命名・名前

女の子の名前で「ゆか」漢字149選と由来のヒント

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

ゆったりと落ち着いた印象を与える「ゆ」。賢く知的でクールな強さが感じられる「か」。

その2つを組み合わせた『ゆか』の響きからは、穏やかながら芯がしっかりとした女性をイメージできるでしょう。

『か』で止まる名前は女の子らしく、可愛らしい印象も受けますが、その他にも漢字によって様々なイメージを持たせることができます!



優しく愛らしいイメージの『ゆか』44選

愛と思いやりにあふれた素敵な名前をご紹介します。

優しい気持ちが感じられる名前

優花・優果・優加・優可・優禾・癒香・癒花・癒可・癒加・祐香・祐花・祐加祐果・侑花・侑加・侑可・侑禾・有花・有可・有加・有香・裕花・裕果・裕可・祐郁・優郁・癒郁・祐郁・宥可・宥加・宥花・宥果・侑可・侑花・侑果・侑禾・友花・友加・友可・友果・友伽・有伽・由伽・宥伽

【優】常用漢字 人名読み「ゆ」

『優』の字は、いつの時代においても、男女ともに人気の高い漢字です。一見平凡な印象を受けますが、そこに込める想いは深く、パパとママの愛情の元に生まれてきた大切な子供であることを素直に感じさせます。

優しい気持ち、優しくゆったりとした心の在り方、上品で美しいこと、優秀であることなど、充分であることなど、様々な意味を持つ『優』。

「人に優しく思いやりを持って接することのできる子に」「優れた才能を発揮してほしい」といった期待を寄せることもできますし、生まれてきてくれたことに充分な価値があるという思いで使うのも素敵な名前になりそうです。

【裕】常用漢字 人名読み「ゆ」

「ゆう・ひろ」などの読みで男女ともに使われる頻度の高い『裕』。“豊か・ゆったり・満ち足りている・十分・広い”などの意味があります。衣偏+谷から成り立ち、“衣服と体の間の隙間=ゆとり”から生まれた漢字です。

心の豊かさ、満ち足りた才能、気持ちの余裕など、幅広い由来を持って使うことができます。

「たくさんの経験を通して優しい気持ちを育んでほしい」「気持ちを大きく持ち、ゆったりのんびりとした毎日を過ごしてほしい」

のような願いを込めるのも良いでしょう。

【郁】人名用漢字 人名読み「か」

『郁』の字には、“香気がさかん・文化がさかん・あたたかい”という3つの意味があります。

左側の「有」は、物がたくさんあることを表す漢字です。右側の「阝」は、集落を表します。集落にたくさんの人が集まることでその場が盛り立てられ、文化が発展し、温かな雰囲気になると転じて行ったことが想像できます。

字の形も、縦にスマートながら程よく曲線が入っており、女の子らしい優しい印象を与えます。漢字の意味、字面、いずれも洗練された優しさが伺えます。「見た目の気品と心の優しさを持った素敵な女の子に」のような願いを込めるに相応しい漢字と言えそうです。

美しいイメージの『ゆか』24選

優雅という言葉にぴったりの、素敵な漢字を集めてみました。

美しいものにちなむ名前

有華・優華・友華・優芳・有芳・友芳・夕芳・夕華・夕香・夕花・夕馨・友馨・有馨・夕薫・有薫・友馨・夕霞・有霞・友霞・由霞・雪花・雪華・雪香・雪芳

【華】常用漢字 音読み「か」

女の子の止め字に「か」を使うとき、同じ草木を表す『花』か『華』で迷われる方は少なくありません。見た目の印象や画数も、2つの漢字を選ぶ大きな基準になりますが、意味の違いについても知っておきたいですね。

どちらも草木の『花』を表し、“花が咲く”という意味を持ちます。違うのは『華』に“華やか・美しい・おしろい”という意味があること。

花びらが綺麗に咲き乱れている様子から成り立っており、『豪華絢爛』という熟語に含まれることからも、煌びやかな花をイメージして使うと良いでしょう。

色彩豊かな花々の姿に重ね、「才能豊かな魅力的な女の子に」「外見も内面も美しい魅力があふれた子に」のような由来がぴったりです。

【霞】人名用漢字 音読み「か」

『霞』は本来、朝焼けや夕焼けを示す漢字として出来たものです。現在は、大気中に霧が立ち込め、遠くがぼんやりと見える現象として用いられます。

「かすみ」という読みの方が馴染みがあるかもしれませんが、「か」は正しい音読みですので自信を持って止め字に当てることができます。

また、“ぼんやり”という意味から、名前には相応しくないと考える方もいるようですが、名付けにはポジティブな意味を用いることが大切です。

しっとりとした雰囲気が日本人の美的感覚を漂わせ、奥ゆかしい美しさを感じさせる名前を作ることができます。「落ち着いた雰囲気の気品ある女性に育ってほしい」と由来付けてみてはいかがでしょう。

活発なイメージの『ゆか』44選

楽しく明るく、元気いっぱい!そのようなイメージの名前を考えてみました。

元気な印象の名前

有架・優架・行架・由架・遊架・遊香・遊果・遊花・夕華・悠架・悠加・悠果・悠歌・遊歌・由歌・有歌・友歌・勇歌・勇花・勇華・有夏・悠夏・優夏・遊夏・由夏・愉夏・愉夏・愉夏・有翔・由翔・優翔・悠翔・悠駆・遊駆・由駆・有駆・悠海・有海・由海・結海・由河・遊河・有河・夕河

【架】常用漢字 音読み「か」

NHK連続テレビ小説『ひよっこ』でお馴染み、有村架純さんの漢字として馴染みのある『架』。“物を乗せたり掛けたりする台”として「書架・担架」等の言葉に使われます。

また“空中にかけわたす”という意味では「架空・架設・架け橋」等の言葉で目にしたことがあるのではないでしょうか。生きる力強さや、夢や希望に結び付けて使うことができそうです。

また、名前では使用頻度が少ないので、おしゃれで新鮮な印象を与える名前になるでしょう。「人と人の絆を結び付ける、架け橋のような人になってほしい」「未来につながる強い思いを持って、元気に健やかに成長してほしい」のような由来で使ってみてはいかがでしょう。

【歌】常用漢字 音読み「か」

『歌』はご存知の通り、“節を付けてうたう・音楽に合わせてうたう”という意味の漢字です。

大きな口を開けて元気に歌う、そんなイメージで使うと、爽やかで明るい印象の名前になりそうです。歌を歌うことの喜び、楽しさに結び付け、「喜びに満ちた人生になりますように」と願いを込めたり、「歌のように人の心に大きな影響を与える人になってほしい」と由来付けることもできるでしょう。

【河】常用漢字 音読み「か」

『河』は、“大きな川”を表す漢字です。中国の黄河を表すとも言われますが、天の川を指して使われることもあり、ロマンティックな意味を持たせることもできそうです。

成り立ちは、右側の「可」が“口の奥”を指すことから、“大きな口を開けて口の奥から声を出す、喉から大きな声を出す”という意味にサンズイを組み合わせて“大きな川”となったようです。

子供の未来に渡る人生の道を大きな河に結び付けて、「困難な時代でも強い活力を持って逞しく生きてほしい」「河の流れのように強く元気に成長してほしい」と願いを込めることができるでしょう。



知的なイメージの『ゆか』16選

世の中を上手に渡り、人生の成功を掴むこと。それは結果、自分にとっての幸せを掴むことだと言えるでしょう。勉強が出来る、運動が出来るといった目先の優秀さだけでなく、根本的な知性を身に付けることが大切ではないでしょうか。そんな思いを込めた名前をご紹介します。

知性的な意味を持つ漢字の名前

由圭・優圭・諭圭・豊圭・豊香・豊花・豊佳・諭香・諭花・諭加・諭佳・由佳・有佳・由賢・有賢・有賢

【圭】人名用漢字 人名読み「か」

最近では、錦織圭さんの名前として有名になった『圭』の字。バランスの取れた整った字面が魅力的な漢字です。

成り立ちには諸説あり、古代中国で使われていた玉器であるという説が有力です。その玉器は、国を治めている帝王が優秀な家臣に与えるためのもの。立派な意味のある漢字であることがわかります。「周囲にとって貴重な存在となる知性のある子に」との由来で使うことができるでしょう。

【諭】常用漢字 音読み「ゆ」

『諭』の右側は、渡し船と、木をくり抜く工具から成り立っています。つまり、“不明な点を除き取り、必要なものを渡す”という意味。

そこに「言」を組み合わせることで、言葉でそのような行動を起こすことを表しています。“言い聞かせる・教える・理解する”という、賢い意味を持つ漢字です。

言葉、特に日本語は難しく、イントネーションなど使い方を誤ると人に思いをそのまま伝えることができません。人を相手にする中で、言葉は非常に大きな力を持ちます。

「知性を持ち、言葉を使って人に上手に思いを伝えられるようになってほしい」「人の言葉をしっかり聞き取り、頭と心で理解して受け入れられる知性的な人に」というような願いを込めてみてはいかがでしょう。

明るいイメージの『ゆか』21選

明るい印象を与える輝かしい名前、夢や希望など未来に結びつく名前を考えてみました。

明るい意味を持つ漢字の名前

有日・悠日・結日・惟日・唯日・由輝・夕輝・有輝・結輝・有叶・由叶・夢叶・夢花・夢果・夢可・夢禾・幸禾・幸嘉・有嘉・夕嘉・由嘉

【日】常用漢字 訓読み「か」

太陽の形から生まれた『日』という漢字。太陽そのものや、太陽の光、太陽の出ている時間帯を表します。

「太陽のようにエネルギッシュで笑顔が素敵な子に」「キラキラと輝かしい明るい未来を迎えてほしい」

そんな願いを込めて使うことができます。画数が少ないため、比較的どのような漢字とでも相性が良く、女の子らしくすっきりとした印象を与える名前になりそうです。

【叶】人名用漢字 人名読み「か」

「口」と「十」を組み合わせた『叶』。“たくさんの意見が一致してまとまる”という意味があり、協調性、調和といった言葉を想像しながら使うことができます。

また、“夢がかなう”のように、明るい未来に結びつけて使うこともできるでしょう。

「周囲の人と助け合いながら、大きな事を成し遂げてほしい」「夢を叶え、輝かしい未来を笑顔で迎えられますように」というような願いを込めてみてはいかがでしょう。

【幸】常用漢字 人名読み「ゆき」

『幸』の字は、読みの頭文字を取って「ゆ」に当てて使うことができます。「ゆき」と読ませる方法は昔から定番でしたが、「ゆ」のみを使う名前は現代的な印象になるかもしれません。

文字通り、“幸せ・幸福・大切”などの意味を持ち、明るい笑顔や明るい心、明るい未来を思い浮かべるとても縁起の良い漢字です。

「自分の力で自分らしい幸せな未来を手に入れてほしい」「幸運が訪れるラッキーな人生になりますように」…どちらにしても、我が子が幸せになることを願って使うことができますね。

めぐり愛により生まれる名前

これほどまでにたくさんある漢字、そして響きの組み合わせから、一生で使える名前はたった1つ。まさにめぐり逢いならず『めぐり愛』と思えるような素敵な名前を選んであげたいですね。

膨大な数の字からたった1つ…

名前はその子にとって、一生にたった1つに決めなければならないもの。名前に使える漢字は全部で常用漢字2136字+人名用漢字862字、合計2998字もあります。組み合わせを変えることでその数は膨大なものになりますが、さらに読みを加えると数えきれるものではありません。

愛を持って名付けよう

めぐり逢いとは、偶然に出会うこと。ただ偶然ではなく、巡り巡ってやってくる運命的出会いのことをいいます。

そこには『縁』があり、名前と子供の縁もめぐり逢いによって結びつくものだと考えます。ピンとくる響き、パパとママの人生に影響を与えた響き、好きな漢字、家系の結びつきがある漢字…選ぶ理由は様々あるでしょう。

しかし、どのような場合でも、その名前に絞り込むには何らかの思いがあり、両親の愛があるはずです。めぐり逢いならず『めぐり愛』という言葉がぴったりです。縁によって結びつく名前をその子が一生涯大切にできるような、素晴らしい思いがそこにあることをぜひ子供に伝えてあげてください。愛のある命名、時間をかけてじっくりと進めてくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします