命名・名前

男の子の名前で「悠人」読み方は?意味や由来は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

明治安田生命保険が発表した、2017の名前ランキング。男の子部門で1位に入った『悠人』。

全体的に丸みを帯びた字面からは、優しく温厚な印象を受けますね。

この名前は、馴染みのある読み方から斬新な読み方まで、いくつかの読み方を持っています。

名付けに使える由来例や漢字の意味等も合わせてご覧ください!



『悠人』の読み方

『悠』は男女ともに大変人気の高い漢字です。

『人』は男の子の止め字として定番ですね!まずは、それぞれの漢字が持つ読み方からご紹介します。

『悠』

音読み…ゆう
表外読み…とお(い)・はる(か)
人名読み…ちか・ちかし・はるか・ひさ・ひさし・ゆ

『人』

音読み…じん・にん
訓読み…ひと
人名読み…きよ・たみ・と・ひこ・ひとし・め

『悠』+『人』の読み方例

【一般的な読み方】
ゆうとはると・はるひと・ゆうじん
【個性的な読み方】
ゆと・ちかと・ひさと・ゆきよ・ひさめ・ひさひと
【当て字の読み方】
ゆう・ゆうひ・はるひ・ちかひ

はると」の読みは、他の漢字を使っても人気の高い響きです。

「陽」や「春」「晴」など、春の日、晴れた空を表す漢字は特に人気が高いので、『悠』を「はる」と読ませると個性が感じられながらも流行的な名前になりそうです。

ゆうと」の読みも定番的。「悠々自適」という言葉等にも使われている読み方なので、多くの人がスムーズにそう読んでくれそうです。

四文字読みにある「ゆうじん」は、現代的な印象を与えます。他の漢字を使って用いられる読み方でもあり、斬新奇抜な印象は与えません。

濁点を含むのでどっしりと男の子らしい名前になりそうです。

個性的な読み、当て字の読みは、スムーズに読んでもらうことは難しいかもしれません。

人気の高い名前だからこそ、読み方は人と違うものを!と考える方にはおすすめです。

【関連記事】
オシャレな男の子の名前163個集めてみた

漢字の意味&成り立ち

『悠』と『人』、それぞれの漢字が持つ意味を調べてみました。成り立ちとともにご覧ください。

『悠』の意味と成り立ち

「攸」と「心」の組み合わせからなる『』。
「攸」の方は、長く細く水を垂らす様子が原形です。

そこから水がはるか遠くに流れゆく様子や、人の進む道を表すようになり、「はるかに・すらりと長く」という意味になりました。

人が背中に水をかけて洗い流す様子から清めることを表すという説もあります。

そこに「心」を加えることで、清々しい気持ちが安定している、心がゆったりとしている、気の長い様子を表すようになりました。

遠く先のことを想う心の余裕というニュアンスで捉えると良いでしょう。

さらにそこから、時間や空間が広く遠いことを表す意味が派生し、「はるか・遠い」という意味も持つようになりました。

『悠』にある魅力

男女ともに、名前ランキングではいつも上位に入る漢字のひとつです。

ゆったりとした様子、スケールの大きさから、寛大で大らかな人柄を表すに相応しい漢字です。

字面の形にもカーブがあり、心が入ることからも優し気な雰囲気が感じられますね。

悠々自適、悠長、という言葉に使われることからも、のんびりと穏やかな人柄が想像できます。

何となく安心できるような名前、そう感じられる方は多いのではないでしょうか。

男の子の名付けの変遷を見ると、昔は強さや逞しさを表す「勇・剛・猛・健」などが多かったものの、最近は優しさや思いやり、のんびり、大らかといった意味のものに人気が集まっています。

努力を重ねて高みを目指して猪突猛進というよりも、マイペースで自分らしい魅力を大切にしながら、ゆっくりのんびり成長してほしいと願うパパ・ママが増えているのでしょうか。

そういった意味では、『悠』は時代を表す漢字のひとつであるとも言えそうですね。



『人』の意味と成り立ち

『人』の字は、人と人とが支え合っている様子から成り立った漢字である、という話をどこかで耳にしたことはありませんか?

実はこの漢字、2人の人が互いに支え合っているのではなく、1人の人間を横から見た姿を形にしたものなのです。

1画目が人の頭から手まで、2画目が胴体から足までを表して、意味としては「人間・人類」です。

さらにこの2画目には、人の本質を表すものであるという説もあります。人の形であるだけでなく、心の内側までをしっかりと形にした漢字、そう捉えるとイメージががらりと変わり、簡単だからこそ奥深い意味のある漢字だと感じます。

このことを表す意味として、「人柄・性質」があります。

『人』にある魅力

この漢字は、小学校1年生のごくごく早い時期に習います。

従い、誰もが最も親しみを持てる漢字であると言っても過言ではないかもしれません。

簡単すぎるくらい簡単ですが、左右にぐっと伸びた字面が全体をバランス良く整え、他の漢字と合わせても違和感なく使うことができます。

縦に書いても横に書いても、最後にしっかりとまとめる力のある漢字です。

また「人と人とが支え合っている」という語言説は、ひと昔前に大流行した「金八先生」というドラマの中に出てきたフレーズであり、解釈としては正しくはありません。

しかし、そのような思いで使ってもあながち間違いではないのでは?と思わせる形ですよね。

人は1人で生きていくことはできず、誰かを支え、また支えられて生きるもの。

そこから絆や幸せを見つけられる人生を送ってほしいという願いを込めると素敵な名前になりそうです。

『悠人』に込める想い

『悠人』。魅力いっぱいの漢字を組み合わせた名前ですから、そこに沿える由来も素敵に工夫してみましょう!

素敵な由来実例5選

まずは、実際に『悠人』と名付けた方々の素敵な由来を集めてみました。

悠々とどこまでも、大きく成長し、沢山の人に出逢い、愛し、愛される、そんな人になって欲しいと思い付けました。

出典: women.benesse.ne.jp

男の子だけど、「ちゃん」を付けて呼べる名前がよくて、主人は「悠」という字を使いたくて、のんびり、ゆっくりでもいいから大きく成長してくれるようにという意味でつけました。

出典: women.benesse.ne.jp

幾久しく優しくておおらかでしっかりとした人に成長してもらいたくて。

出典: baby-calendar.jp

人気な響きのお名前で悩みましたが画数と縦割れの名字なので、重すぎないどしっと感がほしく決めました!
また妊娠期間中、ママがまったくイライラすることがなくまったりゆったり過ごしていたので”悠”の字がぴったりだなと感じました!
由来は、おおらかな心を持ち、悠々とした人生を歩めますように。
そして生後1カ月頃にわかったのですが、父と母が榛名山にある伊香保神社で私たち夫婦のことをお願いしてくれており、漢字は違いますが響きの”はる”が一緒だなーっとと父が呟いていました!
ただの偶然ですが少し縁を感じました!

出典: baby-calendar.jp

悠にはゆったりと流れる様という意味があるので周りに流されず自分のペースで進んでほしいという思いと、漢字に心が入っているので思いやりの心を持った人になってほしいと願いを込めました。
パパとママの名前は愛称がつけづらい名前だったので、お友達から愛称をつけてもらえる名前ということも考えました。

出典: women.benesse.ne.jp

由来のヒント5例

他にも、色々な想いを込めることができます。いくつかの由来例をご紹介します。

*人の心をぽっと照らすような、穏やかで大らかな輝きを持った子に。
*長い人生をゆったりのんびりと楽しんで過ごすことができますように。
*周りの人に愛され、平和でのんびりとした毎日を過ごせますように。
*精神的な落ち着きを持って、物事を大きく捉えることのできる賢く優秀な子になってほしい。
*自由にのびのびと挑戦できるような、想像力の豊かな子になってほしい。

『悠』の字は、悠仁親王がお生まれになって一気に知名度の上がった漢字とも言えるかもしれませんね。

何となく説明の仕方が難しい漢字ではありますが、悠仁親王の「悠」と言えば分かってもらえることも多いようですよ。

この漢字は11画で、画数で見てもおおらかな魅力を持つそうです。

人柄・性格をそのまま映し出したような、魅力あふれる幸せな人生になってくれるように期待したいですね!

【関連記事】
優しい男の子に育ってほしい願いを込めた名前314個集めてみた


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします