命名・名前

女の子の名前で「あゆみ」漢字123選と由来のヒント

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

『あゆみ』という名前を聞いて、各年代でそれぞれイメージする有名人がいると思います。

昭和を代表する大女優のいしだあゆみさん。
『翼の折れたエンジェル』で40代から支持の高い中村あゆみさん。
平成の最強歌姫と称される浜崎あゆみさん。

最近では、人気ドラマ『下剋上受験』で子役の吉岡千波ちゃん演じた主人公カオリの友人役が「アユミちゃん」でした。

このように、幅広くどの年代からも愛される響きの『あゆみ』。ここでは、数々のイメージごとに漢字を当ててご紹介していきます!



未来をイメージする『あゆみ』32選

夢や希望のある人生は、毎日が豊かになります。未来に夢を描きながら、素敵な毎日を過ごせますようにと願いを込める名前をご紹介します。

夢に結びつく名前

歩・歩見・歩望・歩夢美・歩夢実・歩実・歩美・亜夢実・亞夢実・亞夢望・亜由望・亜由望・明由未・明結未・歩結未・愛夢望・明夢未・明夢望・步望・步実・步夢見・步夢実・步夢望・步由望・步結実・歩弥・步弥・亜夢弥・亞夢弥・亜夢彌・歩彌・歩夢彌

【歩】常用漢字 訓読み「あゆ(む)」人名読み「あゆみ」

漢字一文字で『あゆみ』を表す場合、真っ先に想い浮かべるのが『歩』ではないでしょうか。

“足を踏み出して前に進む”という意味があり、人生を踏み出す子供に未来に向かって伸び伸びと成長してほしいという想いを込めて使う名前にぴったりの漢字です。

一歩、二歩…と歩数を表すときにも使われますが、一歩は六尺。長さの単位でもあります。「どんな環境であっても、一歩一歩を確実に前に進める力のある子に育ってほしい」と、力強さを感じさせる由来で使うのも素敵ですね。

【步】人名用漢字 訓読み「あゆ(む)」

『歩』の旧字体である『步』。右の点がひとつないだけですが、名前で見かけることは少なく、新鮮な印象を与える名前になりそうです。『歩』と同じ意味を持って使うことができます。

【夢】常用漢字 人名読み「ゆ」

『夢』には2種類あり、1つは眠っているときに見るはかないもの。ぼんやりとして定着せず、名前には向かない気がしますね。

もう1つは、未来に描くもの。こちらも定かではなくぼんやりとしたイメージがありますが、夢を持つだけで人生が豊かになります。

名前に使う場合は、後者のイメージで使うようにしたいですね。

「人生に夢を持ち、未来に向かって可能性を大きく広げてほしい」「どんなときでも夢に向かって真っすぐ大きく羽ばたいてほしい」

といった願いを込めると、きっと素敵な名前になりますよ!

優しいイメージの『あゆみ』27選

ほんわかとした、可愛らしく優しい雰囲気の女の子。芯の強さを持ち、思いやりと優しい心を持った女の子。優しい笑顔で人の気持ちを癒すことのできる女の子。そんなイメージの名前に使うことのできる漢字を集めてみました。

優しさいっぱいの愛らしい名前

愛優美・愛由美・愛癒美・亜癒美・亞癒実・会佑実・和佑美・愛侑美・愛侑実・亞侑実・亜宥美・愛宥実・和優美・愛祐美・亜祐実・合祐実・合優実・合友美・愛友実・亞友美・愛裕美・亜裕実・合裕深・愛裕深・愛右美・亜右実・阿右美

【癒】常用漢字 音読み「ゆ」

『癒』という漢字は、“病気が治る”ことを意味します。体の病気だけでなく、心の病気から転じて、人の心を穏やかにするという意味で使われることが多くなりました。「優しく穏やかで、人の気持ちを癒すことのできる雰囲気の子に」と由来付けると素敵な名前になりそうです。

【宥】人名用漢字 人名読み「ゆ」

『宥』は音読みの「ゆう」を用いて使われることが多くあります。その頭文字「ゆ」のみを取って使われることも増え、人名読みに「ゆ」が入るようになりました。

“許す・とがめない・大目に見る”という意味を持ち、その場の雰囲気をなだめたり、人の気持ちを和らげるといったイメージで使うと良いでしょう。

「人に対して寛容な心を持ち、穏やかに事を運ぶことのできる子に」「いつも優しい雰囲気を絶やさず、気持ちに落ち着きのある子に」

のような想いを込めることができます。



元気なイメージの『あゆみ』16選

いつも笑顔で、明るく楽しく、まるでおひさまのような女の子。チャーミングな魅力ある名前をご紹介します!

元気で明るい印象を与える名前

亜遊美・阿遊美・充遊実・亜愉実・愛愉実・亜柚美・愛柚実・亜柚実・亜悠実・亞悠海・遊愉海・遊有海・遊柚実・空愉海・空遊実・空柚美・昂愉美・昂有空・昂柚美・明遊美・明柚実・明愉実・明有美

【昂】人名用漢字 訓読み「あ(がる)」

『昴』の字は、太陽を表す「日」の下に、ひざまずく人や立っている人を組み合わせた漢字で、太陽を見上げている様子を表しています。

“高く上がる・高さがある”という意味があります。目標に向かって堂々と胸を張り、上へ上へと上がって行く、活力あふれる名前に相応しい漢字です。

「自分で決めたことに向かって一生懸命頑張ることのできる強く逞しい子に」「元気に明るく、太陽に向かって両手を広げるように堂々と生きてほしい」

といった願いを込めてみてはいかがでしょう。また、似ている漢字に『昴』がありますが、こちらは太陽とではなく天体を表す漢字です。意味が全く異なるため、間違えないよう注意してくださいね。

【柚】人名用漢字 音読み「ゆ」

ミカン科の常緑小高木を表す『柚』。木よりも、果実の方で馴染みのある方が多いかもしれませんね。

丸くコロンと可愛らしい形や、瑞々しくサッパリと爽やかな味に結びつけ、「可愛らしい女の子に」「爽やかなイメージの子に」と由来付けても良いでしょう。

柚子の実が熟すのは冬で、柚湯などにも使われることから、冬生まれの女の子というイメージを持たれる方もいるでしょう。

しかし、柚は初夏に白い花を咲かせることから、夏生まれの女の子に使っても良い素敵な漢字です。柚子の花言葉「健康美」にちなんで「元気な女の子に!」と願いを込めても良さそうです。

【愉】常用漢字 音読み「ゆ」

『愉』の字は「愉快」という言葉に使われる通り、“楽しい・楽しむ・喜ぶ”という意味があります。

心がすっきりと晴れやかで、わだかまりのない素直な笑顔が伺える漢字です。

「心からたのしめる素敵な毎日を過ごしてほしい」「誰とでも仲良く、たくさんのお友達を作って人生をたのしんでほしい」

のような願いを込めて使うことができるでしょう。

美しいイメージの『あゆみ』37選

女性らしい美しさを表すに相応しい漢字を集めてみました。

美しい意味のある漢字の名前

彩悠美・彩優美・彩優魅・文悠美・文悠美・昌由美・昌優魅・彩由良・文悠良・昌優良映悠美・映優良・映由美・鮎美・鮎良・鮎魅・鮎実・鮎真・鮎彩・鮎弥・藍夕美・藍由魅・娃夕美・娃優美・娃夕魅・彩夕美・彩釉美・娃釉美・愛釉美・文釉美・青由美・青夕美・葵夕美・葵悠美・葵由美・蒼夕美・蒼由美

【鮎】人名用漢字 訓読み「あゆ」

優美な淡水魚『鮎』。スリムな体つきが特徴で、特に闘争心という強い気持ちが表れた背びれが魅力的。

『清流の女王』『夏魚の王様』等と呼ばれることもあるほど、容姿の美しい魚です。

子供の名前に魚の漢字を当てることを好まない人もいるかもしれませんが、『鮎』に関しては別。古くは日本書紀などにも登場するほど歴史的にも馴染み深く、将軍家や皇室への献上品にもなるほど高貴な魚でもあります。

鮎の魅力をよく知る人であれば、その漢字を使う名前から美しさを感じとることは間違いないでしょう。そんな鮎にちなむ名前には、「美しい外見と強い内面を兼ね備えた素敵な魅力の女性に育ってほしい」「たくさんの人を魅了する美しい心を持った子に」と由来付けることができます。

【娃】人名用漢字 音読み「あ」

『娃』という漢字を分解すると、左側の「女」は、両手をしなやかに重ねてひざまずく女性を表しています。

右側の「圭」は、横線がきちんと並んでいることから“整っている”という意味があります。

その組み合わせから、『娃』の字は“美しい女性・顔立ちが美しい・美女”という意味を持ちます。

似たような漢字に「佳」があり、こちらも“すっきりと形が良い・美しい姿”という意味がありますが、女偏である『娃』は女性に限って使われるため、女の子らしい素敵な漢字だと言えそうです。

「女の子として生まれたことに自信を持ち、外見・内面ともに女性らしさに磨きをかけてほしい」「細やかな気遣いや人を癒す笑顔などが魅力的な美しい女性に成長してほしい」

のような願いを込めて使うと良いでしょう。

真面目なイメージの『あゆみ』11選

心が真っすぐで素直、何事にも一生懸命向き合う真面目な女の子をイメージする名前を考えてみました。

真面目さにつながる漢字の名前

愛弓・亜弓・阿弓・歩由雅・愛優雅・亞由雅・亞由美・亜由雅・阿惟美・亜惟実・歩惟弥

【由】常用漢字 音読み「ゆ」

「ゆう・ゆい」などの読みで女の子に多く使われる『由』。男の子では「よし」の読みでも昔からよく使われてきました。字の形は『ひょうたん』が基になっていると言われます。

ひょうたんは、注ぎ口が1点に集中していることから、“いわれ・わけ”の意味を持ち、「理由・由来・由緒」といった熟語に使われるようになったようです。

根本を正すという真面目なイメージを持って使うことができそうです。「物事を順序立てて考えられる子に」「最も大切なことは何かを常に心に置いて行動できる子に」といった由来で使ってみてはいかがでしょう。

【惟】人名用漢字 音読み「い」

『惟』の字には、“おもう・よく考える”という意味があります。また、承諾の返答である「はい」の意味を持って使われます。

右側の「隹」が神の使いとしての鳥を表し、そこに心を表す「忄」を組み合わせて、“神の心を知る”の意味から、それらの意味が生まれたと言われています。

「心でしっかりと考えられる子に」「人の思いに真意に向き合うことのできる子に」など、誠実な人柄を表す由来で使うことができそうです。

【雅】常用漢字 音読み(表外読み)「あ」

「優雅・雅やか」などの漢字から、高貴な美しさを想像させる『雅』。もともとはカラスの鳴き声から生まれた漢字ですが、転じて現在では“雅び・高貴”といった意味で使われることの方が多くなりました。

さらに転じ、上品さとともに、“正しい・良い・きちんとしている”という意味も持ち合わせます。

高貴な人が持つ気品、容や佇まいから連想されて生まれた意味であることが想像できます。字面は画数が多いながらも、細かく斜めラインが入っており、まさに整って美しい印象を与えます。

「芯がしっかりとした真面目な女の子に」「心に品があり、人から慕われる素直な心を持った子に」「礼儀の正しい子に」といった由来で使ってみてはいかがでしょう。

ひらがな&カタカタもおすすめ!

実際に『あゆみ』という名前を持つ女性には、ひらがなやカタカナ表記の方がたくさんいます!

ひらがな名前のメリット

①柔らかく優しい印象を与える
②バランスを取りやすい
③誰にでも読んでもらうことができる

女の子の場合、特に①の柔らかく優しい印象は大切ですね。ひらがな表記の男の子名は特殊なので、女の子ならではのメリットと言えるかもしれません。

また、三文字の名前をひらがなにした場合、苗字の画数や文字数を問わず、バランスが取りやすいというメリットがあります。

たとえば「齋藤あゆみ」「長谷川あゆみ」のように、画数の多い苗字や三文字の名字でもすっきり見せることができますし、「中山あゆみ」のように画数の少ない苗字でも文字数でバランス良く見せることができます。

カタカナ名前のメリット

①スマートで洗練された印象になる
②こだわりと深い意味を持たせることができる
③誰にでも読んでもらうことができる

カタカナの元は漢字です。漢字の一部分を取って生まれたもので、「ア=阿」「ユ=由」「ミ=三」という具合に、それぞれに由来する漢字があります。

名前を漢字にすると、人それぞれが持つ漢字のイメージから、勝手な由来を想像されることが多々ありますよね。カタカナの場合は、そのような心配がいりません。さらに、なぜカタカナ?と子供に聞かれた場合に、元になる漢字の意味や成り立ちを知って使うことで、きちんと由来付けることもできますよ。

表記の違いで印象が変わる!

漢字とひらがな、そしてカタカナ。それぞれ響きは同じでも、表記の仕方によって名前の印象はガラリと変わります。

人生において名前を書き、人に見られる場面はたくさんあります。視覚で文字を捉えられる場面を想像しながら、まずはどのタイプにするか、表記の仕方から考えてみるのも良いですね。子供にとっては一生使う名前です。より幅広い視野で検討を重ねてくださいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします