育児あるある 育児・子育てイライラ

ママ共感!子育て中にイライラする3つの瞬間

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!現在、3歳男の子ママをしているママライターです!

私も子育てをして3年を過ぎていますが、この3年間でたくさんのことを経験しました。

ママが共感できる子育て中のイライラする3つの瞬間を解説します。



イライラする瞬間①

今までは、自分のサイクルで回っていた時間が赤ちゃんが増えることでそのサイクルが赤ちゃん優先に変わります。

睡眠時間

産まれたての赤ちゃんは、夜中も2時間~3時間置きに起きて泣きます。

それに合わせて私もおっぱいをあげるのでフラフラになっていました。

右側のおっぱいからまず与え、次は左と飲ましていましたが、そんな私は半分寝ている状態(笑)。

やっと終わったと思いソーッとお布団に置く→泣く。というところでまずイライラ発生ですよね。

『寝てよ。』と、横には主人が寝ているんですが『パパが起きちゃうから静かにしてよぉ』と心の中で叫んでいました。

今思うと、静かにしてなんて無茶だなと思います(笑)。

『何かあるから泣いている』『ママを困らすつもりはないんだよ』『なぜ泣いているのか、僕たちが分かってあげよう』と、よくその頃に主人が私に励ましてくれていました。

赤ちゃんとは同じお布団で寝ていたのですが、「泣き声」は凄い武器だなと思います。

あのギャーギャーというかん高い声を耳にするだけで何もなくてもイライラしてしまっていました。

赤ちゃんが寝ている時が私の睡眠時間でしたが、だからこそ!やらなければいけない事があるので、

用事が済む頃には赤ちゃんが泣きます。イライラしますよね。

『また寝る時間がない』そう考えているとまたイライラしてしまって、横でイビキをかいている主人をみるとまたもイライラ。

主人も気を使ってか、赤ちゃんの泣き声が聞こえると起きてくれましたが、起きてこられるとそれはそれでイライラしていました。

私は比較的に寝ていて欲しいタイプでしたので。

赤ちゃんの頃は、睡眠不足がやはりイライラする瞬間では多かった気がします。

いつまでこの生活が続くんだろうと心配しネットで調べてばっかりいましたが、赤ちゃんが成長するにつれて、睡眠時間も増えていくようになり気持ちも楽になってきました!

母乳?ミルク?

私は妊娠中も出産してからも母乳が凄く出ていました!

その分乳腺炎で何度も悩まされ、痛くても痛くても母乳をあげなくてはいけない。

乳腺炎が理由で高熱が出たとしても赤ちゃんは待ったなしで泣きます。

乳首が切れようが何だろうと母乳をあげなければ赤ちゃんは死んでしまいます。

周りからはよく、『ミルクにすれば?』と、言ってくれていました。

ですが当時の私は、母乳が一番!という考えしかなく真夜中にも泣きながらおっぱいをあげていました。

今思うと笑ってしまいますよね。

現代のミルクなんてとても栄養が考えられてますし、もちろん母乳に勝るものはないですが、

そこまで気を張らなくても良かったなぁ~と今だから笑いながら言えます。



イライラする瞬間②

成長とともに

0歳の頃は睡眠が取れないことでイライラしましたが、生後半年頃になると離乳食が始まります。

赤ちゃんに離乳食を食べさせる日を楽しみに待ちわびていたママも多いと思います。

ベビー用品を置いているお店に行くと、瓶に入っているご飯や、お菓子など。

『私も早く食べさせたいなぁ~』や、『これは何ヶ月から食べさせられるんだろう?』と、見つけては月齢を見てと、まだまだ先だと分かりしょんぼりしていました!

ですが離乳食がスムーズに進んでいくと、大人しくママに食べさせてもらっていた時期もあっという間に過ぎ去ってしまい、

作った離乳食を食べてくれない。手でグチャグチャにする。わざと床に落とす。

ご飯の途中で遊びに行ってしまう→イライラする!という流れでした。

食事に関して悩みが増え、『全然食べていないのに大丈夫なのか。』

『こんな食べ方をしたままで、1人でしっかりと食べられる時が来るのだろうか。』と、3歳になった今でも悩みはあります。

時間がない時は汚されたくないからと私が食べさせ、時間に余裕がある際には1人で食べなさいと言い、

凄い自分勝手な自分にイライラすることも現在あります。

イライラする瞬間③

買い物編

スーパへ買い物へ行く際、子供を連れているからと子乗せ用カートを邪魔扱いする人がいます。

特に何か言われるわけではないですが、視線や目で訴えてるのが分かります!(笑)

だからと言って1人にさすとそれはそれで、「親はどこに?」というような目で見られる。

放置や放ったらかしするつもりもないですし、誘拐や事件なども怖いのでしっかりみてるつもりです。

しかし忙しい時間をさいて買い物へ来ているので、どうしても買い物に意識してしまうのも事実です。

難しいところです。私の場合はカートに乗せ、携帯でアニメを見せたりしています!

叱ったり怒るタイミング

子どもが悪さをした際自分の機嫌が良いとあまり怒らず、子どもが悪さをした際自分の機嫌が悪いと、

少しのいたずらであっても怒鳴りつけてしまう。

のちに後悔してしまったり…。いけない事はダメな事なんだと教え、自分も反省しています。

ですが、育児で悩んだりつまずいたりしたら私は必ずこう思います。

『自分だけじゃない。みんなもこんな時期はあったし。乗り越えて来たんだ。』

と、そう思うとなぜか気持ちが楽になります。

一番共感できることはやはり、我が子が本当に愛おしいという事ですよね!

私は親になれて良かったと心から思いますし、我が子が成長するにあたってとても楽しみな反面寂しいですが、喜ばしいことですよね!

我が家はまだ未就学ですが幼稚園に行くと同時に私も、子離れの一歩を歩んでいくんだと覚悟して思います。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします