1歳~3歳児 子供の教育・成長・遊び

学研幼児教室に通わせて感じた10のメリット

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

子どもが2歳前後になると、そろそろ幼稚園の準備のことも視野に入れて、習い事やプレ幼稚園などを考えるママも最近は多いようです。

私自身も2歳の娘の子育て真っ只中、どこの幼稚園に入れようか、そもそも入れるのか、激戦で入りにくいのか、あたふたしながら情報収集の日々を送っています。

そんななか、スムーズに幼稚園に通うために、2歳から始める幼児教室にめぐりあったのです!

お教室に通えば幼稚園準備もバッチリ!我が娘も通う、お教室の内容とメリットをご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。



学研幼児教室って何?

みなさん学研の幼児教室って聞いたことありますか?

よく、ショッピングモールなどで簡易的なお試しコーナーが作られ、幼児教室体験ができるというものを見かけますよね?

教材を使って知育的なことをするんでしょ!そんなイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

私も同じように思っていましたし、お教室は受験する子どもが通うところだ!なんて思い、素通りしていました。

学研幼児教室で行うこと

知育、それも正解なのですが、知育的なお勉強をはじめ、粘土、クレヨンでのお絵描き、はさみやのりを使っての工作、歌、体操や手遊び、自由遊びなどを行います。

えっ、なんか幼稚園みたいじゃない?

そうなんです!幼稚園ですることと変わらないのです。幼稚園の体験版のような雰囲気なのです。

スムーズな幼稚園準備のために

実はこの「学研幼児教室」の開設場所が保育園や幼稚園ってご存知ですか?

全国の保育園や幼稚園の一室を借りて、学研の指導員さんが指導に来てくれるんです。行きたい、もしくは興味のある幼稚園等でお教室が開かれていればラッキー!

幼稚園入園前に幼稚園に慣れることができますよね。また、幼稚園の雰囲気を知ることもできます!

学研幼児教室に通うメリット

私の娘が実際に通い、良かったなと思う点をご紹介したいと思います。

1、幼稚園入園前にお友達ができる

学研幼児教室は、1クラスおおよそ20人ほどです。同じ年齢の子が、同じお教室で一緒に学ぶ経験ができるのもメリットです。

公園や支援センターとは違い、幼稚園の教室という空間で、たくさんのお友達と出会えるいい機会となりますよ!

2、ママ同士の情報交換の場ができる

同じ年齢の子どもを育てるママが集まるので、気軽に相談したり、情報交換することができます。

また、上にお兄ちゃんやお姉ちゃんのいるママからは先輩ママとしてのお話も聞けちゃいます。

3、疑似体験のようで、幼稚園入園のイメージが沸く

朝、教室に入ったら連絡帳にシールを貼る、自分の名前プレートを黒板に貼る、みんなが集まるまで自由遊び、など幼稚園で実際にやることと同じようにやってくれます。

1年間通えばすっかり慣れ、幼稚園にもスムーズに入園出来そうです!

4、お友達同士、刺激し合い、子どもが成長できる

イヤイヤ盛りの2歳児、まだまだ赤ちゃんな面もあり、気分が乗らなかったり、やりたくないとぐずる子もいます。

でも、お友達が誘いに来てくれたり、お友達の姿を見て「やろう!やってみよう!」という気持ちが芽生えることも!

さらに、子ども同士のやりとりの中で新たな子どもの一面を発見したりと、通い続ければ必ず成長が見られます。

実際に、娘は人見知りちゃんでしたが、お名前を呼ばれたら手をあげ「はい!」と元気にお返事できるようになりました。お友達の姿、子どもはよく見ていますよね。

5、指導員さんに育児相談もできる

学研幼児教室の指導員さんは、幼稚園の先生と同じくたくさんの子どもを指導してきたベテランです。

イヤイヤ期のことや、トイレトレーニングについてなど、子育ての気になることも気軽に相談に乗ってくれます。

6、母子分離期間もあり、子どもの自立もはかれる

これまで子どもと離れたことがない、幼稚園にママと離れて行けるのかな?という不安もありますよね?

学研幼児教室では子どもたちが慣れてきた頃、おおよそ秋以降に母子分離でお友達と先生だけで過ごします。

この期間があると、幼稚園前にママと離れるのに慣らすことができるので安心です。

7、いろいろな教材、教具を使って初めての体験ができる

家で、のりやはさみを使って子どもと遊ぶことって案外少ないかもしれません。幼稚園で使うのは手で伸ばして使う「でんぷんのり」。

実はこれ、嫌がる子も少なくないんです。娘のお友達も触りたくないと絶叫していました。

幼稚園では当たり前のように工作で使用する、「でんぷんのり」、これもしっかり使い方を教えてくれます。

また、危ないからと、はさみを使わせないようにしている家庭も多いですよね。このお教室で初めて、はさみを使う経験をする子も多くいます。

いろいろな“初めて”を経験させてくれるので、幼稚園でも安心です!

8、子どもが飽きない構成で、また行きたい!と思える

週に1回、1時間なので無理なく通えます。

毎週、カリキュラムが決まっていて、事前にプリントで教えてくれます。テーマに合わせた遊びや工作などを行います。

あっという間に時間が過ぎて、まだ物足りない、そんな子どもたちも多いですが、それがまた行きたいと子どもが思える理由なのかなと思います。

9、しつけや挨拶もしっかり学べる

始まりはしっかりと挨拶、終わりも挨拶、また、指導員さんがあらゆる場面でしつけの指導をしてくださいます。

「これは食べてもいいの?」「いけないね、食べたらお腹が痛くなっちゃうね」など、子どもに伝わりやすく、分かりやすく教えてくれます。

10、親子のスキンシップがはかれる

最初は親子一緒なので、歌や体操、工作など子どもと一緒に楽しむ時間となります。

なかなか家では忙しくて子どもと向き合えてないかな、なんて感じているママも、この日はしっかり向き合えます。

パパが一緒のお子様もいたり、親子でスキンシップがはかれます。



プレ幼稚園か学研幼児教室か迷ったら

まずは行きたい、行かせたい、気になる幼稚園を調べてみてください。

プレ幼稚園か、学研幼児教室かどちらかを開催している園が多いと思います。もちろん必ず通わないといけないということはありません。

幼稚園準備に不安だな、何か幼稚園までに始めようかな、お友達作りしたいななどのきっかけで入る子が多いようです。

園によっては、園が開いているプレ幼稚園に通わないと幼稚園入園が難しいとか、そこの幼稚園で行われる学研幼児教室に通えば幼稚園入園の優先枠があるというところもあるようです。園によって違うのでしっかりと正確な情報を得てから動くようにしましょう。

プレ幼稚園と学研幼児教室のどちらがいいかは迷うかもしれませんが、それぞれのメリットがあります。

我が子の場合は、たまたま行きたい幼稚園がプレ幼稚園を開催しておらず、学研幼児教室を開いていたというのが始まりです。

気になったらまずは体験に行ってみましょう。

幼稚園入園まで有意義な時間を過ごそう


あっという間に2歳、3歳と成長、気づいたら幼稚園入園!となんだか子育ても慌ただしく毎日が過ぎていきます。

幼稚園前に準備しなきゃ!とあまり考えすぎる必要もないですが、なにか習い事でも行かせようかな、毎日公園ばっかりの往復でつまらないかな、なんて思って過ごしているママには、ぜひ視野に入れてもらえたらと思います。

楽しく通えて、入園準備もできれば一石二鳥!

幼稚園入園までの時間を親子で有意義に過ごせたらいいですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします