離乳食

離乳食のホットケーキミックスはいつから?おすすめレシピ4選(管理栄養士の2児ママの発信)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

朝食やおやつに便利なホットケーキミックス。

どこでも手に入れられるホットケーキミックスですが、「離乳食にはいつから使っていいの?」「砂糖が入っているけど大丈夫?」など、つい心配になってしまいますよね。

一般的に、市販のホットケーキミックスは9ヶ月(後期)であればOKとされています。

今回は、安全なホットケーキミックスの選び方や、自分でホットケーキミックスを作れるレシピを紹介していきます!手づかみ対応のおすすめレシピも紹介します。



市販のホットケーキミックスは後期から!

多くの離乳食の本では、ホットケーキミックスは離乳食後期(9か月ごろ)からOKと書いてあります。

しかし、すべてOK!というわけではなく、「赤ちゃんに適したものを選べばOK」かなと私は思います。

市販のホットケーキミックスは、多くのママが心配するように砂糖がたくさん入っています。また、牛乳や卵などのアレルゲン、添加物などが入っているものもあります。

そこで、まずは市販のホットケーキミックスの注意点をまとめました。

卵や牛乳、添加物が入っていることも

9ヶ月頃になると、多くの赤ちゃんはアレルギーの有無もわかってきます。

しかし、アレルギーのないお子さんでも、消化機能はまだまだ未熟。商品によっては卵や牛乳、粉末バターなどがたっぷり入っていることがあるので、お腹がゆるくなったり、体調に影響が出ることもあります。

砂糖が多く入っている

後期~完了期の赤ちゃんの砂糖の推奨量は、1日あたり3gまで。コーヒーに入れるスティックシュガーよりも少ないくらいです。

ところが、ホットケーキミックス200gあたり(約4枚分)の砂糖の量は約40g。1枚の半分を食べたとしても、5gも入っています。

一度甘いものの味を覚えてしまうと、それ以外はなかなか食べなくなってしまうのが赤ちゃん。そのため、砂糖が入っているものはできるだけ避けましょう。 

市販のホットケーキミックスを選ぶコツ

なので、市販のホットケーキミックスを選ぶときに注意したいのは次の2つ。

・砂糖なし
・アルミフリー

スーパーでよく見る森永などのホットケーキミックスは、砂糖が多く入っているのでできれば1歳以降がおすすめです。

1歳未満のお子さんの場合、和光堂などの離乳食メーカーが出しているものや、「砂糖不使用」とはっきりかかれたものを選びましょう。

【参考商品:赤ちゃんのやさしいホットケーキミックス/和光堂】

¥1,264
アマゾンボタン

【参考商品:パンケーキネオハイミックス/創建社】

¥1,264
アマゾンボタン

砂糖はなくても甘味は引き出せる

赤ちゃんは、舌で味を感じる細胞(味蕾/みらい)の数が大人の1.3倍もあると言われています。

そのため、大人がおいしいと感じる味は赤ちゃんにとっては濃すぎることになります。

ホットケーキの味付けは、バナナやかぼちゃなどの自然の甘味や、粉ミルクなどで十分です。

もし、産院でもらったフォローアップミルクや余った粉ミルクがあるなら、ホットケーキに混ぜることで栄養アップにもなります。 

アルミフリーと書かれたものなら安心

「アルミフリー」とは、原材料にアルミ(ミョウバン=硫酸アルミニウムともいいます)を使っていませんよ、ということ。

ひと昔前は、この『硫酸アルミニウム』がベーキングパウダーやホットケーキミックスによく使われていました。体への害が見つかって以来、厚生労働省の指導により各メーカーでは使わないように改良が進められていますが、今でも0ではありません。

そのため、パッケージやメーカーのサイトを見て「アルミフリー」「ミョウバン不使用」などの表示があるものを選びましょう

ホットケーキミックスは手作りもできる

ここまでは買う前提でお話してきましたが、実はホットケーキミックスは、薄力粉とベーキングパウダーだけでも作れます。

「小麦粉 150g」「ベーキングパウダー 4g(小さじ1)」の2つをボウルに入れて、ぐるぐるかき混ぜたら完成です!ここに卵や牛乳を加えれば、あっという間に砂糖なしのホットケーキが作れます。

アレルギーのあるお子さんも、粉を米粉に変えたり、牛乳を豆乳に変えることで一緒に食べられます。

【参考商品:米粉のホットケーキミックス】

¥ 1,555
アマゾンボタン



ホットケーキミックスを使ったレシピ4選

ここからは、ホットケーキミックスを使ったおすすめレシピを4つ紹介します。

後期~完了期向けですが、食材の大きさはお子さんの離乳食のすすみ具合に応じて変えてくださいね。

パンケーキを焼く際、フライパンはテフロン加工のものか、油を使う場合はオリーブオイルをうすーく引くのがおすすめです。

バナナパンケーキ

【材料】

・ホットケーキミックス 50g
・バナナ 1/2本
・水または牛乳 30㏄(バナナの柔らかさに応じて)

【作り方】

1.バナナはフォークの背であらくつぶす。

2.ホットケーキミックスと水を加えて混ぜる。ぼってりと落ちるくらい。

3.温めたフライパンで両面焼いて完成。冷凍もできます!

※水・牛乳・豆乳など、お好きな水分で作れます。

さつまいもと林檎の蒸しパン

【材料】
・りんご 20g
・さつまいも 10g
・ホットケーキミックス 大さじ5
・牛乳 大さじ2 

【作り方】

1.りんごはすり下ろして、レンジで30秒チン。さつまいもは蒸して小さく切ったものを使います。

2.材料をすべて混ぜます。

3.シリコンカップの6分目くらいまで入れ、レンジで1分~1分半加熱して完成。 

※シリコンカップがなければ、お皿にクッキングシートを敷いて、丸くおいてチンしてもOKです。

お豆腐と野菜のおやき

【材料】

・ホットケーキミックス 100g
・絹ごし豆腐 50g
・お好みの野菜 30g

【作り方】

1.野菜はみじん切りにして加熱しておく。人参、玉ねぎ、小松菜など、その日あるものでOK。

2.材料をすべて混ぜます。お豆腐は水切りせず、水分として使います。

3.弱火で両面焼いたらできあがり。

かぼちゃとコーンのホットケーキ

【材料】
・ホットケーキミックス 大さじ4
・かぼちゃ 大さじ1
・とうもろこし 大さじ1 
・牛乳 大さじ2~3

【作り方】

1.かぼちゃはやわらかく茹でて皮をとり、あらくつぶす。

2.とうもろこしはみじん切りに。(冷凍コーンの場合、少しだけお湯を入れてチンしておきます)

3.材料をすべて混ぜ、フライパンで両面焼いて完成。

※離乳食後期以降は、とうもろこしも薄皮ごと食べられるようになります。後期では細かくきざんで、完了期ではそのまま入れて大丈夫です。

手づかみメニューで好奇心を引き出そう

離乳食後期以降の赤ちゃんにとって、「手づかみ食べ」は脳と身体の発達にとても大切。

手軽に手づかみメニューがつくれるホットケーキミックスは、赤ちゃんにもお母さんにも強い味方です。安心な材料を選んで、どんどん食べさせてあげてくださいね!



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします