育児の悩み・疑問

こども用自転車ヘルメット、自転車を降りたらどうしてる?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こども用の自転車ヘルメット。

外出先で自転車を降りた後、どうしていますか?

ちょっと気になる疑問について、調べてみました。



児童のヘルメット着用努力義務

平成20年に道路交通法が改正され、道路交通法第63条の10の「自転車安全利用五則」として自転車に乗る幼児および13歳未満の児童にはヘルメットを着用するよう努めるようにと定められました。

お子様が自分で自転車を運転する場合でも、チャイルドシートに同乗する場合でも、同じように着用努力義務があります。

出典:自転車文化センター 平成20年6月改正の道路交通法について

現状は?

着用努力義務となったこども用自転車ヘルメット。

しかしその着用率はあまり上がっていないのが残念な現状です。

その理由を考えてみたのですが、ヘルメットが外出先でかさばる、邪魔だという声が少なくないことがわかりました。

お店でのお買い物や、公園で遊んでいる間、ヘルメットは荷物でしかありません。

また、保育園ではスペースの問題で保管できず、保護者が職場へ持って行くわけにもいかず。

かといってヘルメットを自転車の前かごに入れておいて安心できる状況でもないようです。

外出先でのヘルメットの扱いの難しさが、ヘルメット着用を妨げるげのひとつになっているのかもしれません。

解決策は?

そこで、自転車を降りたらこども用ヘルメットをどうしてるか、インターネット上の意見を参考に、解決策を見ていきましょう。

かぶったまま

自転車を降りても、ヘルメットはかぶったままという意見がありました。

ちょっとしたお買い物など短時間の用事なら、かぶったままでも十分な場合もあるでしょう。

ただし、視界が狭く見通しが悪くなるという注意点もあります。

ロッカーへ

駅やお店のロッカーを利用するという意見がありました。

あらかじめロッカー設置の有無など、施設の確認をしておく必要がありますが、安心できる方法です。

店舗によってはサービスカウンターで預かってくれることもあるようです。

鞄につける

鞄につけて持ち運ぶという意見も。

これなら両手があき、こどもと手をつなぐことができますね。

自転車専門店などでは、バックパックにヘルメットを取り付けるホルダーやヘルメットホルダー付きバックパックの販売もあります。


固いヘルメットを背負うことになるので、通常のバックパック以上に周囲へ配慮して使いましょう。



ロックを使用

自転車の前かごなどにロックで固定するという方法は、かなりメジャーなようです。

お子様が自分でヘルメットを管理するのにも適しています。

チェーンロック

チェーンロック(ワイヤー錠)を利用して、前かごに固定するという意見。

実は私も娘も短めのチェーンロック派です。

チェーンロックは入手しやすいのが利点。

チェーンロックをどこに通すかという疑問をよく見かけますが、ヘルメットのストラップ、通気穴を利用する方法があります。

ヘルメットによって多少構造は異なるので、チェーンを通せそうなところを上手く見つけましょう。

ヘルメット専用ロック

自転車を降りた後のヘルメットのお悩みをズバリ解決する、専用のロックも。

自転車専門店やベビー用品店などで購入でき、価格は600円~2000前後。

自転車にホルダーを取り付けるタイプ、登山に使うカラビナタイプや、ワイヤータイプなどがあります。

鍵はナンバーキーが多いようです。

また、ストラップをチェーンロックに変える、こんなアイデア商品も。

保護者もヘルメットを!

外出先で自転車を降りた後のヘルメット問題を解決するいくつかのヒントがみつかりました。

お子様を護るためのヘルメットです。

ぜひ、持ち運びや保管に工夫されて、しっかりと着用してください。

ところで、大人はどうしていますか?

頭部を護らなくてはならないのは大人も一緒。

大人用には、コンパクトに持ち運べる折り畳みヘルメットなんていうものもあります。

自転車は日々のお買い物や送迎に欠かせない、育児の強い味方。

便利なグッズやアイデアを上手に取り入れて、親子揃って安全な自転車生活を。



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします