子供の習い事 小学生・小学校 幼稚園・保育園

小学校受験とお稽古のバランス!小学受験をする子に人気のお稽古もご紹介

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

ピアノ、バレエ、スイミング、バイオリン、英会話、体操、絵画、そろばん、リトミック・・・

幼稚園時代のお友達の通っていたお稽古を思いつくままあげてみたら、あっという間にこんなにたくさん。

どれもこどもにとって、良い経験であり、楽しみです。

けれど、小学校受験をするとしたらお稽古はどうしましょう?

この記事では、半数以上が小学校受験をする幼稚園に私の娘を通わせ、小学校受験した母親が見た「小学校受験とお稽古事情」をお話しします。

個人的な経験と感想に基づいた内容であることを、お含みおきください。



小学校受験とお稽古

一般的に受験でイメージされるのはペーパーテストかもしれません。

しかし、小学校受験の対象となるのは、まだまだ小さなこども。

ペーパーテストが全くないわけではありませんが、試験ではそれ以外の面も重視される傾向にあるといわれています。

お稽古の経験

例えば、ピアノやバイオリンの発表会の経験があったとしたら、こどもは緊張に強くなるかもしれません。

スイミングで、忍耐力や、やり抜く力を身につけるかもしれません。

特別なお稽古特別な経験は、こどもの個性をわかりやすくしてくれるかもしれません。

何を習っているかで、ご家庭の方針が見えるかもしれません。

そして、こうしたお稽古の経験について面接や願書でアピールする機会があるかもしれませんし、直接でなくとも、こどもの自信やマナーにお稽古の経験が反映されるかもしれないのです。

これらのことから、受験を視野に入れて、お稽古を考えるご家庭もありました。

小学校受験をされる方に人気のお稽古

私の知るかぎり、小学校受験をされる方には冒頭にあげたようなお稽古の中でも特に下記の人気が高かったように思います。

    ピアノ
    バイオリン
    バレエ
    スイミング
    体操
    絵画

私の周りでは英会話はあまり好まれない傾向がありました。

また、絵画・体操については受験用のお教室と一般的なお教室とがあり、それぞれ別に考えているご家庭もありました。

年長さんになると

このような人気のお稽古へ、複数掛け持ちで通っているお友達もたくさんいました。

ところが、年長さんになると受験準備で大忙しに。
そこでお稽古をどうするか。

これにはご家庭ごとにさまざまなケースがありました。

お稽古減らす派


いくつか平行していたお稽古の数を絞る、あるいは週二回だったものを一回にするなど、お稽古を減らして対応するご家庭が多かったように思います。

お稽古は気分転換

お稽古はこどもにとっての楽しみでもあります。

そこで、気分転換としてお子様の好きなお稽古に絞って続けることで、ストレス予防としているケースがありました。

体力維持

主に運動系のお稽古を、体力維持のために続けるというケースも。受験において、体力はとっても大切です。

受験のお教室をスムーズに

お稽古を続けながら受験のお教室をスタートすることで、お教室に違和感を持たせず、スムーズに慣れさせるという効果もあるそうです。

直前だけお休み派

年間を通じてお稽古を継続し、考査前後だけお休みするという選択です。

インフルエンザ

入試シーズンは早い地域で9月からスタートし、11月初旬でピークとなり、国立の二次・三次が12月まで続きます。
つまり、インフルエンザのシーズンでもあるのです。

インフルエンザ以外にも感染症の多い季節。

感染してしまったら、大変です。

インフルエンザをはじめとした感染症を避けるため、お稽古をお休みするというケースもあります。

コンディション調整

ずっとお稽古と受験準備を両立してきたけれど、お子様のコンディションを見てお稽古を一時お休みすることを直前に判断することもあります。

コンディション調整のためのお休みです。

急遽受験組

秋の説明会以降に受験を決めて、受験教室の直前講座などを受講されるためにお稽古をお休みするケースも。

他校の学校説明会の在校生保護者による受験体験談で、そういうお話を伺いました。



かまわずバリバリ派

お稽古も受験もばりばり!試験が近くても、発表会もコンクールも出場!

しかも、お稽古はいくつもしていて、どれもハイレベル。

こういうご家庭もあったのです。

めざすは最難関!

ばりばり派は、難関校志望のご家庭に多かったように思います。最難関といわれる学校をめざすご家庭も。

親子ともにもともとのスペックが高いからこその選択と言えるかもしれません。

全部やめちゃう派は見なかった

ところで、受験にあたって全てのお稽古をやめてしまうご家庭は見ませんでした。

気分転換は必要であること。お稽古をやりぬく強さ、両立する心も必要であること。

変わらぬ生活を維持することでメンタルへの影響を最小限にしたい。

などなど。だいたい、このような理由であったようです。

我が家の場合

我が家は、「窓ぎわのトットちゃん」のトモエ学園のような教育方針のゆったり系小学校を受験し、通っております。

一般的な小学校受験に比べて受験準備の負担は軽く、お稽古もひとつのみでしたので、直前だけお休み派でした。

お休みは1ヵ月いただきました。

保護者の負担も考慮して

小学校受験をする年長さんのお稽古について、さまざまな考えがあることと思います。

その時に、お子様の負担はもちろん、保護者の負担も考慮して選択されることをおすすめさせてください。

年長さんになると、お教室のみならず、説明会、学校訪問、願書の準備など、とにかく多忙。

そして、幼稚園からお教室、そしてお稽古と送迎するのは保護者です。

現実的に保護者がどこまでできるのかを考えた上で、良い選択をなさってください。

保護者の健康と笑顔が、いざという時にお子様の糧になります。



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします