命名・名前

親331人に子供の名前の由来を聞いてみた!女の子編パート1

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

新しい命を授かり、お腹とともに大きくなる喜び。。。男のかな、女の子かな。どんな名前にしようかな。パパとママはワクワクしながら赤ちゃんの誕生を心待ちにしていることと思います。

でも、いざ名前を決めるとなると、なかなか決められない。響きは?漢字は?由来は?みんなどんな風に決めているの?

なんて言ったって、名付けは責任重大!子供にとっては一生ついてくるもの。悩むのは当たり前なんです。

そこで、ママズアップ編集部では、そんな悩めるパパとママのお悩みを少しでも解決しようと、331人のパパやママを対象に「実際につけた名前と、その由来」についてアンケートをとりました。

女の子と男の子それぞれ3回ずつに分けてご紹介します。

先輩パパやママの体験を参考にして、赤ちゃんに最高の名前をプレゼントしてあげてくださいね。



【空桜(そら)】
祖父が『そらがいい』と言って私が漢字を考え男の子でも『そら』はいるので、漢字は女の子になるように、空桜にしました。6月と春生まれも合って桜の漢字に決め、画数は主人が調べてくれました。
【優愛(ゆあ)】
優しい愛される子になってほしいという気持ちを込めました。
【愛美恵】
誰からも愛され、心の美しい、恵まれた子に育つように名付けました。
【こはる】
私達夫婦の大切な子…ということで、私と夫の名前をもじり「こはる」にしました。
丸みのあるひらがなが女の子らしく、また誰がみてもすぐに読んでもらえる名前にとこの名前になりました。
【真心(しんしん)】
真心のこもった子になってほしくてつけました。漢字そのままだと個性がないので音読みにしました。お友達から「しんちゃん」と呼ばれてます。音読みにしてよかったです。
【安里(あんり)】
海外生活だったので、読みやすい、わかりやすいということが、まず考えにありました。あとは、漢字にしても英語にしてもおかしくないか。
また、この漢字については(安らか、安心)と(故郷)という意味でつけました
【美心(みみ)】
見たままなんですが、美しい心を持った女性になってほしいと願いを込めました。みみって言うとなんかペットの名前みたいだなって心配してたのですが、今では「みーちゃん」とみんなから呼ばれる人気者になっています。また、子供に心という字をつけて親がしっかりしないととも思いますし、自分の覚悟の現れかなとも思っています。
【麻里(まり)】
夏生まれだったので麻里と名付けました。麻は夏の素材で強くて丈夫なので、いつまでも丈夫ですこやかにという意味を込めてつけました。
【実桜(みお)】
毎年咲く桜を全国の人が楽しみにしたりお花見などで楽しんだりするように、誰からも愛されて楽しく実のある人生を送ってほしいと願い、つけました。
【悠里(ゆうり)】
上の子が麻里だったので、下の子も同じ漢字の里をつけたくて悠里にしました。悠は悠久にちなんでいつまでもすこやかにという意味でこの漢字にしました。
【みのり(みのり)】
実りある人生を歩んでほしい。
【理咲(りさ)】
筋の通った理知的で、笑顔の花が咲くような女の子になるようにと願って名付けました。
【月(つき)】
私がもともとお月さまが大好きでした。子供の名前について考える際に,一文字がいいと思い,自然に即した美しい名前にしたいと考えていました。子供が元気に,すくすくと成長してほしいという思いと,大好きなお月様から月と名付けました。

お月さまは自分で発光しませんが,太陽の光を受けて,夜に美しく光ります。そういうたたずまいも美しいと思いますし,私は自分で何もかも照らしてしまう太陽より,ひっそりと暗闇を照らすお月さまのほうが美しいような気がします。

お月さまのイメージをそのまま子供に投影することは難しいかもしれませんが,大人になって女性になったときに,月という名前が,そういう美しさを備えたものだとわかるようになってくれたらいいなと思います。

他にも花や歌や空など,候補があがりましたが,一番好きなものから名づけました。女の子っぽすぎないという点も考慮に入れています。人間の心をゆっくりと照らし出すお月さまのように,クールでいつつも,暗闇を明るくするような人になってほしいと思います。

子供の名前については,画数などを考える人も多いですが,私は全く考えていません。逆に,子供が大きくなって,自分の名前を画数で占ったりしたときに,いったいどんな結果が出るのか,私は聞いてみたいです。

今まで名前を一発で覚えてもらえることばかりでしたし,キラキラネームではありませんし,とってもいい名前だと思います。

【友愛(ゆうな)】
友と言う字には
友達、仲間、友情、兄弟仲などの意味が有り
人生の中で大切な友達や兄弟をとても大事にしてほしくて友を選びました。
そして愛と言う字には
親、兄弟からの愛情
愛らしい
愛し愛される
などの意味が有り
女の子と言う事もあり選びました。

これらを組み合わせて
友達、兄弟を大切にして
愛し愛される人生を送ってほしい
と願いがあります。

【仁愛(にいな)】
上にお姉ちゃんがいるので
姉妹と言う事で
愛と言う字で揃えました。
そこで画数などを調べ
仁と言う字を選びました。

仁と言うと仁義や仁侠などのイメージがありましたが
調べてみると
思いやり、親しみ、慈しみ、情などの意味が有り
人間関係の中で一番大切な
思いやりや親しみの心を大事にしてほしくて
この字を選びました。

また愛と言う字には
親、兄弟からの愛情
愛し愛される
などの意味が有ります。

これらを組み合わせて
思いやりや親しみの心を忘れずに
愛し愛される人生を送ってほしい
と言う願いがあります。”

【彩夏(あやか)】
夏生まれだったのと、赤ちゃんの名付け本で、一番最初に載っていて「さやか」
か「あやか」か読めなくて、印象に残ったので決めたら、とても良い画数で、
付けました。
【真(さな)】
真っ直ぐに、自分の信じた道を進んで欲しいと思って名付けました。
【沙奈(さな)】
キラキラ光って流れる水面のような可憐な子に育って欲しかったから。
親の名前からも一文字使いたかったから。
【りさ 平仮名です】
私自身が2文字の名前で、誰からも短縮したあだ名などではなく名前で呼んでもらえるのが気に入っていたので、子供には2文字の名前と決めていました。

由来などは考えず、産まれてきた子供を見て2文字の名前の候補でしっくりきた名前に決めました。

不思議なことに産まれた赤ちゃんを見てるとしっくりくる名前としっくりこない名前があります。3人子供がいますが、全員この方法で決めました。

【結希(ゆうき)】
いつでも希望を持つような前向きで明るい子に、そして、次の世代へ結ぶような子になってほしいつけました。
【日歩(にちほ)】
結婚前から子供ができにくいと分かっていた私たちが、北海道の網走に旅行に行った際に『二ポポ』に出会いました。ニポポは、昔から「幸運のお守り」として作られてきました。

アイヌの人たちは、子供が誕生した際に「健やかに育つように」という願いを込めて、お守りとして木の小枝を赤ちゃんの着物に結びつけたとされていました。

この旅行でお土産に『ニポポ』を選び帰ってきてからすぐに妊娠しました。胎児ネームを「ニッポ」として呼んでいました。

他の候補も在りましたが【日歩】にすると「ニッポ」とも呼べるのでこの名前に決まりました。後付けですが<1日1日自分のペースで歩んでいけますように>という願いも込めています。

【鈴夏(すずか)】
夏の鈴つまり、風鈴をイメージしてつけました。夏の暑い時期に涼しい音色を奏でる。そういった人物になるようにとつけています。
【彩(さやか)】
生まれた時が9月で残暑が厳しいながらも朝夕少し気持ちいい風がふくようになったところだったんです。そこで不意に頭をよぎった古今和歌集の歌「秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」からサヤカと名付けることにしました。

あとは、両親共に漢字一文字の名前なので一文字で、「清」にしようかと思ったら周りにキヨシ扱いされ、字画も考えて葉っぱも色づく秋だし「彩」にしました。

ハッキリと自分の意思を持ち、周りの空気をよく読み、あざやかな生涯を送って欲しいとねがっています。

【心葉(ここは)】
元々、お兄ちゃんが生まれる時に、次が女の子なら、心で(ここ)と読む名前はつけたいなと思ってました。

それを基準にインターネットで検索して、姓名判断的に名前単独でいいものの中から選びました。

人の心を大切にして、若葉のようにすくすく育って欲しい。という意味が込められてます。

【絢菜(じゅんな)】
もともと好きな漢字であった「絢」を使いたいと思っていたので意味を調べたら「謙虚」と言う意味があり尚更使いたいと思いました。

そして「菜」は菜の花のように「真っ直ぐ」と言う意味があり、謙虚で真っ直ぐな人に育って欲しいと思い名付けました。

【芽依(めい)】
トトロの映画が好きだからです。特にキャラクターでメイが好きです。産まれる前から女の子だったらメイにしようと思っていたのですが、カタカナだと画数が悪く、画数の良い漢字を探しました。
【澪那(みおな)】
人の為の道しるべとなる(澪)優しさや美しさ(那)を持つ人になって欲しいと願いを込めて
【美樹(みき)】
美しい樹のようにすくすく育つように
【真優子(まゆこ)】
始めての子で女の子でしたが、心優しい女性に育って欲しくて優の字を使おうと思ってました。うわべだけじゃない本当の優しさ真心のこもった優しさを持って欲しくて真の字を加えました。
【育美(いくみ)】
美しくすくすく育つように
【香穂子(かほこ)】
秋生まれだったので、稲穂のようにすくすく育って欲しくて穂の字を使いました。さらに香り高い、上品でしなやかな女性になって欲しくて香の字を付けました。
【朱里(あかり)】
まわりの人、物を照らす「あかり」となるようにつけました。「朱里」の漢字は苗字との画数判断で決めました。
【雛子】
可愛い女の子になるように
【百恵】
恵がたくさんくるように
【奈々 (なな)】
苗字が難しいので、名前は誰から見てもわかりやすいものにしました。「奈」という漢字は私の名前から一文字とったものでもあります。

「なな」という女の子らしく可愛い響きが気に入っていますし、元気に、それでいて優しい子に育って欲しいです。

【慧(けい)】
男の子でも女の子でもどちらにでもつけられる読み方にしました。

慧眼という言葉があるように、物事をしっかり見通せる力を理解する力を持ってほしくて、この漢字を選びました

【友香(ゆうか)】
友だちのいる優しい子に育って欲しい。響きと字面が優しいから。
【美咲(みさき)】
美しく咲き乱れてほしい。
【月(ゆえ)】
ゆえというのは、中国語で月という意味なのですが、
実は少女漫画に出てくるヒーロー(男の子)の名前です。
花盛りの君達への作家さんが描かれている読みきりのひとつに出てきたんです。
【あかり】
周りを照らす灯りのような存在になってほしいから
【和葉】
日本の和の心を持った人になってほしいという事。
【晴南】
晴れた暖かい日のような、明るい子に育って欲しいから。
【麻希】
麻の様に強く、希望をもって生きてほしい。
【亜希子(あきこ)】
義理父が大の長嶋茂雄のフアンで、女の子が産まれたら絶対に亜希子と名付けると宣言しておりましたが、産まれた子供は三人とも男の子でした。

ですから、この願いは届かなかったのですが、孫に託され私達の娘に名付けることになりました。今は「子」と付く名前が少ないので、私も気に入っています。

【優香(ゆうか)】
女の子にはとにかく優しい子になってほしいと思い「優」という字にしました。そして母親から一文字とって優香です。
【颯希(さつき)】
出産予定日が4月末で、結婚式を挙げた日と同じだったので、最初は「結」という漢字を使いたいなと思っていました。

いくつか候補を挙げましたが、どの名前も姓名判断で占うと苗字との相性が悪かったので、「結」という漢字にはこだわらず、春らしいかわいい名前にしようと考えを変えました。

臨月になり、産休に入ってから、散歩をすることが日課になりました。近所の川沿いにサツキロードというサツキの木が生えているところがあり、「出産予定日を過ぎて5月生まれになったら、サツキという名前もいいな」と思いつき、サツキの花言葉などを調べていたら、サツキが厳しい環境でも育つ強い木だと知りました。ピンクの花も可愛らしいので好印象でした。

3つほど候補を挙げて、あとは生まれて顔を見てから決めようと旦那さんと話していました。

出産直後、肺に小さな穴が開いているのが見つかり、NICUに運ばれていく我が子に、とっさに「サツキ、がんばれ」と呼びかけました。厳しい環境でもキレイな花が咲くようにという願いが込められた名前です。

漢字は、苗字との相性がよい画数の漢字を選びました。

【陽織(ひおり)】
名前の響きと漢字の並びが気に入って『陽織(ひおり)』としました。
【結凪(ゆな)】
主人が漁師なので、海にちなんだ漢字をつけたく、凪をつかった名前にしました。凪は、波が静かな様子を表すので、怒りっぽくない、優しい子に育つようにと願いました。
【こまち(こまち)】
小野小町のような文才あふれる女性になるようにと願いをこめました。
【怜佳(れいか)】
怜悧の怜と佳人の佳で、賢くて聡明な子になれるようにと願いを込めました。
【花央(かお)】
テレビを見ていて、時代劇にかおという名前の女の人がいて、響きがかわいいな、と思い、それから画数を考えて、漢字を考えました。
【梨沙】
かわいらしい子になってほしかった。
【関連記事】
(女の子編)
親331人に子供の名前の由来を聞いてみた!女の子編パート2
親331人に子供の名前の由来を聞いてみた!女の子編パート3

(男の子編)
親331人に子供の名前の由来を聞いてみた!男の子編パート1
親331人に子供の名前の由来を聞いてみた!男の子編パート2
親331人に子供の名前の由来を聞いてみた!男の子編パート3


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします