産後

産後メイクも変化する!私の産後メイク事情

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

産後の女性には多くの変化が起こります。

それにあわせて、メイクも変わります。

私の経験した、メイクにおいて産後変わったこと、復帰事情、反省点などをまとめてみました。



産前、産後の変化

産前、産後で変化したことがいくつかあります。

化粧品の変化

妊娠中~産後は肌荒れしやすいと聞いていました。

また、こどもの肌に触れたりすることもあるので、ベースメイクからメイクアップまで、それまで使っていたものよりもさらに厳しい基準のオーガニック化粧品ラインに変更

これらはあらかじめ産前に用意していました。

メイクの変化

もともとメイク上手というタイプではなかったので雰囲気の変化もなにもなのですが、美容師さんのアドバイスで、産後は眉のメイクを気をつけるようにしました。

眉がきちんとしていると、たしかにそれなりです。

また、産後にかかせないまとめ髪スタイルにした時に、眉は大事なような気もします。

問題はメイクオフ

産後、意外にやっかいだったのがメイクオフ。

案外、あやしながらメイクをするのはできないこともないのです。

けれど、私の要領が悪いのもあるのですが、お風呂にゆっくり入れるわけでもなく帰宅後もばたばたとこどものことをするとなると、メイクオフのほうが面倒に。

ですので、メイクオフを簡略化できるタイプの時短コスメや、もともと肌への負担が軽く落としやすいオーガニック化粧品はありがたいものでした。



産後メイクの道のり

産後すぐから社会復帰までの、メイクの道のりです。

産後すぐ

メイクなんてできるわけもありません。

正直、顔を洗うのがせいいっぱい・・・

メイク?なにそれおいしいの?状態でした。

入院中のお見舞いも、ノーメイクで失礼してしまいました。

お宮参り(生後一か月)

産後、初メイク。

メイクといっても、ファンデーション、口紅くらいだった記憶。

とにかく、こどもにくっついてしまうのが心配でした。

すべてオーガニック化粧品を使用。

親戚の結婚式(生後三か月)

生後三か月過ぎた頃、親戚の結婚式がありました。

これが、生後の初フルメイク。

ファンデーション、チーク、シャドウ、口紅は、前述のオーガニック化粧品を使用。

マスカラは、フィルムコートの落としやすいものを使いました。

生後一か月以降の日常生活

生後一か月を過ぎ、お外へ出るようになってきた頃。

私の場合、ちょうど日差しの気になる時期でもあったので、日焼け止めを兼ねて、ベースメイクくらいはなんとかして外出するように。

日焼け止めは、パルシステムで購入した、ベビー用。

ポイントメイクは、オーガニックのリップグロス。

この頃、インターネットで見た、プレストタイプのベビーパウダーをフェイスパウダー代わりに使うというのをしていました。

自宅ではノーメイクです。

生後三か月以降のお出かけ

生後三か月以降、電車に乗るレベルのお出かけが増えてきました。

そういうお出かけの場合、行き先にもよりますが、オーガニック化粧品使用。

口紅より落としやすいリップグロスをよく使っていました。

自宅周辺では、相変わらず日焼け止め&ベビーパウダーにリップグロスでした。

ヘアスタイルをどうにかするのが難しく、ハットなど帽子が役にたちました。

その後

その後、BBクリーム&ミネラルパウダーを使用するように。

カバー力もあり、落としやすいために、私の生活にはとても良く合う組み合わせでしたので、以降幼稚園の送迎もずっとこれでした。

産後メイクの工夫

産後メイクで工夫していたことです。

無理はしない

確かにメイクは気分を高揚させるなど、産後のメンタルに良い効果がありそうだと感じることもありました。

でも、無理はしないようにしていました。

肌質の変化、体調の回復、生活のリズム、心の安定、その日の気分、時間、さまざまな要因で無理だと思ったらしませんでした。

健康第一です。

ベビーパウダー

前述のとおり、日常のベースメイクにはプレストタイプのベビーパウダーを使っていました。

石けんで落とせるベビー用の日焼け止めを下地にして、ベビーパウダーをはたきます。

白くなりすぎないように注意して。

カバー力はそこまでありませんが、何もしないよりはずっと良いように思えました。

産後の肌に優しく、オフも簡単。

絹の粉であるシルクパウダーも同じように使っていました。

アクセサリー

メイクやヘアスタイルを、アクセサリーの華やかさで補う工夫もしてみました。

特に、顔周りのイヤリングには気を使っていました。

反省点

産後のメイクへの反省点もあります。

産後の精神状態のためもありますが、若干、ナーバスになりすぎていたかもしれません。

こどもの肌に化粧品がついてしまったらと心配しすぎて、やたらと安全性(オーガニック基準)にこだわっていたり。

もうちょっと自由に、気を楽に持っても良かったのかなと、今は思っています。

【オススメ記事】

産後抜け毛に効果的な育毛剤口コミランキングベスト3

葉酸サプリの賢い選び方とおススメできるサプリBEST4

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします