子供の教育・成長・食事・遊び

3歳児に1年間英会話を習わせて良かったこと

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。もうすぐ4歳になる娘を持つママです。

子供が3歳ぐらいになると、そろそろ習い事でも始めさせてみようかな・・・と考えるママは多いと思います。

空手やバレエ、スイミングなど体を動かす習い事も人気ですが、近頃は幼児から英会話を始めているご家庭も多いですよね。

2020年に全国の小学校で、英語は3年生から必修科目となり、5年生からは教科化され成績もつくことが決定しています。

自治体によっては、今年度から先行実施している所もあるそうです。

このように、日本では子供の英語教育への熱心さが日々増してきていますが、幼児期の英語教育にはまだまだ賛否両論があることも事実。

私も色々調べ悩んだ末、当時3歳になったばかりの娘を英会話教室に通わせてみました。

それから今、ちょうど1年が経とうとしていますが、我が家の場合は通わせて良かったことばかりだったんです!

そこで、今回はお子さんに英会話を習わせようか悩んでいるママに、私がどうして英会話を選んだのか、また3歳児に1年間英会話を習わせてみて良かったことなどを、お話したいと思います。



私が3歳児に英会話を習わせた理由

理由その① 集団生活スタート前に慣れさせてあげたかった

我が家はプレスクールなどに通っていなかったので、娘が同年代の子と一緒に過ごす機会がとても少ないと、日々感じていました。

おまけに人見知りがすごくて。

児童館などに連れて行ってもいつも一人遊びだし、お友達が話しかけてくれても完全無視状態でした。

それなのに次の春から幼稚園に入園する予定だったので、ちゃんと馴染めるかの不安もあり、その前に少しでも集団生活に慣れさせてあげたいなと思ったのが、習い事を探すきっかけでした。

そこで、見つけたのが英会話教室!

そこは、ベビーから3歳児までは1クラス5名程度で、リトミック(音楽に合わせて歌を歌ったり手遊びをする)やカードを用いてゲームなどをしながら、英単語や会話を学んでいくスタイルの教室だったので、幼稚園や保育園でのお遊戯の雰囲気に近いなと思ったんです。

娘は手遊び歌もゲームも大好きなので、楽しみながらお友達とも関わり合え、しかも英語も学べるなんて、我が家にとっては一石二鳥ならぬ三鳥ではないかと!

これは英会話を選んだ大きな理由の一つですね。

理由その② 英語を楽しいものだと思ってもらいたい

恥ずかしながら私は、英語は学校で学んだ程度で、日常会話すら不安なレベルの英語力しかありません。

当時の私は英語の授業が嫌いで、今では英語をしっかり勉強してこなかったことを後悔していますし、世の中、様々な分野において英語が喋れることはとても強い武器になると思っています。

・・・実は、3歳の娘には、9つ歳の離れた姉(長女)がいます。

長女は小学5年生から学校と塾で英語を学び、今年で英語に触れて3年目になりますが、すでに苦手意識が芽生えているよう。

長女が苦労して英語に取り組んでいる姿を近くで見ていて、親としては少しでも英語を好きになってもらえるよう、長女のテンションを上げるのにいつも必死です(笑)

そして冒頭でも触れましたが長女の時とは変わり、次女の代では小学生のうちから英語をがっつり学ぶことになりますよね。

それもあって、次女にはなるべく早くから英語に触れ、英語の勉強が楽しいものだと感じてもらいたい、との思いがありました。

ちょうど近所に新しく教室がオープンした

習い事は毎週のこと。幼児を連れて自宅から遠い場所に通うのは大変ですよね。

私の場合、ちょうど英会話を習わせようかどうしようか悩んでいたタイミングで、近所にこれからオープンする教室があることが分かったので、早速体験教室を申し込んでみました。

新規オープンということは、生徒たちもみんな、一からの一斉スタートになります。

途中入会した場合の、すでに慣れているお友達に圧倒されてついていけないのでは・・・という心配がないので、人見知りで引っ込み思案な娘には良い条件だと思いました。

案の定、娘は体験教室で私にしがみついて離れなかったものの、音楽がかかると手遊びをしたり先生の発する単語のリピートもできてとても好感触だったので、結果的にこれが決め手となりました。

自宅から近い、新規オープンの教室があったこと。
これは我が家にとって、とてもラッキーでしたね。

幼児英語教育のデメリットとは?

しかし、一方で幼児のうちから英語教育をおこなうのは、良くないと言った声も聞こえてきます。

そこで、幼児英語教育のデメリットとしてよく挙げられる2点について、我が家の場合に置き換えて考えてみました。

幼児期の日本語が未発達なうちから、英語を取り入れてしまうと、脳が混乱し日本語習得が遅れる

娘の通っている英会話教室は、週1回60分です。
他の教室の幼児クラスでも大体週1~2回、時間も45~60分といったところではないでしょうか?
あとは簡単な宿題が出るので、1日のうち英語に触れる機会は15~30分程度と言ったところ。

我が家の場合、その程度では娘の日本語に何の影響もありませんでした。

むしろ娘は今まで天気は晴れ・くもり・雨程度しか認識していませんでしたが、英会話教室でthunder(雷)やsnowy(雪)、windy(風)などを習うと、天気の変化自体に興味を持ち、逆に知識を身につけられたくらいです。

表情や動作についてもそうです。

今まで何気なくおこなってきたもの・こと一つ一つに名前があることを認識し、日本語の語彙力も上がったように思います。

混乱する様子も見られず、「日本語では○○、英語では○○」と、区別して考えられているようなので、心配するようなことはありませんでした。



親が英語を強要することで、子供が精神的な負担を感じる

親が「あれやりなさい、これやりなさい。」と強要することは、英語に限らずどんな分野でも子供にプレッシャーを与えてしまうのかな、と思います。

ただ、3歳児は自分から「○○習いたい」とはなかなか言わないので、親が習い事を通して様々な経験をする機会を作ってあげることは、悪いことではないと考えています。

幼児の英会話教室は、遊びながら英語に触れることからスタートするので、子供にとって勉強をさせられているという感覚はあまりないと思います。

ただ子供一人ひとりの性格や各英会話教室のプログラムによって、合う・合わないはあると思うので、入会前には一度体験教室でお試しすることをオススメします。

子供が通うのを嫌がって、英語嫌いになってしまうことだけは避けたいですもんね。

1年間英会話を習わせて良かったこと

以上のように、我が家では英会話教室に通わせたことでデメリットに感じるようなことはなく、むしろ良かったことがたくさんでしたよ!

良かったこと①お友達と関わり合い、自立心が芽生えた

今まで集団の中にいても、一人遊びが目立っていた娘。

英会話教室を通じて、生徒同士で協力してゲームをクリアしたり、手遊びをしたりと、お友達とコミュニケーションが取れるようになりました。

英語を楽しく学びながら、同年代のお友達と交流する喜びも学べ、幼稚園生活へ向けて自立心を芽生えさせることができたと思っています。

良かったこと②人の話をよく聞いて理解する力が身についた

英会話教室の基本は先生の話を良く聞いて理解し、自分で発音すること。

ただえさえ聞き慣れない英語。良く聞かなければ覚えませんし、当然理解できません。

英会話教室を習わせたことにより人の話をしっかり聞き理解できるようになりました。

この力は英語のみならず生涯必要な力になるため非常に大きなメリットだと感じています。

これは、教室と言う場で「先生」と「生徒」という立ち位置がハッキリしているからこそできることだと思います。

もし私が家で同じことをしようと思っても、おそらく娘は甘えるでしょうし、集中力も続かないことでしょう。

良かったこと③ネイティブな発音がしっかり身についている

娘の通う英会話教室は、全員外国人の先生です。

教室内に1人日本人のアシスタントもいますが、レッスン開始から終わりまで、日本語が飛び交うことは一切ありません。

幼児期の子どもの耳はとても良く、しかも雑念なく素直にそのまま吸収できるので、発音はとてもネイティブ

娘を見ていると、先生の発する英単語を言葉としてではなく、音で理解しているように思います。

これは、絶対大人になってからでは真似出来ないので、幼児期の今、通わせてこそのメリットだと言えますね。

良かったこと④週1回英会話教室に通うことを、とても楽しみにしている

何より嬉しいのは、これかもしれません。

娘は、毎週英会話教室に通うことをとても楽しみにしてくれていて、レッスンで覚えた歌や手遊びを家でも積極的にやってくれます。

毎日の生活のどこかに自然と英語が出てくるのは、ちゃんと英語が身についている証拠でもありますし、楽しく通えていると同時に英語が好きになっているようなので、娘の様子を見ていると通わせてみて良かったなーと思っています。

良かったこと⑤番外編 長女も英語に興味を持ってくれた?!

これは我が家ならではの意外なメリットでした。

英語に苦手意識を持ち始めていた長女。

妹が家で英語を楽しんでいる姿を見て触発されたのか、長女が学校の授業で習った簡単な単語をちょっと得意気に教えてあげていたり、英語の歌を一緒に笑い合いながら歌っている声が聞こえたりと、姉妹間でも英語に触れる時間ができました。

妹に教えてあげるということが自分自身の自信にも繋がるようで、授業で習った内容なども積極的に私に話してくれるようになりました。

このまま続いていくうちに、長女の英語に対する苦手な気持ちが、少しでも薄れてくれるといいなと思っています。

終わりに・・・

いかがでしたでしょうか?

私が3歳の娘に習わせている英会話教室は、あくまで英語に慣れ親しむことを一番の目的としているので、1~2年通った程度でペラペラ話せるようになるものではありません。

この1年で、いくつかの挨拶や言い回し、英単語を覚えられたくらいです。

もしも早く英語を「喋る」ことを身に着けさせたければ、週1回の英会話教室ではなく、インターナショナルスクールに通わせたり、週に3回以上のレッスンをおこなう必要があるでしょう。

ですが私のように我が子が英語を身近に感じ、まずは英語を好きになってもらおうと考えているママには、英語力だけでなく人間としての成長も期待できる3歳児の英会話教室はとってもオススメです!

まずは体験だけでも行かれてみてはいかがでしょうか?

この記事が、子供を英会話教室に通わせようか迷っているママの背中の一押しになれば、とても嬉しく思います! 
お読みいただき、ありがとうございました。



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします