ダイエット

チョコレートダイエットはカカオ含有量と食べるタイミングで決まる

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、3歳と0歳の子供を持つママです。

女性なら誰しも興味のあるダイエット。

チョコレートには脂質がたくさん含まれているので、

ダイエットの天敵だと思われがちですが、

チョコレートを食べながらダイエットが出来るんです!

そんな驚くべきチョコレートダイエットを、ご紹介します。



どんなチョコレートでも良いの?

チョコレートダイエットで食べるチョコレートは、

どんなチョコレートでも良いわけではありません。

普通に売られている甘いチョコレートでは、効果はありません。

カカオ含有量70%以上のチョコレートで痩せる!

普通のチョコレートより少し高いかもしれませんが、

カカオ含有量70%以上のビターチョコレートであれば効果的です。

チョコレートだからと言って、何でもひたすら毎日食べるのは、N.Gです。

ダイエットどころか、逆に太ってしまいます。

なぜカカオ含有量70%以上がいいの?

秘密はカカオポリフェノールにあります。

カカオポリフェノールには、バランスの良い栄養素がたっぷり含まれていて、

その栄養素がダイエットの味方となってくれます。

そのため、カカオ成分が多いほど、

食べた時に体へのプラス効果が多く働くので、痩せやすくなります。

またカカオバターは、体内に吸収しにくい油分なので、食べても太りにくいのです。



カカオポリフェノールの効果とは?

まず、血流を良くする事で冷え性の改善に繋がります。

冷え性が改善する事で代謝が良くなり、痩せやすくなります。

また、ストレス解消やリラックス効果がありますので、

ダイエットのストレスが緩和されるため、ダイエットが長続きしやすくなります。

その他にもがんやアレルギーの原因を予防したり、肌の炎症を抑える効果もあります。

1日に食べる量とタイミングは?

1日に食べる量は、板チョコ半分ぐらい(約50g前後)です。

50gを一気に食べてしまうより、毎食前の3回に小分けして食べると効果的です。

(食事の直前よりも10分以上空けて食べると、より効果的です)

なぜ食前がいいの?

血糖値をすぐに上昇させてしまうチョコレートを食前に食べることによって、

満腹中枢を刺激し、食欲を抑えてくれるため、

その後に食べる食事が適量で満足感を得られるようになります。

これをしばらく続けていく事で、次第に胃も少しずつ小さくなっていきますので、

継続的なダイエットとなります。

チョコレートダイエット、いかがでしたか?

しっかりごはんも食べられて、なおかつ甘いチョコレートまで食べられるので、

今までダイエットに失敗した人でも、無理なく続けられるのではないでしょうか?

【関連記事】

私がチョコレートダイエットを実践して効果のあった方法


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします