命名・名前

女の子の名前で「あつこ」漢字111選と由来のヒント

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

女の子の名前としては、昔から定番である「あつこ」の響き。

「あっちゃん・あっこちゃん・あっこ」など、ニックネームでも呼びやすい名前ですね。

世代を問わず親しまれる名前であることは、子供にとって大きな自信にもなるはず!

古風な印象をそのまま表すのも素敵ですが、漢字次第では現代的な印象を与えることもできます。

そんな「あつこ」という響の女の子名前を数々のイメージごとにご紹介します。


\\家計に優しいコスパ最強クレンジングオイル//

温かなイメージの『あつこ』33選

気持ちに思いやりと優しさがあり、深く包み込んでくれるような雰囲気の女の子。一緒にいると安らげる、温かなイメージを持つ名前をご紹介します。

安らぎを感じる名前

暖子・暖小・暖広・暖心・温子・温来・温心・温広・敦子・敦心・敦光・厚子・厚光・厚心・春子・春心・春広・春来・淳子・淳心・淳来・惇子・惇心・惇来・惇広・諄子・諄広・諄心・春厚・亜津厚・暖厚・温厚・愛都厚

【由来の例】

暖子…一緒にいて気持ちが暖かくなるような包容力のある女の子に。

春心…春の日差しのようにたくさんの人を笑顔にできる魅力あふれる女の子に!

諄子…何事にも心を込めて丁寧に取り組むことのできる真面目な子に。

淳来…純粋な真心で、多くの人に愛される人生になりますように。

惇心…思いやりの深い優しい子に育ってほしい。

ここでご紹介した漢字に多く見られる、『享』。この漢字には、もてなす・人に勧めるという意味があります。その「享」を含む漢字について、簡単にご紹介していきましょう。

真心があることを表し、心を込めて相手のためになるよう働きかけるようなニュアンスで使うことができます。

真心がある・情が深いことの他に、素直で飾り気がない・ありのままという意味を併せ持ちます。

水の清らかさがそのような意味を生み出したのでしょう。純粋な思いやり、心からの愛情が伺える素敵な漢字です。

手厚い・丁寧・じっくり教え諭すという意味があります。細かいところまでの気遣いを由来に結びつけることができます。

ただし、この漢字には度が過ぎているくらいの丁寧さ=くどい・しつこいことを表す意味もありますので、使うときには素敵な由来、信念ある想いを添えることが大切になるかもしれません。

「あつこ」の読みでは最も親しまれてきたであろう『敦』。この漢字にも「享」が含まれます。

真心があり誠実、人情が厚いことを表すとともに、大きく盛んであるという意味も持ち合わせます。

人との関わりを大切にする子、気持ちが深い子を想像しながら、たくさんの人に親しまれる明るく活気ある人生を想像して使うことができそうです。

幸せをイメージする『あつこ』18選

何を幸せだと感じるか、それは人それぞれだと思います。

例えどのような方向性の幸せであっても、自分自身が幸せだと思うことができると、人生の運気は確実に上がるのではないでしょうか。

子供の人生がその子にとって幸せになることを願って考えた名前をご紹介します。

幸せにつながる漢字の名前

愛亜子・亜都子・亜津子・亜通子・愛通子・愛津心・彩都心・彩津心・愛月心・彩月恋・愛月幸・亜通幸・彩束幸・彩通己・愛都己・愛亜虹・愛津虹・愛月虹

【由来の例】

彩束幸…たくさんの経験をして自分らしい幸せの形を見つけることができますように。

愛月心…心に深い愛を持ち、多くの人を幸せにすることができますように。

亜通子…良き仲間に恵まれ、楽しく幸せな毎日を過ごしてほしい。

愛津虹…愛情を持って、人と人とを結びつける架け橋のような子になってほしい。

愛都己…自分を大切にし愛し、また周囲の人をも愛せる幸せに満ちた子に!

女の子らしさあふれる漢字と言えば『愛』。物事を愛しいと思い大切にする心を表す漢字であることはご存知だと思います。

振り返って気持ちに留める様子が文字になったという成り立ちがあります。

大切・重要だと思う事柄に心を向けて考える、そのようなニュアンスで使うことができるでしょう。

焦ったり急いだりせず、自分にとって、また周囲にとって何が大切かを愛情を持って考えることができる、そんな子に育ってほしいものですね。

英語にすると「love」または「like」の単語が思い浮かばれますが、その2つでは捉えきれないような想いの深さがあるような気がします。

『津』の字も、昔から名前にはよく使われてきました。「氵」が付くことから、水に関わる漢字であろう、瑞々しい意味を持つであろうことは想像できると思います。

右側の「聿」の語源は筆。筆でしめらせた潤いを表す漢字ではありますが、転じて潤いのある安らかな水辺という意味を持ちます。

心の潤い=自分自身の幸せと捉えて使うと、由来として素敵に成り立たせることができそうです。



豊かさをイメージする『あつこ』17選

豊かな人生、それは気持ちの在り方が大きく影響するのではないでしょうか。

思いがけない出来事も幸せに転じさせることのできる気持ちの豊かさはとても大切です。

例えば経済的に豊かであっても、それで心が満たされるとは限りません。

反対に経済的に困窮していても、気持ちの持ちようによって毎日を豊かに過ごすことはできるはず。

心が豊かであること、それは人生の幸せの土台であると言っても過言ではないでしょう。

豊かさに結びつけることのできそうな漢字を集めてみました。

豊かな心に結びつく漢字の名前

渥子・渥来・渥心・渥己・醇子・醇心・醇来・醇湖・充湖・充心・充来・充己・充子・彩月湖・暖湖・敦湖・厚湖

【由来の例】

渥子…何事に対しても潤いある豊かな心で向き合える子になってほしい。

醇心…濃く充実した人生になりますように。

充子…人生が幸せに充ちたものになりますように。

暖湖…広く深く暖かな心を育み、自分の手で豊かな人生を築くことができますように。

『渥』の字は、流れる水と家屋の象形から成り立つ漢字です。

つまりは、くつろげる雰囲気の潤いがある家。その潤いが、手厚い→恵み・恩恵、と転じていきました。

テーマである豊かさに結びつけるとしたら、心の豊かさが適切ではないでしょうか。

心が豊かであれば、人との関わり方・物事の受け止め方や考え方が充実し、果ては人生の豊かさに結びつくはずです。

漢字に想いを託し、子供の人生が潤いに満ちたものに、豊かなものになりますようにと願いを込めてみてはいかがでしょう。

「芳醇」という言葉に用いられる『醇』。先のテーマでご紹介したのと同じく、手厚いことを表す「享」を含みますね。

現在は主に、こってりと重みのある、濃い味のお酒を表して使われます。

この意味にある“濃い”に焦点を当て、人生が濃く充実したものになるようにと願いを込めることができそうです。

実り多き人生、豊かで深みのある人生をイメージすることができそうです。

強さをイメージする『あつこ』28選

芯の強さを育み、自分に正直に、誠実に生きてほしい。そのような願いにぴったりな名前をご覧ください。

強さを表す漢字の名前

斡子・斡心・斡己・徳子・徳己・徳心・徳来・積子・積心・積己・篤子・篤己・篤心・功子・功己・功来・圧子・圧己・圧来・忠子・忠心・忠己・篤胡・徳胡・斡胡・積胡・圧胡・忠胡

【由来の例】

斡子…しっかりと自分の役目を果たす責任感のある子に。

徳心…信念に従い、自分の進むべき道を真っすぐ歩んでほしい。

積己…努力を積み重ね、自分自身を高められる強い子になってほしい。

篤来…何事にも真面目に、一生懸命取り組むことのできる子に。

功来…未来に素晴らしい功績を残せるような、強さと知的さを育んでほしい。

「斡旋」という言葉に使われる『斡』。長い竿と、物を計量する柄杓の象形から成り立つ漢字です。巡る・回る・巡らすという意味を持ちます。

「斡旋」の言葉には、両者にとって上手く行くように取り仕切る、仲介役となり世話をするという意味があります。

物事を順調に進める手際の良さ、要領の良さ、見極める力などを由来に結びつけることができるでしょう。

賢く知的であるとともに、自分の役割に責任を持つ芯の強さを伺わせることができます。

また“巡る”という漢字自体の意味を用いると、大らかに歩む人生を想像することもできるでしょう。

『徳』の漢字は、「道徳・人徳」などの言葉で目にすることがあると思います。

意味は深く知らなくても、何となく心の強さや正しさ、品格が感じられるという方もいることでしょう。

もとは「悳」と書かれ、文字通り、真っすぐな心を表す漢字でした。

現在もその意味は変わらないまま「彳」が加えられ、真っすぐな行い・立派な行為・人がふみ行うべき道を表すようになりました。

人として正しい行いをする、信念に真っすぐに生きることは、決して簡単ではありません。

しかし、それができる人は心の強い人、芯の強い人です。

周りに流されず、強い志を持って正直に生きてほしい、そのような願いを込めるに相応しい漢字です。

楽しいイメージの『あつこ』15選

明るく楽しい雰囲気を持った子、またそのような毎日を送ってほしいと願いを込めた名前をご紹介します。

明るく楽しい雰囲気の名前

集子・集恋・集心・会子・会心・会来・会恋・湊子・湊来・湊胡・湊心・明都子・明都恋・明都子・明付心

【由来の例】

集子…周囲にたくさんの人が集まって来るような明るく親しみやすい女の子に!

明都子…明るく賑やかな、楽しい毎日を過ごすことができますように。

会子…ひとつひとつの出会いを大切に、多くの人と和気あいあいとした関係を築いてほしい。

湊子…社交的で物怖じしない明るい性格の子になってほしい。

『湊』はここ数年、男女ともに人気の高い漢字です。1文字で「みなと・そう」と使われることが多いかもしれませんね。

訓読み「あつ(まる)」を用います。その読みの通り、人や物が集まることを意味する漢字です。

たくさんの人が集まるような、親しみやすく明るい性格の女の子を想像して使うと良いでしょう。

『集』の字も、同じように集まることを意味します。さらに、完成させる・成し遂げるという意味も併せ持つため、「湊」に比べると少し強さを感じさせることができるかもしれませんね。

木にたくさんの鳥がいる様子が成り立ちです。その様子を想像すると、賑やかで仲睦ましく楽しめる、そんな様子が伺えます。

日常の中でよく使われる漢字ではありますが、名付けに使われる頻度は決して多くありません。新鮮かつ個性的な印象も与えることができそうです。

名前に古風さを表したい場合は「子」で止める方法が定番ですよね。

しかし、最近はその「子」が古風であるがゆえに新鮮!という印象も与えるようです。

数少ない「子」の付く名前の良さが見直されている今の時代、まさに現代を表す最先端な名前であると捉えることもできるかもしれません。

どのように受け止めるかは様々ですが、「あつこ」の響きを検討される場合は、「子」という漢字の良さを見直してみるのも面白いですよ!



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします