命名・名前

男の子の名前で「あきら」漢字302選と由来のヒント

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

「あきら」の響き。歴史を振り返ってみて見ると、昭和の時代に入った頃にその年号からとった『昭』が人気の出始めになるようです。

時代が進み、第二次世界大戦終結頃からは、社会への希望に期待を持つ背景が伺われる『明』の字へと人気が移行。

その後は、様々な漢字を「あきら」の響きに当てて使われるようになり、人名読みの「あきら」が非常に数多くなりました。

世代を問わず誰からも読んでもらえる漢字から、現代的な印象を与える漢字まで様々組み込んだ、数々の名前をご覧ください。



明るいイメージの『あきら』95選

まずは、響きから直に結びつく“明るい輝き”を表す漢字を集めてみました。このテーマに用いることのできる漢字は非常に多くあります。

明るく輝く様子を意味する名前

明・明良・明羅・明希良・明光・昭希良・昭・昭良・明晃・晃良・晃羅・晃・晄良・晄羅・晄・景・景良・景光・晶・晶良・晶羅・晶來・昌希良・昌・昌良・昌羅・昌光・旭・旭生良・旭羅・旭光・旭来・晨・晨生羅・晨来・晨良・晨羅・曜・曜良・曜來・曜羅・曜光・暉・暉良・暉・朗・朗羅・朗來・朗嵐・朗光・朗嵐・朗羅・朗光・朗來・爽・爽羅・爽良・彬・彬良・彬羅・彬光・煌・煌良・煌光・煌來・光・光良・光来・光羅・白・白羅・白來・白來・皓來・皓・皓光・皓嵐・耀・耀良・耀羅・耀來・輝來・輝・輝羅・輝良・陽・陽良・陽光・陽嵐・陽來・日羅・日良・日嵐・日蘭・日來

『明』の左側にある「日」は窓を表します。窓から月の光が差し込む様子が形になり、“光が当たって明るい”という意味を持ちます。

だんだんと明るくなる夜明けをイメージして使うことができますが、その意味から“はっきりしている・あきらか”という意味や、光そのものを意味しても用いられますので、幅広い由来を持たせることができるでしょう。

「性格の明るい子に」「明るい笑顔の子に」

という由来も素敵ですね。

『昭・晃・晄・景・晶・昌・旭・晨・曜・暉』に使われている「日」は、いずれも窓ではなく“太陽”を表します。『晟』は格別に光の勢いが盛んであることを意味するので、男の子らしく活気あふれる輝きを意味する由来を持たせることができそうです。

また、「景色」や「情景」という言葉に用いられる『景』は、その眺めが雄大であることから“大きい・立派”という意味も派生しました。

「大らかな人柄の子に」「大きな心で輝く未来に自信を持って生きてほしい」などの願いを込めて使っても良さそうです。

『晶』の字が表す「日」は、窓でも太陽でもなく“星”の輝きです。宝石の水晶に用いられる漢字として有名ですね。

意味は“明るく輝く・光り輝く”ですが、瞬く星空のようなロマンチックな情景をイメージして使うのにおすすめの漢字です。元気で活発というより、煌びやかな美しい輝きというニュアンスで捉えると良いでしょう。

『皓』は白く輝く様子を表し、『白』は白い色と、そのイメージから明るくはっきりしていることを意味します。潔白な輝きをイメージし、「潔い心を持った明るい性格の子に」のような願いを込めて使うことができます。

優秀なイメージの『あきら』46選

優秀な意味を持つ漢字を集めてみました。賢く知性的な雰囲気が漂う名前をご覧ください。

知性に結びつく漢字の名前

哲・哲良・哲來・哲羅・瞭・瞭羅・瞭良・的・的良・的羅・的來・亮良・亮・亮來・顕・顕良・顕羅・聡・聡良・聡來・叡・叡來・叡良・了・了來・了羅・了良・啓・啓良・啓來・啓羅・尭・尭來・尭羅・尭光・慧・慧光・慧羅・慧來・成・成良・成來・成羅・智・智來・智羅・賛・賛羅・賛光・英・英來・英光・覚・覚來・覚良・覚羅・聖・聖來・聖良

『哲』の字は、「てつ」や「さとし」の読みで男の子に多く使われます。「折」の部分には、物事をバラバラにするという意味があり、「口」と合わせることで、“言葉”を用いて道理を明らかにすることを意味するようになりました。

この漢字を含む「哲学」とは、物事の根源を理性的に求めようとする学問のこと。

「探求心を持って色々なことに挑戦する子に」「途中で諦めず物事の結果にたどり着くまで頑張ることのできる忍耐力のある子に」と願いを込めてみてはいかがでしょう。

『尭』の字は、古代中国において伝説上の聖王を表します。「聖天子」と呼ばれ、聖徳の高い天子として崇められていました。旧字体は『堯』と書き、人の上よりさらに高く土を持った形が文字になったとされています。

“この上なく高い”という意味を持つ漢字なので、技術や知識を高める、高い功績を残すといった由来を持たせると良いでしょう。

「経験を重ねて大きな夢を実現させてほしい」「自分を高めることを怠らず、人として立派に成長してほしい」

のような願いを込めるに相応しい漢字です。

『啓』は、手で扉を開く形に「口」を合わせ、“口を開いて物を言う”=“教え導く・教え諭す・理解させる”という意味を持ちます。

また、扉を開く様子から“物事を始める・開拓する”といった、非常に前向きな意味を持ちます。人の先頭に立つ勇敢で賢い人柄を表す名前にぴったりの縁起の良い漢字です。

「多くの知識を身に付けて人や社会の役に立てる子に」「人を先導できる賢さと勇敢さを兼ね備えた男の子に」

のような由来で使ってみてはいかがでしょう。

楽しいイメージの『あきら』35選

ウキウキワクワクするような、楽しく軽快な雰囲気が感じられる名前をご紹介します。

和らぎと楽しさを感じる名前

明楽・秋楽・光楽・侃・侃光・侃羅・新・新生良・新希光・新希楽・新楽・侃希良・昂・昂良・昂光・昂楽・昂希良・昊・昊良・昊希楽・昊楽・郷良・郷・郷楽・郷希羅・祥・祥良・祥楽・祥光・祥希良・空希良・空生良・空季楽・空希楽・空吉良

『侃』という字の右下は、流れる水を表します。その水は、いつまでも正しく清らかであることを意味しています。

「亻(にんべん)」+「口」は、「信」の字の古語にあたり、“真実・本当”という意味を持ちます。つまり『侃』の字は“正しくひたむき・怯むことがない”という様子を表す漢字です。

また、その堂々とした意味から派生して“のびのびとした・和らぎ楽しむ”という意味も持ち合わせます。

怒りや悲しみなどに右往左往せず、真実に包まれた中で人生を謳歌する、そんな想いを持って使うことのできる漢字です。

「自分の本心に誠実に従い、心から楽しめる人生を築いてほしい」

のような願いを込めると良いでしょう。

『昊』は人名読みの「あき・あきら」を用いて使うことができます。この漢字は、タレントの杉浦太陽さん・辻希美さんご夫妻がお子様に使われた漢字として一躍有名になりました。

“広々とした空・大空”を表す漢字で、青く広がる雄大な空をイメージして使うことができます。元気で活発、明るく元気!そんなイメージを持って、楽しい雰囲気の由来に結びつけることができるでしょう。

『昂』は、上の「日」が太陽を表し、下の「卬」はひざまずいた人が立っている人を見上げる様子を表しています。

仰ぎ見るように太陽が高いことから、“高く上がる・感情が高ぶる・高揚する”という意味を持ちます。

太陽の明るさと空の広さをイメージできる共に、気持ちが高まり元気で勢いがある様子が伺える漢字です。

明るい性格、元気な気持ち等だけでなく、「運気が上昇しますように」のような願いを込めて使うこともできます。

人生が明るく豊かなものになるような期待が持てそうです。非常に似ている漢字に「昴」がありますが、こちらは読みから「あきら」に使うことは相応しくないかもしれません。しっかり調べてみてくださいね。



美しさをイメージする『あきら』30例

美しさをテーマにした、神秘的な魅力を感じる男の子らしい名前をご紹介します。

美しい意味を持つ漢字の名前

玲・玲良・玲嵐・玲藍・章・章良・章嵐・章藍・彪・彪良・彪藍・彪光・映・映良・映蘭・映嵐・露・露良・露羅・彰・彰良・彰藍・彰羅・明清光・映清良・亜綺羅・亜綺良・秋藍・秋光・秋良

『玲』は右側の「令」が“清らかに澄んだ様子”を表し、左側の「王」は3つの玉を紐に通した形を表します。

宝石が清らかに美しい様子、またその宝石や金属等が触れ合って美しい音を鳴らすことを意味する漢字です。透明感のある美しさ、清らかで濁りのないクリアな雰囲気を想像して使うことができます。

「れい」の響きにはよく使われますが、「あきら」と読ませて使う名前は珍しく、新鮮な印象を与える名前になることでしょう。

意味も響きもとても素敵な雰囲気が感じられます。「曇りのない清らかな心を育ててほしい」「内面を磨き、明るく素直な性格の子に」と願いを込めてみてはいかがでしょう。

『露』の字は、人名読み「あきら」を用いて使うことができます。文字から推測できるように、「雨」に関係のある漢字なので、透明感のある美しさを印象付けることができます。

意味は“水滴”。水の勢いというよりも、一粒一粒の細やかな美しさ、晴れた空に輝く草露などをイメージすると、神秘的な美しさが感じられる名前になりそうですね。

さらに、雨と比較すると粒が小さく、また量も少ないことから“わずか”という程度を表す意味も持ち合わせます。

「小さな幸せを素直に感じられる心の美しい子に」

と由来を持たせたり、我が家の命がとても貴重であるという想いを持って使うのもおすすめです。

思いやりをイメージする『あきら』35選

明るく活発なイメージの強い「あきら」の響きですが、穏やかで温かみを感じさせる名前を作ることもできます。思いやりと優しさをテーマに、落ち着いた雰囲気の名前をご覧ください。

優しさを表す名前

丹・丹羅・丹光・丹良・亨良・亨羅・亨光・享・享良・享羅・享希羅・享清良・享生羅・愛希羅・愛希良・愛生羅・僚・僚良・右良・右羅・右光・右來・央・明央・央來・央羅・礼・礼良・礼羅・礼光・禮・禮來・禮羅・禮光・禮良

『丹』の字は、赤い色をした「辰砂(しんしゃ)」と呼ばれる鉱石を表す漢字です。

混じりけがない鮮やかな赤色の辰砂は、質の良い上質の鉱石であるとされ古くから珍重されてきました。

その美しい色から、“ありのまま・真心”などの意味も派生しました。「丹念・丹精込めて」等、使われる言葉になぞらえて「心を込めて相手に向き合える思いり深い子に」と願いを込めることができそうです。

『僚』の字には、“仲間・一緒に仕事をする仲間”という意味があります。

昔は役人を表す漢字でもあったため、正統派で真面目なイメージを持って使うこともできそうです。

「仲間に囲まれた楽しい日々を送ってほしい」「相談でき支え合える人との縁に恵まれますように」と願いを込めたり、『家族=仲間』と捉えて、深い結びつきのある家族の一員として大切に育てたいという想いで使っても素敵な名前になることでしょう。

『礼』の字は、「れい・あや」の読みで使われることが多くありますが、他にもたくさんの人名読みがあります。

「あき・あきら」もその中のひとつ。画数が少ないので一文字で使うとスッキリとした印象になりますし、「あき」の読みを用いて二文字の名前に使うこともできます。

この漢字は、模範的な行動や作法を意味する漢字で、気品や相手への敬意を持つことの大切さを由来付けて使うことができます。

「周囲への感謝の気持ちを忘れず、思いやりの心を持って接することのできる子に」「謙虚な気持ちで周囲との協調性を大切にしてほしい」のような由来付けはいかがでしょう。

相手を思い、そして相手にも思われる、そんな優しさにあふれた人生になることを願いたいですね。

誠実なイメージの『あきら』61選

真面目な意味を持つ漢字を集めてみました。正統派の名前を数々ご紹介します。

真面目な印象の名前

信良・信羅・信來・信来・公・公良・公來・嗣良・嗣來・嗣希良・嗣生良・在・在希良・在輝來・在煌・士・士羅・士來・審良・審來・審・徹・徹良・徹来・憲・憲來・憲来・憲良・曉・曉良・曉来・曉光・暁光・暁來・暁良・暁・有希良・有生羅・有希來・東・明東良・有東來・正・正羅・正來・正羅・郎・諦・諦良・諦來・諒・諒良・諒羅・諒來・諒来・誠・誠良・誠來・誠来・誠嵐・詮

『公』は、「公正・公平」などの言葉に用いられるように、分け隔てのないことを表す漢字です。

明らかで表向きであること、公平で誠実であるという意味を持たせた名前に相応しい漢字です。「公平で正義感を持った人に」「多くの人に信頼される誠実な男の子に」と由来付けることができます。

『暁』は、夜明けの空模様を表します。空が明るく照って行く様子から、“明らか・はっきりとする”という意味を持つようになりました。

清々しい印象を与え、明確で前向きなニュアンスの由来を持たせるに相応しい漢字です。

太陽が昇る様子をイメージして、「目標に向かって一生懸命頑張ってほしい」「希望を持って真面目にコツコツと努力する子に」のような願いを込めても良いですね。

この漢字の旧字体である『曉』も、同じ意味で使うことができます。

『東』は方位を表す漢字としてご存知かと思います。この漢字は、人名読みの「あきら」を用いて使うことができます。

また、「き」という人名読みもありますので、三文字名前の中央に当てて使うこともできます。太陽が昇って来る方位であることから、生命力に溢れた様子が伺えます。

さらに、古代は主人が位置する方位を東としていたことから、“主人”を表して用いられることもあります。「堂々としていられるような誠実な心の子に」と願いを込めることもできるでしょう。

最良の漢字を選ぶために

ご覧の通り、「あきら」の名前に使うことの出来る漢字は、非常にたくさんあります。多くの漢字の中から最良の漢字をスムーズに選ぶために、次の点にポイントを置いてみるのも方法のひとつです。

【漢字の選び方】4つの提案

【1.字面の雰囲気】

 画数が多い・少ないで見た目の印象がガラリと変わる漢字。まずは、見た目が好みに合うものを選び抜くことから始めるのも良いでしょう。

数ある漢字の中からピンとくるものを選び、苗字と書き連ねてバランスを考えてみてください。

【2.意味を重視】

 漢字にはそれぞれ意味や成り立ちがあります。意味を大切に考える場合、ひとつひとつの漢字について深く調べることが大切になってきます。

時間と手間のかかる作業ですが、我が子に最良の名前を!と考えながら、楽しんで調べてみてください。意外な意味を持っている漢字があったり、想像と異なる意味を持つものなど、新しい発見も楽しんでくださいね。

【3.イメージに合うものを!】

漢字の持つイメージを、インスピレーションを信じて選ぶのも素敵な方法です。

ただし、価値観には個人差があるため、名付けた両親が感じるイメージと、周囲の人が感じるイメージが異なることを想定しなければなりません。

なぜその漢字を選んだか、どんなイメージを持って選んだか、譲らない信念を持ち続けることが、子供が将来的に自分の名前に自信を持てることに結びつきます。

【4.画数判断に委ねる】

画数を調べる場合に注意しなければならないのは、宗派によって結果が異なるということ。良かれと思った漢字でも、実は良くない…と後になって悔やまれる方は少なくありません。まずは信じる宗派を選ぶことが先決です。

『あきら』の響きは、口を大きく開く音で始まり終わります。明るく大らかな印象を持たせる素敵な名前ですので、自信を持って最良の漢字を選んであげてくださいね!


【ママのお肌ケアできてますか?】

ママ限定アンケートで「産後スキンケアが疎かになった」と回答した人はなんと82%。そして62%オールインワンジェルを使って時短スキンケアで対策をされてるようです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします