子供の教育・成長・遊び

小学校低学年から始める勉強習慣の身につけ方(珠算教室経営者の発信)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

幼稚園を卒園して小学生になると、すぐに始まる毎日の宿題。

この時期に家庭での勉強を毎日定着させることは、将来の学習能力向上につながります。

しかし、なかなかやろうとしない…遊びたがる!などで頭を悩ませるママは多いもの。そういった子供に対し、叱らずに勉強させるヒントを子供向けの珠算教室を経営し、小学生の子を持つ筆者の経験を元にご紹介します。



勉強を習慣化させることが大切

子供が勉強嫌いになる前に、習慣付けることが大切です。

早すぎることはありません!

低学年は遊びを大切に…と考えているうちに、子供が勉強嫌いになってしまっては大変です。「そんな早いうちから?」と感じるかもしれませんが、実は、小学校低学年は習慣付けとして、とても大切な時期なのです。

宿題の有無に関わらず取り組む習慣を

宿題があるから取り組むのではなく、宿題の有無に関わらず『取り組む』ことを大切に考えることが習慣付けにつながります。

宿題がある日は、宿題を家庭学習とするのも良いでしょう。宿題がない日は、家庭学習ノートを用意して、自分で決めたテーマに取り組んだり、学校で習ったことの復習や、翌日の予習を行うのでも良いのです。

内容よりも、取り組む姿勢が大切であることを教えていきましょう。また、宿題があっても、家庭学習は別で取り組むべき!という意見もありますが、過程の教育方針によって臨機応変に対応してくださいね。

強制ではなく自分から…

ママが毎日のように口うるさく「勉強しなさい!」「宿題は?」と言うことは、かえって子供のやる気を損ねてしまう恐れがあります。

学校から帰宅した子供はきっと、「何をして遊ぼう!」「友達との約束が楽しみ!」という気持ちでいっぱいのはず。帰宅した子供に向かって、開口一番に「勉強!」「宿題は?」と言うのは、あまりおすすめできません。

自分から進んで取り組むように促しましょう。とは言っても、それは難しいものですよね。そのためのヒントを次にご紹介していきます。

勉強を習慣づけさせるコツは「取り組む時間」を決めること!

勉強はいつ取り組むのが良いのでしょう。いくつかの案をご紹介します。

帰宅後すぐ?

学校から帰宅後、すぐに取り組んでほしいと考えるママは多いと思います。

しかし、遊びたい盛りの子供にとって、遊びを後回しにして勉強をするのはあまり気が進まないものです。家に帰ってきたら、まずはホッと一息つく時間を作ってあげたいですね。

おやつを用意したり、学校であった出来事をゆっくり聞いてあげたり、または友達と約束をしていたら遊びに行かせてあげるのも良いのです。すぐに「勉強!宿題!」と毎日言い続けないように注意しましょう。

夜、寝る前は…?

遊び、夕飯、お風呂などを済ませ、その後に勉強時間を作ってしまうと、今度は疲れや眠気で集中できなくなる可能性が高まります。

取り組んでも身にならない、見たいテレビがあって集中できない…そのような取り組みは、中途半端に終わり意味がありません。できるだけ、夜は遅くならないうちに取り組ませてあげましょうね。

おすすめの勉強時間3パターン

①夕食前

遊びから帰宅し、ママが夕飯の支度をしているときに取り組むのも方法のひとつです。ただし、お腹がペコペコの状態では集中できません。夕食に影響しない程度の軽いおやつを用意するなどで、集中できる状態を作ってあげましょう。

②夕食後

夕食後、ママが後片付けをしている時間帯もおすすめです。「見たいテレビ番組が始まる前に!」「宿題が終わったら夕食のデザートを食べよう!」などと提案することで、スムーズに終わらせる意欲が沸くこともあります。夕飯を早めに済ませるために、遊びからの帰宅時間を早めに設定すると安心です。

③朝起きたら

朝学習は脳を活性化させ、勉強が身になりやすいと言われますね。起床時間を早くして朝食前に済ませたり、余裕を持って身支度を済ませて朝食後に取り組むのもおすすめです。朝ならつまづきも少なくスムーズに宿題をこなせる!という子供も多いようですよ。そのためには、夜の就寝時間を早めにしましょうね。

帰宅後すぐの場合は声かけに注意しよう!

下校時間が比較的早い低学年のうちは、帰宅後の勉強を遊びよりも優先させようと考えるのは決して間違いではありません。

ママにとっても理想的な方法ではないでしょうか。その場合、子供への声かけに注意しましょう。

すぐに「勉強しなさい!」ではなく、「今日は学校どうだった?」「今日はどんな発見があった?」など、子供が自ら勉強道具を出そうと促すような会話ができると良いですね。

また、お友達と一緒に勉強し、終わらせてから遊ぼうと約束する方法もおすすめです。ただし、勉強と遊びをきちんと区別できるよう、しっかり見てあげてくださいね。

リズムを定着!

習い事をしている小学生は大変多いと思いますが、それらとの兼ね合いも考えることが必要ですよね。

「帰宅後にする!」と決めても、疲れてヘトヘトの状態では頭に入りません。10分で終わるはずが30分もかかってしまっては、時間も無駄になってしまいます。

我が子にとってどの時間帯が適するかを考えたうえで決めるのが望ましいでしょう。そのリズムをできるだけ崩さないように続けることで、次第に勉強時間を組み込んだ生活リズムが定着していきます。

子供と相談して決めましょう!

ママが指示を出した時間に取り組ませるのではなく、子供と一緒に「いつ取り組むか」を話し合うのが理想です。

子供の遊びたい気持ちを尊重しつつ、勉強も大切だと教えましょう。また、自分で「いつ取り組む!」と目標を決めることは『自己決定力』と言われ、将来のために育てていきたい大切な力です。“やらされている感”がなく、意欲を持って継続できるはずです。

『楽しい!』が一番大切

低学年のうちは『楽しい!』と感じることが一番大切。『学ぶ楽しさ』を知る時期でもあります。

発見・探求を勉強につなげて

たとえば夕飯時、「これ美味しい!」と子供が言えば、「これはこうして作ったのよ。材料は○○なのよ。」そう教えることから勉強は既に始まっています。「じゃぁ、この野菜について調べてみようか!」「一緒に作ってみる?」このような会話から、子供の探求心はグングン高まります。

そこから新たな発見ができたり、子供が深く知りたい!と思えれば、最終的には家庭学習ノートにまとめることで立派な勉強として成り立ちます。

興味関心を伸ばそう!

勉強は、漢字練習や計算をこなすだけではありません。『学ぶこと』が勉強です。それは、どんなことでも良いのです。

生き物が好きな子、お料理が好きな子、絵を描くのが好きな子、色々な子供がいます。子供が何かに興味を持ったら、否定せずに認めてあげてください。

とことん突き詰めて調べたり、調べたことをノートにまとめることができれば、より立派な勉強になるはずです。それが、今現在学校で勉強していることに直接結びつかなくても良いのです。低学年のうちに『学ぶ楽しさ』を知ることができれば、いずれは学校の勉強に通じて役立てることが出来ると信じて応援してあげてくださいね。



親子で一緒に勉強するメリットと注意点

子供が勉強をしよう!と思ったときに、一緒に取り組む姿勢を見せてあげることも、勉強への意欲を高めるために効果的です。

親子で一緒に取り組むこメリット

親子で一緒に取り組むと、こんなに良いことがあります!

1.子供の興味関心や勉強内容を把握できる。

内容を知ることで、「わからない!」と困ったときにすぐに答えたり、一緒に考えてあげることができます。わからなかったことが出来ている!など、テストを見て褒めてあげることもできますよ。

2.子供にとって力強い応援団に!

1人で勉強するのは心細い…。つい余計なことを考えて勉強を投げ出してしまう。勉強をするつもりが、つい遊びに夢中に…。低学年のうちはよくあることです。

勉強は自分の部屋で!よりも、リビング学習が良いと言われるには、そういった意味もあります。一緒に取り組んでくれるママは、子供にとって強い応援団!子供が「聞いて!見て!」と考えることを予測して、家事の手をいつでも止められる心の準備をしておけると良いですね。

注意!指摘せず褒める意識しょう!

一緒に取り組むと、ついつい子供の出来ない部分が目に付きます。「そこ、違うよ。」と指摘すると、子供の気持ちがダウンしてしまいます。誤っている部分を修正し出来るようにするのは、学校の先生の役目と捉え、内容の出来不出来よりも、取り組むことに対して褒めるよう心がけたいですね。

時々は『ご褒美』もあり!

頻繁にご褒美を用意することには賛否両論ありますが、低学年の子供にとっては嬉しいもの。それを目標に頑張ることができれば、たまには用意してあげるのも方法のひとつです。

楽しみに向かって頑張れる!

明日までの宿題があるのに、どうしてもやる気が起きない…。そんなときに、「宿題が終わったらアイスを買いに行こうね」とご褒美に頼るのは悪いことではありません。確かに勉強は、ご褒美を貰うためではなく、自分自身を高めるためにすることです。

しかし、低学年はまだまだ小さい子供です。最初から勉強の本来の意図をしっかり理解して取り組ませると、心の負担になってしまう場合もあります。様子を見ながらご褒美を与えることも、たまにはあって良いのかもしれません。

通信教育を利用するのは?

今、タブレットを使った通信教育が、子供の家庭学習として主流となりつつあります。しかし、子供によってその効果はまちまちです。

楽しく取り組めるって本当?

タブレットを使うという方法、クイズが盛り込まれるなどゲーム感覚で取り組めるという形式、子供にとっては魅力的かもしれません。楽しく取り組むことができ、学力向上につながるのであれば、ぜひ活用したいですよね。

学校の提出物と並行して出来る?

楽しく取り組めるからと言っても、学校の宿題や提出物があれば、そちらを優先すべきなのは当然です。学校からの課題は、担任の先生や学校の方針によって様々です。

宿題を多く出す先生、家庭学習ノートの提出を必須とする先生もいます。そういった学校の課題を後回しにしてまで取り組むことでしょうか。受験対策と言えば話は別ですが、低学年のうちは、提出物をきちんと出すことも教えたいものです。

それらの兼ね合いを見て、平行してできると感じてから申し込んでも遅くはないはずです。

勉強は365日必要?

365日、毎日取り組めることができれば、それは素晴らしいことです。しかし、大人だって仕事のことを忘れてのんびり過ごしたい日もありますよね。子供にとっての勉強にも、休息日は必要です。

柔軟に対応しましょう

どうしても疲れている日、やる気が起きない日、そんな日に無理に勉強させても意味がありません。

頻繁に「今日は休んで、明日いっぺんにやる!」と言うことを許すのはおすすめできませんが、子供の様子を見て休息日を作ってあげることは悪くありません。時間のある週末、「土曜日に頑張ったら日曜日はお休み」とか、「日曜日はお出かけするから土曜日のうちに終わらせよう!」と促すのは範囲内です。

週末の勉強を家族でのお出掛けの一環とし、科学館などに足を運ぶのもおすすめです。「楽しかった!」という経験から、「帰ったらノートにまとめてみよう!」と思わせることができると素敵ですね。通信教育を取り入れているご家庭は、週末に通信教育のみに取り組むなど、柔軟に対応していきましょう。

成果のラインは我が子を基準に!

子供の勉強に関して、絶対におすすめできないのが、他の子と比べること。そして結果だけを評価することです。

自己肯定感を高めることが最も大切!

勉強は、知識や学力を身に付けるためのこと。それだけを考えてしまうと、ついお友達の取り組み方と比較したり、点数や順位で右往左往してしまうものです。

しかし、低学年のうちに最も大切にすべきことは、子供自身の『自己肯定感』を高めることです。一生懸命頑張っても認められなければ、良い点数をとっても満足できなかったり、自分を責めたり…子供自身が知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまい、心を病んでしまうと大変です。

我が子の様子をよく見て、本人なりに頑張っている部分をしっかり褒め、認めてあげましょう。自己肯定感の高い子は、将来、どのような環境に置かれてもしっかり地に足を付けて生きていけるはずです。低学年のうちは、勉強を通してそのような力を育むことを、最も大切に考えていきたいですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします