中学・高校・大学

中学入学準備で必要な物&およその費用まとめ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

小学校生活の6年間で、子供たちは体も心もグンと大きく成長します。

あどけない表情で大きなランドセルを背負う姿を、ついこの前かのように思い出されるご両親も多いことでしょう。

あっという間に学生服が似合う少年少女となり、中学入学準備に追われる季節ですね。

今回は、中学生活において用意する物と、それらの費用について、公立・私立それぞれ、調査結果をもとにまとめてみました。(※1)



授業料

公立中学の授業料は無償ですが、私立中学の場合は”一番大きな出費”としておさえておかなければなりません。

公立中学は『無償』が基本!

中学は義務教育であり、公立の場合は授業料が無償です。

ここで注意しなければならないのは『授業料』が無償であるということ。

多くのママたちは、すべての費用が無償だと勘違いしてしまいがちですが、授業料以外にかかる様々な費用は、多くが自己負担となります。その内容については、この後、順にご説明していきます。

私立中学は最も大きな出費!

私立中学の場合、たとえ義務教育であっても無償にはなりません。全国平均で年間約43万円。3年間必要になりますから、卒業までにはトータル約130万円もの大きな費用となるのです。

さらに、私立中学においては初年度、入学金がかかります。多くの私立中学が30万円台ですが、高額になると100万円を超えることもあります。(※2)

授業料の違いが最も大きい

公立と私立。最も大きな費用の差は、この授業料です。これから中学受験を検討されているご家庭は、しっかり把握しておく必要があるでしょう。

また、上記はあくまでも全国平均ですので、希望する中学によってはさらに高額になる可能性は否めません。後になって費用の面で子供に断念させることがないよう、しっかり調査しておきたいですね。

制服

一部、私服通学という私立中学もありますが、多くの中学では制服が必要です。

学校によって様々

制服は1着あたり約2万円~3万円が平均です。セーラー服または学ランか、ブレザーかによっても異なります。

また、夏用と冬用によってもその価格には差があります。季節に応じた制服が必要、さらに洗い替えも欲しい!となると、それぞれ2着ずつ、合計4着は購入しなければなりません。

私立中学の制服は1着5万円が平均ですが、学校によって大きな差があります。有名デザイナーが手掛ける制服を採用している学校もあり、1着15万円という価格も珍しくありません。

体操着等は?

制服の他に、体育の授業等で使用するジャージの上下、ハーフジャージ、授業内容によっては柔道着や水着等が必要になることがあります。費用の目安を下記に記載しますので参考にしてください。

●ジャージ上下 約6,000円~7,000円
●ハーフジャージ 約3,000円
●柔道着 約7,000円
●水着 約3,000円~6,000円

ジャージは乾きやすい素材ではありますが、何らかの都合で洗濯ができないこともあるでしょう。それを考えると、洗い替えがあると安心です。特に中学生は部活動もあり、帰宅時間が遅くなります。ジャージ上下とハーフジャージはそれぞれ2着ずつと考えておくと安心です。

上履き

多くの中学校では、白を基調としたスニーカータイプを上履きとして用意します。

指定の学校もありますし、ゴムタイプ・紐タイプ・靴底の色等、条件範囲内で自由という学校もあります。

また、通常履く上履きと、体育用の上履きがそれぞれ必要な学校もあります。こちらは早々に購入せず、必ず学校に確認を取りましょう。

自由な場合でも体育の授業で使用することを考えて、運動に適した物を選んでくださいね。こちらは2,000円~3,000円程度のもので充分です。


¥1,080
楽天ボタン


¥3,790
楽天ボタン

その他の衣類

制服は学校指定であっても、ソックス、女の子はストッキングやスパッツ、男の子はベルト等の小物を自分で購入しなければなりません。

また、ジャージの中に着るTシャツは、指定の体操着である学校と自由に分かれます。

それぞれ単体で見ると高額な物ではありませんが、洗い替えに4~5枚ずつ購入すると総額でけっこうな金額になりそうです。

指定がなく自由の学校でも、流行や学校の風潮によって選び方の傾向があるようです。ママ友や先輩ママからのアドバイスが参考になります。


¥1,420
楽天ボタン


¥1,600
楽天ボタン


¥1,500
楽天ボタン


¥2,900
楽天ボタン

お下がりもOK!

高額な制服ですから、お下がりを貰える場合は助かりますね。

ただし、名前が刺繍されていることもあるので、その点は調べておく必要がありそうです。

また、人によっては思い出の品として大切に保管しておきたいと方もいるでしょう。お願いしてもすぐに良い返事がもらえない場合は、素直に引き下がるようにしたいですね。

私服通学の方が高額に!?

制服は初期費用がかかりますが、一度購入すれば3年間の使用。

大きくサイズが変わってお直しが必要になったり、時々のクリーニング代はかかりますが、それほど大きな出費にはならないでしょう。

一方で私服通学は?と言うと、実は制服以上に費用がかかる!と把握しておく必要がありそうです。最近の子供達はとってもオシャレ。初期費用はないものの、次から次へと流行のアイテムを欲しがります。

季節ごとに様々なアイテムが必要ですし、合唱祭等の行事や冠婚葬祭等、通常なら制服で済ませることができる場面でも、その場に相応しい服を購入しなければなりません。



通学用品

通学するために必要となる物をご紹介します。

リュック

ここ数年、10キロを超えるようになったと言われる中学生の荷物。脱ゆとり教育とも言われますが、まずは副教材が増えました。

さらに、予習・復習等の家庭学習を求められ、教科書類は必ずすべてを持ち帰ることを基本としている学校がほとんどです。小学生の頃に比べて荷物がグッと重くなりますので、特に指定がない場合はカバンの選び方がとても大切になります。

容量があり、重さに耐えられるしっかりとした造り、肩や背中に負担がかからず、耐久性のあるもの。「少しでも安いものを!」と考えたくなりますが、ここは多少値段が高くても質を重視して購入することをおすすめします。

相場は7,000円~10,000。色は、汚れが目立たない、先輩等の目線が気にならないという点から、黒やグレーが良さそうです。

肩掛けバッグもありますが、雨降り時に傘を持ったり、サブバッグを持つ日もあるので、リュックの方が断然便利です。


¥9,100
楽天ボタン


¥13,500
楽天ボタン

外靴

通学に使用する外靴は、ジャージ登校・制服登校に関わらず、スニーカーが多いようです。

学校により白または黒など、基調となる色はそれぞれのようですが、歩きやすい、グラウンドでの体育授業にも使える、という2つの条件をクリアする必要があるでしょう。

1年生のうちはノーブランド、2年生以上になるとブランドのロゴが入ったもの等、学校によって様々な事情もあるようですので、周囲のアドバイスを参考にすると良いかもしれません。


¥4,299
楽天ボタン

上着

上着については、学校により事情が様々異なります。コートはOK、ブルゾンはNG。上着そのものがNG。完全自由。色など条件範囲内で自由。それぞれ先輩方の様子を見ながら、必要に応じて選んでいくと良いかもしれませんね。

自転車

地域により差がありますが、自転車通学が認められている中学もあります。購入する際には、次の点に着目すると良いでしょう。

【通学用自転車を購入時のポイント】

1.パンクしにくいタイヤ

2.丈夫で軽いフレーム

3.かごが大きい

4.切り替え付で坂道もラクラク

5.ライト・反射板・ベルなど安全性が高い

最近はオシャレでかっこいい自転車も増えていますが、通学用には丈夫さ、乗りやすさ、安全性を重視してください。

家と学校との距離が〇km以上離れている場合に許可される学校もあります。

長距離を運転する場合は3年間の走行距離を考えると、耐久性の高さは必須項目だと言えるでしょう。

ホームセンター等で20,000円もあれば購入できますが、質を重視すると40,000~50,000円くらいになります。

ネット購入も可能ですが、自転車は点検整備等のアフターケアを欠かすことができません。専門店での購入をおすすめします。

パスケース

バスや電車で通学する場合は、パスケースも必要ですね。

ポケットやカバンから落ちないよう、リールやチェーンホルダーが付いたものだと安心です。入学のお祝いに選ぶ方も多いので、ギリギリまで購入を待っても良さそうです。


¥1,500
楽天ボタン


¥1,500
楽天ボタン

学用品

小学校から継続して使えるものもありますが、中学入学を機会に新たに購入する必要がある物をまとめてみました。

ノート類

ノートは、各教科ごとに大学ノートと呼ばれる罫線入りのもの、英語の授業では専用のノートが必要になります。

最近は文字の大きさを揃えて記入できるロジカルノートや、数学で図形を描くために便利なドット入りの人気が高いようです。

A罫・B罫との違いは行の太さ。学校で指定される場合もあるでしょう。学年によって異なる場合もありますので、購入を急ぎ過ぎて失敗のないよう注意したいですね。

また、可愛らしさに惹かれる女の子も少なくありません。勉強が少しでも楽しめるように、お子様と一緒に選ぶのも良いでしょう。


¥448
楽天ボタン


¥409
楽天ボタン

教科書類

教科書は、公立中学の場合は無償です。しかし、副教材として5,000円程度かかる場合があります。私立中学ではすべて自己負担となります。12,000円前後と想定しておきましょう。

筆記用具等

小学校では鉛筆を使用してきましたが、シャープペンシルの使用へと変わります。

価格はピンからキリまでありますが、書く量も増えますので、スラスラと書きやすい・芯が折れにくい・手に負担がかからない等、使いやすさを重視して購入してあげたいですね。


¥268
楽天ボタン


¥332
楽天ボタン

辞書類

今まで使っていた国語辞典、漢字辞典を中学生用にランクアップしたり、新たに英和・和英辞典も必要になります。学校で斡旋されるものを購入しても良いでしょう。

また、家での学習を充実させたい場合には電子辞書があると便利です。中学生以上向けになると英語分野が充実し、各種検定にも対応した内容になります。

20,000~30,000円と決して安い買い物ではありませんが、効率よく勉強を進めることができますので、使いこなすことができれば損はないでしょう。


¥27,593
楽天ボタン

校章・組章・生徒手帳等

校章や組章、生徒手帳は学校から指示があります。学校で用意されて費用を支払うか、または指定店にて自分で購入する形になります。これらは数百円程度で購入することができます。

その他納める費用

物品の購入ではありませんが、入学してからかかる費用についても、ある程度は把握しておきたいですね。

PTA会費

◆公立…約4,000円
◆私立…約13,000円

PTA会費とは、学校でのPTA活動にかかわる費用のこと。年額一括徴収と月額毎月徴収の2タイプに分けられます。

入会については義務であるか任意であるか賛否両論ありますね。この費用はPTAだよりの製作、卒業記念品や運動会等の記念品、教職員や保護者に対する香典や見舞金等に当てられます。

子供達が気持ち良く学校生活を送るためだと捉えて支払う方が多いと言えそうです。

学級・児童会・生徒会費

◆公立…約4,000円
◆私立…約14,000円

文字通り、学級・児童会・生徒会を運営するために必要な費用、これも保護者が負担することになります。文化祭や体育祭など、生徒会が主催する行事に関わることが主な使い道のようです。

修学旅行・遠足・見学費

◆公立…約25,000円
◆私立…約75,000円

上記は1年間に支払う金額の平均です。3年生になると修学旅行費がかかるため、この金額よりも高いと考えておく必要があります。

修学旅行費は積立方式の学校と一括徴収式の学校があり、積立を選択すると1年生のときからの徴収になることもあります。修学旅行費だけを見ると、公立中学の平均額は約60,000円。

私立中学になると行先が海外になることも少なくなく、その費用は100,000万円以上とも言われています。

教育外活動費

◆公立…約3,000円
◆私立…約13,000円

教育外活動費とは、授業以外にかかる活動費のこと。例えば図書費。図書室で調べ物をしたり本を読んだりすることも子供達の成長には必要な教育活動ですよね。

また、教育の一環として参加する地域活動や体力づくりのための運動会、学校によっては部活動費に当てられることもあるようです。

給食費

◆公立…約45,000円
◆私立…約9,000円

上記の金額だけを見ると、私立中学の方が断然安い給食費。これには、公立中学の多くが給食であるのに対して私立中学はお弁当を持参することが多いことや、地域差があるのも要因のひとつだと考えられます。

中には自治体が完全負担するという市町村もあります。もし、給食のある私立中学への通学を考えている場合は、公立中学と同等にかかると考えておいた方が良いかもしれません。

また、給食のない私立中学では学食やお弁当の材料費がかかりますので、それ以上の金額になることも予想できます。

部活にかかる費用

部活動においては、それぞれの活動内容等により、かかる費用にバラつきがあります。

部費

入部する部によって大きな差がある部費。全くかからない部活から、数万円かかる部活もあります。部費は主に活動するための費用として使われます。

例えば、吹奏楽部であれば楽器の修理代やイベントへの参加費、野球部やテニス部であれば道具の修繕やボールの購入などに当てられます。全くかからない場合はその都度徴収されると考えておく必要があるかもしれません。

道具・消耗品

ある程度の部費を徴収し、その中で賄うことのできない個人的な負担金がその都度かかります。個人の物となるユニフォームや、テニスやバドミントンのラケット、それらの修繕は自己負担になることが多いでしょう。

遠征費

運動部の場合、他校との練習試合や合宿などで遠方に出かけることがあります。その際に必要となる交通費、宿泊費が遠征費としてかかります。強豪校になると遠征回数も多く、より高額になると考えられます。

学校外活動費

最近は、学校外での教育費も予算内に入れていれているご家庭がたくさんあります。

学校外活動費とは?

◆公立…約220,000円
◆私立…約620,000円

この費用は、主に塾や習い事など、個人的な主観で行う教育活動です。家庭学習に使う個人購入の教材や、習い事でかかる月謝以外の消耗品等も含まれます。

特に3年生になると塾へ通う子供が多く、公立・私立に関わらず高額になります。それでもなお私立中学にあたる費用が高いのは、名門塾に通ったり家庭教師を付けることができるなど、高収入家庭が多いことも影響していると言えそうです。

中学は義務教育だと言っても、個人負担で用意すべきものは多々あります。学校で実際に必要になる物はその時になってから用意しても間に合いますが、費用については早め早めに進めておくと安心です。晴れ晴れとした気持ちで入学式を迎えられるように、準備は万端に整えておきましょうね!

参考:※1“年次統計(学校種別支出項目の推移)”「e-Stat」(2018/2/5アクセス)
参考:※2“学費一覧”「そうだったのか!中学入試」(2018/2/5アクセス)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします