育児あるある

男の子を育児中だからわかる!男の子育児あるある18個 

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!4歳男児ママです。気付けば私も男子育児4年目です。

私自身、三姉妹の長女として育ったので、最初は男子の世界に驚きと戸惑いを隠せませんでした。

今回はそんな男の子を育児中だからこそわかることについて書いてみたいと思います!



男の子育児あるある18

男子育児のあるあるあるをまとめてみました!

一緒に笑ってください(笑)

動体視力が試される!怪我は日常茶飯事

男子はとにかくよく動きます!全くじっとしていない!

走ってみたり、グルグル回ってみたり、小さいころから無意味な動きが多く、そしてちょっと高いところを見つけるとすぐに上りたがります。

自分の身体機能に見合っていなくても「制覇したい!」その気持ちだけでひたすら上へ!

降りられなくなり、泣いてしまうこともしばしば…後先は考えず、目の前のことに必死なのです。登ったかと思ったら突然飛び降ります!

結構な高さでもお構いなし!こちらのほうがヒヤッとしてしまいます。

活発すぎるあまり、転んで、擦り傷、切り傷は当たり前。激しい動きに加え、よく周りを見ていないのか人とぶつかったり、物とぶつかったり、たんこぶもしょっちゅう作っています。

本当に目が離せません。

突然の電池切れ…

さっきまで動いていたと思っていたら、床に寝ている!なんてこともよくあります。

ご飯を食べながら眠ってしまうことも…燃え尽きるまで全力疾走です。エネルギーの調整や加減が苦手なようです。

そして、こちらが寝落ちする前に!と先回りして、大急ぎでご飯やお風呂の準備した日に限って全く寝ません。

乗り物や電車にやたら詳しくなる

今まで、全く興味がないため知らなかった新幹線の名前、ブルドーザーミキサー車、フォークリフトなど、独身時代には知る由もなかった働く車の名前に詳しくなります

某電車のキャラクターの名前や性格まで覚えてしまいます。

虫が本当は怖いけど…

虫って女性は苦手な方が多いですよね?でも男子は虫も大好き。バッタやダンゴムシ、カブトムシなど平気で触ります。

夏になると、虫天国!颯爽と虫かごと網を持ちセイやクワガタ取りに大忙しです。そして飼育したがります(涙)

露骨に嫌な顔をしづらい状況なので、苦笑いでやり過ごします。

足元に注意!

男子は車や電車のおもちゃ、フィギアなどとにかく並べるのが好き!

赤ちゃんの時はミカンの1粒1粒も並べて眺めていました。

大きくなるにつれ、石や葉っぱ、貝殻など理解しがたいコレクションも増えてきました。

そしてそれらを気付かぬうちに床に並べます。ブロックや電車のレールは凶器です。踏むとすごく痛いです!

お片付けが上手にできないうちは足元には要注意です!私も何度も踏んで負傷しました…。

偏った集中力と記憶力を生かそうとするも…

粘土やブロック、電車ごっこ1度始めたらずーっと集中して取り組むことができます。

また、ヒーロー、乗り物、虫、恐竜などの自分が好きなものに関してはとにかく覚えが早くどんなに長いカタカナの名前でも忘れはしません。

特に地図や数字にも興味があり、ひらがなよりも早く覚える子も多いようです。

その集中力をほかの部分でも発揮してほしいなぁ、と色々と試してみるも、撃沈…。特定の事にしか興味を示しません。

いきなり入るヒーロースイッチへの対応力

男子は何かの拍子に、いきなりヒーローに変身します。

こうなると言葉遣いも「俺」「負けないぜ!」など普段使わない言葉遣いも飛び出しなりきりスタート

自ずとこちらの対応力も試されます。

「ブォン!」「ドゥクシ!」などなど、効果音も豊かに使いこなし、真剣そのもの!思わず笑うと怒られます(笑)

戦隊ものからのイケメン俳優推し

戦隊にも親子ではまってしまいます。戦隊ものやライダーモノはまぁイケメン俳優が多いこと!完全に標的はママです(笑)

そしてまんまと…毎週見るうちに、「頑張って!」とついつい応援したくなっちゃうのです。

他番組で戦隊出身俳優を見かけると、「まぁ!立派になって!」とまるで親戚の子供を見る気持ちです(笑)

気付いたら毎月、ヒーローショーの日程でスケジュールが埋まっていきます。



ゲームに詳しくなる

ゲーム、キャラの名前、今まで全く興味がありませんでしたが、すごく詳しくなりました。

今までかわいさ重視で選んできたキャラものも、カッコよさや強さで選ぶという新たな価値観に出会いました。

そしてゲームの展開の速さと、おもちゃやグッズ展開の多さに驚愕するのです。

子供服はデザイン性ではなく機能性重視

かっこいい!とブランドのシャツを買うも着るのは年に1.2回…そのうちにサイズアウトしてしまい結局、メッシュ地やフリース、綿素材の丈夫なもの、ガシガシ洗濯しても丈夫で速乾性があるものをヘビロテしてしまいます。

というのも、公園の砂場や水場に連れて行くときはお着換え一式が必須!帰ったらすぐお風呂にはいれるように準備が必要。そのくらい、想像以上にがっつり汚してくれます。

水たまりを見つけたら何の迷いもなくダイブ!呆気に取られているうちに始まる泥団子づくり…

洗濯祭り決定です。素敵な服は無理ですね(笑)

また男の子は選べる柄も少ないので、1年のうちの半分はボーダー柄にデニムというスタイルです!

ママの服もいつのまにかスポーティに

気付けば自分も、スカートやヒールを履かなくなり、汚れても手軽に洗える洋服やスニーカにシフトチェンジ!

断然スカート派で、花柄のワンピースなどの女の子らしいものが好きでしたが、それでは息子と公園に行けません。

気付いたら自分まで汚れることが多いので、自然とリュックにパンツにTシャツにスニーカーが定番になりました。

靴やポケットの中におびえてしまう

「お土産!」とポケットの中をひっくり返すと「ジャラララララ」無数の小石や貝殻、落ち葉、何かの切れ端、ゴミ?にしか見えない何か…

「お母さん喜ぶと思って!」そう言われると苦笑いで「ありがとう」というしかありません。

また、靴の中も要注意です。息子が帰宅した後の玄関は砂の山、どうしたらこんなに砂が入るの!と唖然としているとリビングから「ザー!!」と謎の砂の音が…恐る恐る見ると、脱いだ靴下を持った息子が微笑んでいました。

まさかの靴下の中まで砂が大量に侵入していたようで…その光景はホラーでしかありませんでした。ポケットの中のお土産が怖い毎日です。

汗臭対策に翻弄される

ほんとに男子は汗臭い!その匂いは何と赤ちゃんの頃から、赤ちゃんの頭皮からなぜかおやじ臭がする…男の子ママのあるあるですよね!

常に汗だくの男子。とにかくメッシュ地、消臭の洗剤選び、シャンプー選びには今まで以上に気を使います。

奇抜な配色にも慣れてくる

男子の好きなキャラクターって、原色の奇抜な組み合わせのものが多くないですか?

最初は私も衝撃的でした。

特にキャラ弁やキャラケーキは、食欲減退するような見た目でげんなり…

でも、今ではすっかり慣れてしまって、そちらの方が普通に…青いケーキでもがつっり違和感なく食べています(笑)

ついつい手伝ってしまう

男子はぼーっとしていることが多く自分の世界に入ってしまうため準備がとにかく遅い!

ご飯も動きすぎるせいか汚すので、手伝ったほうが早い!手伝ってしまいがちです。

いつのまにか誉め上手に!

お手伝い大好きな男子!単純なので褒められると有頂天です。

買い物袋持ってあげるよ!僕が拭いてあげるね!張り切りすぎて失敗することもありますが、褒められるために頑張ります。

こちらも自然と、持ち上げ上手に…(笑)

下ネタに慣れてしまう

男子は口を開けば、うん〇、ちん〇ん、おっ〇いを連発します。

ですが、決して「やだー!やめてよー」などと言ってはいけません。嫌がると喜んでますますエスカレートします。

パンツを脱いでニヤニヤ見せてきたり…。大人だったら即通報レベルです!将来が心配になりますが、男子は全員こんな感じみたいです。

そんな時は無視が一番!私もいつも無表情で聞いていないふりをします。そうすると飽きて諦めるようです(笑)

小さい彼氏、結局はかわいい男子

とにかくママが大好きな男子!

「今日のお洋服かわいいね」「かみ切った?似合ってるよ!」「お化粧しなくても奇麗だよ!」などなどそんな言葉どこで覚えたんだろう。まるで小さい彼氏です。

すごく純粋で名言を残すこともしばしば、いきなりロマンチックなことを言ったり、動物や人に対しても優しい子が多いです。

あまりに真っすぐな心にこちらの方が反省させられる事も…。

いま何を考えているか、非常にわかりやすく、甘えるのが上手です。

予測不可能なことも多くてイライラしてしまうこともありますが、結局はかわいくて許してしまうのです(笑)

男の子の子育てはまぁいっかの精神で

異性の男子のすることは私たち女性にとっては謎だらけでまるで宇宙人と接しているような感覚にとらわれることもしばしば…

「何でこんなことするの?」「どうしてそうなるの?」と思ってしまいがちですが、いちいち悩んでいては正直こちらの身が持ちません(笑)

彼らがすることに特に理由はないのです。

それが男子という生き物なんだろうなぁと思います。「まぁいっか」と受け流し、笑って過ごせるようになりたいものです。



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします