小学生・小学校

不要になったランドセルをリメイクする方法&寄付やリサイクル方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

6年間お世話になったランドセル、小学校卒業後はどうするか、お決まりでしょうか。

小学校卒業後のランドセルをどうしたのか、ベネッセが全国の中学・高校生の保護者を対象としたweb調査を2016年に実施。

その結果、有効回答1302名のうち59%が自宅でそのまま保管していることがわかりました

ラッピングして収納したり、通知表やアルバムを中に納めてメモリアルボックスとしているアイデアがあった一方で、どうしていいかわからないのでとりあえず保管という声も。

もしもどうしていいかわからないとお考えなら、これから紹介する方法が役にたつかもしれません。

出典:ベネッセ教育情報サイト 小学校卒業後のランドセル、どうしてる?



ランドセルのリメイク

上記のベネッセの調査で「その他」と答えた3%のご家庭では、ランドセルをどうしたのでしょうか。

「その他」の一つの選択肢が、リメイクです。

ミニランドセルにリメイク

ランドセルの部品を使用し、小さく加工したかわいいミニランドセルは、ランドセルリメイクの定番。

飾っておきやすく、収納場所にもこまらないサイズになるのが嬉しいですね。

傷やシール、刺繍など、思い出のある場所をうまく生かして小さくしてくれる工房もあるので、懐かしい日々をしっかりと残せます。

方法、期間、費用

ミニランドセルへの加工は、ランドセルの制作会社・工房や、リメイク専門の工房にオーダーするのが一般的です。

    <ミニランドセルオーダーの流れ>
    お願いしたい会社・工房が見つかったら、手順に従って申込みます。

    会社・工房から送付方法など連絡があるので、ランドセルを送ります。(直接持ち込める会社・工房もあります)


    ミニランドセル完成、自宅へ送られてきます。

加工期間は10ヶ月~11ヶ月くらい。

特別料金による早期仕上げが可能なことも。

オプションを付けたり、加工が難しいと、納期は遅くなります。

費用はだいたい8000円~15000円。

【ミニランドセル~卒業祝い~ランドセルリメイク】

¥8200
アマゾンボタン

オプションや加工の難しさによっては、プラス料金がかかります。

ミニランドセルを手作りできるキットも!

最近ではミニランドセルを手作りできるキットがあるのをご存知ですか?

代表的な4000円前後のキットは、工具もセットになっていて、特別な技術がなくても作れるように配慮されています。

【リメイクミニチュアランドセル手作り制作キット】

¥3900
アマゾンボタン

手作りのミニランドセルに挑戦してみるのも、良い思い出作りになりそうです。

革小物にリメイク

ランドセルに使われているのは上質な皮革。せっかくですから、革小物に作り直して使うというのも、良いアイデアです。

パスケース、キーホルダー、お財布など実用品へ

例えば、パスケース、キーホルダー、ストラップ、お財布などの実用品がランドセルから作れます。


¥4980
アマゾンボタン


¥20000
アマゾンボタン

どれも門出にふさわしい、新生活に役立つものばかりです。思い出をいつも身に付けていたいのなら、実用品へのリメイクがおすすめです。

アルバム、フォトフレームなどのメモリアルグッズへ

一方、アルバムの表紙やフォトフレームなどのメモリアルグッズへのリメイクもできます。ランドセルで作るメモリアルグッズは、より特別な品になりそうです。

しっかりと思い出を残したいなら、メモリアルグッズへのリメイクがおすすめです。

方法、期間、費用

グッズへのリメイクも、会社や工房へオーダーするのが一般的。オリジナリティあふれるリメイクを行っている個人の革職人もいます。

    <革小物リメイクオーダーの流れ>
    希望する会社・工房が見つかったら、手順に沿って申込みをする。

    必要であれば画像を送り、リメイクの可否や作れるアイテムなどの打合せ。

    ランドセルを送る。(持ち込みのできる会社・工房もあります)

    アイテムによってはカブセやベルトなど、パーツに分解して送ることも。

    実際に作れるかどうか、実物を見て判断することもあります。

    リメイク完成、リメイクされた革小物が送られてきます。

費用は1000円~50000円くらいまで、希望する小物の種類や名入れなどのオプションによって幅広いのが特徴。

何点幾らなどの定額制をとっていることもあります。

ひとつのランドセルからリメイクできる品数は、ランドセルの状態や希望するアイテム、予算で大きく変わります。

加工期間は9ヶ月ほどからなんと2年ということも!卒業前に問い合わせて順番待ちをする工房もあります。



リメイクの注意点


ミニランドセル、革小物へのリメイクオーダー時の注意点です。

基本的にキャンセル不可

作業を始めてしまったら、ランドセルは元に戻せません。

つまり、一度、ランドセルを送ってしまったらキャンセル不可が原則です。

本当にランドセルをリメイクして良いか、お子様の意思確認をしっかりとしておくことを忘れずに。

素材について

会社・工房によっては、本革のみ受け付けていることもあります。クラリーノなど合皮の場合、確認してからオーダーしましょう。

なるべく早く

押入などの密閉空間での保管は、どうしても湿気などの影響でランドセルの素材を劣化させます。

使用後、なるべく早くリメイクに出すほうが良い状態で加工できます。

ひび割れ

使用する部分の塗料が激しくひび割れていると加工できません。革を折り曲げてひび割れが出ないか、チェックしてみましょう。

こんな方法も、金具部分のリメイク

ランドセルメーカーによっては、特定のモデルの金具部分を使用したアクセサリーへのリメイクを受け付けているところがあります。

ランドセル購入時に、そのようなサービスを視野に入れて選ぶのも方法のひとつです。

寄付・リサイクル

手元に物を置いておくことだけが、思い出を残す方法ではありません。

上記の調査の「その他」3%には、「ランドセルを寄付」という選択をしたご家庭もありました。

六年間、お子様はランドセルを背負って学校へ通い、多くのことを学んだことでしょう。けれど、日本にも世界にも、安心して学ぶことがかなわないこどもたちがいます。

使用後のランドセルを寄付することで、多くのこどもたちの学びを助けることができます。

自分の使っていたランドセルが、世界のどこかで誰かの役にたっている。現役を続けている。

そのような想いを心に持つことで、残せるものもあるでしょう。

お子様の興味関心や視野を広げるきっかけにもなります。

ただし、宗教上の理由で豚革のランドセルは送れません。

ファッションアイテム?

最後にご紹介する卒業後のランドセル使用法は、おしゃれなお母様にもおすすめの方法です。

それはファッションアイテムとしてそのまま使うこと!

海外ではなぜか日本のランドセルがおしゃれなファッションアイテムとしてセレブリティやファッショニスタに大人気なのだそうです。

お母様のバッグにランドセル、いかがですか?

出典:Newsweek日本版 ランドセルが海外セレブのファッションアイテムに!今年海外でブレイクした日本発の最新トレンドとは



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします