命名・名前

男の子の名前で「はやと」漢字140選と由来のヒント

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

男の子らしい響きの『はやと』は、芸能人を始め、アニメ、コミック、ゲームなどでも度々見かける名前ですね。

最も多く使われる漢字は『隼人』。『隼』は鋭いくちばしと大きく広がる翼、キリッと光る眼、鮮やかに黄色い鼻元と足。ハイスピードで大空を駆け回る鳥の姿になぞらえ、世界最速とされるバイクにもその名がつけられています。

男の子らしい強さや、元気で活発なイメージを持つ『はやと』の響きですが、『隼』以外にはどのような漢字を使うことができるのでしょうか。様々ご紹介します。



元気なイメージの『はやと』40選

ハヤブサという名の鳥のように、元気で活発、スピード感など『動き』を感じる名前をご紹介します。

元気な動きを感じる名前

隼・隼人・隼翔・隼飛・隼斗・波矢人・波矢翔・波矢翔・波矢斗・八矢人・八矢斗・早斗・早翔・早飛・早跳・羽八翔・羽矢飛・羽八跳・羽八斗・速飛・速翔・速斗・速人・速翔・颯人・颯斗・颯翔・颯飛・迅斗・迅飛・迅翔・迅人・敏人・敏翔・敏斗・敏飛・逸人・逸翔・逸飛・逸斗

『隼』は「はや・はやと」の読みで使うことができます。冒頭でご紹介したように、『ハヤブサ』という名の鳥を表す漢字ですが、ハヤブサが飛ぶスピードは鳥類の中で最速だそう。

通常は時速90キロ、急降下するときは時速180キロ。獲物を捕らえるときには時速350キロも越えるとも言われます。

そんなハヤブサの動きに重ねて、「元気で活発な男の子に」という由来が最も相応しいと言えそうです。

また、スピードを表す漢字を他に挙げると『速・逸・迅』があります。その成り立ちと意味をご紹介しますので比較、検討してみてください。

『速』の成り立ちと意味・由来例

『速』の字は、「束」が束ねた薪を、「辶」が道を行くことを表します。合わせて“道を行く時間を束ねる”となり、スピードがある様子を表す漢字として成り立ちました。

スピードが速い、足が速いなど、日常の中でもよく使われる馴染みのある漢字です。「仕事をスムーズにこなすことのできる子に」「テキパキと行動できるしっかりとした印象の子に」のような願いを込めることができるでしょう。

『逸』の成り立ちと意味・由来例

『逸』は、「免」がウサギを表し、「辶」が道を行くことを表します。うさぎが逃げる様子が形となり、“逃げる・逃がす”といった意味で用いられるようになりました。

枠の外に逃げる、抜きんでて逃げ足が速いというイメージが転じて、“抜きんでる・人並以上に優れる”という意味を持つようになり、「逸材」や「秀逸」といった言葉にも使われるようになりました。

『特別』というニュアンスで「優れた才能を発揮して輝かしい未来を築いてほしい」「人を魅了するくらい活力にあふれた子に!」と由来づけてみてはいかがでしょう。

『迅』の成り立ちと意味・由来例

『迅』の字は、鳥が飛ぶ姿と道を合わせた漢字です。鳥が素早く前に進むことから結びつき、“速い・すみやか”という意味で用いられるようになりました。

ここで言われる鳥とは、『ハヤブサ』のことであるという説があります。ハヤブサが飛ぶ様子ではなく、「辶」と合わせることで『歩く』様子を表現したという説があります。

“力強い・激しい”という意味も持ち合わせるため、スピード感だけでなく、一歩一歩を前に進める強さも感じさせてくれるでしょう。「強く逞しく、勢いのある子に」「行動力のあるエネルギッシュな子に」と由来付けることができそうです。

「と」の止め字に当てることのできる、動きを感じる「飛・翔・跳」をご紹介しました。次に、この3つの漢字のニュアンスの違いをご紹介します。

『飛』『翔』『跳』の違い

『飛』の字は鳥が空を飛ぶ様子から成り立ち、そのスピードが速いことを意味します。

『翔』の字は、空を飛ぶ、両手を張って行くという意味で用いられ、堂々としたイメージ、自由で壮大な様子を思い浮かべて使うことができます。

『跳』は踊り跳ね上がるという意味を持ち、ジャンプするというイメージがぴったりでしょう。いずれも訓読みで「と(ぶ)」と読みますが、意味の違い、ニュアンスが異なります。

字面の好み、合わせる漢字、画数など比較して選んでみてくださいね。

明るく軽やかなイメージの『はやと』32選

スピード感とは少し違い、明るく軽やか、心が爽やかな様子をイメージする名前をご紹介します。

爽やかな印象を与える名前

快人・快翔・快斗・快都・晴八斗・晴也人・晴矢翔・晴也飛・晴八都・映矢人・映八斗・映也翔・巴弥人・巴八斗・巴也翔・晴弥人・晴八音・晴也音・早音・快音・映八音・巴弥音・陽八斗・陽也翔・八陽人・巴陽音・巴陽人・映陽人・春陽人・春弥人・春也翔・春哉斗

『快』は、「かい」の読みで使われることの多い漢字です。右側の「夬」には“えぐる・分ける・欠ける”の意味を持ち、あまり良い印象を受けませんね。

しかし、そこに「心・気持ち」を表す「忄」を付けることで、嫌な気持ちをえぐり出す=“気持ちが良い・楽しい・喜ばしい”という、真逆の意味に変わります。

訓読みで「こころよ(い)」と読むように、気持ちが軽やかで明るく清々しい様子を表す、素敵な漢字です。「爽やかな笑顔が魅力的な子に」「いつも晴れやかな気持ちで楽しい毎日を過ごせますように」のような由来で使うに相応しいと言えるでしょう。

『映』の字は、「映画・映像」などの言葉に用いられ、日常的に馴染みがありますね。

この漢字は、“光を受けて色彩がはっきり見える”という意味があります。映画や映像が光によってスクリーンにうつし出されるだけでなく、「映える」という訓読みを用いると、明るく、はっきりくっきりとした様子が伺える名前になります。

芸術的なイメージも重ねられるので、「豊かな感性で周囲の人たちを笑顔にしてあげられるような子に」との由来で使うのもおすすめです。

また、日の当たる明るい場所や太陽を表す『陽』を使うと“明るく輝く人生や未来”を由来にすることができますし、『音』を使うと“ウキウキするような楽しさ”や“人の気持ちに響かせる明るい魅力”を感じさせる由来を作ることができます。



強くたくましいイメージの『はやと』25選

男の子らしさいっぱいの『はやと』の響きに合う、強くたくましいイメージの名前をご紹介します。

強さ・たくましさに結びつく漢字の名前

捷人・捷斗・捷登・捷渡・捷太・捷刀・勇刀・早刀・勇太・勇人・勇斗・勇登・勇翔・勇渡・生也刀・生八登・生矢登・生哉人・刃哉人・刃哉翔・覇八斗・覇也翔・覇也太・覇哉登・覇也渡

『捷』の字は、“戦いに勝つ”、そして“動きが素早い”という2つの意味を持ち合わせます。「扌」が五本の指を表し、右側の「妻」が手を素早く動かしている様子から成り立ちました。

俊敏にまめまめしく動く姿は、その昔、先祖を祀る祖祭における様子を表したものですが、次第に「捷報」や「捷獲」など、戦いに勝つことに関する言葉に用いられるようになりました。

「自分に勝つ心意気を持って正々堂々と高見を目指してほしい」「強い意志を持って目標を達成するよう努力してほしい」のような願いが良さそうです。

『覇』の字は、字面から強く逞しい印象を受けますね。この漢字を分解すると、「雨」+「革」+「月」になります。

この中にある「革」が、動物の皮をはいでピンと張る様子=「張り直す」から“新しくする・改める”という意味を持ちます。つまり、月が新しく生まれ変わる時期とされる『三日月』を表すのです。

「白く張った月・三日月の白い部分」を表し、転じて“月が白く光る”という意味を持ちます。この「白(はく)」が“最年長の人・長老の男子”に通じ、“天下を取る・旗頭・武力で天下を治めるもの”という意味を持つようになりました。

「覇者」という言葉を想像し、どこか幻想的でロマンティックな意味を持ちながらも、強くたくましい由来を付けることができます。

落ち着きをイメージする『はやと』19選

落ち着きが感じられる名前、どっしりと安定感が感じられる名前をご紹介します。

どっしりとした雰囲気の名前

早仁・端八仁・端也仁・端哉仁・端哉土・端也土・駿土・駿仁・駿斗・駿人・八也富・羽哉富・羽也富・生哉富・早秋・羽哉秋・早留・端八留・八哉留

“思いやり・慈しみ・人道”のように、正義感にあふれる意味を持つ『仁』。男女ともに昔からよく使われてきましたが、悠仁親王の名前にあやかってか、ここ数年でさらに人気が高まりました。

また、大沢たかお主演の人気ドラマ『JIN―仁―』を想像される方も多いかもしれませんね。儒教の教えにある五徳(または五常)『仁・義・礼・智・信』のひとつでもあり、“人を思いやり、己の欲望を抑えて慈悲の心で万人を愛する”という心の在り方を表します。

冷静かつ愛に溢れた素敵な意味を持つ漢字であることがわかると思います。そんな『仁』の字には、「いつも落ち着きを持って相手の気持ちを考えられる子に」というニュアンスの由来を付けると良いでしょう。

『駿』の字は、足の速い馬を表す漢字で、“優れている・偉大”などの意味を持ちます。スピード感がありますが、活発なだけでなく、そこにしっかりと力量が備わっていることがわかります。

賢く逞しく、そして優しい心を持つ馬。中でも鍛え抜かれた精神力と肉体美を誇る競走馬をイメージして使うと良いかもしれません。

美しい毛並み、優雅に走る姿、優しく穏やかな瞳。時には『走る芸術品』とも言われる優れた馬にちなみ、「気持ちに余裕を持ってゆったりと構え、安定感のある子に」「冷静な判断力で周囲から信頼される安定感のある子に」のような願いを込めてみてはいかがでしょう。

植物をイメージする『はやと』24選

自然、植物などをテーマにする名付け方は人気がありますね。『はやと』の響きに使うことのできる、植物にちなむ漢字を集めてみました。

植物に関係のある漢字の名前

早杜・駿杜・葉八杜・葉也杜・葉矢人・葉椰人・八椰杜・芭椰斗・芭八斗・芭也人・芭哉人・果八杜・果哉人・果椰人・果椰杜・華八翔・華也杜・華八斗・芭埜人・芭埜斗・八埜杜・杷八斗・杷椰人・杷八太

『杜』は、バラ科の落葉高木「やまなし」を表す漢字です。宮沢賢治の童話に度々登場し、国語の教科書で耳にした記憶のある方もいるかもしれませんね。

山梨県の地名由来もまた、この「やまなし」が多く生息することだと言われています。「ヤマナシ」が語源となり、現在は「木」と「土」の組み合わせから広く“樹木が生えること”を表すようになり、“森林”を表す漢字として定着しています。

さらに、神社仏閣の周囲に多い樹木を表し、“神聖・清らか・厳か”といったイメージが強くなりました。

木が生い茂っている様子に重ねると生命力や可能性に結びつけることができますし、神聖な樹木と捉えて「清らかな心の子に」のような願いを込めることもできるでしょう。

『椰』の字は多くの方が想像されるであろう、ヤシの木を表す漢字です。南国に生息し、空高く伸びて大らかに葉を広げるその姿に、大らかで堂々とした様子が感じられます。

特徴的な姿かたちに重ね、「個性のある子に」と由来付けることができます。また、実は食用に、樹脂はオイルにと実用価値が高いことに結び付けて「人の役に立てる子に」と願いを込めても良いでしょう。

さらに、『勝利』という花言葉では、「輝かしい未来を迎えてほしい」「挑戦心を持って意欲的に物事に取り組んでほしい」などの願いを込めることもできそうです。

『杷』の字は、バラ科の常緑高木である「枇杷(びわ)」に使われる漢字として有名ですね。この漢字は、大地を覆う樹木に蛇がびったりと張り付いている様子から成り立ちました。

その様子から、“字面を平らにする農具”を表すようになったと言われています。

枇杷はその昔、薬としての効用があるとされていました。そのため、庭に枇杷の木を植えた家庭には病人が治療のために訪れることが多く、病人が増える=「枇杷は縁起が悪い樹木である」という噂が流れました。

しかし、枇杷により病気になるのではなく、根底には“病気を治す”という良い意味がありますので、名前に使っても何ら問題はないのです。安心して検討してみてくださいね。

漢字の意味とイメージの違い

漢字の意味、字面や響きのイメージなどは、きちんと調べると大きく覆されることはよくあります。

イメージにこだわりすぎない名付け方

『はやと』という響きから、格好良くスピード感あふれる印象を受ける方は多いことでしょう。しかし、使う漢字によって様々な意味を持たせることができることが、お分かりいただけたと思います。

漢字や響きにはそれぞれ成り立ちや意味があり、日常の中で目にする機会の多い漢字ほど、一般的なイメージが定着しています。

ところが、きちんと調べるとイメージと大きく異なる意味を持っていることは珍しくありません。イメージにこだわりすぎず、しっかり調べる事。さらにその意味をポジティブに捉えることで、両親ならではの素敵な由来を持たせてあげることができるはずです。子供の名前は一生の宝になります。時間をかけ、想いを込めて素敵な名前に決めてあげてくださいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします