妊娠初期 産後

何とかしたい!妊娠線を出さない為に出来る3つの予防策

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!ママ歴25年…というかもうグランマ・ライターでしょうか。

まだ若いとき、友人がこんなことを言っていました。

「うちのダンナがね、『お前は妊娠線でてるから浮気なんかできないだろうな』なんていうのよ!失礼よね!」

誰も好きこのんで妊娠線を作ったわけではないのに…

そしてダンナさんの子供のために出来た妊娠線なのに…

世の男性の無理解には情けなくなります。

ところでこの私ですが、子供二人生みましたが実は妊娠線が出ませんでした。

どうして出なかったんだろう?と考えてみたら思い当たることがありました。

それをご紹介したいと思います。プレママのあなたのお力になれたら幸いです。



腹筋

もし、あなたが独身時代、あるいは妊娠前になんらかのスポーツなどをしていて腹筋を鍛えていたら妊娠線の出る可

能性は低いでしょう。

実際、私も中学高校で合唱部で、腹筋を鍛えてました。

次の項で述べるクリームは使わなかった…というか、

妊娠線の予防はまったくしてなかったのに出なかったというのはこの腹筋以外心あたりがないのです。

妊娠線は、お腹が大きくなるにつれて皮膚が伸びることが原因といわれています。

腹筋でしっかりお腹を支えてればそれを防ぐことができるのです。

マタニティヨガ、妊婦体操

「私はスポーツしてなかったし、今さら腹筋なんてできないし…」

そうですよね。特に妊娠初期はお腹に力を入れるのはNGです。

そんなときは産婦人科のお医者様と相談してマタニティヨガや妊婦体操にとりくんでみましょう。

きちんとした指導者のもとならお腹への負担を減らすことができるでしょう。

ただし無理はいけませんよ。



ガードル、腹帯

仕事をしていてヨガや体操をする時間がなければガードルや腹帯で固定する方法もあります。

昔ながらのさらし

自分で締めかたを調整できるので私はこれが一番オススメです。

昔の人の知恵はすごいですよね。

コルセット、ガードル

私は二人目のときはこちらを使用していました。

このころになると上の子を保育園に預けて仕事をしていましたので、

ゆっくりさらしを巻く時間もゆとりもなかったんです。

直接妊娠線とは関係ありませんが、

次男を産んだ後お腹のたるみが元にもどらなかったのはこれの影響もあるかなあ?と思ってみたり…

そんなこともあり、さらしほどはお腹を支える力は弱いのかな?とは思いますが、

ショップの方に相談したり、サイトで調べたりしてみてベストなものを選ぶといいでしょう。

クリーム

お腹をガードルや腹帯などで支えつつ、お腹への保湿も忘れずにケアしましょう。

というのも、妊娠線はお腹の皮膚組織の断裂が原因と言われているからで、

なるべくお肌を乾燥させないのがベストなのです。

市販されている「妊娠線予防クリーム」が何種類か発売されていますが購入するときは、

次のことを参考にしてみてください。

・成分…お肌に優しい自然派製品か?
・効果…充分保湿かできるか?
・使用感…べとつかず、スッと伸びるか?
・コスパ…毎日使うものです。使い続けられるお値段か?

マッサージ方法も赤ちゃんに刺激がないように、

自己流では行わずにお医者さんや薬剤師さんと相談してご自分にあった方法でやってみてください。

おススメはベルタの妊娠線クリームです。

妊娠線はママの勲章

とは言ってもどうしても妊娠線が残ってしまうかもしれません。

最初にあげた友人のご主人のように口さがない人もいるでしょう。

私は自分には妊娠線はありませんが、

だからとといって妊娠線のある人に対して差別的なことを思ったことは一度もありません。

見せるものでもないし…

むしろ、「ああ、ママの証だよなあ。うちのお母さんにもあったっけ…」という気持ちになります。

大抵の人は出産後は徐々に薄くなっていくそうですから、

あまり気にしないで、それよりも赤ちゃんを健康的にすくすくと育ててあげてください♪

【関連記事】

妊娠線の原因と対策!出来てしまった場合もクリームが効果的です


ベルタマザークリーム


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします