命名・名前

男の子の名前で「りょう」漢字124選と由来のヒント

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

涼しげでサッパリとしたクールな印象を与える『りょう』という響き。

最近は女の子の名前にも使われるようになりましたが、もともとは男の子に多かった響きです。

『りょう』に使える漢字は1文字漢字が主であり、偏の一部が違うだけで画数も字面も非常に似ているものが多くあります。少しの違いで意味が大きく異なることもありますので、注意して選んでいきましょうね。



涼し気なイメージの『りょう』17選

『り』から始まる名前は、理性的でクール、気持ちと自信が強い印象を与えると言われます。

『う』で止めることで、そんな硬さを少し和らげ、爽やかな好印象を与えることができます。響きにぴったりの涼し気なイメージの名前をご紹介します。

爽やかさを感じる名前

涼・涼羽・涼海・涼歌・涼生・涼宇・緑海・緑宇・緑羽・緑有・緑生・凉・凉生・凉羽・凉海・凉宇・凉歌

「りょう」の響きでは代表的な『涼』。この漢字は、「流れる水」と「高い建物」から成り立っており、“風通しが良い様子”を表しています。

「涼風・納涼・清涼」などの言葉が表すように、風がひんやりと冷たく気持ちの良い気候が想像できます。転じて“薄い・少ない・物寂しい”という意味がありますが、名前に使う場合はネガティブな意味は気にせず使って良いでしょう。

特に暑い日、蒸す日に「涼」は癒しとなり、人々の心を潤してくれます。

そのようなイメージを膨らませ、「快い笑顔が魅力的な子に」「人の気持ちを穏やかに癒せる子に」のような由来がおすすめです。

この漢字の俗字のして、「冫」(にすい)の『凉』があります。人名用漢字ですので『涼』と同じ意味で使うことができます。画数で選ぶのはもちろん、少し個性を出したい、珍しい印象を与えたいという場合にもおすすめです。

穏やかなイメージの『りょう』24選

穏やかな人格、優しい心、そのようなイメージで使える漢字を集めてみました。

優しさに通じる漢字の名前

了・了生・了右・了羽・亮・亮生・亮右・亮佑・亮侑・呂侑・呂佑・呂有・呂生・呂羽・椋・椋羽・椋有・椋生・椋右・享・享羽・享侑・享右・享生

『椋』という漢字を調べると、歴史の中ではムラサキ科萵苣(チシャ)の木やエゴノキ科エゴの木を指す、またミズキ科の落葉高木みずきを示すなど様々な説があります。

時代が流れる中で他の漢字で表されるようになる等の変化が重なってか、本来どの植物を指すのかは定かではないようです。

しかしながら、現在の日本においては、ニレ科の落葉高木であるムクの木を表して使われるのが一般的です。

あわせて、街路樹や電線など身近で見ることのある『ムクドリ』もこの字で表されます。

ムクノキにちなむ場合は、高くノビノビと育つその性質に重ねて「素直に真直ぐ育ってほしい」「大きく健やかに成長してほしい」と願いを込めることができるでしょう。

集団で行動するムクドリにちなみ「たくさんの人に囲まれ楽しい毎日を過ごしてほしい」と由来付けることができます。

『享』の字は、人名読みを用いて「りょう」と読ませることができます。この漢字は基礎となる土台の上に先祖を祀る建物がある様子から成り立ちました。

先祖にお供えをして、もてなすことから、“もてなす・勧める”という意、神の恩恵を受けることから“受け取る・受け入れる”という意、そして神に思いが通じることから“あたる・叶う・当てはまる”という3つの意味で用いられます。

幸運をもたらすことを予感させてくれる縁起の良い漢字でもあります。「良き運に恵まれ、穏やかで平和な人生になりますように」と願いを込めてみてはいかがでしょう。

たくましいイメージの『りょう』35選

強くたくましい人柄に相応しい意味を持つ漢字を集めてみました。

強さ・たくましさに通じる名前

崚・崚生・崚宇・陵・崚羽・崚有・凌・凌宇・凌得・凌生・嶺・嶺生・嶺羽・嶺有・梁・梁有・梁生・梁海・梁有・猟・猟生・猟羽・龍・龍生・龍宇・竜・竜生・竜海・竜宇・遼・哩遼・遼生・燎・燎生・燎羽

『崚・陵・凌』は右側がいずれも同じ「夌」ですね。これは、片足を上げた人の形から成り立っています。

『崚』は足を上げて山を越えるという様子から“高い・険しい”という意味があり、その山のような困難を乗り越える強さが感じられます。

『陵』は「阝」が段差のある土山を表し、“押し分けて前に進む・乗り越える”という意味があります。高いものというよりも、壁がある、苦難があるという状態を丁寧に越えて行く努力と力強さをイメージすると良いかもしれません。

そして『凌』は、氷の結晶のように固く冷たいものを乗り越えることを表しています。意味は“しのぐ・押しのける・超える”。

この漢字を使う場合は、忍耐力を持って越えて行くたくましさを想像すると良いでしょう。どの漢字も字面の雰囲気、画数、意味それぞれが似ていますが、微妙なニュアンスの違いに注意して選んでみてくださいね。

また『嶺』の字は、ひざまずいた人の上に連なった山がある様子を表しています。

そこから“多くの山をまとめる=頂上”という意味が生まれました。困難を乗り越える強さというよりも、多くの人を従えるリーダー的存在であることをイメージして使うに相応しい漢字です。

「人望の厚い優れた人に」「たくさんの人に信頼される優れた能力のある人に」と由来付けて使うことができそうです。



優れたイメージの『りょう』48選

賢く優れた意味を持つ漢字を集めてみました。どの漢字も知的なイメージで使うことができます。

知的さを表す名前

良・利良・理良・良生・良羽・良胡・利令・理令・令・令有・令羽・利伶・理伶・伶・伶羽・伶生・伶有・伶右・僚・僚生・僚右・寮・寮生・寮有・瞭・瞭生・瞭有・瞭羽・稜・稜生・稜羽・稜右・稜有・綾・綾生・綾有・綾羽・羚・羚生・羚羽・諒・諒生・諒有・諒右・領・領生・領右・領有

『令』の字はもともと、お辞儀をして神に祈る様子から成り立ちました。「命令・号令」などの言葉に使われるように、指示を出す人や長官、またその指示を表す漢字です。

そのような立場にある人の様子から、“良い・優れた・立派”という意味で用いられます。

さらに、“おきて・決まり”という意味もあり、かっちりとかしこまった知的なイメージを持たせる名前になることでしょう。

そこに人偏を付けた『伶』の字は、神に使える人を表し、意味は“賢い・小才がきく”です。

また、昔は神と通じるために歌や踊りを披露していたことから、俳優や音楽を演奏する人という意味も持ち合わせます。「芸術的分野で優れた才能を発揮できますように」と願いを込めて使うこともできるでしょう。

『瞭』の字は、組んだ木を燃やしているところを人が見ている様子から生まれた漢字です。

かがり火の明るさから転じて、“明らか・はっきりしている”という意味を持ちます。

「疑問のひとつひとつを丹念に解明し、知識を無駄なくしっかりと習得してほしい」「問題をうやむやにせず、きちんと向き合って解決できる子に」などの由来で使うことができそうです。

この漢字と似たものに『暸』があります。左側が「日」か「目」かの違いで意味も同じですが、『暸』は人名に使うことができません。ご注意ください。

どう決める?名前に使う漢字の選び方

数えきれないほどたくさんある漢字の中から、親の想いに沿う理想的な漢字を選ぶことは決して容易ではありません。最良の漢字を探し出すために、選び方の方向性やヒントをご紹介します。

苗字とのバランス

最も大切にしたいのが苗字とのバランスです。いくら漢字の意味や画数が想いに沿うものであっても、苗字から書き連ねた場合に全体にごちゃついた印象になったり、反対に画数が少なすぎるとアンバランスですよね。

文字数も同じです。名字が一文字の場合、名前も一文字にしてしまうと、インパクトはありますが違和感を抱く方の方が多いと言えそうです。

気になる漢字があれば一度苗字から書き連ね、バランスを見て選ぶようにしましょう。

画数で選ぶ

男の子の場合、画数を大切に考える方は少なくないと思います。

似たような字でも画数が少しだけ違うことで、姓名判断では運勢が大きく変わるもの。この漢字!と決めてしまわず、いくつか候補を挙げて消去法で選ぶのがおすすめです。

漢字の意味・成り立ちで選ぶ

今回ご紹介した中にもありますが、「崚・凌・陵」のように、読みが同じで字面も似ているけれど、意味や成り立ちが微妙に異なる漢字が多々あります。

さらに、似ているけれどまったく異なる意味の「綾」などもありますね。この場合、名前に込めたい想いが選ぶポイントになってきます。

旁が同じ漢字を抜き出し、それぞれの成り立ちと意味をしっかり調べて見比べてみましょう。そのうえでどの漢字を使うかを決めてくださいね。

由来は後付け可能!?

名前の由来というものは、考え方次第で変えることができることも覚えておきたいですね。『令』を例にあげると、「指示する側に立ってほしい」と由来付けるとリーダー的存在になれるような強い子をイメージできます。

反対に人支持される側として捉えれば、「人の意見を素直に聞ける子に」「柔軟な考えでどんな人とも上手く付き合うことのできる子に」という願いを込めることもできます。

このように考えると、ネガティブな意味を持つ漢字もポジティブに捉え替え、素敵な由来を付けることができます!

子供の名前の決め方には様々あり、正しい方法をひとつに絞ることはできません。そして試行錯誤する時間もまた、素敵な想いとなって子供に伝わります。ゆっくりじっくりとご夫婦で悩みながら、我が子ならではの最高の名前を作り上げてくださいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします