離乳食

離乳食のヨーグルトはいつから?オススメのレシピと与え方(管理栄養士の2児ママの発信)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

ヨーグルトは、カルシウムの補給やお通じの改善におなじみの食材。

スーパーではベビー用ヨーグルトも売られていたりして、「いつから、どうやってあげたらいいのかな?」と悩むママも多いです。

しかし牛乳を原料とするヨーグルトは、アレルギーの可能性もあるため与え方には注意が必要です。

ここでは、初めてヨーグルトを与えるときの注意点や、市販のヨーグルトの選び方、時期別のおすすめレシピを紹介します!



初めてのヨーグルトの与え方と注意点3つ

ヨーグルトは、無糖のものなら初期から食べられます。

加熱や裏ごしの手間がないので、サッと一品ふやしたい時にも役立ちます。

初期といっても、10倍がゆ・野菜・お魚などが食べられるようになったらチャレンジしてみましょう。大人にとってヨーグルトは「乳製品」ですが、離乳食においてヨーグルトは「たんぱく質」の役割もあるからです。

アレルギーに注意

牛乳は、卵や小麦とならぶ「三大アレルゲン」のひとつです。

もし牛乳アレルギーを持っている場合、開始時期はかならず医師と相談してからにしましょう。

粉ミルクが飲めているお子さんなら、問題なく食べられます。ですが念のため、小児科があいている日の午前中に、小さじ1杯程度の量から試すようにしてください。

おなかがゆるくなる子も

ヨーグルトには乳酸菌がたくさん含まれているため、お腹がゆるくなってしまう子もいます。

次の日の便の様子を見ながら、少しずつすすめていきましょう。

また、冷たすぎても便がゆるくなる原因になります。時期にもよりますが、食べる15分くらい前にとりわけて常温においておくと、少し冷たさがやわらぎます。

1歳未満にはちみつはNG

大人であれば、ヨーグルトにはちみつを入れることも多いと思います。しかし、1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与えるのは絶対にいけません。

はちみつには、まれに「ボツリヌス菌」という食中毒の菌が入っていることがあります。1歳を過ぎれば腸の抵抗力も強くなるため問題なく食べられますが、身体が未熟な赤ちゃんは感染してしまう可能性があります。

ボツリヌス菌は加熱しても死なないので、ジャムやパンなどでもはちみつが使われていないかチェックしましょう。

甘味をつけたいときは、かぼちゃやさつまいもなど、甘味のある野菜と組み合わせることでまろやかな味になりますよ。

市販のヨーグルトでおすすめはどれ?

結論からいうと、「生乳100%」で「無糖」のものであればどれでもOKです。

そして「低脂肪」または「脂肪0」の方が、赤ちゃんへの負担も少なくなるのでおすすめです。

しかし、種類が多すぎて、具体的にどれを選んだらいいの?と迷ってしまいますよね。そこで、普通にスーパーで買える中でのおすすめを紹介します。

最初は酸味の少ないものがおすすめ

私のおすすめは、次の4つです。

・小岩井生乳100%ヨーグルト (小岩井乳業)

・ナチュレ恵 (雪印メグミルク) 

・ビヒダス(森永乳業)

・明治ブルガリア(明治)

ほかにも、地域によって様々なヨーグルトが売られていると思いますが、「無糖」「生乳100%」なら大丈夫です。

ただし赤ちゃんやお母さんにもそれぞれ好みがあるので、かならずこれ!とは言い切れません。個人的には、「小岩井生乳100%」と「ナチュレ恵」が比較的酸味が少ないのでよく使っていました。

ベビーダノンってどうなの?

DANONが提供している「ベビーダノン」。5~6ヶ月からOKと書かれており、パッケージもに赤ちゃんの絵がのっているので、気になるママも多いです。

しかしネット上では、「砂糖が入っているから、赤ちゃんにはよくない」という意見もよく見ます。ベビーダノンは医師の監修を受けて開発されてるとはいえ、反対意見を見ると心がゆらいでしまいますよね。

実は、ベビーダノンで砂糖が入っているのはソースの部分だけ。ヨーグルト部分は、れっきとしたプレーンヨーグルト(はっ酵乳)なのです。

ですので、ヨーグルト部分だけ、もしくはしっかり全体を混ぜてからなど、「甘い部分だけ」が口に入らないようにすれば大丈夫です。

まるまる1個あげるのは、できれば3回食になってから。食事としてではなく、特別な日のおやつまたはデザートとして与えるのが良いと思います。

食べきれないんだけど…

ヨーグルトを離乳食に使う場合、できれば開封後2日以内が理想です。とはいえ、一般的なヨーグルトのパッケージは400gと多いですよね。

できれば、この機会にお母さんもぜひヨーグルトを食べましょう。特に母乳育児中は水分が不足しやすいので、便秘対策にもなります。

それでも余ってしまう場合は、少し割高ですが「ダノンビオ プレーン」など、小分けになっているものがおすすめです。



【離乳食時期別】ヨーグルトのおすすめレシピ

ここからは、ヨーグルトを使ったレシピを紹介します。

ヨーグルトは加熱がいらないので、すぐできるのも嬉しいポイント。

初期・中期・後期・完了期の順に紹介していきます。

【初期】かぼちゃヨーグルト

【材料(1食分)】
・かぼちゃ 15g
・プレーンヨーグルト 大さじ1

【作り方】

1.かぼちゃは加熱してペースト状に。冷凍したものでOKです。

2.プレーンヨーグルトの上にのせて完成。食べながら少しずつ混ぜていくと、味にメリハリがつきます。

※初期は、まだまだ母乳やミルクから栄養をとる時期。あまり量を与えず、味に慣らすくらいの気持ちですすめましょう。

【初期】バナナときなこの和風ヨーグルト

【材料(1食分)】
・バナナ 25g
・プレーンヨーグルト 大さじ1.5
・きな粉 小さじ半分~1

【作り方】
1.バナナは皮をむき、ラップをして20秒ほどチン。なめらかにすりつぶす。

2.プレーンヨーグルト、きな粉を加えてまぜます。粉っぽいと赤ちゃんは食べにくいので、しっかり混ぜてからあげてください。

※きなこは大豆製品なので、豆腐をクリアしてからが目安です。

【中期】さつまいもとヨーグルトのほっくり和え

【材料(1食分)】
・さつまいも 15g
・にんじん 10g
・プレーンヨーグルト 大さじ2~3

【作り方】
1.さつまいも・にんじんは茹でて5㎜のサイコロ状に。またはあらくつぶす。

2.プレーンヨーグルトと和えて完成。

※中期のヨーグルトは、一食あたり最大でも70g(大さじ5杯弱)まで。他にもタンパク質がある場合は、少し減らしましょう。

【中期】卵のヨーグルトサラダ

【材料(1食分)】
・プレーンヨーグルト 大さじ2
・固ゆで卵 卵黄1コ分(もしくは全卵3分の1)
・ブロッコリー 10g

【作り方】
1.固ゆで卵は、卵黄だけをほぐします。全卵が食べられる場合は、細かくみじん切りに。

2.ブロッコリーはゆでて、先の部分だけをみじん切り。

3.プレーンヨーグルトと和えて完成。

※卵はアレルギーの可能性が強い食材です。まだの場合は、こちらの記事を参考にしてください。(卵はいつから?卵を使った離乳食の進め方

【後期】ヨーグルトとツナのディップ

【材料(1食分)】
・ヨーグルト 大さじ2
・ノンオイルのツナ 10g 
・お好みの蒸しパン

【作り方】
1.ノンオイルのツナ(水煮)缶は、かるく水気をきります。
2.ヨーグルトと混ぜてソース状に。
3.蒸しパンを少しずつひたして食べます。

※ヨーグルトの分量を半分にして、サンドイッチにしてもOKです。

【完了期】1歳の記念に!ヨーグルトケーキ

【材料(1食分)】
・ベビーダノン 2コ
・食パンまたは蒸しパン
・いちごなど、好きなフルーツ

【作り方】
1.ベビーダノンはゼリー部分・ヨーグルト部分にわける。(だいたいでOKです)

2.食パン、または蒸しパンを円形に切る。2枚作ります。

3.2枚のパンでゼリー部分をはさみ、お皿に置く。

4.ケーキの上部と周りにヨーグルトを塗り、フルーツを飾って完成。

この時期ならではの表情も楽しんで!

ヨーグルトを与えるときの注意点・レシピをお伝えしました。

スプーンが使えるようになったら、ぜひ撮影しておいてほしいのが、自分でヨーグルトを食べる姿。

我が家でも、ヨーグルトで顔中ベタベタになりながら、笑っている息子の写真があります。

ヨーグルトはこぼれやすいので食べさせてあげるママが多いと思いますが、実は赤ちゃんでもかならず(少しは)すくえるので、スプーンの上達にも役立ちます。

今は大変ですが、後からほっこり笑えるベストショットになりますよ。



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします