命名・名前

男の子の名前で「けんしん」の漢字136選と由来のヒント

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

戦国時代の最強武将と言われる上杉謙信。その名と同じ『けんしん』 からは、強くて真面目、正義感の強い男の子という印象を受ける方も多いのではないでしょうか。

男の子らしい印象の名前には、当てて使える漢字もたくさん!漢字の意味や成り立ちとともにご紹介します。



聡明なイメージの『けんしん』28選

『謙虚』とは、控えめでつつましく、他の意見を素直に聞き入れる心を持つこと。相手を敬うこと。そんな気持ちを持った男の子は、芯が強く、思いやりにあふれ、そして本当の意味で聡明であると言えるのではないでしょうか。

謙虚な心を表す名前

謙心・謙真・謙信・憲心・憲信・憲真・堅心・堅信・堅真・賢深・賢心・賢真・賢信・検心・検真・検信・憲慎・謙慎・賢慎・堅慎・倹心・倹深・倹真・倹信・献真・献心・献信・献臣

【謙】常用漢字 音読み「けん」

“ひかえめ・へり下る・譲る・敬う”という、まさに謙虚な心を表す意味を持つ 『謙』 。礼儀正しく、落ち着きのあるイメージとともに、相手の心を思って行動する思考力の高さもうかがえます。

「誰に対しても敬意を持って接することのできる男の子に」「感謝の気持ちを忘れず、謙虚に生きてほしい」 といった願いがぴったりです。

【憲】常用漢字 音読み「けん」

“きまりやおきて”の意味を持つ 『憲』 からは、「憲法」を想像する方も多いのではないでしょうか。

少々硬い印象を受ける方も多いとは思いますが、この漢字を使う場合、下半分にある『目』と『心』に注目することで、ポジティブな意味を持って使うことができます。

決まりやおきてというものは、上から押さえつけられたものだけでなく、人と人が協力し合い、共に学びながらより良い社会を作り上げていくためにあるルール。

協調性や創造力に重ねて使うと、「豊かな経験から多くの知識を身につけ、人の役に立つ子になってほしい」 といった想いを込めて使うことができるでしょう。

【倹】常用漢字 音読み「けん」

“つつましやか・行いがひかえめ”という意味を持つ 『倹』 。外見を飾らず「無駄遣いをしない=質素=貧しい・乏しい」というイメージを持つ方もいるかもしれませんね。

しかし、外見を飾ることよりも仕事にいそしみ、心を配って努力するという意味の熟語『勤倹力行(きんけんりっこう)』や『勤倹小心(きんけんしょうしん)』もあります。

また、孔子が人に接するさまを表す『温良恭倹(おんりょうきょうけん)』は、“穏やかでつつましく控えめな態度で人に接すること”という意味があります。

良い意味で使われる 『倹』 の字は、謙虚で真面目な人柄を表したい名前にふさわしい漢字であると言えるでしょう。

多彩な才能をイメージする『けんしん』11選


学問的知識や教養などが高いことを意味する漢字を集めてみました。

才能や知識を想像する名前

兼慎・兼心・兼真・兼紳・健紳・賢紳・見紳・研紳・硯心・硯真・硯信

【硯】人名用漢字 音読み「けん」

書道で墨をするための道具を『硯(すずり)』と言います。修めた学問が広く深いことを『硯学(せきがく)』というように、知的さをイメージさせたい場合にぴったりです。

「学問にいそしみ、豊富な知識を身につけてほしい」「才能を磨き、豊かな人生を送ってほしい」といった想いを込めることができます。

【兼】常用漢字 音読み「けん」

『兼』 には“複数のものを合わせる・前もって・揃える”という意味があります。「要領よく物事をこなせる賢い子になってほしい」との由来で使うと素敵な名前になりますね。

【紳】常用漢字 音読み「しん」

『紳』 の字は、“教養や地位が高く立派であること”を表す漢字です。もともとは、位の高い人が使う礼服の太帯を表す漢字であったため、‘糸へん’が使われています。

品格を伴う教養の高さをうかがうことができる名前になりそうです。「紳士的な心を持った素敵な男性に育ってほしい」 などの想いを込めて使うと良いでしょう。

強さをイメージする『けんしん』40選

勇敢さを想像させる名前

建心・建信・建真・建慎・研心・研真・研新・研清・剣心・剣真・剣芯・拳芯・拳真・拳心・拳芯・拳清・健心・健慎・健新・健清・権心・権臣・険真・険臣・険晋・建晋・研晋・拳晋・拳進・健進・剣進・建伸・拳伸・権伸・険伸・険軸・権軸・建軸・拳軸・研軸

【建】常用漢字 音読み「けん」

『建』 は、“真っすぐ立てる”ことを表す漢字です。丈夫でしっかりとした強さがあり、“建物を立てる”という意味で「建築」や「建設」という言葉にも使われるようになりました。

また、“意見を出す”という意味も持ち合わせ、芯の強さ、気構えの強さを感じさせてくれます。「自分の意見を持ち、信念を持って生きてほしい」「真面目に真直ぐと、自分の信じる道を突き進む強さを持ってほしい」 との願いを込めて使うことができるでしょう。

【剣】常用漢字 音読み「けん」

『剣』 は刀剣のような武器やそれらを使った武術を指します。男の子にぴったりの漢字ですね。

日本では200年ほど前まで、武装のひとつとされてきた剣ですが、人を傷つけるものととらえずに『身を守るための道具』と考えて使うことが望ましいでしょう。

「剣のようにまっすぐな心を持ち、強くたくましく成長してほしい」「困った人に手を差し伸べることのできる、強い優しさを持った子に育ってほしい」 というような由来がおすすめです。

【拳】常用漢字 音読み「けん」

『拳』 は、ひと昔前であれば、男の子に絶大な人気を誇る漫画『北斗の拳』でなじみのある漢字でした。“素手による武術・握りこぶし”を意味し、道具に頼らない芯の強さや、心の勇ましさを感じさせてくれます。

「正義感の強い男の子に」「弱い人にこそ手を差し伸べることのできる強い心の子に」 などの願いを込めて使うことができます。

【権】常用漢字 音読み「けん」

『権』 は、“物の重さをはかること・その道具”を表します。それと同時に、“勢いや力がある”という意味も持ち合わせます。

人を従わせる力があるだけでなく、行うことに成果が見られるか否かを判断する能力を伴います。非常に賢い意味を持つ漢字です。

「物事を良い方向に導く判断力と行動力を持った子に」 など、将来に期待を寄せて使うのもおすすめです。

【軸】常用漢字 訓読み(表外読み)「しんぎ」

『軸』 は、表外読み

に「しんぎ」があり、そこから『しん』と読んで当てることができます。

名前には珍しい漢字なので、新鮮な印象を与えそうですね。“物事の中心・要”という意味があることから、リーダー的存在になる男の子を想像しながら使うと良いでしょう。

「人を引っ張り、積極的に行動を起こすことのできる子に」「芯の強さを持ち、たくさんの信頼感を得られる立派な男の子に」 などの由来付けで使うことができます。



自然をイメージする『けんしん』30選


『けんしん』という響きには、植物を表す漢字の中に使えるものが多々あります。

植物などにちなむ名前

萱心・萱慎・萱新・萱森・萱秦・健森・見森・権森・憲森・萱槙・見槙・研槙・萱芯・研芯・見芯・賢芯・健榛・研榛・兼榛・見榛・絢槇・顕槇・見槇・健薪・建薪・研薪・研槙・萱槇・健槙・賢槇

【萱】人名用漢字 音読み「けん」

『萱』 は、別名『わすれ草』を表します。夏に、百合の花に似た形のオレンジ色の花を咲かせます。

身近に置くと嫌なことをを忘れさせると言われており、恋の辛さを詠んだ和歌にも多く登場します。

◆道しらば 摘みにもゆかむ 住の江の 岸におふてふ 恋忘れ草 (紀貫之・きのつらゆき)

【訳】
道がわかるならば摘みにだって行こう、住吉の岸に生えているという恋を忘れさせてくれるという草を

◆かた時も 見てなぐさまむ 昔より 憂へ忘るる 草といふなり( 藤原兼輔・ふじわらのかねすけ)

【訳】
ほんのしばらくの間見ただけで慰められるけれど、昔から心の憂いを忘れさせてくれる草だと言われています

*『わすれな草』とは別の植物です。

花が咲く期間がたった1日という貴重さ、魅力的な美しさにちなみ「1日1日を大切に生きてほしい」 と願いを込めたり、食用・薬用としても親しまれていることに重ね「人の役に立つ子に」「たくさんの人に好まれる性格に」 などの想いで使うこともできます。

【榛】人名用漢字 音読み「しん」

春先に個性的な形の花を咲かせる『榛(はしばみ)』は、世界各国に自生する植物です。その花言葉は“調和・一致・和解・仲直り”。

「協調性のある子に」「たくさんのお友達ができますように」 などの由来がぴったりですね!

また、グリム童話『シンデレラ(灰かぶりの娘)』の中では、不幸なシンデレラの人生を幸せに導く魔法の杖として、榛が登場します。

世界中で、そして時代を超えて親しまれてきた榛に由来し、「海を越えて活躍できる子に」「多くの人を幸せにできるパワーのある子に」 など、様々な想いを込めることができそうです。

【芯】常用漢字 音読み「しん」

『芯』 は、もともとは『灯心草(藺草)』と呼ばれる草を表す漢字でした。その皮を剥ぎ、茎の中心部分をランプなどの芯として使ってきたことから、“物事の中心・中央”という意味が派生しました。

「人の心に灯をともすような、優しく温かな子に育ってほしい」や、「芯のしっかりとした男の子に」 などの願いを込めて使うことができます。

【槙・槇】人名用漢字 音読み「しん」

『槙(旧字体:槇)』 は、まき科・こうやまき科の常緑高木です。日本独自の意味として“木の梢・枝先”があります。細かい葉いう槙の特性を人格に重ね、「細かな気配りのできる子に」 と由来付けて使うことができそうです。

【関連記事】

男の子名前で「自然を感じさせる」かっこいい名前458個集めてみた

草木をイメージする男の子の名前222選

山をイメージする男の子の名前242選

男の子でも使える「花の名前」を使った素敵な名前100選

誕生月の花言葉から考える男の子の名前!1月~12月まで各月ごと解説

明るいイメージの『けんしん』27選


光が輝く様子、心の明るさ、事柄がはっきりと明確であることを意味する漢字を使った名前をご紹介します。

明るい意味を持つ漢字の名前

顕心・顕新・顕臣・絢臣・絢心・絢新・絹真・絹臣・絹真・絹伸・喧辰・健辰・建辰・研辰・顕賑・健賑・絹賑・研審・顕審・健審・萱津・憲津・研津・見津・見晨・見晨・研晨

【晨】人名用漢字 音読み「しん」

『晨』 は、“生気に満ちた朝・朝陽が昇ること”を意味します。これから始まる1日のスタートを子供の人生に重ね、幸先の良いスタートとなることを願って使うことができます。

「清々しく晴れやかな人生になりますように」「元気いっぱいな男の子に」 などの由来がぴったりですね。

【津】常用漢字 音読み「しん」

『津』 は、“港”や“船着き場”を表します。人が集まり賑やか、活気がある様子がうかがえる名前になります。「たくさんの友人に囲まれ、楽しい毎日を過ごせますように」 のような想いで使うと良いでしょう。

【顕】常用漢字 音読み「けん」

『顕』 の字には“はっきりさせる・公にする・身分が高い・高貴”という意味があります。

“よく目立つ”という意味を持って使うと「人前に出る積極性を身につけてほしい」「人の先頭に立てる信頼感のある子に」 などの願いを込めることができます。

また、“明らか”という意味では「裏表のない正直な性格に」「嘘偽りなく真面目に生きてほしい」 などの想いで使うこともできるでしょう。

【絹】常用漢字 音読み「けん」

“蚕のまゆから取った糸や、その糸で織った織物”を表す 『絹』 。その糸や布地の光沢から、明るい美しさ、きらびやかな様子が感じられる名前になります。

男の子の名前に使われることは珍しく、新鮮な印象を与えることでしょう。美しさだけでなく高貴なイメージもある絹。「品行方正で周囲の人に好かれる明るい男の子に」 などの願いが良いかもしれませんね。

【絢】人名用漢字 音読み「けん」

『絢』 の字は、「あや」と読むイメージが強く、女の子に多く使われるイメージが強いかもしれませんね。

男の子の場合は、絢人(あやと)に加え、最近は絢斗(けんと)・絢矢(じゅんや)の読みでも使われるようになりました。

“美しい織物”を表し、その艶やかさ、きらめき、彩りの様子から、明るいイメージを持って使うことができます。「キラキラと輝かしい人生を!」「笑顔の素敵な明るい性格の子に」 などの由来で使うと良いでしょう。

アニメにちなむ名前は賛否両論!

『強さをイメージする名前』の中で、アニメ『北斗の拳』に少しだけ触れました。最近では、『るろうに剣心』の『剣』を使う方も多いようですね。

好きなアニメにちなむ名前を、実際に子供につけることについては賛否両論あるようです。

掘り下げた由来を考えてみましょう!

アニメキャラクターにちなんで子供の名前を決めること自体には、それほど大きな問題はありません。

たとえば、両親が『海』が好きだから『海』を入れたり、山が好きだから『岳』を入ることと、さほど変わらないような気がします。

大切なのは、「そのアニメのどのようなところが好きなのか」、「キャラクターのどういった部分に惹かれるのか」という、掘り下げた理由ではないでしょうか。

『るろうに剣心』を例にあげると、「過ちを改め、精進する」という主人公の生き様に魅力を感じ、我が子にも「自分を高め、心身ともに強くたくましく育ってほしい」という理由を持って名付ければ、とても素敵な由来になりますよね。

そうすれば、むしろ、両親の大好きなことに結びつける強い想いのある名前になり、しっかりと愛情も伝わるのではないでしょうか。

子供の名前には、両親からの愛情が絶対に不可欠です。簡単な思い付きだけで決めることはせず、しっかりと信念を持って、愛情を持って考えてあげてくださいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします