子供の教育・成長・遊び

勉強しない子供への対策を考えてみた!(2人の子を持つ珠算塾経営ママの発信)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

子供が勉強をしないで遊んでばかりいる。机に向かっても集中できず、ぼーっとしている。

勉強そのものが嫌い!と、子供の勉強についてお悩みのママは少なくないと思います。

そして、できれば押し付けるように勉強させるのではなく、自ら進んで取り組んでほしいと望まれるのではないでしょうか。

今回は小学生の子供に対し、進んで勉強させるために親としてできることを考えてみたいと思います。



子供が勉強をしないのはなぜ?

勉強に対して意欲を持てない子供には、様々な理由があります。まずは、その背景を探ってみましょう。

勉強以外にやりたいことがある

ゲームやテレビ、遊び等、勉強以外にやりたいことがある場合は、勉強を後回しにしてしまいがち。

楽しいことに夢中になると時間を忘れてしまい、結果、勉強する時間がなくなってしまう…それが原因となる子供は多いものです。

帰宅時間や遊びに出かける時間、ゲームの使い方など、家庭内ルールを作っていない場合はこのパターンの深みにはまりやすいと言えるかもしれません。

圧力をかけすぎている!?

いつも「勉強しなさい!」「早くしなさい!」とばかり言われていれば、やりたくなくなってしまう…という子供の気持ちがますます増強。

「今やろうと思っていたのに!」と口答えが増えたら、もしかしたら言い過ぎかもしれない…と疑ってみてください

親がそのような言動を繰り返せば繰り返すほど、子供の意欲は低下…悪循環に陥る原因です。

苦手意識・劣等感がある

わからない、やってもできない…という苦手意識をいったん持ってしまうと、なかなか意欲は沸かないものです。

子供がテストを持ち帰ったときに点数を見て叱ったり、出来ないことに対して文句を言うことはありませんか?

また、「次は〇点とったら○○を買ってあげる」と無理難題とも言える目標を持たせたり、人と比べることも良くありません。

「どうせ、やっても出来ないんだ」とますます意欲を低下させ、劣等感を与えてますます苦手意識を高めてしまいます。

体力がない・時間がない

最近の子供達の多くが何かしらの習い事をしていますね。塾に通っている子もいるでしょう。

気持ちに余裕がない、ゆったりとくつろげる時間が持てない子。夜遅い帰宅や睡眠時間の減少で体力がもたない子。それが原因となり、自宅での勉強に取り組むことができないのかもしれません。

目標・目的が見えていない

勉強をすると何か良いことがあるの?将来、この教科のこの部分はどんな場面で役に立つの?

と、誰しもがそのような疑問を一度は持つのではないでしょうか。そもそも、勉強は何のためにするのでしょう。

目標や目的が見えていない→勉強をする意味がわからない→意欲がわかない…という子供もいます。

終わりが見えない

毎日の宿題や家庭学習だけでなく、長期休暇の宿題をやらない子供に多い理由として、『終わりが見えないこと』が挙げられます。

やってもやっても先が見えない、いつ終わるのかがわらかない…いつまで続くの?

と、不安がやる気を損ねてしまうこともあります。

また、学校の課題の他に市販の教材を購入したり、通信教育にも取り組ませるなど、子供の力量以上にたくさんの課題を与え過ぎることもよくありません。

そもそも…勉強ってなぜ必要?

子供に「なぜ勉強しなければならないの?」と聞かれたとき、明確に答えることができるでしょうか。

親自身が勉強の必要性をしっかり考え、子供の成長に合わせながら理解できるように話をしていきたいですね。

なぜ勉強する?「知識を増やし世界を広げるため」

色々なことを学び、知ることで、自分の中にたくさんの知識を蓄えることができます。

それは将来の職業に結びつく場合もありますし、人との会話を弾ませて人間関係を築くために役立つかもしれません。

何かをするときに1つの手段だけでなくたくさんの手段を知っていれば、その時の自分にとって最も良い方法を選ぶこともできます。

このように勉強は様々な場面で役に立ちますが、どこで役立つかはまだわかりません。

しかし、勉強をして損をすることは絶対にないのです。それどころか、人生が楽しく豊かになる!だから小さな頃からコツコツと勉強をする必要があるのです。

真剣な話をする時間を作ってみよう

高学年にもなると、このような話を理解できるようになるでしょう。

時期を見て、真剣に話す時間を作るのもおすすめです。ただ漠然と説得するように話すのではなく

、「パパはこんなことに勉強が役立ったよ。」「ママが勉強をしておいて良かったなぁと思ったのはこんな時よ。」等、

実体験を踏まえると、より一層子供に伝わりやすいでしょう。

勉強への意欲を高める4つの方法

小学生のうちは、勉強に対しても親の存在が大きいものです。どんどん関わって、やる気を高めていきましょう!

親も一緒に取り組もう

小学生のうちは、学校に丸投げではなく、できれば親も一緒に取り組む気持ちになれると良いですね。

子供がノートを広げて「わからない…」と言ったときに、すぐに見てあげる環境作りは大切です。

そんなとき、絶対にやってはいけないことは「そんなことわからないの?どうしてわからないの!」と、出来ない子供を非難するのは良くありません。

漢字がわからなければ「こうやって調べてみたらどう?」とヒントを与えたり、計算方法がわからない場合は優しく教えてあげるのも◎。

一緒に取り組むことで、子供は安心しながら取り組むことができます。

さらに、わからないところを教え、できた!という達成感を味わうことができれば、苦手意識や劣等感も克服することができるでしょう。

また勉強の内容を見ることだけでなく、「宿題を頑張るなら、ママもその間にお片付けを済ますように頑張るね!」と、一緒に頑張る意欲を見せる方法もおすすめです。

時間に余裕を作る

子供が帰宅したら、まずはほっと一息つく時間を作ってあげたいですね。

すぐに「勉強しなさい!」では、気持ちの休まる暇がもありません。おやつを用意してゆったりとくつろぐ時間を作るのも良いでしょう。

まずは好きな遊びをさせてあげることも悪くはありません。

「何よりも宿題が先!」ではなく、気持ちに余裕を持たせてから改めて取り組むことで、集中力も高まります。

習い事が多く時間が持てない子供には、できる範囲内での習い事に留めるなど、もう一度考える必要があるかもしれません。

勉強もさせたい、習い事もさせたいと欲張らず、子供にとって何が一番大切かを考えたいですね。

目標を作る

“小さな目標”を作ることもおすすめです。

漢字の練習をすればお友達に手紙を書けるようになるよ。
計算ができればお小遣いでお買い物に行けるね。

このように、何かしらの目標があれば頑張ることができるかもしれません。

ただ闇雲に勉強させるよりも、ワクワクするような目標を持たせることには効果があります。ただし「将来○○になるために!」のように、高くて困難な目標ではなく、目の前に見える小さな目標をその都度掲げることがポイントです。

ご褒美を与える

ご褒美については賛否両論あると思います。

しかし、小学生のうちは、ひとつの目標として決して悪いことではありません。

ただ、与え方には注意すべき点があります。物で釣るような方法ではなく、親子で納得できるご褒美の与え方について提案します。

上手にご褒美を与えるときのポイント

「○○を買ってあげる!」と言うのは物で釣るようで、何となく納得できない方も多いのではないでしょうか。

「買ってくれるならやる!」と作為的な考えを持つ子になってしまい、一時的な効果しか期待できません。

例えばママと一緒に○○をして遊ぶ!○○公園に行きたい!など、子供がやりたいことを自由にさせてあげると約束するのも、ご褒美のひとつです。

また、物を与えることが必ずしも言えない方法もあります。

例えば、お誕生日までの1カ月間、〇〇を続けることができたら、ご褒美に一緒にプレゼントを選びに行こうね!

と約束したり、いつもよりも頑張っている姿が見られたときには、「頑張っていたからケーキやさんに行こうか!」と誘ったり。

毎回に物を与えるのではなく、特別な頑張りや、イベントがあるときに結びつけてみる程度であれば良いでしょう。



遊びもまた勉強です!

子供にとっては、遊びも勉強の一環。ただ机に向かってノートを広げ、課題をこなすことだけが勉強ではありません。

「子供が勉強をしない!」と思っているママは、『勉強』の捉え方をもう一度見つめ直してみてください。

子供が持っている新たな可能性が見えてくるかもしれません!

「知りたい!」を勉強につなげよう!

子供が「公園で遊びたい!」と言ったとき、「勉強が先でしょう!」と叱ることはないでしょうか。

しかし、遊びの中にも勉強となるものは多々あるはずです。

例えば公園に咲く花を見て「これは何の花だろう?」と疑問に思えば、植物図鑑を広げて調べることは素敵な勉強ですよね。

逆上がりができない!という子供には、どうすればできるようになるかを考え、出来るまで工夫しながら努力することも勉強です。

夕食時には、この野菜はどこ産で、どんな栄養があるのかを話すこともまた勉強。

日常生活の中には、勉強につながることがたくさん転がっています。

その中で、子供が知りたい!と思ったことをしっかり把握し、教えてあげられるのは、毎日一緒に生活している親だからできることのひとつではないでしょうか。

話を聞いて共感☆

子供がどんなことに興味を持っているのか、何を知りたがっているのかをキャッチするためには、毎日しっかりと子供の話に耳を傾けることが大切かもしれませんね。

どのような小さなことであってもしっかりと聞き、頷いてみてください。

人に共感してもらえるという喜びは、学ぶこと、知ることの面白さを発掘するにつながります。

そうして認められながら可能性の芽を伸ばしていくのが、子供のうちにしかできない本当の勉強なのかもしれません。

「知りたいこと」は毎日の家庭学習に最適!

漢字練習や計算練習だけが勉強ではありません。

疑問に思ったことを家庭学習ノートにまとめたり、植物を観察してスケッチしたり、それも家庭学習として成り立ちます。

この先、中学生・高校生へと成長すると、毎日の勉強はほぼ学校での予習・復習、そしてテスト勉強・受験勉強へと変わっていきます。

興味のあること、知りたいことについて自分らしく勉強できるのは、小学生のうちだけかもしれません。

大人から見ると、その内容は勉強とは遠いことのように思えるかもしれません。しかし、感じたことを想像して文章にする力は国語力として身に付きますし、何を写すわけでなく自分の言葉を使って組み立てることは表現力を育みます。

そんな中で平仮名ばかりが羅列されれば、「この漢字は習ったね」と指摘してあげると漢字の練習にもなりますね。

子供が楽しい!という気持ちを持つことができれば、どんなことでもその吸収率はグッと高まるはず。そうして身に付けた力は、中学生・高校生へと成長してからの勉強に、必ず役に立つはずです。

小学生のうちは『楽しい勉強』が最も大切!

小学生のうちは、子供自身が心から『楽しい』と思える勉強に取り組ませてあげることが大切です。

自己肯定感が育ちます!

小学生である時期に好きなことに思う存分夢中になれるのは、とても素敵なこと。

どんな教科であれ、楽しいと思えること、好きだと思えることが勉強に結びつくのです。

それを親であるパパ・ママが認め、さらに褒めてあげることで、子供はそれに対する知識を得られるだけでなく、『自己肯定感』が育ちます。

自己肯定感とは?

周囲が自分を認めてくれている!と実感することで、自分で自分自身を認めることができるようになる、それが自己肯定感です。

自分に自信が持てるようになり、向上心や挑戦心を持った「折れない心」が育まれるのです。

人生の壁に打ち勝つ強い子に育てよう!

折れない心を持った子供であれば、将来的に受験や就職において困難な壁にぶつかったとしても、きっと乗り越えてくれるはずです。

それは、今であるからこそ育てたい心。そして、幸せな末来につながる大切な心です。それを信じて、小学生の時期は『楽しい勉強』をさせてあげることを、最も大切に考えてみてくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします