命名・名前

女の子の名前で「りか」漢字194選と由来のヒント

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

キリッと引き締まった雰囲気を持つ『りか』の響き。

シャープでありながら女性らしい印象も与えますね。リカちゃんと言えば、女の子にとって昔から切り離すことのできないお人形の『リカちゃん』が思い浮かばれます。

その名付け親である玩具メーカー「タカラ」は、外国人にも日本人にも通用する名前として命名したそうです。

現代の名付けで注目されている“グローバルな名前”にもまさにピッタリですね!時代を問わず、また国を問わず女の子らしさ溢れる名前として親しまれている『りか』の響き。様々な漢字を使ってイメージごとにご紹介します。



知的なイメージの『りか』46選

学業に優れていること、知性に富んでいること、知的とはそれだけでしょうか。相手の気持ちや場の雰囲気を考え、判断して行動する、思いやりに通じる知的さを持ち合わせた人こそ知的と言うのかもしれません。我が子にはそんな知的な大人へと成長してほしいですね。

知的であることに結びつく名前

理佳・理香・理圭・理可・理加・利可・利圭・利佳・利香・吏香・吏佳・吏圭・吏可・吏也・利課・吏課・立香・立佳・立佳・立圭・律香・律花・律也・律可・率花・率華・率佳・俐可・俐香・俐佳・俐也・俐花・伶花・伶香・伶可・伶華・里嘉・李嘉・吏嘉・哩嘉・六嘉・俐迦・立迦・理迦・吏迦・里迦

物事の筋目、道理、規則等を表す『理』と『律』。頭が切れて賢いことを表す『利・俐・伶』。美しさと優秀である両方の意味を併せ持つ『佳』。

どの漢字も知的なイメージが強く、また意味も優秀であることを表しています。

『立』の字は根拠や基礎をしっかりと定めること、まっすぐに立つことを意味します。賢さ、優秀さとともに、しっかりと地に足を付けて立つ強さを表すことができます。

この漢字は、一本の線の上に両手を広げて堂々と立つ人の形から成り立ちました。

「安定感があり、周囲の人たちに信頼される大人へと成長してほしい」「自分の気持ちに正直に堂々と生きてほしい」のような由来がおすすめです。

さらに、“物事を始める”という意味もあり、「立春・立法・立案」などの言葉にも用いられます。

「自分の進むべき道に信念を持ちながら、希望を持って前に進んでほしい」「挑戦心と責任感を持って色々なことにチャレンジしてほしい」
などの願いを込めることもできるでしょう。

『安心立命=天命に従い、心を安らかに保ちながら同動じないこと」という四字熟語があります。「利益や名声などに右往左往せず、自分の信念に従って真っすぐ生きてほしい」という由来も素敵ですね。

『嘉』の字には、“良い・優れている・立派”という意味があります。知的なことはもちろん、おめでたい事、幸せなこと全般を表す非常に縁起の良い漢字です。「能力、心ともに知的な子に」「賢く健やかに、幸せで充実した人生を送ってほしい」のような由来で使うと良いでしょう。

『迦』の字は、お釈迦様に使われる漢字として見覚えのある方が多いかもしれません。

古代インドで文章だけに用いられる特別な言葉「サンスクリット」を音訳するときに使う漢字で、“出会い・巡り合い”を意味します。

その字を用いた「釈迦」とは紀元前5世紀頃に仏教を開祖した北インドの人物で、シャーキャ族であったことから「シャーキャ族の聖者」を音写した「釈迦牟尼(しゃかむに)」を省略した呼び名であると言われています。

もともとの語源となる「シャーキャ」は“有能”であることを表しており、『迦』の字を使う名前に才能や能力があることを結び付けることもできるでしょう。

優れた能力と、お釈迦様が説いた「全ての命の尊さと平等、慈愛の心」を子供の名前に託し、「知的な心で愛にあふれた人生を歩んでほしい」「心を豊かに知的な創造力を育んでほしい」と願いを込めてみてはいかがでしょう。

植物をイメージする『りか』50選

花や果実の可愛らしさ、樹木の力強さ、森林の穏かさ。様々なイメージで、植物にちなむ名前を考えてみました。

植物にちなむ漢字の名前

梨果・梨花・梨香・梨華・梨樺・梨楓・梨芳・林果・林芳・林花・林華・里芳・李芳・李樺・李楓・李果・李華・李花・李果・李禾・莉禾・莉果・莉楓・莉樺・里榎・梨榎・李榎・里蘭・梨蘭・李蘭・林蘭・椋果・椋花・椋華・椋香・椋芳・緑花・緑華・緑楓・緑芳・緑果・緑菓・里菓・李菓・林菓・綠花・綠華・綠蘭・綠果・綠香

豊水や二十世紀など、シャリシャリッとした歯触りが魅力的な果物の『梨』。女の子の名前に「り」と呼んで使われることはとても多く、果実のみずみずしさ、コロンとした形から、可愛らしさイメージすることができます。

弥生時代には食されていたと言われるほど歴史の深い梨。当時は今ほど美味しい果物ではなく、時代が進む中で、人々が美味しくみずみずしくなるようにと品種改良を重ね現在の形に至ったそうです。

そんな梨には、可愛らしさはもちろん「成長とともに女性として人として磨きをかけ立派な大人に成長してほしい」等の願いを込めることができるでしょう。

『椋』の字は、音読み「りょう」の頭文字を取って使うことが出来ます。「ムクノキ」と呼ばれるニレ科の落葉高木、そして「ムクドリ」という名の鳥を指して使われる漢字でもあります。

ムクノキの語源は“よく茂る木”。成長スピードが速く、通常で高さが15~20m。中には巨木と言われるほどにまで育つものもあります。

「すくすくと成長してほしい」と願いを込めるに相応しい漢字ですね。

神社の境内、街の街路樹など様々な場所に生育し、春に葉を増やすとともに目立たない黄緑色の花を咲かせることにちなみ「親しみのある穏やかな雰囲気の子に」「素直でたくさんの人に愛されてほしい」と願いを込めることもできます。

『緑』も椋と同じく、音読み「りょく」の頭文字のみを取って当てる使い方ができます。この漢字を左右に分解すると、左側は「糸」。

右側は、木の皮をはぎ取って散らばる様子を表す「彔」から成り立っており、旧字体の『綠』も人名に使うことができます。

糸偏は主に身にまとう衣服を表します。この漢字の場合は、木が生み出した色で染めた糸を使用し作られた衣服、染料が若く青々とした葉という様子から転じて、「みどり」という色を表すようになったのです。

自然の力を全身に感じる、樹木のパワーを身にまとう、そのようなニュアンスで使うと素敵な名前を作ることができそうですね。「自然体に自信を持って、素直にすくすくと成長してほしい」と願いを込めてみてはいかがでしょう。

元気なイメージの『りか』46選

活き活きとした笑顔が魅力的で、何事にも前向き、キラキラした目で好奇心に溢れた子。そんなイメージで考えた名前をご紹介します。

活き活きとした意味を持つ名前

里夏・莉夏・梨夏・稟架・稟歌・里歌・浬歌・哩歌・里架・李架・里翔・吏翔・梨翔・李翔・里河・哩河・稟河・稟駆・里駆・浬駆・厘駆・里郁・哩郁・浬郁・里叶・吏叶・利叶・厘叶・稟叶・稟加・里加・浬加・哩加・陸駆・陸夏・陸郁・陸叶・陸河・流可・流加・流叶・流歌・流風・里風・浬風・哩風

『夏』は季節を表す漢字です。夏に対するイメージを考えると、どの季節よりも明るく元気なパワーに満ち溢れていると感じる方が多いのではないでしょうか。

燦々と輝く太陽の光と、自然界が活動的になる様子に重ね、「元気で躍動感にあふれる子に」「明るく活動的に毎日を力いっぱい過ごしてほしい」のような由来がぴったりです。

『歌』もまた、明るく元気なイメージを持って使うことができます。歌手の島田歌穂さん、島崎和歌子さんなど、女性に使われていることからも女の子に相応しい漢字であると言えそうです。

『歌』とひとことに言っても様々なイメージが浮かぶことでしょう。この漢字は“祝詞を入れた箱”を表す「可」を2つ重ね、神に向かって祈り願う様子が形になりました。

右側の「欠」は、人が大きく口を開けている様子を形にしたもので、「欠席・欠如」などの「欠(旧字体は缺)」とは語源が全く別の物になります。

その昔、神に向かって祈る際に人々が音楽に合わせて舞ったり歌ったりしていた様子が伺えます。しかしながら、名付けに使う場合はそれぞれが持つ『歌』のイメージをそのまま使うことが最も良い願いに結びつくような気がします。

気持ちを明るく元気にしてくれる歌、心を和ませてくれる歌など様々あるでしょう。どのような歌でも、心に響くメッセージがある歌は人を前向きにしてくれます。

それを『影響力』として「周囲を自然と笑顔にするくらいバイタリティーにあふれた子に!」「人の心に響く優しさと明るい笑顔を絶やさず前向きに成長してほしい」「人が自然と集まって来る影響力のある女性に成長してほしい」と由来付けて使うこともできそうです。



美しいイメージの『りか』40選

女性らしい美しさを表す名前をご紹介します。容姿だけでなく心の美しさも含めて素敵な名前の参考にしてください!

美しいことを表す漢字の名前

麗華・麗花・麗郁・麗芳・麗香・璃香・璃芳・璃華・璃花・黎花・黎華・黎芳・黎香・黎郁・黎馨・麗馨・璃馨・璃綾・麗綾・里綾・黎綾・莉綾・梨綾・麗霞・黎霞・璃霞・璃麟・里麟・麗麟・黎麟・吏麟・里迦・璃迦・麗迦・黎迦・黎珂・里珂・麗珂・璃珂・李珂

『麗』は、非常に素敵な気品に溢れた女性らしい漢字です。「綺麗」「容姿端麗」「美麗」「壮麗」など、使われる熟語もみな、美しいことを表すものばかり。

華やかで煌びやかでありながらも、しっとりとした気品を感じさせてくれます。ひと昔前であれば、このような画数が多く高貴な印象を与える漢字を使った名前は珍しく、高級で特別なイメージが持たれる方もいたのではないでしょうか。

字面からも意味からも優れた美しさがストレートに伝わって来るため、一般的には一歩下がってしまうところがあったのかもしれません。

この漢字を検討されている場合は、子供への愛情や美しく育ってほしいという願いを全面に出す感覚で使うと良いかもしれませんね。「容姿も心も美しい女性に成長してほしい」「女性らしい美しい魅力にあふれた素敵な子に!」と願いを込めてみてはいかがでしょう。

『璃』と『珂』はどちらも「王」が付きますね。この偏は、連なった3つの石を形にしたもので、主に『宝石』を表す漢字に用いられます。

『璃』は、琉璃(洋名でラピスラズリ)や、玻璃(水晶のこと)などの宝石を表すときに使われます。また、琉璃のように深く美しく輝く青を表す色名『瑠璃色』にも使われています。

宝石にちなむ名前には、高級感のある美しい輝きや透明感に結び付けて「綺麗な子に」「美しい子に」と使うことができるのはもちろんです。さらに、宝石という貴重で大切なものを我が子に重ねて、愛情を持って大切に育てることを誓う気持ちで使うのも立派で素敵な由来ですね。

『迦』の字は、“知的なイメージ”の中でもご紹介しましたが、美しさというイメージで使うこともできる漢字です。『迦陵頻伽(かりょうびんが)』という熟語があります。

これは、上半身が人で下半身が鳥であるとされる、仏教における想像上の鳥を表します。極楽浄土に住み、非常に美しい声で法を説く鳥であることから、日本では美声の芸妓さんや美しい声の芸者さんを指してこう呼ぶこともありました。

そのため『迦』という漢字の意味を、ストレートに“美しい人・美しい声・美しい音”と捉える人もいるようです。

名前に使う漢字にはひとつひとつ意味がありますが、その意味の捉え方は様々。何をどのように結びつけるか、豊かな想像力が試されるような気がしますね。『迦』の字も深く知ることで、お釈迦様、仏教、美しさなど様々な由来を作ることができるでしょう。想像力を豊かに、素敵な由来の名前を考えてみてくださいね!

強くたくましいイメージの『りか』12選

キリッと引き締まるような雰囲気の響き『りか』。その響きに相応しい、強さを感じる名前をご紹介します。

強さを表す漢字の名前

凛花・凛華・凛可・凛香・凜花・凜芳・凜香・凜加・綸花・綸華・綸可・綸芳

『凛』の字は、左側の「冫(にすい)」が氷を表します。右側の「稟」は米蔵の中にある穀物を表します。

「稟」は読みとなる「りん」に当てはめ特に意味は持たないという説、米蔵のひんやりとした寒々しい様子を表すという説などがありますが、いずれにしても「冫」が冷たさ、寒さを想像させます。

“寒さが厳しい”という意味を持つ『凜』。転じて“心が引き締まる”ことを表すようになりました。

また、新字体になる『凛』も同じ意味で使うことができます。この2つの漢字は画数も同じなので、字面の好みで選んでも良いでしょう。

名付けには昔から多く使われており、「凛とした正義感に溢れた子に」「何事も気持ちを引き締めて責任感を持って取り組んでほしい」「テキパキと明るくハッキリした性格の子に」などと由来付けられるのが一般的なようです。

『綸』もまた、強さを表すのに相応しいおすすめの漢字です。「糸」はより糸を、「侖」は揃えられた書類を表しています。

合わせて、きちんと整えられた組紐を表すようになりました。刀や鎧などの武具に、仏具や茶道具、着物の帯締めにも使われ、現代では日本の伝統工芸品のひとつとなっています。

大ヒット映画「君の名は。」の中で、登場人物がブレスレットや髪飾りとして身に付けていたものが組紐と言えばイメージがわく方もいるかもしれませんね。

細い絹糸や綿糸を束ねて組み上げることで非常に丈夫に仕上がり、その強度はNASAの実験にも用いられるほどだと言われます。

そんな組紐の丈夫さ、強さに由来させ、「小さな力を積み重ねてしっかりと強い大人へと成長してほしい」「大切な人と強い絆を結んでほしい」のような願いを込めてみてはいかがでしょう。

子供が自信を持てる素敵な名前を!

どのような名前を付けたとしても、子供自身がその名前を気に入って自信が持てること、大切に思えること、それが最も大切なことではないでしょうか。実際に『りか』という名前を持ち、その名前に自信を持っている方の体験談を集めてみました。

『りか』さんの名前体験談

「理賀」です
病院に勤めてた時に
名札をみてよく
「いい漢字をつけてもらえたんだね」
って医者、患者さん(いずれも年配)よく言われて
「その名前を孫に使ってもいいですか?」
って言ってもらえた事もあって
今では気に入ってます(笑)

出典: mixi.jp

莉佳(りか)
「莉」はジャスミンの「莉」。 「佳」は「佳人」から取った字です。 美人より美しい人を「佳人」という表現があるそうで、常に人に花の様に明るく・喜びの気持ちを与えるような美しい極みをもつ女性に育って欲しい願いがあったそうです。

出典: www.tonsuke.com

こんにちは!りかです(^-^)
『りか』って名前をつけるときつくなるって聞きました!
『ら行』の名前はきついらしく、なかでも『りか』は…。
でも、私はきついっていうより、しっかりしてる・自分をもってる・自分の意見がいえる等と勝手に思ってます♪
自分の名前大好きです(*^_^*)

出典: mixi.jp

私はアメリカに今住んでいるのですが、スペイン語を話す人が回りにたくさんいて、「リカってゴージャスとか、リッチって意味なんだよー」って言われて、ますます自分の名前が好きになりました!

出典: mixi.jp

“リカちゃん人形”のイメージが強いがために、お友達にからかわれるのではないか…と心配される方もいるようです。しかし、この響きに対して「可愛い!」と感じる方の方が圧倒的に多く、また実際に『りか』の名前に自信を持たれている方もたくさんいました。

自信を持って、子供が大切にしてくれるような素敵な由来を考えてあげてくださいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします