが多いのも特徴です。

海外で人気、日本の水筒


こども向け水筒の賢い選び方と人気ブランドを3つ、ご紹介いたしました。

これらが人気なのは、国内の幼稚園・小学校の中に限ったことではありません。

実は、日本の会社の水筒は海外での評価が高くお土産としてとても喜ばれるのです。

海外で評価される日本のものづくりですが、まさか水筒までとは。

毎日洗う水筒を見る目がかわってきそうですね。

[co-9]

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします