産後

産後うつ症状の特徴!原因と対処法を知ろう!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、2歳の息子と10ヶ月の娘を育児中のママライターです。

妊娠中は赤ちゃんとの生活を楽しみに待っていたはずが、産後にうつ症状が出ることはよくあるそうです。

私もその一人でした。

今回は、産後のうつ症状の特徴と原因についてご説明します。

もし、今あなたが産後のうつで悩んでいるのであればこれを読んだ後に解消できることがあれば幸いです。



産後のうつ症状の特徴

産後のうつの原因については明確な答えがありません。

しかし、出産を機にうつ症状になるようなことを産後うつと言われます。

この症状は出産してすぐから約2週間ほど。また1ヶ月~2ヶ月続く人もいます。

長いと1年以上うつ状態になったままの人もいます。

特徴としては以下のような症状が多いです。

  • 「気分が落ち込む」
  • 「食欲がわかない」
  • 「私に育児は出来ないと思い込む」
  • 「孤独感を感じる」
  • 「今まで興味あったことにまったく興味が出ない」

また、産後ボロボロの身体で24時間フル稼働の育児にストレスを感じ夫への不満や怒りの蓄積によりうつ症状になってしまうとも言われております。

産後うつになりやすい傾向の人は?

真面目で頑張り屋さんの人が産後うつになりやすい傾向と言われております。

仕事も家事も完璧にこなしていた女性が、出産を境に赤ちゃんのペースの生活になり思い通りに物事が進まないことに対して、

自分を責めたり・すべてがきちんと出来ないことに落ち込んだりしてしまい、結果うつ症状になってしまいます。



産後うつの対処法

だれでも赤ちゃんとの生活は実際に行ってみないとわからないものです。

こんなにも大変なんだと育児が始まって初めて気がつきます。

昼間は赤ちゃんと二人きりの生活で、授乳やおむつ交換ばかり。

また夜も授乳でゆっくり睡眠がとれません。

育児だけではなく、掃除に洗濯、ご飯作りとママはやることが本当にたくさんあります。

完璧じゃなくてOK!

しかし、完璧に出来なくていいんですよ!

少しくらい部屋が散らかっていても、2日間くらい洗濯を溜めてしまっても大丈夫です。

夜寝れないときは、昼間赤ちゃんの寝ているときに一緒にママもお昼寝をしてください。

夕飯が作れないときは、お惣菜やお弁当でも問題ないです!

パパにも甘えよう!そして相談しよう

パパだって完璧を求めていないはずです。

楽しく、一緒にご飯を食べながら赤ちゃんとの出来事や自分の悩みを話す時間が大切です。

一人で悩まないことが大切

もし産後うつ症状になってしまったら、ひとりで悩まないでください。

パパに自分の心の悩みを相談してみてくださいね。

母親にも頼ってOK!

もし「パパにはきっと私の気持ちなんて分からない」と思うママなら

自分の母親に気持ちを吐き出してみてください。

母親は自分を育てあげた育児経験者です。

いろいろなことも知っています。

吐き出す事がとても大切

恥ずかしがらずに誰かに気持ちを吐き出すことで解消されることも多いです。

産後のうつ症状にも軽症・中症・重症と3段階に分かれています。

そのままにしておくと深刻な場合に陥る可能性もあります。

赤ちゃんと笑顔で過ごすためにも、育児を楽しむためにも

まずは心の病を解消してください!

パパが休みの日に赤ちゃんを預けてお友達やひとりでお出かけ、お茶するだけでも

気分転換になります。是非、夫婦で乗り越えてくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします