離乳食

卵はいつから?卵を使った離乳食の進め方(管理栄養士の2児ママの発信)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

離乳食を始めてしばらくすると、かならず悩むのが卵の進め方。

卵は、乳や小麦と並ぶ「三大アレルゲン」のひとつです。とくに家族にアレルギー持ちの人がいると、ますます心配になってしまいますよね。

この記事では、「離乳食の卵はいつから?どうやってあげたらいい?」などの疑問についてくわしく解説します。

初めて卵をあげる際の注意点もあわせてお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね。



離乳食の卵の進め方

まずは、卵の進め方についてかんたんに説明します。

初めて卵にチャレンジするのは、離乳食を初めて1~2ヵ月経過し、お魚や豆腐などのたんぱく質をクリアしたころが目安です。

1.初めては、7~8ヶ月に「固ゆで卵」の卵黄をひとさじから

2.卵黄に慣れたら、1~2ヵ月後に白身にチャレンジ

3.アレルギー反応が出なければ全卵も。ただし半熟は×

ただし、次のような人は、あげる前にかかりつけの医師に相談してください。

・すでにミルクや小麦、お豆腐などでアレルギー反応が出ている
・乳児湿疹がひどく、アトピーの可能性がある

厚生労働省の『授乳・離乳の支援ガイド』でも、初めての卵におすすめな時期は7~8ヶ月と記載されてます。とくに問題がなければ、ぜひスタートしましょう。

出典厚生労働省『授乳・離乳の支援ガイド』

卵は三大アレルゲンのひとつ

調理法の前に、卵のアレルギー反応について知っておきましょう。
三大アレルゲンとは、卵、牛乳、小麦の3つ。

なかでも卵アレルギーの割合は多く、0歳における食物アレルギー全体の6割を占めます。
出典:http://www.jspaci.jp/jpgfa2012/chap02.html

しかし、食物アレルギーが出る子は赤ちゃん全体のなかでも約5~10%。逆にいえば、90%以上は問題なくたべられることになります

かならず病院があいている時間に!

初めて卵にチャレンジするときは、必ずかかりつけの小児科があいている時間にしましょう。

アレルギー反応があるケースのほとんどは、食べてから2時間以内におこります。よって、初めてのチャレンジは小児科があいている日の9~10時がベストです。

こんな症状が出たら注意

卵のアレルギー反応は次のようなものがあります。

【卵のアレルギー反応】

皮膚…赤くなる、湿疹・じんましんができる
呼吸器…せき、「ゼーゼー」「ヒューヒュー」などの音がする
消化器…吐く、下痢をする

授乳中や離乳食初期のアレルギー反応は、口の周りや頬、まぶたなどが赤くなったり、湿疹などの形であらわれることが多いです。

重症の場合はアナフィラキシーショックという状態になり、意識障害や命にかかわることもあります。

上記のような症状が出たら、すぐに病院に行きましょう。

※湿疹などは病院につくころには落ち着いてしまう場合もあるので、スマホで写真をとっておくとベストです。(お医者さんにもすすめられました)

時期を遅らせたほうがいい、は実はもう古い

近年は、「アレルギーの可能性がある食材はなるべく遅らせた方がいい」という風潮ではなくなってきています。

何のアレルギーも発症していないなら、早いうちから少しずつ食べさせた方がアレルギー反応が出にくくなる、という研究結果もあります。

実は私の息子も、6ヶ月の時点でアレルギー検査をし、卵にアレルギーが出ました。

しかし医師の回答は、「0歳のアレルギーは治っていく子も多いから、卵黄から少しずつ食べさせたほうがいいよ」というものでした。指示通り与えたところ、1歳半には、しっかり加熱すれば全卵も大丈夫になっていました。

なので、自己判断で遅らせるより、不安ならかかりつけの医師に相談することをおすすめします。



初めての卵は7~8ヶ月に卵黄から!

ここからは、初めて卵にチャレンジするときの手順を紹介します。

時間は、アレルギーの心配を考えて小児科があいている日の9~10時がベスト。

しっかりゆでた、固ゆで卵の卵黄だけを与えます。なぜなら、卵のアレルゲン(アレルギーを起こしやすい物質)の多くは白身に入っているから。

量は、小さじではなく、小さなフィーディングスプーンにすりきり一杯くらい。卵黄だけだとモソモソして食べにくいので、お湯でのばしたり、おかゆに少しだけ混ぜてあげると飲み込みやすいです。

卵は中心部までしっかり加熱して

卵は十分に加熱して、アレルギー予防のためにも白身と黄身をしっかりわけることが大事です。赤ちゃんの消化機能はまだまだ未熟なので、半熟だと腹痛や湿疹が出る場合や、食中毒にかかってしまう可能性もあります。

厚生労働省からも、以下の通り、2歳以下の乳幼児では生の卵は避けるよう指示が出ています

『老人、2歳以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している人等に対しては、生卵(うずらの卵を含む。)は避け、できる限り、十分加熱した卵料理を提供してください。』

出典:「卵によるサルモネラ食中毒の発生防止について」より

とはいえ、そこまで気にしてゆで卵を作ったことがある人も少ないと思います。初めて卵をあげる時には、次の手順で作れば大丈夫です。

はじめての固ゆで卵の作り方

1.鍋に卵を入れ、卵がかぶるくらいの水を入れます。(フタをする場合は、卵の高さの3分の2くらいでも大丈夫です)

2.水から茹でて、沸騰したら弱火にします。

3.沸騰したら、そこから15分タイマーをかけて茹でます。短いと半熟になってしまいますので、しっかり加熱しましょう。

4.ゆであがったらすぐ冷水につけると、つるんと皮がむけます。

5.黄身のいちばん外側は白身に触れているので、内側のきれいな黄色の部分だけを使いましょう。

卵は一個だけゆでるより、同時に何個かゆでたほうがエコです。その日は、大人も卵サラダやおでんなど、一緒に卵を使ったメニューを楽しみましょう。

さらに、卵黄は冷凍できます。ラップにつつんで軽くつぶして冷凍すれば、一週間以内なら大丈夫です。

2回目以降のレシピは?量は?

離乳食中期(7~8ヶ月)の卵の量は、一食あたり卵黄一個分まで。

8ヶ月の後半からは卵白にもチャレンジできますが、できれば1ヵ月は卵黄だけで様子を見つつ、量をふやしていくのがおすすめです。

卵白にチャレンジするのは8~9ヶ月頃に

卵黄をクリアして1~2ヵ月たったら、卵白も含めた全卵にチャレンジしましょう。いきなり全卵を混ぜてしまうと量がわかりにくいので、最初は固ゆで卵の白身をみじん切りにして与えます。

卵黄でアレルギーが出なくても、卵白で出ないとは限りません。

初めての卵黄のときと同じように、小児科があいている時間にフィーディングスプーン1さじから始めましょう。

離乳食後期(9~11ヶ月)の卵の量は?

離乳食後期(9~11ヶ月)の卵の量は、一食あたり全卵の半分まで。みじん切りで、5mm角くらいのサイズがおすすめです。

ちょうど手づかみ食べのホットケーキ、全卵を使った親子丼など、メニューも広がってくる頃です。ここでも、基本は「しっかり加熱」を心がけてくださいね!

離乳食完了期(12ヶ月~)の卵の量は?

離乳食完了期(12ヶ月~)の卵の量は、一食あたり全卵の半分~3分の2まで。野菜入りの卵焼き、チーズオムレツなどは、自分で噛んで食べる練習にもなります。

半熟卵は、食中毒の心配もあるのでできれば2歳以降に。また、市販の卵焼きは味付けが濃いものも多いので避け、なるべくおうちで作るようにしましょう。

卵は手づかみメニューにも大活躍します。お子さんの様子を見ながら、少しずつステップアップしていってくださいね!

ママの心の準備ができた時が始めどき

卵はとても栄養価の高い食材で、良質のたんぱく質や、ビタミン、ミネラルなども多くふくまれています。

卵が食べられるようになると、料理の幅が広がるので離乳食作りも楽しくなりますよ。離乳食の卵は手順さえ守れば、必要以上に怖がらなくても大丈夫です。

ママの心の準備ができた時が、チャレンジの始めどきです。ママと赤ちゃんの大きな一歩を、応援しています!



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします