妊婦の健康・食事

切迫早産で入院と言われたママへ!入院経験者の私が伝えたいこと

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

妊娠、出産には様々な症状や予期せぬトラブルがあります。

私も2回出産を経験しましたが、想像していなかった事が色々起こりました。

その中でも『切迫早産』は私にとって一番つらく大変な出来事でした。

同じように切迫早産と診断されたママたちの不安が少しでも軽くなるように、私の経験談をお伝えできればと思います!



切迫早産とは?

そもそも切迫早産とはどういった状態のことを言うのでしょうか?

一般的には正期産(妊娠37週0日~41週6日まで)以前の出産を早産と呼びます。

この早産になりかかっている状態、早産一歩手前の状態を『切迫早産』といいます。

具体的には、子宮収縮が頻繁におこり、子宮口が開きそうな状態、または破水してしまう、といったことになります。(※1)

破水がなくとも、お腹が痛い、頻繁に張る、出血がある、などの症状がある場合にはすぐに受診が必要です。

妊娠22週で産まれた場合、赤ちゃんの体重は500g前後です。

医療技術が各段に進歩してきたとはいえ、早産で産まれた赤ちゃんは長期の新生児医療が必要となります。

赤ちゃんの身体を考えると1日でも長くお母さんの体内で成長できることが望ましいので早産に気をつける必要があります。

切迫早産の原因は?

切迫早産には子宮頚管の長さが関係している!

子宮頚管とは子宮と膣を結ぶ管のことです。
出産の際にはここが赤ちゃんの産道となります。

通常の子宮頚管は閉じていて赤ちゃんが外へ出ないようになっていますが、臨月に入ると次第に管が短くなり口が開いてきます。

管の口が完全に開くといよいよ赤ちゃんが産まれるというわけです。

しかし、臨月でもないのに口が開いてしまったり、子宮頚管が短くなってくると早産の恐れがあり治療が必要となります。

通常、子宮頚管の長さは4cmほどで、臨月に近づくと徐々に短くなり最終的には2.5cm程となります。

妊娠22週~36週の間に子宮頚管が3.5cm以下となると切迫早産の診断となります。(※2)

この子宮頚管の長さは切迫早産を知るうえでの重要な手がかりになりますので、健診では必ずチェックされます

【画像引用元】
特集2 「妊娠かな」と思ったら 早く受診して身を守ろう – 全日本民医連

赤ちゃん側の原因とお母さん側の原因について

切迫早産の原因として考えられることはいくつかあります。

赤ちゃん側の原因、お母さん側の原因、と分けて記載すると以下のとおりです(※3)

★赤ちゃん側の原因
・子宮内胎児発育不全(お腹の赤ちゃんの発育が良くないこと)
・多児
・羊水過多、過少
・先天的な病気
★お母さん側の原因
・子宮頚管無力症
・妊娠高血圧症候群
・前置胎盤
・子宮筋腫、子宮奇形など
・感染症
・ストレスや無理な生活

自分では防げないものもありますが、ストレスを溜め過ぎず安静な生活を送るよう心がけることで早産のリスクを防げる可能性も十分あります。

切迫早産の治療は?副作用はある?

①まずは『薬の服用と安静の指示』となることが多い

私もそうでしたが、切迫早産の治療の第一段階としては薬の服用と自宅で安静な生活を送ることを指示されることが多いようです。

切迫早産はお腹が張り子宮の収縮が頻繁におこることが原因なので、この収縮を抑える薬を服用することになります。

調べてみると薬は何種類かあるようですが、よく聞くのは『ウテメリン』という薬です。私もこれを服用していました。

最初にウテメリンを服用した時はしばらくしてお腹の張りがスーッとひいていったのを覚えています。

ただ私は、「薬を飲んでるから大丈夫かな」と無理をしてしまったことも多く、結果、切迫早産を悪化させてしまいました。

薬を飲むとお腹の張りは収まりますが、安静は絶対に必要です。

②薬の服用で治まりきらない時には入院も

薬を飲んでも切迫早産の症状が改善されない場合、入院という措置になることもあります。

入院生活が始まると、24時間点滴をしながら絶対安静の生活となります。

この点滴で先ほどの『ウテメリン』を投与することになるのですが、薬を飲んでいたときに比べて倍量以上のウテメリンが投与されることになります。
(ウテメリンの点滴量は症状や週数により異なるようです)

薬を飲んでいた時には全く感じなかったウテメリンの副作用ですが、さすがに点滴ではその副作用を強く感じることになりました。

以下がウテメリンの作用、副作用です(※4)

【ウテメリンの主な作用】
子宮の筋肉内にある交感神経に働きかけて、子宮収縮を抑えます。
張り止めとしての効果が非常に高いのが特徴です。
【ウテメリンの主な副作用】
・動悸
・手指のふるえ
・吐き気
・頭痛
・めまい
・ほてり

いざ入院生活スタート!入院生活におけるメリットデメリット

入院生活では何するの?1日の流れは?

私の場合は33週で入院となりました。

ウテメリンの服用はかなり前から開始していましたが、次第にお腹の張りが頻繁になり健診で相談してみました。

すると赤ちゃんがかなり下がってきていることが判明し、子宮頚管も短くなっていて(2cm未満でした!)すぐに入院となりました。

入院生活のタイムスケジュールはざっくりこんな感じです。

6:30:起床、体温、血圧のチェック、先生の回診

7:30:朝食、NST検査(ノンストレステストというものです。機械をお腹につけて赤ちゃんの心拍数など状態を調べるものになります)

12:00:昼食、体温、血圧のチェック

夕方~夜:NST検査

18:00:夕食

21:00:就寝

とってもゆったりスケジュールに感じますが…『絶対安静』なので、逆にこれ以外のことは出来ません。

基本ベットで横たわり1日を過ごすことになります。

『絶対安静』の基準は病院により異なるのかもしれませんが、私が入院していた病院では売店に行くのも、ゲームをするのも、日記を書くのもNGでした。
(全て注意されてしまいました・・・)

唯一OKだったのは読書とテレビ。

読書は起き上がって読んではダメで、寝転んだ姿勢ならOK。

起き上がって読んだほうが身体はよっぽど楽でしたが・・素直に従いました。



入院生活のメリット

入院生活でのメリットは大きく2つ

・切迫早産のリスクを回避できる可能性が高くなる

・何かあった時にすぐに病院で対応してもらえる(急な出血や強いお腹の張りなど)

メリットとしては少なく感じますが、後にご紹介するたくさんのデメリットと比較しても「やっぱり入院して良かった」と思えるほど、この2つのメリットは大きいです。

入院生活をスタートさせ、いざ『絶対安静』の生活を送ってみると、こんな生活、家に居たら絶対に無理!!と感じました。

本来ならこのくらい安静にしていないと危険な状態だったんだと、赤ちゃんに申し訳ない気持ちになりました・・・

入院生活のデメリット

デメリットはズバリ、入院生活におけるストレスでした。

・上の子に会えない(上の子の預け先の確保など問題も多々あります)
・24時間点滴に繋がれているため身動きがほとんどとれない
(トイレも歯磨きも、寝ている間も常に点滴をつけている状態です)

・外に出られない

・シャワーは1週間に1回、10分程度

・相部屋のためリラックスできない
(個室もありましたが、差額代金で1万円くらい上乗せでした・・・入院がどのくらい長引くのか分からなかったためとてもじゃないけど個室は無理でした)

・点滴が少しでもずれるとアラームが鳴るため、熟睡できない
(自分のアラームもそうですが、他の人のアラームで起こされることも度々・・)

時間はたくさんあるので、やりたいこともたくさんありましたが、『絶対安静』だとそれも制限されてしまいました。

妊娠、出産は想定外のこともある!備えて安心の保険

また、予期せぬ入院ではお金の心配もあります。

切迫早産の医療費には健康保険が適用されるため、健康保険に加入していれば3割負担になります。

その他にも入院が長期にわたり費用がかさむ場合には『高額療養費』も利用でき、自己負担金に限度額が設けられます。

また、民間の医療保険でも切迫早産での入院が保障対象となっている場合があります。

特に女性特有の病気に手厚い内容の保険だと上乗せで費用が出る場合もあるので、しっかり確認してみましょう。

※ただし、妊娠中に保険に加入した場合には、保障内容に制限がつくこともあるそうなので要注意です。

私は1度目の妊娠で切迫早産となりましたが、民間の医療保険には加入していませんでした。

「もし2度目に妊娠したらまた切迫早産になるかもしれない」と思い、妊娠前に医療保険に加入しておきました。

結果として、また切迫早産を繰り返すことになってしまいましたので、2度目の切迫早産の時には、この保険にかなり助けられました。

保険のCMでもよく耳にしますが、まさにお金の心配をせずに治療に専念できる、ということを身をもって知りました。

切迫早産以外にも、切迫流産や妊娠中毒症での入院など妊娠中のトラブルについても保障対象としている保険も多いので、ぜひ検討してみてくださいね。

・女性のための入院保険 フェミニーヌ – 特徴 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

・女性向け医療保険 新CURE Lady[キュア・レディ]|オリックス生命保険株式会社

・商品概要 メディカルKit NEO 女性プラン 東京海上日動あんしん生命の資料請求サイト

切迫早産で不安なママに伝えたい!私が勇気が出た言葉

『明日も赤ちゃんが無事にお腹の中にいられますように』1日1日を不安の中で過ごしていたような毎日でした。

特に2人目を妊娠中に切迫早産で入院していた時には、上の子を実家に預けての入院だったため、上の子のことも心配でした。

上の子には「寂しい思いをさせてしまい申し訳ない」お腹の赤ちゃんには「無事に産んであげられるか分からない。苦しい思いをさせて申し訳ない」
そんな気持ちでいっぱいでした。

特に上の子は、自分の気持ちを我慢するようなところがあり、入院が決まったときも泣いてはいたものの最終的には「分かった」と受け止めてくれました。

3歳の子にこんなに無理をさせてしまっていることが辛く、やっぱり入院せずに何とかならないか、と考えていました。

その時に先生に言われた言葉です。

「今、入院せずに早産となった場合、お腹の赤ちゃんは小さく産まれることになる。そうしたら2ヶ月は会えないと思ったほうがいい。

お兄ちゃんと2、3週間一緒に生活できないことを我慢するか、赤ちゃんと2、3ヶ月一緒に生活できないことを我慢するか。そういうことです。」

「お兄ちゃんには守ってくれる人がたくさんいるよね。お父さん、おじいちゃんおばあちゃん、保育園の先生。

でもお腹の赤ちゃんを今、出産前に守ってあげられるのはお母さんだけだからね。」

私が入院を決意できた一言でした。

また、病室でメソメソしていた私に看護婦さんがかけてくれた言葉もありました。

「出産ってお母さんにとっても大変なことだけど、赤ちゃんにとっても命がけなのよ。

そんな大変な思いをして産まれてくる赤ちゃんは、お母さんが思ってるよりもずっと強い。

お兄ちゃんだってそうだよ。産まれてから3年間、お母さんが思ってるよりずっと大変なことを乗り越えてきてるの。

お兄ちゃんと赤ちゃんの力を信じて、お母さんも強くならないとね。

切迫早産は辛く不安でしたが、先生や看護婦さんの言葉、子どもたちの存在で乗り切ることが出来ました。

あれから4年がたち、子どもたちは元気に成長してくれています。

育児に悩み、へこむことも多いですが、何かあると切迫早産で入院していた時のことをよく思い出します。

『明日も赤ちゃんが無事にお腹の中にいられますように』

と毎日祈っていた不安な日々に比べれば今の悩みなんて、どうってことない!!そう思えます。

切迫早産で苦しんでいるママ、不安を抱えているママへ。

そこを乗り越えた力は大きいです。子育てをしていく中で必ず大きな力になります。

自分と赤ちゃんを信じて頑張ってください!!

【参考URL】
(※1)早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
、(アクセス日:2018年5月26日)

(※2)切迫早産は子宮頚管の長さが重要です
、(アクセス日:2018年5月26日)

(※4)【医師監修】張り止め(ウテメリン・リトドリン・ズファジラン)の種類や副作用まとめ 赤ちゃんの部屋
、(アクセス日:2018年5月27日)

【参考文献】
(※3)安達知子(監修) 『 はじめてママ&パパの妊娠・出産(実用No.1シリーズ) 』
主婦の友社 、 2014年



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします