家計・暮らし

子育て移住って?人気の移住先ランキング!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

家族揃って新天地で新しい生活をスタートしてみたい・・・
そんな風に考えたことはありませんか?

それは、育児からの現実逃避?それとも大きなブレイクスルー!?

新天地で子育てしながらの新生活・・・子育て移住について、調べてみました。



子育て移住って?

子育て移住とは、子育て世代がこどもを育てる環境に主眼をおいて地方へと移住することを言います。

注目される子育て移住

東京・有楽町にあるふるさと暮らし情報センター
地域の支援情報を提供することで地方の再生・地域活性化をめざす認定NPO法人ふるさと回帰支援センターが運営する施設です。

この「ふるさと暮らし情報センター」への来場者および問い合わせ件数を年代別に見てみると、若い世代や子育て世代の移住への関心が高まっていることがうかがえます。

2008年の「ふるさと暮らし情報センター」利用者のうち、20代はわずか4%でした。
ところが、2017年、20代の利用者は21.4%に増加。
同じく12%だった30代の利用者も28.9%に増加しました。

子育て世代でもある20代と30代が、2017年の利用者の50.3%を占めるほどになっているのです。

出典:LIFULL HOME’S 人気の移住希望先は?20~30代の相談者割合が増加「移住希望地域ランキング2017」

子育て移住の主な目的

主に、豊かな自然と地方に生まれつつある教育支援や機能が、子育て移住の魅力となっているようです。

株式会社NTTデータ経営研究所による「都市地域に暮らす子育て家族の生活環境・移住意向調査」の結果を見てみましょう。

地方への移住・転職を考えるきっかけは、「子育てのため」がもっとも多く29.7%。

その場合、保育園・幼稚園を選ぶ条件として「自然環境を活かし、子供の五感、生きる強さ、主体性を育成する保育・教育のある環境」を第1位に選んだ回答が59.4%。
第1位~3位と回答した人の合計はなんと87.2%と圧倒的多数でした。

また、全国で増えている森のようちえんについても「関心がある」「やや関心がある」と回答した人が半数以上。

自然の中での育児を望む人が多いことがわかります。

経済的支援・早期教育などに魅力を感じるとする回答も半数以上ありました。

出典:株式会社NTTデータ経営研究所 「都市地域に暮らす子育て家族の生活環境・移住意向調査」

子育て移住への支援

このようなことを背景に、地方自治体も子育て移住への支援を打ち出しています。

自治体主催で、移住セミナーや移住体験会を開催。

また、住居・就業・教育相談がワンストップでできる子育て移住サポートセンターを設ける市町村が増えています。

人気の移住先ランキング

認定NPO法人ふるさと回帰支援センターによる2017年の人気の移住先ランキングです。

調査対象はふるさと回帰支援センター来場者で、回答数は8498件。

この調査は毎年実施されており、ここ5年間では長野県と山梨県がランキング一位・二位を行ったり来たりしています。

第1位 長野県

日本を代表する名峰に囲まれ、教育熱心な県民性で知られる長野県。

新幹線や特急電車を使えば首都圏へのアクセスも比較的良好です。

信州やまほいく(信州型自然保育)認定制度を設け、信州ならではの自然を生かした教育を推進しています。

出典:信州やまほいくの郷

移住者の声



長野県への移住支援・相談

<東京 長野県移住・交流センター>
東京都中央区銀座5-6-5 NOCOビル4階
10:00~18:00(年末年始休業)

<名古屋移住・交流サポートデスク>
愛知県名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル4階 長野県名古屋観光情報センター内
9:30~17:00(土日祝祭日休業)

<大阪移住・交流サポートデスク>
大阪府大阪市北区梅田1-3-1-800 大阪駅前第一ビル8階 長野県大阪観光情報センター内
9:30~17:00(土日祝祭日休業)

第2位 山梨県

フルーツの産地として名高い山梨県。

自然豊かな環境でありながら、実は都心から100km圏内。

首都圏へ通勤可能と考える人もいるようです。

出典:甲斐ライフ あきらめないで。山梨は意外に通勤圏!

山梨県ではJR中央線の速達性・利便性の向上を課題として、通勤通学用快速列車や特急列車の延伸・増発・新設、Suicaの全駅設置、割引特急料金制度の導入などを求め、JR東日本に対し働きかけを行っています。

出典:山梨県 JR中央線の速達性・利便性の向上

移住者の声

山梨県への移住支援・相談

<やまなし暮らし支援センター(ふるさと回帰支援センター内)>
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階ふるさと回帰支援センター内
10:00~18:00(毎週月曜及び祝祭日休)

<山梨県大阪事務所>
大阪府大阪市北区梅田1-1大阪駅前第3ビル21階
8:30~17:15(土日年末年始休業)

<山梨県 地域創生・人口対策課>
山梨県甲府市丸の内1-6-1 山梨県庁本館3階
8:30~17:15(土日年末年始休業)

第3位 静岡県

山も海もあるのが魅力の静岡県。

日照時間が長く気候は温暖で、あたたかい生活環境です。

2014年は第七位、2015年は第四位、2016年は第三位と、着実に順位を上げてきています。

移住者の声

静岡県への移住支援・相談

<移住相談の窓口 東京(ふるさと回帰支援センター内)>
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階 ふるさと回帰支援センター内
10:00~18:00(毎週月曜及び祝祭日休)

<静岡県くらし・環境部政策監(移住・定住担当)>
静岡県庁西館6階
9:00~17:00(土日祝日休)

条件のバランスが良い上位三県

自然の中での育児を望むとしても、就労や利便性を考えるとなかなか思い切るのは難しいかもしれません。

その点、上位三県とも関東・関西の都市圏から程よい距離にあり、なるほどと思える結果でした。



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします