産後

産前より痩せる!産後ダイエットの鍵は骨盤を戻す事に有り!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。3歳の娘・5歳の息子・8歳の娘の3人の子どもを育てているママライターです。

妊娠中についてしまった余分なお肉・・・。何とかしたいと思いますよね。

妊娠中に太るということは、出産のための体力を備えるためにも、大切です。

妊娠中には、栄養バランスを考えて、しっかりと食事を摂り、産後も無理なダイエットは、体のために良くありません。

3人の子どもを産んで、私は産前よりも痩せることが出来ました。

ポイントは、骨盤!!

今回は私が成功した、産後ダイエットについてご紹介します。



妊娠中に油断した!妊娠中の体重増加は必要です

妊娠中に10キロ20キロ太ってしまいどうしようと悩んでいる方も多いと思います。

しかし、栄養バランスのよい食事を摂っていて、赤ちゃんの栄養になるということを頭に入れていれば、大丈夫。

妊娠中の体重増加は、妊娠中毒症にならない程度なら、必要です。

妊娠中は、適度な柔軟体操やストレッチで体を柔らかくしておく程度で、産後のダイエットを頑張りましょう。

妊娠は、骨盤矯正をする絶好のタイミング

妊娠中は、赤ちゃんが出てきやすくするために、少しずつ骨盤が緩んでいきます。

産後、そのままにしてしまうと「体重は戻っても体型が戻らない」「1人目の時は戻ったけど、2人目になったら戻らない」なんてことになってしまうことも・・。

産前の体型に戻すためには、産後の骨盤矯正は必要!骨盤を正しい位置に戻すことで、

妊娠前までに歪んでしまっていた骨盤を矯正することも出来るので、妊娠は痩せやすい体になるチャンスです。

焦ってはダメ!産後の体に無理なダイエットは禁物です

産後ダイエットは半年が勝負と言われるので、焦ってしまうという人も、安心してください。

半年を過ぎたら、戻らないわけではありません。産後は体調が万全でない上に、慣れない育児でダイエットどころではないですよね。

そんな中で、食事制限や過度な運動をしてしまっては、体を壊してしまいます。



産後ダイエットにおすすめ!骨盤ベルト

産後の緩んだ骨盤を引き締めてくれるのが、骨盤ベルトです。なるべく早いうちから、骨盤ベルトで骨盤を締めましょう。

整形外科やエステなどで骨盤矯正をしてもらっても良いですが、それだけに頼ると出費がかさんでしまいます。

ダイエットにまで回らないという方は、ぜひ骨盤ベルトだけでもしておくことをおすすめします。

余裕が出てきたら、骨盤を締める体操を!

育児に余裕が出てきたら、少しずつ体操やストレッチを始めましょう。

産後は体が緩んでいるので、毎日柔軟やストレッチをするだけで、体が柔らかくなります。

可動範囲が広がって代謝がUPし、痩せやすい体を手に入れることが出来るのです。

テレビを見ながらでも、洗濯物を干しながらでも、ながらストレッチを取り入れると効果的です。

そして、骨盤を正しく締める体操をしましょう。

カンタン!腰を回すだけの骨盤体操

骨盤を正しく戻す簡単な体操は、腰を回すということです。

正しい方法を身につけるために、フラフープを回してみてください。

フラフープを上手に回すためには、足を肩幅に開き、腰を落として、腰だけを回します。

なるべく頭の位置を動かさないということが大切です。

腰の回し方が分かったら、今度はゆっくりと1周8秒くらいかけて左に10回、右に10回、1日3セットを目標に回します。

時間がない時には3回ずつなど、調節してもOK。出来るときにできるだけ、頑張りましょう。

尿漏れ予防にも効果あり!骨盤を締める運動

産後、骨盤が緩んだままだと、尿漏れに悩まされることになるかもしれません。

子宮底筋を鍛えて、骨盤を引き締めることで、お腹周りから、お尻、太ももの悩みを解決しましょう。

子宮底筋を鍛えるためには、背筋を伸ばして、肛門を閉めるように、子宮底筋に力を入れます。

このときに、姿勢を正して、お腹や太ももにも軽く力を入れるとより効果的です。

力を入れて閉じたり、緩めたりを10回、1日3セットくらいを目標にしましょう。

回数にこだわるよりも、毎日続けることが大切です。また、お腹に力を入れると痛みを感じる場合は、中止して下さい。

最低でも産後1か月くらい経って、体が元気になってから始めて下さいね。

正しい姿勢が大切!背筋を伸ばすだけで筋力強化

背筋、曲がっていませんか?体が緩んでいる産後こそ、正しい姿勢を心掛けて、美しい立ち振る舞いを身につけるチャンスです。

可愛いお子さんのためにも、猫背はNG。正しい姿勢は、学習効率をUPさせ、体型維持のための程よい筋肉を付けてくれるのです。

正しい姿勢になれていないと、初めは疲れてしまうかもしれません。

いつも正しい姿勢でいることで、筋力が付き、お腹が引締められるとともに、腰痛や肩こりの予防にも効果があります。

常に正しい姿勢でいるだけで、骨盤や骨格が歪まずに、余計な肉が付きにくくなるのです。

妊娠こそダイエットに最高のタイミング!

妊娠という機会こそ、生活リズムを改善し、意識を変えるチャンスです。

妊娠中はもちろん母親の食べたものが、赤ちゃんの栄養になりますし、母乳をあげていれば、食べたものによって母乳の栄養価や味が違ってきます。

赤ちゃんのためを思えば、ジャンクフードやスナック菓子などを控えて、3食栄養バランスの取れた食事を心掛けることができますね。

生活リズムは、赤ちゃんが小さいうちは難しくても、卒乳する頃には睡眠も落ち着くので、赤ちゃんと一緒に早寝早起きの生活に切り替えるのがおすすめです。

妊娠を機に緩んだ骨盤を正しく戻して、それを維持するために、正しい姿勢を心掛けることで、妊娠前よりも、太りにくい体質を手に入れましょう。

心掛けることだけで違います

いろいろとおすすめしてきましたが、産後の体はホルモンバランスが崩れているので、精神的にも不安定で、体調が万全とは言えません。

くれぐれも無理のないように、体調を壊さない程度に行ってください。育児にもダイエットにも正解はありません。

人それぞれ違うので、焦らずに試してみて下さい。知っている、心掛けるということだけでも、変わってくるので、ゆるい気持ちで頑張ってみて下さいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします