子供の教育・成長・食事・遊び 小学生・小学校

発達障害児の就学準備でやるべきこと3つ(発達障害の子を持つママの発信)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

発達障害児とその親にとって、最初に大きな壁になるのは小学校入学だと思います。

小学校に上がる時にまず考えなくてはいけないことは、特別支援級と普通級とどちらに在籍するかです。

特別支援級に在籍すれば、障害があることが周りの人達も分かってしまいます。

それを避けるため普通級に通わせる場合もあるでしょうし、逆に学校生活に負担が無いように、周りの人達にも理解して欲しい等で、支援級を希望する方もいるでしょう。

学校によっては重度の障害がある子供だけが支援級で、軽度の障害は普通級へという学校もありますし、「○○小学校の支援級はとても評判がいいので通わせたい」などあるかと思います。

そうすると、学区内の学校か、学区外の学校かでも悩むでしょう。

我が家の長男も発達障害ですが、就学前に何の知識もなかったため、1年間を無駄に過ごさせてしまいました。

今回は、そんな私の経験をもとに小学校入学前にやるべきことを紹介いたします。



準備1、とりあえず特別支援級も在籍できるように準備する

勉強がついていけなくてもいいから、普通級でお友達との関係を優先したい!と思う親も多いのではないでしょうか?

実際私もそうでしたし、知人でも同じ理由で軽い知的障害があるお子さんを普通級へ入れた方もいます。

障害があるなら、必ず支援学級へ在籍しなければいけないというわけではなく、あくまでもご両親の方針に任せますというのが学校側の姿勢です。

ですから、どちらのクラスに在籍するか、親は入学前に決めて学校に知らせなくてはいけません。

しかし、普通級に入れようと思っていたけど、入学直前で考えが変わったとか、入学後やっぱり普通級は難しい・・・となった場合、すぐに変われるかというと、そうではありません。

特別支援学級へ通うためには、教育委員会等で(地域により異なる)支援級へ通うための判定が必要になるからです。

判定の予約はお早めに

最終的な判断は先でもいいのです。

IQが高く、問題行動が少ないと普通級が妥当と判定される場合もありますが、それでもとにかく教育委員会等で判定をしてもらいましょう。

就学前の判定はとても込み合います。発達障害児だけでなく、何らかの障害を持っている子供がみんな受けるので、半年待ちは当たり前といった感じでした。

我が家ではちょうど就学の1年ほど前に離婚してしまったことで、療育センターへ予定通りに通えない状況にあり、大事な就学前の説明を受けていませんでした。

支援級へ在籍するための条件を知ったのは入学3月ほど前・・・

すでに判定の予約はいっぱいで、入学前に受けることが出来ませんでした。

しかし、普通級へ通わせようと思っていたので、特に問題視することもなく判定を受けないまま入学しました。

このことは親として、とても安易な考えだったと深く反省しています。

自閉症スペクトラムとADHD(注意欠陥多動性障害)の長男は保育園の時に診断されていましたが、とても活発で人懐っこく、お友達も多かったことから、普通級でも大丈夫だと思っていました。

しかし、入学後環境が変わったことで、さらに落ち着きはなくなり、ストレスからか暴力的にもなりました。

1クラスに30人ほどの生徒、しかも1年生となればまだまだ他の子どもたちも騒いだり走り回ったりもします。

すると自閉症の特性から雑音を嫌うので、イライラしたり、逆にADHDの特性から他の子と騒ぎだしたらテンション異様に高くなり、授業どころでなくなったり・・・

また、言語に遅れがあった為、先生の話している内容がほとんど理解できず、本人も授業が辛いと言うこともありました。

最初の個人面談で衝撃を受けたのは、長男は授業中、一人廊下に机を出して、ほとんどの時間お絵描きや塗り絵をしていると言われたことでした。

担任の他に長男のサポート役の先生が付き添い、授業の邪魔にならないように廊下で時間をつぶしていたのです。

廊下でやると提案したのはうちの長男で、教室は落ち着けないとの事だったそうですが、それにしてもお絵描きや塗り絵って・・・

せめてどこか他の教室で、ひらがなの練習くらいはさせて欲しいとお願いしました。

そんな状況と知って、教育委員会での判定を受けようと思い、すぐに予約をしました。

入学後は割と予約が取りやすかったですが、それでも2か月後になりました。

判定には、同じく発達障害と診断されていたけど、判定を受けていなかった子や、入学後発達障害と診断された子などが来ていました。

発達障害と診断される子供たちの多さを実感しました。

判定後すぐに支援級へ在籍を希望しましたが、出来ませんでした。

これも学校によって方針が違うのですが、当時の学校は学年の途中で在籍を替えることはしないとのことで、ようやく支援級に通える判定が出たのに、2年生まで一般級でほとんど勉強することなく、過ごしてしまいました。

完全に1年遅れで、2年生から1年生の勉強を始めました。

要領は悪いですが、繰り返し勉強すれば覚えます。

1年生という大事な出だしでつまずいてしまったのは、親である私の勉強不足でした。

皆さんにはそんな後悔が無いよう、どの道でも進める準備をしてあげてください。



準備2、学区内の学校に入学で本当に良いのか考える

何度もお話していますが、学校によって方針や決まりはかなり違います。

親御さんの教育方針と合わない、支援が不十分な気がする等入学してから色々、不安や不満も出てきます。

そうならないためにも、まずは学区内と通える範囲の学区外の学校を調べてみましょう。

例えば、音に敏感な子はヘッドホンをしたりしますよね?またどうしても自分のお気に入りのタオルやぬいぐるみなど持っていないと落ち着けなかったり、発達障害特有のこだわりがある子も多いと思います。

でも学校によっては、例外なく勉強道具以外の持ち込み禁止など、厳しいところもあります。

学習でも、支援級だからと簡単な問題をずっと続けて前に進めようとしないとか、逆に理解していないが、個別に作ったプログラム通り進めていく学校もあります。

また、普通級でも、サポートが手厚く、苦手な教科だけ少人数クラスで勉強したり、集団行動など苦手な子には付き添いが付くなどの学校もあります。

学区外だけど、この学校なら普通級でやっていけるかも!と思えばそれも良いでしょう。

しかし、学校に聞いても実際マイナスな事柄は中々わからない事も多いので、在籍中や卒業生の親御さんからの情報が1番信頼できるのではないでしょうか?

SMS等が復旧している現代は直接の知り合いがいなくても、情報を共有してくれる方がたくさんいますので、活用するのも良いでしょう。

兄弟がいる場合はもっと深く考える

悲しい事ですが、支援級に兄弟がいることで、普通級に通う兄弟がからかわれたり、いじめに発展することは少なくありません。

我が家でも長男のことで次男がからかわれたことは有りますが、次男が底抜けに明るい性格で相手を笑わすことが大好きなので、友達関係は良好です。

そして、ちょっとした事ではめげないメンタルを持っていますので、今のところ2人とも、楽しく登校できています。

しかし、いじめにあった健常児の方が学区外の学校へ転校したり、実の兄弟でも健常児の方が障害児と同じ学校に通うことを拒否したことで、兄弟で別々の学校に通っている方も実際にいらっしゃいます。

学校に通うのは子供達で、親ではありません。

就学前に家族全員で話し合い、子供達の意見を尊重する必要があるでしょう。

親として、子供たちみんなに、楽しい学校生活を送ってもらえるよう、サポートしていきましょう。

準備3、個人賠償責任保険の検討

お友達に怪我をさせてしまったり、物を壊してしまったりするのは健常児でもある事です。

また、発達障害があるからと言って、そういったこととは無縁の子も多くいますが、もしもの時のために個人賠償責任保険に入ると安心です。

小学生になると、親の目が届かないところで遊ぶ機会も増えていきます。

登下校中も放課後も親がずっと付き添うのは難しくなってくるでしょう。

お友達との関係を良好にしたいのならば、なおさらです。

心配だから目が届くところで遊ばせたい親の気持ちも分かりますが、我が子を信じ、外に出すことも必要です。

そして、万が一に備えることも必要なのです。

入学すると、子供傷害保険・賠償責任保険等の保険の申し込み用紙が学校から配られたりします。

パニックになった時に暴れて友達を突き飛ばして怪我をさせてしまった、登校中に石を投げて車のガラスを割ってしまったなど、大事故ではありませんが、保険を使ったという事も身近で起きています。

また、子供の自転車が高齢者とぶつかって、死亡事故になり、多額の賠償金を請求されたとニュースでも度々話題になっています。

有ってはならない事ですが、毎日自転車に乗っている小学生にとっては、いつ同じ事故を我が子が起こしてもおかしくはありません。

そのニュースを子供達にも見せて、本当に自転車も危険だと何度も教えました。

しかし、やはり小学生の自転車の乗り方は我が子のみならず、周りのお友達たちも、危なっかしいとしか言えません。

安心を買うのが保険です

今まで保険を使うような事は起きた事が無いし、必要ないと思う方もいますよね。

でも、保険料払っていても、使わなくて済むのが一番です!

何も起こらないに越したことはありません。

しかし、何も起こらない保証はどこにもありません。

もしもの時の為に毎月何万円の払う事は現実的でないかもしれませんが、傷害保険や個人賠償保険は月額千円程度からありますし、自動車保険のオプションで付けれるモノあり月額数百円で済みます。

我が家も自動車保険のオプションで付いています。

自動車保険料の中に含まれるので負担に感じたことはありませんのでお勧めです。

わざと人に怪我をさせようとしたり、物を壊そうと思っているわけじゃないと思います。

逆に言うとそれは予測できない事なので、誰にでも起こりえることです。

発達障害がある分、不注意だったり、パニックだったり、事故を起こす確率は高いと言えるのかもしれません。

明日は我が身かもしれませんので、備えておくといいでしょう。



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします