美容・健康

生理で眠いのはなぜ?原因と解消法教えます!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、2歳の息子と10ヶ月の娘を育児中のママライターです。

生理中、やたらと眠いと感じることありませんか?

たくさん寝ても、まだ眠い。女子は何かと大変ですよね。

生理のときの眠気の原因と解消法についてご紹介します。



生理中の眠気の原因について

生理前や生理中の身体にはさまざまな変化が起こります。

1つは女性ホルモンの分泌が増えることです。

これにより多くの女性が生理中に眠気を感じます。

もうひとつは月経前症候群と呼ばれる症状で、生理の影響で身体になんらかの変化を感じます。

その影響の中で女性が一番感じるのが眠気だそうです。

生理中は体温が高いため

生理中は基礎体温が高くなります。

人が眠くなる周期として体温が高いところから低くなるとき眠くなり、低いところから高くなるときに目覚めます。

そのため、体温が高い状態が続いていると夜に十分な睡眠がとれず昼間も眠気を感じてしまうことも原因です。

眠気の対処法とは?

まずは自分の身体の状態を確認してみましょう。

生理前や生理中すなわち黄体ホルモンのときに眠気を感じるようであれば、それはホルモンバランスの影響です。

女性ホルモンのバランスを整えてくれるのに効果的なのが下半身を温めることです。

半身浴などで身体の芯から温めることによって、ホルモンバランスが正常化されます。

結果、生理前や生理中の症状が緩和されることが多いです。

生姜紅茶など身体を温めるものを摂取するのも効果的です。

また、過剰なカフェイン摂取はホルモンバランスを崩してしまいがちですでの出来る限り控えめにしましょう。

できれば生理中は不足気味になる鉄分を意識して摂るように心がけるといいみたいです。



改善されず強い眠気で悩んだら

いろいろ試したけど、何も効果を感じられない場合は一度、産婦人科で相談してみることをおすすめします。

漢方薬を処方してくれる場合があります。効果は個人差にもよりますが、漢方薬で改善された人は意外にも多いようです。

それでもダメな場合はピルを処方される可能性があります。

ピルはいろいろな副作用があるため心配になるかたも多いと思いますが、

産婦人科の先生とよく話し合った上で使用すれば安心して飲むことができます。

生理は女性にとって自然なことです。出来れば薬に頼らず自然と眠気を解決させたいものですよね。

生活習慣の見直しや基礎体温チェックなどをまずは実践してみてください。

最後に

夜の睡眠はとっても貴重な時間です。

夜、熟睡や快眠できないと昼間も眠気を感じることが多々あります。

夜に熟睡や快眠できない理由のひとつに出血の漏れがあります。

ベッドや布団に血がつかないか心配などといったことが原因でしっかり眠れないこともあります。

ナプキンは夜熟睡用などの大きめを使用すれば安心してゆっくりと眠りにつくことができます。

また寝る10分前くらいに手足を温めるのも効果的です。

生理中は何かとイライラしてしまいがちですが、心に有余裕をもって行動してみてくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします