命名・名前

女の子の名前で「み」で終わる名前742選と由来のヒント

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

漢字辞書等を用いると、読みの頭文字順に並んでいることが通常ですよね。

従い、終わりの読みから調べることは難しいのではないでしょうか。特に1文字で表したい!という場合、大変時間をかけてじっくりと調べる必要があるかもしれません。

ここでは、そんな1文字漢字はもちろん、あらゆる方面から「み」で終わる女の子の名前をご紹介します!



『み』で終わる漢字一文字の名前34選

「み」で終わる漢字で、1文字で表して使うことのできるものを集めてみました。由来例とともにご覧ください。

歩/步(あゆみ)

足を踏み出して前に進むことを意味する「歩」。「步」はその旧字体で、同じ意味で使うことができます。一歩一歩ながらも確実に進むことが伺え、力強い意欲を感じさせる名前を作ることができます。

【由来の例】

◆夢に向かって意欲を持ち、一歩一歩、力強く成長してほしい。

◆向上心を持ち、目標を達成するまで諦めない子に!

和(なごみ)

「なごみ」という読みは人名読みになります。和やか、調和する、穏やか、といった意味があり、温厚な人柄を表す名前にぴったりの漢字です。また、日本のことを表す漢字でもあり、誰もが知っている、誰もが読めるという点は大きなメリットでしょう。愛される名前になりそうですね!

【由来の例】

◆周囲と仲良く、平和で穏やかな日々を過ごせますように。

◆穏やかな心で人に接し、周囲から親しみを持ってもらえますように。

海(うみ)

この漢字は、名付けにおいてここ数年の間で一気に人気が高まり、最近では既に定番であると言っても過言ではありません。広く雄大な海をイメージし、スケールの大きさを感じさせる名前にぴったりです。優しく包み込んでくれるようなおおらかさを由来付けても素敵な名前になりそうです。

【由来の例】

◆広く大らかな心を持った寛大で温和な子に。

◆広い世界に出て大きな夢に向かって羽ばたいてほしい。

笑(えみ)

「笑」の字は訓読みで「わら(う)」と読み、微笑むことを意味します。嬉しい気持ち、喜ばしい状況が伺える、とても縁起の良い漢字ですね。美しく微笑む素敵な女性や、はにかむような可愛らしい笑顔などをイメージして使うことができます。

【由来の例】

◆喜びに満ちた幸せいっぱいの人生になりますように。

◆周囲の人を笑顔にさせるような、素直で純粋な心の持ち主に!

愛(まなみ・めぐみ)

「あい」の読みで定番の「愛」。心から好み、可愛がって大切にすることを表す漢字です。中心に「心」が入ることからも、優しく思いやり深い様子が伺える漢字として人気があります。女の子らしく、また人間味あふれる素敵な漢字です。

【由来の例】

◆愛に満ちた素敵な人生になりますように!

◆人の愛に囲まれ、人として大きく成長してほしい。

その他

公(きみ)・汲(くみ)・澄(すみ)・編(あみ)・冨(とみ)・富(とみ)・並(なみ)・波(なみ)・望(のぞみ)・惠(めぐみ)・恵(めぐみ)・恩(めぐみ)・弓(ゆみ)・泉(いずみ)・咲(えみ)・霞(かすみ)・克(かつみ)・好(このみ・よしみ)・鼓(つづみ)・蕾(つぼみ)・希(のぞみ)・南(みなみ)・史(ふみ)・文(ふみ)・睦(むつみ)・萌(めぐみ)・萠(めぐみ)

『み』で終わる漢字も読みも二文字の名前126選

「み」で終わる二文字名前をご紹介します。女の子の名前では、「子」の次に馴染み深い「み」の響き。数々の名前をご覧ください。

名前例

【あみ】亜美・有海・亜実・愛実・有実・愛美・杏実

【うみ】宇未・海美・胡実・羽海・羽美・右深・雨魅

【えみ】詠美・映見・恵美・絵魅・笑魅・笑美・枝実

【きみ】喜美・希美・紀実・吉海・妃美・季実・輝巫

【くみ】久実・久美・琥美・玖美・久心・琥心・紅実

【すみ】澄美・澄心・須美・寿美・寿実・須心・水実

【たみ】多実・田深・丹美・端深・淡美・多美・泰実

【とみ】富美・登実・冨心・外美・通実・時美・富心

【なみ】奈美・成実・那美・南美・名美・七心・波海

【ねみ】音心・寧心・音実・音美・稔実・寧美・寧深

【ふみ】文美・芙実・冨深・丈実・双実・歩未・風美

【まみ】真実・麻実・麻未・万実・末弥・茉雅・舞美

【みみ】美々・美心・心実・観心・深魅・三海・海波

【ゆみ】悠美・由実・優魅・優心・裕深・佑美・夕美

【りみ】梨美・理実・璃美・莉実・里深・凛己・倫巫

【るみ】留美・琉美・流深・瑠海・流巫・流南・塁美

【れみ】麗美・怜美・礼美・麗巳・禮美・黎満・零未

【ろみ】路美・露美・呂実・論美・諭実・蕗美・露深

【由来の例】

◆真実(まみ)…良心に従い、嘘偽りのない誠実な人生を歩んでほしい。

◆夕美(ゆみ)…落ち着きがありながらも情熱を秘めた意欲にあふれるた子に!

◆礼美(れみ)…気品があり礼儀正しく、周囲に好印象を与える素敵な女性に。

◆心実(みみ)…自分の心に真っすぐに生き、本当の幸せを手に入れてほしい。

◆零未(れみ)…自分の手で自分らしい未来を築ける想像力の豊かな子に!


【ママのお肌ケアできてますか?】

ママ限定アンケートによると「産後スキンケアが疎かになった」と回答した人はなんと82%。そして62%オールインワンジェルを使って時短スキンケアで対策をされてるようです。

『み』で終わる三文字読みの名前581選

「み」で終わる、読みが三文字の名前をご紹介します。

キュートで愛らしいイメージの響き!名前80選

【あいみ】愛心・相観・亜以美・娃三美・藍心・愛実・愛生

【つぼみ】蕾実・蕾美・津帆美・都歩実・鶴菩美

【ととみ】都々美・都富実・冨々実・杜々実・聡々心・十々美

【くるみ】胡桃・久留美・琥留美・久留巳・久瑠海・玖流美・来美・來実

【きのみ】木実・輝乃美・季埜実・綺乃深・后乃美・姫乃美

【ここみ】心実・恋々美・来々実・来心実・小恋美・湖々美・瑚々雅

【すずみ】鈴美・寿々実・珠々実・紗美・鈴美・鈴実・紗雅・紗心

【ななみ】七美・名波・七海・南波・那々美・南夏心・奈々未・菜々美

【こなみ】小波・湖南・小南・小奈美・恋波・恋夏美・心捺実・心菜実

【はなみ】花美・羽波・羽夏美・華魅・波奈実・果那心・葉波・花魅

【もえみ】萌深・萌美・萌未・萌絵美・萠深・萠緑・萠心・茂詠美・茂笑

【由来の例】

◆萠緑…活き活きと明るく、笑顔の絶えない女の子に!

◆奈々未…未来にたくさんの実を実らせることができますように。

世代を問わず親しまれるイメージの響き!名前87選

【あゆみ】歩美・鮎美・歩実・亜由美・愛弓・彩結美

【なるみ】成美・成海・鳴海・成心・鳴心・奈留美・徳美・鳴深

【まなみ】愛美・真奈美・麻奈美・愛未・未波・万波・真夏深・学美

【いずみ】和泉・泉実・伊澄・衣澄・依須美・衣純・李須実・伊須海・泉美

【いくみ】郁美・育美・郁実・生実・幾美・伊久美・衣玖美・色琥魅

【あさみ】朝美・麻実・阿佐美・浅海・朝海・明砂海・愛紗美・亜早美

【みなみ】皆実・南海・三波・皆心・美波・深名美・心波・心那実

【ひろみ】宏実・裕実・浩美・博心・光美・比呂美・斐露美・寛実・尋心

【なつみ】夏美・菜都美・奈津実・菜摘・奈都美・夏海・夏未・奈摘

【めぐみ】恵美・愛美・芽久美・愛実・萌美・愛玖美・夢久美

【ひとみ】仁美・日登美・瞳美・仁実・緋登美・陽登美・斐冨・比富

【由来の例】

◆泉実…豊かな想像力を育み、新しいひらめきで明るい人生を開拓してほしい。

◆愛実…良縁に恵まれ大切な絆をしっかり育んでほしい。

古風で淑やかなイメージの響き!名前73選

【あやみ】綾美・礼実・彩美・愛彩心・絢美・綺魅・文未・史未

【いとみ】糸美・伊都美・維人美・絃雅・絃心・綸美・綸弥・綸心

【つぐみ】愛実・亜実・亜美・亞美・嗣雅・嗣心・津久雅・都久雅

【つづみ】鼓美・亜々美・綴実・鼓雅・鼓心・都々心・綴心

【なごみ】和美・和雅・和水・名小美・那瑚美・夏恋美・菜小実・捺心美

【たかみ】孝美・高美・貴美・隆心・孝心・多香美・嵩心・敬美

【なほみ】奈保美・奈穂美・奈保実・菜穂美・尚美・奈峰美・那帆海

【ことみ】琴美・古都弥・琴弥・琴心・古都心・古都雅・寿実・毎美・寿美

【ますみ】真澄・眞澄・益美・真純・真清・真水美・万澄・寿美・正澄・万須心

【由来の例】

◆古都弥…華やかで品格が感じられる容姿・内面ともに美しい女性に。

◆真清…透き通った純粋な心を持ち続けてほしい。

洗練された美しいイメージの響き121選

【うたみ】歌深・詩美・唱深・唄実・吟美・宇多未・海多美・羽多美

【えいみ】瑛美・詠美・英実・永魅・映美・栄心・永心・永依心

【かすみ】香澄・佳澄・果須実・加住・架純・佳純・春見・佳寿美

【かなみ】佳奈三・佳那美・叶美・奏魅・奏美・香奈見・夏那実・可南美

【あきみ】明希美・昭美・亜季実・秋実・天美・昭美・彰美・愛姫美・昌実

【あすみ】明魅・愛美・明日心・愛澄・亜須美・杏水美・愛吹実・明寿美

【ありみ】有美・愛理実・亜梨実・有海・亜利美・相吏実・杏里実

【おりみ】織美・織未・乙梨美・小里美・緒梨美・小吏実・折実・折深

【さゆみ】沙由美・早弓・小百美・彩友美・紗弓・紗由美・彩悠美・早優美

【ふゆみ】冬美・冬深・冬海・芙由美・冬魅・風悠美・颯優美・楓由実

【たまみ】珠美・多摩美・珠実・多真美・玉水・圭美・圭実・圭魅・圭心

【ちなみ】千波・千奈美・千夏美・千那心・千南・稚南・稚波・知菜実

【ちふみ】 千文・千冨美・千史・知史・千芙美・千富・千芙美・稚文

【なりみ】成美・也実・成魅・夏利美・菜梨実・菜里実・七梨実・七理深

【なゆみ】菜優美・菜弓・那由美・名遊美・和癒美・和由心・和心・和美

【由来の例】

◆千芙美…芙蓉の花のように艶やかな夢をたくさん咲かせてほしい。
◆和由心…落ち着いた雰囲気と芯の強さを持った聡明な女性に。

おしゃれで現代風なイメージの響き!名前51選

【おうみ】桜美・謳実・央海・邑深・音海・乙海・黄実・小羽美・小宇未

【しふみ】紫史・志文・詩文・小芙美・心冨・心富美・志芙美・紫芙美

【むつみ】睦海・睦実・六美・六都美・武都美・夢都美・霧摘・夢津美

【ゆうみ】優実・夕魅・夕美・裕彌・夕弥・優心・優美・柳魅・友美

【ひふみ】斐史・燈文・陽文・日芙美・桧冨・緋文・日歩美・陽歩実

【ほなみ】保奈美・穂浪・帆波・穗並・穂奈美・步南・帆南・甫南・甫波

【由来の例】

◆桜美…人の心に感動を与えるような美的感覚と優れた才能の持ち主に!
◆陽歩実…太陽の下を堂々と歩ける誠実さを大切にしてほしい。

個性的で珍しいイメージの響き!名前64選

【おとみ】音深・音美・緒都美・緒十実・乙美・乙深・乙魅・小登美・小十魅

【そよみ】外美・外海・楚冨・楚登美・爽杜実・爽富・外魅・楚十深

【ゆめみ】夢実・由愛深・結芽実・癒名美・夢見・柚芽美・遊名美

【ふうみ】風実・風美・颯美・颯深・風未・富海・歩海・芙羽美・風魅・風心

【みふみ】美文・実史・心富美・心芙美・深芙美・弥文・実文

【つきみ】月美・月実・月弥・月心・都君・都輝魅・都希美・亜希美

【りなみ】利波・李南・吏並・里奈実・理南・莉夏美・林奈実

【れいみ】麗美・零未・聆実・礼美・黎魅・麗実・玲美・禮美

【由来の例】

◆乙魅…若々しい心と純粋な笑顔をいつまでも大切に持ち続けてほしい。
◆月心…優しい心の輝きを持ち、多くの人の心をぽっと照らせる子に。

定番的な落ち着をイメージする響き!名前105選

【きよみ】清美・喜代美・清海・聖海・聖実・公世美・京美・樹代実・希世実

【あつみ】温海・敦美・篤実・惇実・愛津水・亜都美・温心・厚心

【なおみ】直美・直海・奈緒美・南海・奈央実・奈央美・奈穂美

【かずみ】和美・和実・数巫・一雅・果須未・嘉水美・和魅

【あけみ】明美・朱美・朱海・明海・開心・暁魅・明深・明未

【さとみ】里美・聡美・里実・理美・哲心・聡深・佐都雅・慧美

【ちえみ】千恵美・智恵美・智栄美・千江美・千詠美・千笑・稚笑・千咲

【ともみ】智美・友海・朋美・倫心・具深・智実・都茂美・巴美・朋海

【はるみ】晴美・晴海・春美・明海・春未・把留海・羽瑠美・芭琉美

【ひでみ】秀美・英美・日出美・日出海・秀実・秀深・英心

【まゆみ】真弓・麻由美・雅弓・真由美・真優美・万優心・万夕美

【よしみ】吉美・好美・芳美・良実・芳海・世志実・夜紫美・代紫美

【まさみ】正美・雅美・麻沙美・優美・優心・万早美・万紗美・万爽美

【由来の例】

◆倫心…人として正しいことを考え、真面目に行動できる強い心を育んでほしい。

◆好美…誰からも好かれる人に優しい子に。

『み』に使うことのできる漢字【音読み】

音読みを用いて『み』に当てて使うことのできる漢字を集めてみました。意味や使い方例とともにご紹介します。

意味はもちろん、字面の整った雰囲気からも美しい魅力が感じられる「美」。女の子の名前において、止め字の「み」に使われる漢字としては定番中の定番ですね。容姿の美しさだけでなく、心の美しさをプラスするとより一層素敵な名前になることでしょう。

【由来の例】

◆愛美(あみ・つぐみ)…愛と喜びに満ちた美しい人生になりますように。
◆聡美(さとみ)…賢く聡明で心の美しい女性に成長してほしい。

人の心を引き付けることを意味する「魅」。この漢字を人名に用いることには賛否両論ありますが、「魅力・魅了」の言葉に使われるように決して悪い意味を持つ漢字ではありません。ポジティブに捉えて素敵な由来に結び付けてみてください!

【由来の例】

◆優魅(ゆみ・まみ・ゆうみ・まさみ)…優しい心で人に接し、たくさんの人と良い関係を築いてほしい。

◆舞魅(まみ)…美しく華やかな雰囲気の女の子に!

その他

味・眉・微・弥・彌

“音読み”とは、中国の発音を元に生まれた読み方で、読みと漢字の意味が直接結びつかない場合が多くなります。漢字の意味を探り、素敵な由来のある名前に仕上げてくださいね!

『み』に使うことのできる漢字【訓読み】

次に、訓読みで「み」と読ませることのできる漢字をご紹介します。

十二支の六番目、また動物の蛇を表す「巳」。蛇の特性である執念深さや、柔軟な動きなどを由来に結びつけることができます。また、中国で生まれた陰陽五行思想においては「火」を表すため、神秘的かつ情熱的な由来を持たせることもできそうです。

【由来の例】

◆流巳(るみ)…意欲と情熱を持ってチャレンジ精神を持って成長してほしい。
◆夢巳(ゆみ)…何事にも根気強く取り組み夢を実現してほしい。

目で見る、また見えることを意味する「見」。日常の中で多く目にする漢字ですが、名付けにおいては少ないかもしれません。この漢字は、大きな目を持つ人の姿が形になったものです。よく見る、しっかり見る、そういったニュアンスで用いると良いでしょう。

【由来の例】

◆歩夢見(あゆみ)…周囲をよく見渡し、しっかり地に足を付けて堅実な人生を歩んでほしい。
◆礼見(れみ)…周囲をよく見ながらその場に相応しい行動ができる子に。

いっぱいになる、という意味を持つ「満」。心が満たされる、経済的に不自由がない、才能が開花するなど、色々な方向で豊かな未来が想像できそうな素敵な漢字です。

字面からはどっしりとした印象を受けやすいので、丸みを帯びた画数の少ない漢字や、スマートな雰囲気の漢字と組み合わせると良いかもしれませんね。

【由来の例】

◆笑満(えみ)…笑顔いっぱいの幸せな人生になりますように!

◆心満(ここみ・みみ)…心がいつも幸せで満ち溢れるような人生を過ごせますように。

「こ」としての読みが定番である「子」ですが、訓読みの「み」に当てることで斬新で珍しい印象の名前になることでしょう。

この漢字は、親から生まれた子供だけでなく、地位の高い人の敬称や、思想家を表しても使われる大変立派な漢字です。

また、子供に通じて果実の種や、小さく細かい物という意味も持ち合わせます。“可愛らしい女の子”や、“優れた立派な未来”を想像して使うこともできます。

【由来の例】

◆果成子(かなみ)…未来に豊かな夢を実らせてほしい。

◆心々子(ととみ)…純粋な心を持った可愛らしい女の子に!

その他

身・御・察・観・看・診・視・充・深・箕・実・實・三

「深」「実」などは、「み」と読んで使われることが多くありますね。その他、人名においては目新しい漢字もあるかもしれません。オリジナリティあふれる由来を考えてみてくださいね!

『み』に使うことのできる漢字【人名読み】

「人名読み」は常用漢字表には掲載されない読みではありますが、名付けにおいてはよく用いられる一般的と言っても過言ではない漢字のことです。素敵な意味を持つ漢字もたくさんあります!

「泉」は水が湧き出る様子を表す漢字です。透明感と潤い、そして勢いが感じられます。日本各地には泉を御神体としている寺院も多く、神聖な清らかさといったイメージで使うこともできるでしょう。

【由来の例】

◆清泉(きよみ)…透き通るほど素直な子供心をいつまでも大切にしてほしい。

◆明泉(あけみ)…明るく前向きで、行動力に満ち溢れた元気な子に!

人が集まる場所を表す「湊」の字は、「みなと・そう」と読んで使われることが多く、男女ともに定着した人気を保ち続けています。賑やかで活気のある様子が感じられる素敵な由来を持たせる名前にぴったりです。

【由来の例】

◆海湊(うみ)…明るく寛大な心を持ち、たくさんの人を笑顔にしてあげてほしい。

◆華湊(はなみ)…華やかで楽しい人生を過ごしてほしい。

透明な液体を表す「水」を「み」と読んで使う名前は、ここ何年かで珍しくなくなったと言えそうです。透明感、瑞々しさ、清らかな様子が伺える美しい名前にぴったりです。

また、水は人の体、そして生活に欠かすことのできない貴重なものですので、その点を由来に結び付けても素敵な名前を作ることができそうです。

【由来の例】

◆宇水(うみ)…たくさんの人や世の中にとって貴重な存在となれますように。

◆流水(るみ)…美しく輝かしい気持ちでいつまでも夢を追い続けてほしい。

「生」の字には、様々な意味があります。例えば「生産・再生」。この言葉の場合は”物事を生み出す・作り出す”という意味が用いられ、『創造力・才能』を想像して使うことができます。

「生糸」は“混じりけのない・純粋”という意味があって用いられ、「生鮮・生色」は“活き活きとした”ことを表しています。画数が少ないにも関わらずどっしりと構えて見えるのは、「生きる」ことがストレートに伝わる漢字だからかもしれません。

【由来の例】

◆輝生(きみ)…命を精一杯生き、輝かしい人生を送ってほしい。

◆陽生(ひろみ)…明るく元気に生き生きと輝きながら成長できますように。

その他

並・光・史・幹・望・洋・文・梶・甫・相・真・誠・壬・海・心・巳

女の子の名前において定番とも言える「み」の響き。ですが使える漢字はこれほどまでにたくさんあります。それぞれの意味や成り立ちを調べて、両親の想いが伝わるような最良の漢字を見つけてくださいね!

『み』に使うことのできる漢字【一部のみを用いる方法】

読みの一部のみを使う方法は、現代的!オリジナリティあふれる名前を付けたい!という場合におすすめの方法です。

「渚」は「みぎわ」と読むため、頭文字の「み」のみを用いて当てることが可能です。海にちなむ漢字であることから、雄大な自然に直結させてスケールの大きな願いを込めることができそうです。

【由来の例】

◆美夏渚(みなみ)…行動力を持ち、活発に広い世界に飛び込んで行ってほしい!

◆風渚(ふみ)…爽やかな風と青い空が似合う元気いっぱいの女の子に!

「翠」の字は訓読みで「かわせみ」。水辺に住む鳥の名です。カワセミは青緑色の美しい羽を持つ鳥で、この羽の美しさから「みどり」と読んで青みがかった緑色を表しても使われます。

さらに、青緑色をした半透明の美しい宝石に“翡翠”とありますが、この名もかわせみの美しい羽の色から結びついて付けられたと言われています。いずれにしても、この漢字からは美しく煌びやかである様子が伺えます。

【由来の例】

◆珠翠(たまみ)…持って生まれた原石を磨いて美しく輝く女性に成長してほしい。

◆心乃翠(このみ)…自分らしい個性を大切に、美しい心を豊かに育んでほしい。

甘い甘い味をイメージする「蜜」。そのイメージ通り、甘くて可愛らしく、蜜いっぱいの果実などを思い浮かべる名前にいかがでしょう。

蜜蜂が花々を渡り歩き、集めて巣に閉じ込める蜂蜜。幸せを集めて喜び溢れる人生に!のように、素敵な由来に置き換えて使うことができそうです。

【由来の例】

◆幸蜜(さちみ)…たくさんの喜びを手にし、幸せに満ちた人生になりますように。

◆恵蜜(めぐみ)…幸運が自然と訪れるような運気の高い子に!

キラキラネームでお馴染み!七音ちゃんも「み」で終わる名前!

『七音』と書いて何と読むかわかりますか?一時世間を賑わわせたキラキラネームの中では定番の名前。読み方は「どれみ」です♪

可愛らしいキラキラネーム

キラキラネームとは、読みからイメージできる漢字を当てはめる等の方法で作った、通常では読めない名前のこと。

『七音』と書いて「どれみ」と読ませる名前もそのひとつ。しかし、珍妙で奇抜な名前とは一見異なり、「可愛らしい!」と好印象を抱く方は多いようです。

たとえキラキラネームであっても周囲からの評判が良いと、子供自身が気に入って自分の名前に自信が持てる場合もあるのです。キラキラネームだからという理由で避けるのではなく、その名前が本当に子供の未来に望ましい名前であるのかを重視して考えると、もっともっと名付けの幅が広がるような気がします。

たくさんの漢字があり、名付けの幅が広い日本。柔軟な発想で、素敵な名前を考えてあげてくださいね!


【ママのお肌ケアできてますか?】

ママ限定アンケートによると「産後スキンケアが疎かになった」と回答した人はなんと82%。そして62%オールインワンジェルを使って時短スキンケアで対策をされてるようです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします