産後

産後にシミが増えた原因と対策3つ(産後のシミに悩んだ美容部員の発信)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

産後の育児で慌ただしい毎日、ふと鏡を見ると見覚えのないシミがいつの間にか出来てる!なんて事はありませんか?

なぜできるのでしょう。原因は「女性ホルモン」にあるようです。

今回は、筆者自身が悩んだ経験と美容部員で培った知識を活かして産後はなぜシミが増えるのか?そして、出来てしまったシミはどうしたら薄くなるのか?産後のシミ対策をご紹介します。



シミはどうやって出来るの?

肌が紫外線を浴びると、基底層にあるメラノサイトがメラニン色素を作り出します。作られたメラニンはケラチノサイトという細胞にとどまり、細胞と共に分裂しながら肌の表面に約28日間かけて上がっていきます。

通常肌の表面に押し上げられたメラニンは、角質と共に垢となってはがれ落ちるのですが、ターンオーバーの乱れや何らかの肌トラブルによりそのまま剥がれずに肌に残るとシミになってしまうのです。

産後のシミが出来る原因は女性ホルモンが関係している

では、なぜ産後にシミが増えるのでしょうか?それは、妊娠中に増える2種類の女性ホルモンが関係しているからと言われています。

エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲンは、女性らしい体つきを作ったり、美肌を保つはたらきをするホルモン。妊娠中は特に多く分泌され、肌のハリを出すのに必要なコラーゲンやエラスチンを維持し、肌の老化を進める活性酸素を防ぐ役割もしてくれます。

妊娠中に増えたエストロゲンの分泌は、産後一気に急降下します。すると、肌のバリア機能が弱くなり外部からの刺激を受けやすくなるため、シミが出来やすくなるのです。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲステロンは、子宮を妊娠出来る状態にしたり、出産まで妊娠を維持するなどの働きをしてくれます。

一方で、シミの元となるメラニンを作り出すメラノサイトを活発にしてしまうという厄介な面もあり、妊娠中は特にシミが増えやすい肌環境に変わってしまうのです。

もちろん、産後にホルモンの分泌は減ります。しかし、ホルモンの影響を受けた体は直ぐには妊娠前の体には戻りません。元の体に戻るには半年から1年を要すると言われており、やはり産後はシミができやすいのです。

3つのシミ対策

ホルモンの影響でシミが出来やすい妊娠中から産後すぐの期間はどうやってシミを防げば良いのでしょうか?

1、紫外線対策でシミを防ぐ

産後のシミの原因は「女性ホルモン」だけではありません。やはり紫外線も大きな原因となります。

なぜ紫外線がシミの原因になるのでしょう?仕組みは次の通りです。

【紫外線の影響でシミができる仕組み】

紫外線がメラノサイト(表皮の基底層にあるメラニン生成細胞)を活性化する。

活性化されたメラノサイトはメラニン色素を生産する。

メラニン色素が肌表面(表皮)に増殖し沈着するとシミとなる。

なんとか紫外線の影響を防いでシミ対策をしたいものですね。

次に対策法をいくつかご紹介します。

日焼け止め効果のあるパウダーファンデーションで紫外線対策

パウダーファンデションで紫外線対策ができます。

パウダーの微粒子(酸化チタンなど:0.0001mm以下)が紫外線を跳ね返して、皮膚内に紫外線を侵入させない効果があるためです。

使い方のコツとしては、この3点↓↓

・塗りムラを作らないこと。
・こまめに化粧直しすること。
・顎の下や首筋まで塗っておく。(スキーに行く際などは)

塗りムラや化粧崩れがあると、そこから日焼けしてしまうのは分かると思いますが「スキーで必要?」と思う方もいるかもしれません。

驚くことに、ゲレンデの反射光線はなんと反射率80~90%もあるのです(路上のコンクリートは5~10%)。

そのため、スキーに行く場合や積雪の多い地域にお住いの場合は、「下からも紫外線を浴びてる」という意識を持つようにしましょう。

また、パウダーファンデーションだけでなく、下地クリームも合わせて使うとより効果的ですよ。

日焼け止めクリームで紫外線対策

次に日焼け止めクリームで対策する方法です。

【こまめに塗る事で効果が発揮される】

もし、日焼け止めを塗っても焼けてしまう人はきちんと使いこなせてない可能性があります。「朝だけ塗って対策できてる」と思ってませんか?

日焼け止めは、「こまめに複数回、ムラなく塗る(目安は2時間おきに塗り直す)」ことで効果を発揮します。

なぜ朝だけではダメなのか?理由は時間の経過とともに効果がなくなるからです。

日焼け止めクリームに含まれる「紫外線吸収剤」には、紫外線を吸収して他の熱エネルギーに変えて放出してくれる作用がありますが、吸収すると効果が下がってしまうのです。

そのため、日焼け止めの効果を維持するなら、こまめに塗り直す必要があるのです。

【使うシーン別に適切なものを選ぼう】

また、日焼け止め自体も肌に負担になります。使うシーンにあった使い方をしなければ「必要以上に肌に負担をかけてしまう」ことになります。

以下を参考に選ぶと良いです。

日常生活なら・・・UVA(シミやシワの原因となる紫外線)とUVB(皮膚ガンやシミの原因となる紫外線)両方をカットするタイプを選ぶ。
紫外線の強い時間帯に外出するなら・・・SPF値・PA表示が中程度のものを選ぶ。
海など日差しが強い場所へ行くなら・・・SPF30以上で、PA++~PA++++の日焼け止めを選ぶ。

日傘で紫外線対策

日焼け止めクリームによる肌への負担を考慮するなら、日傘や帽子で対策する事も大切です。

例えば、以下の日傘であればUVカット率99%以上

アマゾンボタン

おまけに一般的な日傘より、冷たく感じられ、雨の時でも使えるので人気のようです。



2、食事でシミを防ぐ

妊娠中は胎児の為、産後は質のいい母乳の為、そしてママの体を早く回復させるためにも、バランスの良い食事は大切ですよね。

ここではシミの予防ができる栄養素をご紹介します。是非参考にして日々の食事に取り入れてみてくださいね♪

【ビタミンB2】
肌のターンオーバーを正常化し、メラニンの排出をスムーズにしてくれる効果が期待できます。

(主に豚や牛のレバーに多く含まれています)

【ビタミンC】
メラノサイトへ働きかけてメラニンが作られるのを抑制してくれます。さらに、日焼けによる皮膚の炎症も防いでくれる優秀な栄養素です。

ただ、水溶性のビタミンCはストレスなどで消費され、体外に排出されやすいのでこまめに摂取しなくてはなりません。

(主にパセリ、ピーマン、アセロラ、イチゴなどの緑黄色野菜や果物に多く含まれています)

【Lシステイン】
過剰に出来たメラニンを抑制し、肌の代謝を促してメラニンの排出をサポートします。

(アーモンドやカシューナッツ、さんまやカツオに多く含まれています)

【リコピン】
抗酸化作用の高いリコピンは紫外線から受けたダメージを修復し、メラニンを抑制してくれます。

(トマトやピーマンに多く含まれています)

3、スキンケアでシミを防ぐ!

紫外線を浴びないように気をつけるのは大切ですが、出来てしまったシミを薄くしたり、肌のターンオーバーを正常化しメラニンをシミにしない為には毎日のスキンケアをしっかりすることも重要です。

洗顔で古い角質をしっかり落とす

まずは洗顔で角質をきれいに洗い流しましょう。角質には、古くなった細胞の中にメラニンが留まっておりきちんと落とさないとシミになってしまう恐れがあります。また、摩擦もシミが出来る原因の一つ。

洗い流す際には余分な刺激を与えないようにたっぷりの泡で優しく洗うよう気をつけましょう。

シミ対策の美容液を使う

化粧水で肌を柔らかくしたらシミに有効な美容液をつけましょう。美容液には即効性は無いのですが、使い続けることでシミを予防したり、肌環境が整いハリや透明感が出たりシミが薄くなることも期待できます。

しかし、美容液といっても様々な種類がありますよね。美白美容液とうたっている製品は、シミを予防する効果が期待出来るものと、出来てしまったシミを薄くする効果が期待出来るものの大きく2種類に分けられます。

まずメラニンの生成を抑制する、つまりシミを予防する効果がある美白成分は

・ビタミンC誘導体
・ハイドロキノン
・アルブチン
・プラセンタエキス
・トラネキサム酸
・ルシノール

などがあります。

そして、すでに出来てしまったシミを薄くする効果が期待出来る成分は

・ビタミンC
です。

肌の透明感を引き出し炎症を抑える働きをします。

これらの成分が含まれている美容液を毎日つけることもシミ対策としては有効です。さらに、美容液をつけた後は乳液もしくはクリームで膜を張り、化粧水の水分と美容液の成分を肌に閉じ込めてくださいね。

ストレスを溜め込まない

慣れない育児と毎日の家事で忙しいとストレスは溜まる一方ですよね。特に新生児は3時間起きの授乳やオムツ替えなどで自分の時間がとれずストレスを解消する暇なんてないのではないでしょうか。

ストレスをため込むと体が緊張状態になるので血流が悪くなり、活性酸素を生み出します。

活性酸素は細胞を酸化させてしまい、細胞の元気がなくなると体内のバランスが崩れてメラニンが過剰に作られたり、肌のターンオーバーが乱れシミができやすくなってしまうことに。

ストレスはお肌の大敵です!

忙しい中でも一息つけるように家族に協力してもらったり、家事も完璧にやらずうまく手を抜いたりして少しでもストレスを減らしましょう。

産後のシミは自然に薄くなる?

産後にシミが出来てもホルモンが正常化するにつれ、自然に薄くなる人もいます。ただ、産後のホルモンバランスで出来たシミがさらに紫外線やストレスの影響をうけると消えにくくなってしまいす。

産後のシミを残さないようにするには、日頃の生活習慣や紫外線対策が大切です。

赤ちゃんが産まれてなかなか自分のスキンケアをする時間が取れないかもしれませんが、後で後悔しないようにシミ対策を忘れずにしたいですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします