女性の健康

辛い冷え性と5年間闘ってきて効果アリだった改善法3つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!今年5歳になる長男と2歳になる長女を育てているママライターです。

冷え性に悩むママってとても多いのではないでしょうか。

実際に私も長男を出産した5年前から、冷え性に悩まされていました。

出産で体質が変化したのか、冬場はカチコチに手足が冷たくなり、夏は冷房の効いた部屋にいると手先からじわじわと冷えてくる・・・。

そんな私が色々と試すうちに冷え性が気にならなくなるほどに効果を実感した3つの方法をご紹介したいと思います。

冷え性改善のカギは靴下にあり

冷え性の方の多くは自宅でも靴下を履いて生活している人が多いと思います。

冷え性はつまり体の中で血液の循環が滞っていることが原因により体の末端、つまり足先や手先から冷えてくることが原因の1つにあるので、靴下を履くのは非常に効果的です。

ただ一言で靴下といってもどんな靴下をはくのかが重要になってきます。

五本指靴下を履く

最近では100円均一などでも見かけるようになった五本指に分かれている靴下です。

普通の靴下に比べて足先の動きが活発になり、履いて生活をするだけで普段よりも足先を使っている状態になります。

靴下はゆるめが良い

普段履いている靴下ですが、靴下は足首に負担をかけないような少しゴムの緩めな靴下をおすすめします。

ぴったりサイズの靴下を履いていると足首の靴下が止まる部分でやはり血流が悪くなります。そのままですと靴下を履いているのになかなか足が温まらないということが起こりがちです。

普段から気持ち緩めの靴下を選ぶようにしましょう。

冷え性改善に取り入れるべき食材選び

わかっちゃいるけれどなかなか上手くいかないのが食生活の見直しです。

見直すとなると大幅に食生活を変えなければいけないのかな・・と敷居が高くなりがちです。

今回は食生活改善ではなくプラスでとると効果的な物を紹介します。

冷えにはやっぱり生姜。

そうです。冷えにはやはり生姜なのです。

生姜はそのまま生でたべるよりも実は加熱をしたほうが効果は高いと言われています。

加熱をすることで生姜の成分のジンゲロールと呼ばれる成分がショウガオールと呼ばれる成分に変化します。このショウガオールが冷えには効果的なのです。

生姜を食べるときはスープや生姜紅茶、調味料として加熱調理することをおすすめします。

野菜を食べよう。

野菜が体に良いのはみなさんご存じだと思います。

しかし野菜は体に良いからと毎食サラダで摂取ということを続けると体は冷えてしまうのです。

生野菜は朝食べるのが効果的です。朝はこれから行動をする時間なのでエネルギーがどんどん消化されていくので生野菜を食べて栄養を取るのは健康にとてもいい習慣でしょう。

逆に夜は加熱調理をして食べることで体も冷やさず、消化も良くなるので理想的な食べ方と言えます。

飲み物はほどほどに。

飲み物はやはりキンキンに冷えたものよりは常温か温かい飲み物のほうが冷え性改善には効果があります。

白湯や温かいお茶はもちろんですが、ココアやシナモンの入ったチャイティーなどは体を内側から温めてくれます。

我慢をしてストレスになるのは良くないので冷たい飲み物やコーヒーもほどほどにしてみて少し体のことを意識してみると良いと思います。

大事なのは足首・手首を柔らかくすること

冷え性の人の多くは運動不足といわれています。

わかっていても日常に運動を取り入れることは簡単ではありません。そんなママたちにおすすめなのが手首・足首を回すことです。

お風呂の中で。

お風呂に入った時にすこしの時間でも足首と手首をゆっくりと回してみてください。

湯船の中で体がほぐれている状態で足首・手首を回すだけで、血流がよくなり体の先から温かくなります。

寝るときの布団の中で。

布団に入り、寝る前に足首・手首を伸ばしたり回したりしてみてください。

いつもの冷たい足先・手先がポカポカしてくるはずです。

最後に

いかがでしょうか。普段子育てに忙しいママでも少しなら実践できそうな気がしませんか?

冷え性は放っておくと肌荒れや便秘などの原因になります。

毎日子供と過ごす中で少しずつでも取り入れて、今年の冬は体の芯からの冷え知らずな健康ママを目指して今日からコツコツ始めてみましょう。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします