妊娠・出産 小学生・小学校

小学生がえらぶ! ”こどもの本”総選挙

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

2018年5月5日、「小学生がえらぶ! ”こどもの本”総選挙」の結果が発表されました。

ランキング一位~十位までを見てみましょう。またなぜ選ばれたのかを感想も交えてご紹介いたします。



「こどもの本総選挙」とは?

こどもにもっとも支持される本を選び、その結果を共有することが「こどもの本総選挙」の目的。

児童書を出版するポプラ社が主催する小学生による小学生のための本の選挙で、大人は投票できません

こどもと本の出会いのきっかけを作り、こどもに本を好きになってもらおうという想いから始まった催しです。

ポプラ社出典:小学生がえらぶ!”こどもの本”総選挙

第一位 おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典

第一位は、ユニークな視点でいきものをとらえた「おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典」

男の子部門第一位でもあります。

¥972
アマゾンボタン

    「おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典」
    出版社:高橋書店
    監修:今泉忠明

読んだ感想は?

投票したこども達からは、動物に一生懸命さや愛おしさを感じるといった声が寄せられています。

我が家の娘のクラスでも大人気

やはり、動物達のふしぎな生存戦略に驚くとともに愛おしい気持ちになるようです。

第二位 あるかしら書店

あったらいいなと思うような、ふしぎな本がいっぱいのお店が登場する「あるかしら書店」

本という媒体そのものが楽しくなる絵本です。女の子部門第一位

¥1,296
アマゾンボタン

    「あるかしら書店」
    出版社:ポプラ社
    著:ヨシタケシンスケ

読んだ感想は?

投票したこどもからは、何回でも読みたくなるという感想が寄せられています。

個人的には「どうかしら」という書店のおじさんの優しい口調が、おしつける感じがなくて好きです。

第三位 りんごかもしれない

赤くて丸いりんごに無限の可能性を見出す絵本「りんごかもしれない」が第三位。

「あるかしら書店」と同じヨシタケシンスケさんの作品です。

絵本部門第一位

¥1,512
アマゾンボタン

    「りんごかもしれない」
    出版社:ブロンズ新社
    著:ヨシタケシンスケ

読んだ感想は?

我が家の娘は「自分もこういう風に考えたことあるなって思うから楽しい」とのこと。

投票したこどものクラスでは「このみかんはUFOかも?」と盛り上がったそうです。

第四位 おもしろい!続進化のふしぎ ざんねんないきもの事典

シリーズ累計195万部は伊達じゃない!

「ざんねんないきもの事典」の続編もランクイン。

第三弾もリリース決定ということで、楽しみなシリーズです。

¥972
アマゾンボタン

    「おもしろい!進化のふしぎ 続ざんねんないきもの事典」
    出版社:高橋書店
    監修:今泉忠明

読んだ感想は?

続巻が出るとすぐに娘のクラスで話題になり、学校帰りに書店へ直行することになるほど人気の一冊でした。

投票したこどもからは「落ち込んでいるときに読むと励まされる」との声が寄せられていて、けなげな動物達の姿が人気の秘密のようです。

第五位~六位 おしりたんてい「かいとうvsたんてい」「いせきからのSOS」

おしりの顔を持つ不思議な探偵が活躍する「おしりたんてい」シリーズが五位、六位にランクイン。

小学一年部門第一位でもある「かいとうvsたんてい」では、おしりたんてい最大のライバル・かいとうUが登場。

「いせきからのSOS」では、おしりたんていがジャングルの遺跡に挑みます。

「おしりたんてい かいとうvsたんてい」

¥1,058
アマゾンボタン



「おしりたんてい いせきからのSOS」

¥1,058
アマゾンボタン

    「おしりたんてい かいとうvsたんてい」
    「おしりたんてい いせきからのSOS」
    出版社:ポプラ社
    作・絵:トロル

読んだ感想は?

我が家では、「においますね」の決め台詞が話題に。

投票したこども達からは「とにかくおもしろい」の声が。何度も読みたくなるのだそうです。

第七位 このあとどうしちゃおう

「このあとどうしちゃおう」の「このあと」とは、死後のこと。

祖父のノートに描かれた「このあと」を見つけた僕は・・・?

¥1,512
アマゾンボタン

    「このあとどうしちゃおう」
    出版社:ブロンズ新社
    著:ヨシタケシンスケ

読んだ感想は?

ノートなのできちんと罫線が!

こういった細かなこだわりからユーモアの徹底ぶりが伺え、その徹底ぶりからは取り扱うテーマへの敬意が伝わってきます。

投票したこどもからは、亡くした人が天国で楽しんでいることを願う声などが寄せられました。

第八位 ぼくらの七日間戦争

1985年に出版されたジュブナイル。

「ぼくらの~」シリーズへと続く第一作です。

小学六年部門第一位でもあります。

¥799
アマゾンボタン

    「ぼくらの七日間戦争」
    出版社:KADOGAWA
    著:宗田理

読んだ感想は?

正直、FM発信機が登場するこの作品がランクインすることに驚いています。

表紙イラストもすっかり今風で・・・。

投票したこども達は主に高学年のようで、反乱や解放区への憧れから支持されています。

第九位 ふしぎ駄菓子屋銭天堂

願いをかなえる不思議な駄菓子があるという銭天堂をめぐる物語。

読みやすい短編集です。

¥972
アマゾンボタン

    「ふしぎ駄菓子屋銭天堂」
    出版社:偕成社
    作:廣島玲子
    絵:jyajya

読んだ感想は?

いつの時代も、ちょっぴり怖くてどきどきするお話は、こども達に人気です。

投票したこどもは、ハラハラドキドキしながら読んでいるそうです。

第十位 りゆうがあります

誰にでもある「くせ」

注意されてもついついしてしまうくせには、こんな理由があるんです。

そんなこどものきもちがつまった絵本

¥1,404
アマゾンボタン

    「りゆうがあります」
    出版社:PHP出版
    作・絵:ヨシタケシンスケ

読んだ感想は?

我が家の娘もこの絵本を読んでにやにや。

思うところがあるのかもしれません。

投票したこどもからも、自分にもそういうことがある!と共感が寄せられています。

本選びの参考に

こどもならではの視点で選ばれた、こどもの好きな本ベスト10、いかがでしたか。

ざんねんないきもの事典シリーズ、おしりたんていシリーズ、ヨシタケシンスケさんの絵本が人気で目立ちました。

本選びの参考に、ぜひどうぞ。



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします