離乳食

ほうれん草を使った離乳食後期レシピ7選!下ごしらえや保存方法(4歳男児の栄養士ママ発信)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!4歳男児の栄養士ママです!

さて、離乳食も後期になってくると1日3食にだんだんと移行し、食べられる形状もますます増えてきますよね!

成長が嬉しい反面、ママは大変!次から次へと新しい調理法や食材にチャレンジしていく時期がやってきました!

そしてこの頃にはそろそろ手づかみ食べさせようかな?と思われている方も多いのではないでしょうか?

今回はほうれん草を使った離乳食後期での手づかみレシピなどのご紹介と、離乳食後期でのほうれん草の下ごしらえや保存方法についてまとめてみました!

少しでも、大変な時期のママさん達の力になれたらうれしいです!



ほうれん草を使った離乳食後期レシピ7選(手づかみレシピも)

お勧めのレシピを7つほどご紹介します!

前半はタンパク質たっぷりで尚且つ飲み込みやすさを重視したメニューです!

ほうれん草があまり得意でないお子様にもおすすめ!

後半は手づかみデビューにぴったりのほうれん草メニューを考えてみました!

納豆ほうれん草

こどもが大好きな納豆はビタミンKやタンパク質、食物繊維なども豊富で、粘りがあることから飲み込みやすさも魅力です!

癖のないほうれん草と合わせることでより食べやすくなりますよ。

ご飯にかけても美味しいです!

材料と作り方

【材料】
茹でたほうれん草 適量
納豆 適量
だし汁しょうゆ 適量

【作り方】

市販の納豆を細かく刻みます。ひきわり納豆や柔らかいタイプの納豆もおすすめですよ。

茹でたほうれん草と合わせ、お好みでだし汁と少量のしょうゆをあわせたものをかけます。

豆腐とほうれん草のお味噌汁

大人も一緒に食べられる、定番のお味噌汁です。

お豆腐の大豆たんぱく質は大変良質で、離乳食にはぜひ、取り入れたい食材ですね!

赤ちゃん用は薄めて、大人用はネギを添えてもいいですよ。

少しずつとりわけ料理も出来るようになります。

材料と作り方

【材料】
(4人分 小鍋1杯分です)
絹ごし豆腐 2分の1丁
ほうれん草 1束
だし汁 500ml
お味噌 適量

【作り方】
だし汁を沸かし、良く洗いみじん切りにしたほうれん草を入れます。

豆腐を小さめのさいの目切りにして入れます。沸騰したら火を止め、お味噌を溶きます。

味を見て、濃い場合は、赤ちゃん用は器に盛った後お湯で薄めてもいいです。

ほうれん草の卵とじ

ほうれん草は卵ともとってもよく合うお野菜です。

黄色と緑の色合いもきれいで食卓が明るくなりますね!

卵のアレルギーには十分注意し、またしっかりと過熱をしましょう。

材料と作り方

【材料】
卵 2分の1個
ゆでたほうれん草 1束
だし汁 100ml
めんつゆ 小さじ4分の1

【作り方】
だし汁を沸かし、卵とよく溶き入れます。

良く加熱し、火が通ったらほうれん草を入れます。

お好みでめんつゆで薄めの味付けをしましょう。

ほうれん草とひじきのあんかけ団子

ひじきとほうれん草から鉄分がたっぷりとれるメニューです。

あんかけにすることで、鶏ひき肉もしっかり噛め、飲み込みやすくなりますよ。

材料と作り方

【材料】
ひじき(缶詰など戻してあるタイプ) 大さじ2
ほうれん草 1束
鶏ひき肉  200g
卵 2分の1
だし汁 150ml
水溶き片栗粉 小さじ2

【作り方】

ボウルにひじきとほうれん草鶏ひき肉と卵を入れよく混ぜる。

だし汁を沸かし、団子をスプーンで食べやすい大きさに成形して落とし入れます。

火が通り団子が浮いてきたら、水溶き片栗粉を入れてとろみがつきまで混ぜながらさらに加熱します。



じゃがいもとほうれん草のおやき

手づかみ離乳食デビューにぴったりのおやきです。

ほうれん草で不足しがちな鉄分をしらすとチーズで赤ちゃんに大切なカルシウムが補えますよ。

材料と作り方

【材料】
じゃがいも 1個
茹でほうれん草 1束
しらす 小さじ1
スライスチーズ 1枚

【作り方】

ジャガイモは良く洗い、厚めに皮を剥き、1口大に切ったらレンジで温めます。お箸でスッと中心まで通るくらいの柔らかさになればOK。

ボウルにジャガイモを入れ温かいうちにみじん切りにしたチーズを混ぜ、刻んだしらす、茹でたほうれん草はみじん切りにして混ぜます。

食べやすい大きさに成形し、薄く油を引いたフライパンで焼き入りがつくまで焼けば出来上がりです。

ほうれん草チヂミ

薄く焼くことで口に運びやすく食べやすくなります!

小麦粉の甘さと香ばしさで、食欲が進む1品です。

材料と作り方

【材料】
ゆでたほうれん草
小麦粉 45g
片栗粉 45g
水   50ml
卵 1個

【作り方】

茹でたほうれん草はみじん切りにし、ボウルに全ての材料を入れよく混ぜます。

薄く油を引いたフライパンでこんがりと焼いて出来上がり!

バナナとほうれん草の豆乳蒸しパン

お子様に大人気のバナナ!自然な甘さとほうれん草が絶妙なハーモニーです。

色彩もきれいで、朝食にもぴったりなメニューですよ。

材料と作り方

【材料】
バナナ 15g
茹でたほうれん草 20g
ホットケーキミックス 45g
豆乳 25g

【作り方】

ボウルにバナナを入れフォークなどでしっかり潰します。

そこにみじん切りにした、茹でたほうれん草を入れよくまぜ合わせます。

ホットケーキミックスと豆乳を加えよく混ぜ、耐熱カップに入れて電子レンジで1分加熱すれば出来上がりです!加熱の際、ラップはしなくて大丈夫です!

離乳食後期のほうれん草の下ごしらえ

離乳食後期ではほうれん草の下ごしらえも大人とさほど変わらない形状で食べることができるようになってきます。

下ごしらえのポイントを1つずつ押さえていきましょう。

しっかりと水洗いする

離乳食後期では、ほうれん草のゆで時間も離乳食初期や離乳食中期と比べ短くなります。

そのため、今までは茹でる工程でもある程度汚れやあくをしっかり取り除くことが期待できたのですが、離乳食後期では、茹でるだけでは土やごみを取り除くことは難しくなっていきます。

その分、念入りに水洗いをし、あらかじめ土をしっかり落とすことを意識しておくと安心ですね!

離乳食後期のほうれん草の加熱

離乳食後期では少し歯ごたえのある形状も食べられるようになることから、ほうれん草のゆで時間も30~40秒程度で大丈夫です。

また生のままの状態でみじん切りにし、スープに入れたり、炒め物にしたりなどの加熱方法の幅も少しずつ広げていきましょう。

電子レンジで手軽に

1番簡単なほうれん草の加熱方法はやっぱり電子レンジです!

離乳食後期ではよく洗いみじん切りにしたほうれん草を耐熱皿に入れレンジで加熱するだけで、ブレンダーや濾し器などを使わずとも、そのまま食べられるようになるので、簡単ですね!

電子レンジで加熱したほうれん草は、だしで味付けしお浸しにしたり、胡麻和えにしたりするのもおすすめです!ほうれん草そのものの味が楽しめます。

離乳食後期におすすめ!みじん切りほうれん草の作り方

【材料】
ほうれん草 1束
お湯 たっぷり
塩 ひとつまみ
重曹 ひとつまみ

【作り方】

ほうれん草はしっかり洗います。

たっぷりのお湯に、塩、重曹を入れほうれん草を30~40秒ほど茹でます。

ゆであがったら冷水につけ、冷めたら軽く絞りみじん切りにします。

さらに少し水気を絞るとみじん切りほうれん草の出来上がりです。

みじん切りほうれん草の保存方法

便利なみじん切りほうれん草ですができればたくさん作って保存しておきたいものですよね。

保存方法についてもまとめてみました。

冷蔵保存の方法

みじん切りほうれん草は冷蔵保存も出来ます!

冷蔵保存では2日くらいで食べきるのが好ましいので、あまり長持ちはしませんが、前の晩の献立に使用した分を冷蔵保存しておき、翌朝、軽く温め、ごはんと混ぜ、おにぎりにして朝食に出せば、おいしいほうれん草おにぎりの献立ができますね!

すぐに使えて簡単に調理ができるのが冷蔵保存の魅力です。

冷凍保存の方法

長く保存したい場合はやっぱり冷凍保存が1番!

氷冷皿や100均などでも売られている離乳食保存用のシリコンカップにみじん切りほうれん草を1回分ずつ入れ冷凍しておくと取り出しやすくておすすめです!

賞味期限は2週間ほどで食べきりましょう。

ほうれん草が苦手な子には?

食べやすいほうれん草ですが、中には苦手なお子様もいらっしゃるのではないでしょうか?

うちの息子も離乳食初期や、中期では喜んで食べていたほうれん草なのですが、なぜか、後期になってくると段々苦手に…。そういう時期ってあるのかもしれません。

そんな時は形状を少し前に戻してみて柔らかく調理してみたり、甘みがあるカボチャやバナナ、サツマイモなどと混ぜてみたりして乗り切りました!

甘みがあると食べやすくなるお子さんも多いようですよ!うちの息子も今ではすっかり克服して、モリモリ食べてくれるようになりました!食べてくれない時期でも焦らず、ママと赤ちゃんのペースで楽しみながら試行錯誤してみましょう。



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします