命名・名前

女の子の名前で「ゆかり」漢字102選と由来のヒント

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

『ゆかり』 と正しく読む一文字漢字は、『縁』とその旧字体『緣』の2つだけになります。

ところが、最近は『紫』と書いて『ゆかり』と読ませる名前が増えてきています。この読み方には、歴史と深い関わりがあるようです。

その内容と、他にも様々ある『ゆかり』という響きに使える漢字を集めてみました。ご紹介します。



漢字1文字の『ゆかり』①【縁/緣】

まずは、正式な読みに『ゆかり』のある『縁』からご紹介します。

【縁/緣】の読みと成り立ち

◆縁…常用漢字 訓読み(表外読み)「ゆかり」

◆緣…人名用漢字 訓読み「ゆかり」

正式な読み方の漢字を用いたい場合は、上記の2つのみを使うことができます。新字体である 『縁』 と、旧字体である 『緣』

この漢字の右側にある『彖』は、“動物のお腹が垂れ下がっている様子”であったり、“井戸の滑車から水があふれ出る様子”など諸説ありますが、“垂れ下がる・あふれ出る”等が転じて“へり・ふち”を表すようになったようです。

そこに布地や衣服を表す『糸』を付けることで、“衣服のへり・ふちの飾り”という意味が生まれました。

そして、布と服が合わさる様子から“寄る・よじのぼる・たどる”といった意味が派生し、さらに“つながり・めぐり合わせ”を意味して使われるようにもなりました。

仏教用語における『縁』

仏教において 『縁』 は、“間接的な原因”を意味します。物事にはすべて原因と結果が生じますよね。それを漢字で表すと、原因は『因』、結果は『果』となります。

しかし、原因があって結果に至らせるまでの条件や事情がつまり『縁』なのです。

『縁』を使う名前の由来例

人間が生きるためには周りの人との「支え合い・助け合い・分かち合い」といった『縁』がなければなりません。

「周りの人たちの力を大切に、信じる心と敬意を持って人に接することのできる子に」

「生まれたことに感謝し、毎日を大切に生きてほしい」
など、とても深い想いを込めて使うことができるでしょう。

(なお、人名用漢字の詳細については、法務省の「人名用漢字表」をご参照ください。)

漢字1文字の『ゆかり』②【紫】

数々の魅力的なキャラクターを生み出してきた漫画家、矢沢あい先生による人気連載漫画『Paradise Kiss』(1999-2003年Zipper掲載)。

ここに『紫』と書いて『ゆかり』と読む名前の女の子が登場します。『紫』と『ゆかり』とのつながりについてご紹介します。

【紫】の読みと成り立ち

◆紫…常用漢字 人名用漢字 訓読み「ゆかり」

『むらさき』という言葉は、“紫草(むらさき)”と呼ばれる植物に由来しています。紫草は根に独特な色素成分を含み、古くから染料として使われてきました。

その色が、現在で言う『紫色』です。その色を表す漢字『紫』の成り立ちは、“足が2つ並んだ様子”から出来た『此』と、“より糸”を表す『糸』の組み合わせからという説が有力だと思われます。

“赤と青の糸が並んだ中間色”=“赤と青を混ぜた色”を表す色名の 『紫』 は、美しく雅やか、そして神秘的な印象を与えます。

濃淡によりその種類は何十もあり、京藤色・紅藤・浅紫・梅紫・今紫など、それぞれに日本人の素晴らしい美的感覚から生まれた名前が付けられています。

歴史の中に見る『紫(ゆかり)』

古今和歌集の中にある一首をご紹介します。

【紫の ひともとゆえに 武蔵野の 草はみながら あはれとぞ見る】(よみ人知らず)

現代語訳と解釈

「紫草が1本あるだけで、今まで親しむことのできなかった武蔵野の草全てが、愛しく思えるようになりました」

(自分が愛する人と縁のある人たちも愛おしく思えてしまいます。)

都の貴族が新たな土地の風土になじめずにいたところ、ふと自分の知っている紫草を見つけたことで親しみを感じることができるようになった、という気持ちを表した歌です。

この歌は後に、“紫草”を『愛しい人』に、“武蔵野の草すべて”を『愛しい人と縁のある人』として解釈されるようになりました。

また、この歌が表す内容を、『紫のゆかり』という一言に縮めて使われるようにもなりました。そのような経緯があり、『紫』を『縁』に通じさせて『ゆかり』と読むようになったという説が有力です。

『源氏物語』に見る『ゆかり』

源氏物語の中で、登場人物『若紫(紫の上)』を指し『紫のゆかり』と表して使われています。

●かの紫のゆかり尋ね取り給ひては、そのうつくしみに心入り給ひて、六条わたりにだにかれまさり給ふめれば…

●かの紫のゆかり尋ね取り給へりし折思し出づるに、かれはされていふかひありしを…

主人公である光源氏が、若紫の姿に愛する藤壺中宮(ふじつぼのちゅうぐう)を重ねて見る心情が描かれています。

若紫と藤壺中宮は血縁関係にあることから、先述と同じく『縁』に通じさせて『ゆかり』という語を使っていることがわかります。

『紫』を使う名前の由来例

紫色は、聖徳太子の時代に階級の最も高い人の冠に使われていた色であることが始まりとされ、高貴な色と考えられてきました。そのことの由来し、

「気品ある美しい女性に成長してほしい」
と願いを込めることができます。

また、『縁』に通じることから、“つながり・めぐり合わせ”に結びつけて『縁』と同じく由来付けることもできそうです。

(なお、常用漢字表の詳細は文化庁の「常用漢字表」をご参照ください。)

優しいイメージの『ゆかり』28選

明るい心を持ち、穏やかでおおらか、一緒にいると陽だまりに包まれているような気持になる、そんな素敵な女の子を想像しながら考えた名前をご紹介します。

温かい心を表す名前

優香里・優日里・優花里・優可里・侑香里・侑可里・侑禾厘・佑日里・佑可哩・祐花哩・祐日里・結日里・結香綸・結花綸・悠華里・悠日李・裕花里・裕香里・裕日厘・友日里・友香厘・友日哩・癒日里・癒香里・癒花里・癒和里・侑和里・優和厘

【侑】人名用漢字 人名読み「ゆ」

『侑』 の字は、『人』と、手を表す『又』、そして肉を表す『月』の3つに分解されます。

人が手に肉を持ち、神にお供えする様子から成り立ちました。“人にすすめる”という意味を持ちますが、発展して“人を助ける”という意味で使われるようになりました。

「優しく思いやりを持った子に」

「相手の心を思い、穏やかで優しく接することのできる子に」

「将来は人の役に立てる仕事に就いてほしい」
などの由来がぴったりです。

【優】常用漢字 人名読み「ゆ」

『優』 の字は、昔から男女ともに定番であると言える漢字ですね。“やさしい・和やか・豊か・余裕がある・ゆったりとしている”など、気持ちがたっぷりと大らかである人格に結びつけることができます。

また、“上品で美しい”という意味もありますので、女の子らしい素敵な由来を作ることができそうです。

「心根の優しい子に」

「優しい心と穏やかな雰囲気をもった子に」

「上品で落ち着きがあり、ゆったりとした気持ちで人に接することができる子に」
のような願いを込めてみてはいかがでしょう。

【日】常用漢字 訓読み「か」

『日』 の字は、“太陽の光”を表して出来た漢字です。“太陽・太陽の出ている時間=昼間”という意味もあり、明るく温かな人格を表す名前にぴったりです。

「太陽のように温かい心を持った女の子に」

「明るい笑顔と優しさを持ち、たくさんの人に好かれますように」
のような願いを込めて使うことができるでしょう。

(優しい女の子を願う名前は優しい女の子に育ってほしい願いを込めた名前333個集めてみたも参考にされてください。)



賢いイメージの『ゆかり』22選

多くの人から憧れを抱かれるような、優秀で賢い人格をイメージさせる名前を考えてみました。

優秀である意味を持つ名前

友佳里・由佳利・結佳吏・結佳理・優可吏・優可俐・有香俐・有可利・有加吏・有佳凜・結佳凜・由佳凜・友賢里・有賢吏・由賢利・由果利・有果吏・結果利・友果凜・友嘉里・結嘉利・由嘉利

【佳】常用漢字 音読み「か」

“かしこく優れている・立派である”という意味をもつ 『佳』 。『圭』の字を見ると、横線が整って重ねられていますね。

そこに『人』を付けることで、容姿の美しさと中身の賢さをバランス良く持っている、そんな人柄を表しています。

「心身ともに健やかに育ってほしい」

「要領の良さと賢さを持った子に」
などの由来で使うことができそうです。

【凜】人名用漢字 人名読み「り」

『凜』 の字は、“凄まじい・身が引き締まっている”といった様子を表す漢字です。

「凜とした・凛々しい」など、キリッと芯の強い性格を表す言葉でなじみがある方も多いことでしょう。

厳格、厳しいという意味は女の子には少々強すぎる硬いイメージになってしまうので、「物おじせず堂々としている」と言い変えて由来付けると良いでしょう。

「「性別を問わず多くの人に尊敬される、凛々しく賢い子に育ってほしい」

「自分に自信を持ち、謙虚な心を持って賢く生きてほしい」
といった願いを込めてみてはいかがでしょう。

【嘉】人名用漢字 音読み「か」

『嘉』 の字は、「嘉慶・嘉祥」などの言葉に見られるように、“おめでたい事・喜び事”を表すときに使われる漢字です。

昔の人は、自然の恵みや食物の豊作は神の力のおかげで得られるのだと信じていました。

土を掘り起こす農具などをお祓い清め、音楽を奏でて神に捧げることで厄災を防ぎ、豊作を願っていました。

そこから、楽器を表す『壴』と農具を表す『加』を組み合わせて生まれたのが 『嘉』 という漢字です。

食物が豊かに実ることにつながり、“おめでたい・良い・立派である”という意味が成り立ちました。

「幸な人生になりますように」

「小さな幸せを心から喜べる気持ちの豊かな子になってほしい」

「喜びを分かち合えるたくさんの人と出会ってほしい」
といった由来で使うことができます。

植物にちなむ『ゆかり』25選

花や樹木など、植物に関わる漢字を使った名前をご紹介します。

余裕が感じられる名前

優苗・裕苗・由苗・結苗・夕花里・有花李・有花梨・有華李・有華莉・由香梨・由香莉・由花莉・柚花里・柚香織・柚花織・柚花李・由華麗・柚花麗・優花麗・由芳里・有芳麗・夕芳麗・由蘭里・夕蘭里・有蘭里

【苗】常用漢字 訓読み(表外読み)「か(り)」

『苗』 は、“芽が出たばかりの植物”を表す漢字です。区画された土地(田)の上に、細い草が並んで生えた様子から出来ました。

その草が“細々とつながる”様子から発展し、“血筋、子孫”といった意味も合わせ持つようになりました。

名字が「苗字」と記載されることがあるのは、このような理由があってのことです。これらの成り立ちや意味から、

「大切な思いを人に伝える職業に就いてほしい」

「努力を重ねて人生を豊かに実らせてほしい」
といった願いを込めて使うことができそうです。

【蘭】人名用漢字 人名読み「か」

『蘭』 は、“ラン科の多年草の総称”を表す漢字です。とても種類の多い蘭の花。

洋ランは大輪の花を咲かせるものが多くゴージャスな印象。カトレアや胡蝶蘭、シンビジウムなどが有名ですね。

一方でアジア原産の東洋ランは、洋ランに比べると小さく咲くものが多く、可憐で可愛らしい印象を与えます。

こちらはカンランやセッコクと呼ばれるものが有名です。様々な種類がある蘭の花は、それぞれに花言葉が付いています。

蘭全体の花言葉は「美しい淑女」「優雅」であり、蘭の花のイメージがそのまま表現されています。

「美しく華やか、そして上品な女の子に育ってほしい」

「大きな夢を豪快に広げ、人生を楽しみながら歩んでほしい」
などの願いを込めることができるでしょう。

【関連記事】

女の子の名前で「自然を感じさせる」かわいい名前270個集めてみた

女の子の名前に「花の名前」を使った素敵な名前200選

誕生月の花言葉から考える女の子の名前!1月~12月まで各月ごと解説

明るいイメージの『ゆかり』24選

夢や希望に関する漢字、歌や楽器など音楽に関する漢字、空や夏など活発な自然をイメージする漢字を集めてみました。

明るく楽しい印象の名前

夢叶里・有叶璃・夢叶璃・遊可璃・遊香里・遊花里・有光・優光・由光・結翔里・由翔里・有翔里・有歌里・由歌里・遊歌里・遊花鈴・有華鈴・有花鈴・結花鈴・友香鈴・由夏里・有夏里・有海里・由海鈴

【夢】常用漢字 人名読み「ゆ」

『夢』 を調べると、どの辞書にも”はかないもの・はっきりしないもの”と書かれています。

この漢字はその昔、『寝目(いめ)』と書かれて使われていました。“睡眠中に目に見えるもの”という意味です。

この言葉が平安時代に「ゆめ」へと転じ、“はかなさ”を表す歌などで比喩的に用いられるようになりました。

さらに発展し、近代以降には“目には見えないけれど心に描かれる思い・目に見えそうで見えない(現実になりそうでなっていない)”という意味で使われるようにもなりました。

名前に使う場合は、将来の希望や夢という意味を用いて使うと良いでしょう。

「夢に向かってまっすぐ突き進んでほしい」

「大きな夢を持ち、希望の光に満ち溢れた毎日を過ごしてほしい」
などの願いを込めてみてはいかがでしょう。

【叶】人名用漢字 人名読み「か」

『叶』 は、右側の『十』が“たくさんの~”を表し、左側の『口』が“協力・合わせる”を表します。この2つが合わさり、“人の意見が一致する・調和する”という意味を持つようになりました。

日本では“思い通りになる”という意味があり、「夢が叶う・願いが叶う」のように使われますが、もともとの語源をたどると「人との助け合いがあってこそ思いが叶う」といったイメージで使うのがよさそうですね。

「多くの人とともに支えあいながら、夢に向かってゆっくり歩んでほしい」

「見守ってくれる周囲の人への感謝を忘れずに過ごしてほしい」
といった願いを込めてみてはいかがでしょう。

個人主義化が強まる日本人の価値観

近年の日本は、名付けにおいても個人主義化が強まっていると言われます。どのようなことなのかをまとめてみました。

個人主義と集団主義の違い

『個人主義』と反対の言葉を『集団主義』といいます。

集団主義とは?

個人よりも集団であることに価値を見出すことを『集団主義』と言います。ひと昔前の名前は、女の子は「子」の付く名前がほとんどで、男の子の場合は、「〇太郎」や「〇一郎」といった名前が多くありました。

子供の名付けで、他の大勢の人たちの好みや世の中の風潮に合わせることが良いと考えられていた、それが名付けの『集団主義』と言われているものです。

個人主義とは?

一方で『個人主義』とは、個人の価値観や自由、個性を尊重することを言います。いわゆる『キラキラネーム』と呼ばれるものがそれに該当するかと思われますが、それだけではありません。

今回ご紹介した『紫』を「ゆかり」と読ませる名前も一般的ではなく個性的。他にも『空』を「すかい」と英語読みさせたり、『心優』を「みゆ」と読ませる短縮読みの名前も個人主義に該当します。

個人主義化のメリットと注意点

ひと昔前は集団主義だった日本人の価値観が、時代の変化とともに個人主義化していると言われます。考え方の幅が広がり選択肢と自由度が増した、それは大きなメリットだと思います。

しかし、子供の名前に最も強い決定権を両親が持つ時代だからこそ、その責任も重くのしかかってきます。一歩間違えると、個性が「奇抜・奇怪」ととらわれてしまう可能性もあります。

共通する『幸せ』を大切に!

時代が変わり社会が変わると、価値観や個性に対する考え方も変わります。しかし、そこには我が子の『幸せ』を願う両親の気持ちが存在し、それはどの時代であっても変わることはありません。

今、良いと感じた名前が、これからさらに先の時代へと移り変わっても、子ども自身が良いと感じ続けることができるでしょうか。

先の未来は誰にもわかりませんが、子供が名前を通して『幸せ』だと感じ続けるためには、そこに両親からの深い愛情が込められることが最も大切だと思います

個性的な名前も平凡な名前も、それぞれにメリットがあります。強い信念を持って想いを込め、子供が一生自信を持ち続けられるような素敵な名前に決めてあげて下さいね。

【関連記事】

女の子の和風な名前283個集めてみた

女の子の名前を三文字で検討中のママへ!三文字名前を211個集めてみた。

女の子でひらがなの名前50選〜日本史由来の素晴らしいひらがな名前〜

古風でかっこいい女の子の名前を483個集めてみた

オシャレな女の子の名前154個集めてみた

最近急増中!女の子の命名に人気のキラキラネーム100選

キラキラネーム改名の実例と改名の手続き方法


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします