幼稚園・保育園

ママなら皆共感?!マザーゲームで共感できる3つのシーン

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

 みなさんは、火曜日に放送されているドラマ「マザーゲーム」をご覧になっている世の女性のかたは非常に多いとおもいます。

 そんな熱中している「マザーゲーム」に、熱く共感する場面も多々あるはずです。

 今回、ドラマでどのような場面に共感を持ったかということを簡単にまとめてみました。

 まだ、マザーズゲームをご覧になっていない方も、ぜひ気になって観てみてはいかがでしょうか。



「ボンジョルノ~」にイラッとした瞬間

 木村文乃さん演じるシングルマザーの蒲原希子の元夫が生きていたという新事実が判明した瞬間、

「ボンジョルノ~」という声で多くの女性の方は怒りを感じたのではないでしょうか。

 離婚した元夫が生きているだけでも驚きの展開なのに、

能天気に出現しては売上のお金を盗んだり、勝手に子どもと顔合わせをしたりと、

身勝手な行動が目立ちます。

 「今更妻と子ども捨てたやつが!」と思うでしょう。

しかしこの元夫、後半で少しだけいいやつになる

 しかしドラマの後半でだんだんといいやつに思えてくるシーンがたくさん出てきます。

 回想シーンでも、「あれ?思ってた以上にそこまで悪いひとじゃないかも・・・」と思う人も出てきたのではないでしょうか。

 ドラマの後半に差し掛かってきている状態なので、

今後の元夫の活躍が気になるところですね。

もはや主人公?!嫁姑バトル勃発

 矢野聡子演じる長谷川京子さんは姑とぶつかっているシーンが目立ちますよね。

 あの展開、ドラマでいったらサブキャラの立ち位置の展開のはずなのに、

釘づけになってしまいますよね。

 嫁いびり、跡取りが~などなど、鼻につくような発言が目立ちますよね。

 そんなシーンを見て、「嫁の立場」という心境が大いに理解できるのではないでしょうか。

あえて平和で終わったシーンにも注目

 ドラマの後半部分で、息子のバイオリン発表が失敗してしまったことから、

姑が失敗したことに攻め続ける場面がありますが、

そこで嫁の立場である矢野聡子が言った言葉

 「家族が笑顔で暮らせること」

 実際にこうなってほしいと願った女性はどれくらいいらっしゃったのでしょうか。

 この出来事から、家庭内のいざこざもなくなり、関係も良好なご様子。

 自分の家庭もこうあってほしいと、願ってしまったことはなかったでしょうか。



やっぱり最初の市役所のやりとりが気になる!

 やはりドラマの冒頭で、いつも市役所とやりとりをしている場面がありますよね。

 さまざまなアニメを交えてたとえ話をするということから始まりますが、

そこで共感できるのはやっぱり「待機児童」ですよね。

 どこの自治体でも、あの人数が待機で待っている状態というのは非常に怖いものですね。

市役所の職員さんもあれだけやさしそうな人なら・・・

 面白いやりとりをしているのを見ていると、

の市役所の職員さんと同じくらいにやさしければなぁとおもう人もいらっしゃるとおもいます。

 実際には、子どもの関係で市役所によくいくことがありますからね。

 しかしいつになったら「待機児童」は0になるのでしょうね・・・。

あのやりとりを見ていると、今後心配になってきます。

まとめ

 マザーゲームの共感できるところをまとめてみました。いかがだったでしょうか。

 上記以外にも、気になるシーンというのは多々ありますが、

今回はこちらの3つをチョイスさせていただきました。

 ドラマの後半にはさしかかってきましたが、

まだまだ何か波乱の幕開けが始まったようですね。

 今後の展開がとても楽しみです。

まだマザーズゲームをご覧になっていないという方、ぜひ!ご覧になってみてください!

【関連記事】

【マザーゲーム】名門幼稚園のママカーストは本当にある?豊洲実況編

マザー・ゲームは現実離れ?教育ママの本当の姿と世間体のギャップ

マザー・ゲームの幼稚園にそっくり。息子の幼稚園は格差がヤバい!

お受験経験ママがマザーゲームを見たリアルな感想


【トップ画像参照】

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします