兄弟・姉妹 子供の教育・成長・遊び

上の子が下の子を可愛がるために親が出来る事(助産師のアドバイス&筆者の体験談)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

上の子に下の子を可愛がってほしい。

でも現実は上の子がやきもちを焼く。。。意地悪をする。。。

そんな悩みをお持ちではありませんか?

上の子が下の子を思いやり、仲良く育っててくれたら何よりですよね。

しかし「上の子」といえどまだまだ幼い子供。どこまで求めて良いものか、どう接するべきなのか、初めての育児で悩むことも多いことでしょう。

そこで今回は3歳差の仲良し姉妹を育てる筆者が、助産師の助言や筆者自身の経験などをもとに実践していた、上の子への対応の仕方をご紹介いたします。



心にとどめておきたいポイント3つ

上の子が下の子にヤキモチを焼く。意地悪をする。これ、どんな心境でやってるのでしょう?

助産師によるとこのような態度をとる子供は主に3つの心境を持っているようです。

【上の子の心境】

1、親からの愛情を下の子に横取りされるのではないか。。。

2、自分はお兄ちゃん・お姉ちゃんになることを望んだわけではない。。。

3、下の子にどう接していいのか分からない。。。

ではどうすれば良いのか。上の子に接する心構えとしてポイントが3つあります。

ポイント1、「自分が一番だ」と自信が持てるようにする

これまで一身に受けてきた親の愛情が下の子へと移る。上の子の心の中に嫉妬や寂しさが生まれて当然のことです。

弟や妹が生まれても変わらずに「自分は最も愛されている」と思えれば、下の子を可愛がる余裕が出来ます。

筆者の体験談を踏まえてどうすれば良いのか具体的にご紹介します。

下の子への注目や話題で持ちきりにしない

赤ちゃんが生まれると、周囲はお祝いムードになり赤ちゃんに注目が集まるのは自然なことです。しかし大人たちが下の子ばかりに構っていると、上の子にとっては面白くなく、嫉妬や反発が生まれるのも無理はありません。

そこで筆者が必ず守っていたのは、大人たちの注目が下の子に集まった時には、必ず誰か一人は上の子に話しかけたり構ったりするということです。誰かが下の子を可愛いと言えば、上の子にも可愛いと言ってあげます。

下の子(次郎ちゃん)
(ニコニコ)
大人A
まぁ次郎ちゃん可愛いわねぇ。
上の子(太郎ちゃん)
(次郎ばっかり。。。)
大人B
太郎ちゃんも負けずに可愛いわね!

(とまぁざっくりですがこんな感じ)

多くの場合は母親である筆者がその役になりましたが、仲良し兄弟を育てているベテランママや祖父母世代の人たちはきちんと心得ていてくれており、誰かが下の子をあやしている時には別の誰かが上の子を構ってくれていました。

おかげで我が子は、下の子が生まれる前とは変らず、寂しさのサインを問題行動として出すことはほとんどありませんでした。

ポイント2、お兄ちゃん・お姉ちゃんになることを強要しない

筆者が幼少の頃、突然父から「もうすぐお姉ちゃんになるんだよ」といわれ、無理矢理姉になることを強いられたようで大変な戸惑いと反発心を感じたことを今でも強烈に覚えています。

確かに子供にとっては家族が増えてお兄ちゃん・お姉ちゃん役を押しつけられるなんて勝手な話かもしれません。成長していく中で、少しずつ自然にお兄ちゃん・お姉ちゃんになっていけたらいいですね。

「お兄ちゃんなんだから」「お姉ちゃんなんなのに」はNG

お兄ちゃん・お姉ちゃんであることで子供の気持ちや行動を縛りつけてしまうと、子供はその立場を否定的にとらえてしまうもの。

助産師からも「お兄ちゃん・お姉ちゃんなんだからこうあるべき」という理想を押し付けないようにとアドバイスをもらいました。

下の子を可愛がったり、下の子のために我慢してくれたりと望ましい事をしてくれたときには、「さすがお兄ちゃんだね」とか 「お姉ちゃんになってよく気が付くようになったね」 など肯定的な言葉をかけるようになると、上の子自身がお兄ちゃん・お姉ちゃんという立場に誇りを持ち、もっと良くなろうという向上心が生まれます。

ポイント3、下の子への接し方を経験させる

子供は未経験の事に出会ったとき、どうふるまっていいのか分からない困惑が態度に出てしまいます。

新しい家族との出会いも子供にとっては初めての経験。周りの大人と一緒に関われば、下の子との接し方も実践的に学べる機会になります。

まずは簡単な手伝いから経験してもらおう

上の子も弟や妹のために何かをしてあげ感謝される事で、お兄ちゃん・お姉ちゃんとしての誇りや自覚を持てます。

我が家で実践していたのは、ミルクを哺乳瓶で飲ませてあげる、オムツを持ってきてもらう、添い寝でトントンしてもらうなど簡単なことです。

そんな小さなことの積み重ねから喜びとなり、次第に下の子のために何かをしてあげるというのが自然なことになっていきました。

筆者の周りにも男の子女の子問わず世話上手で優しい子は多いですが、ママは口をそろえて「下の子が赤ちゃんの時から簡単なお世話を手伝ってもらうようにしていた」と教えてくれます。
上の子にはある日突然「これから赤ちゃんが生まれるよ」とか「もうすぐお兄ちゃん・お姉ちゃんになるのよ」と伝えるよりも、徐々に兄弟ができることを受け入れられる心の準備をしてあげたい方が良いです。

下の子を妊娠中にできる事

兄弟の良さをさりげなく伝える

筆者が行っていた方法はこんな感じ。

(公園でよその兄弟が楽しそうに遊んでいたら↓↓)

筆者
兄弟がいると一緒に遊べて楽しそうだね。
上の子
確かに楽しそう。。。

(知人の子供達が仲良く遊んでいたら↓↓)

筆者
お友達の○○ちゃんは弟と仲良しで楽しそうね。
上の子
弟いいなぁ。。。

などと、街で兄弟連れを見かけたりお友達兄弟と遊んだりしたときに、兄弟が出来たときの光景やその良さをイメージできる言葉がけをしていました。

はじめはピンとこなかった我が子も、次第に兄弟の意味が分かるようになり、 「もし自分がお姉ちゃんになったら」ということを徐々に想像して話してくれるようになりました。

そんな時には穏やかな気持ちで「きっと優しいお姉ちゃんになれるね」 などと前向きな相槌を打つ事で、いつしか上の子も新しい家族を迎えることが楽しみにするようになりました。



おなかの赤ちゃんに一緒に話しかける

胎教の一つとして、おなかの中の赤ちゃんに話しかけたり歌を歌ってあげたりするママは多いのではないでしょうか。

けれどママが一人で幸せそうにおなかの赤ちゃんに接していると、上の子は不審に思ったり焼きもちを妬いたりするかもしれません。

実際に母親の大きなお腹を叩いてしまうという男の子に出会った時、話を聞くと「ママのおなかの中に何かいるから嫌だ。やっつけてやる」という、ネガティブな言葉が出てきました。

そこで筆者は、お腹の赤ちゃんには上の子と一緒に接する機会を意識的に作るようにしていました。上の子の手をとりお腹に触れさせたり、せーので一緒にお腹に呼びかけたりしました。

(例えば、上の子がお腹に耳を当ててる時に胎動があった場合↓↓)
胎動を上の子が確認

上の子
あっ今動いたよ!
筆者
お姉ちゃんの声を聞いて喜んでるんだね!
上の子
すごーい!
筆者
あなたがお腹の中にいたときも、こうやってママとお話していたのよ

などと、おなかの赤ちゃんより上の子にスポットをあてた雰囲気をつくることをお勧めします。

赤ちゃんグッズを一緒に選んでもらう

出産時期が近付くとベビーグッズの準備も始まります。気をつけなくてはならないのが、両親や祖父母など大人だけで相談して物事を進めてしまうこと。

自分のものではない可愛いグッズへの「うらやむ気持ち」や「疎外感」を感じてしまうかもしれません。

 そこで赤ちゃん用品を選ぶ際には、上の子にも意見を聞いて見るということをお勧めします。もちろん親の好みや予算などの問題もあり、全て子供の意見を聞くわけにはいきません。

例えば肌着を選ぶ際に「この二つのうち、どちらを赤ちゃんに着せてあげようか?」など、候補を絞ったうえで選んでもらうといいですね。

上の子も家族の一員として、赤ちゃんのために準備に参加したという気持ちになれると思います。実際に我が子も、下の子が生まれたときに自分が選んだものを使ってもらっているのを見ては得意顔でした。

ただ上の子がまだとても幼い場合、自分のものを買ってもらうと勘違いしてしまう恐れもあります。まだ言葉の理解が完全ではなくても、ここはきちんと「赤ちゃんのものを選ぶのを手伝ってね」という意思を伝えることをお忘れなく。

下の子が生まれた後にできること

実際に下の子が生まれると、子供だけでなくママも心身に余裕がなく、上の子に気を遣う余裕なんてないというのも正直なところ。

けれど大きな労力や長い時間がかかるものはないので安心してください。然るべき場面に出くわしたときや、ちょっと思い出した時、困った時に試すだけでも上の子にはきちんと伝わります。

ここでは、下の子が生まれたばかりから比較的低月齢のうちに取り組める具体的な方法をご紹介します。

分娩後に上の子ときちんと向き合う

助産師によると、出産後に上の子が初めて産院を訪ねた際、ママが赤ちゃんを抱いて待っているのを見て「知らない誰かのママになってしまった」と大きなショックを受ける事もあるそうです。

そこで筆者は上の子と赤ちゃんの初対面には気を配り、まずは上の子と触れ合ったあとに赤ちゃんを抱き上げて紹介するようにしました。

分娩後の初対面の時、まずは上の子を抱きしめながら 「ママがいない間寂しい思いをさせてごめんね、ありがとう」というねぎらいの言葉をかけた後、上の子が生まれてくれたときにもみんなに祝福されたことと家族が増えた喜びを伝え、その後に赤ちゃんを抱き上げ「新しい家族だよ」と紹介して触れ合わせました。

もちろん産後のママは心身共に大変な状態ですし母子同室の産院も増えているため、その時の状況にもよりますが、一生でたった一度の対面シーンはママにとっても子どもにとっても心に残るものにしたいですね。

いじわるをしてもきつく叱らない

それでもはじめは上の子が下の子を叩いたり怒ったり、辛く当ってしまう事はあるかと思います。これは鬱憤を晴らしたい気持ちだけではなく、自分を見てほしいという大人に向けたサインだともいえるそう。

きつく叱るなど激しい反応をしてしまうと、余計に反発心が生まれたりもっと注意をひくために繰り返してしまったりする恐れがあります。

そんな時には「赤ちゃんばかり抱っこされて嫌だったのね。あなたも抱っこしようね」など上の子の気持ちを代弁してあげ、それでも暴力は危険だからいけないということをキチンと説明してあげましょう。

一度や二度では簡単になくならないかもしれないかもしれませんが、根気強く寄り添うことと、よほど度が過ぎた時や大きな危害の恐れがある場合などにはきちんと叱ることも必要です。

上の子を優先して構ってあげる

助産師にも小児科医にも言われましたが、生まれたばかりの赤ちゃんにはもちろん嫉妬心はないので、健康と安全に問題がなく機嫌が良ければ、上の子を優先して構ってあげて良い のだそうです。

要するに、授乳やオムツ替えや沐浴など必要なこと以外では、下の子への目が届く範囲で、上の子にママを一人占めさせてあげる時間をつくると良いとのことでした。

確かに常に下の子に付きっきりになってしまうと「下の子にママをとられた」という思いを抱かせてしまいます。

上の子にかかりきりになれる時と、授乳やオムツ替えなどどうしても下の子のお世話をしなければならない時とで、メリハリつけて接する事で子供も次第にペースに慣れて納得していきます。

下の子がお兄ちゃん・お姉ちゃんを好きだと思わせる

多くの人は自分を慕ってくれる人を邪険にすることはできないというのが普通ではないでしょうか。

これは子供にも当てはまり、自分を大切にしてくれる存在や愛してくれる存在を肯定的に受け入れてくれます。こんな人間としての心理から、筆者は上の子に「下の子は自分を好いている」と感じさせるような言葉がけをしてきました。

例えば上の子が下の子にミルクを与えてゴクゴク飲んだ時には 「大好きなお姉ちゃんがくれるとよく飲むね」。上の子が近付いて泣きやんだら「お姉ちゃんが来てくれて嬉しいのかもね」などです。

実際これは子供たちが言葉で意思の疎通が出来る年齢になってからも、上手く使うと有効な方法なので、覚えておいて損はないかもしれません。

最後に

沢山の方法をご紹介しましたが、性別や年齢月齢、家族の状況や性格の違いなどによって、実践できそうなもの。難しそうなもの。いろいろあったかもしれません。。

けれどもまずはじめにお話しした3つのポイントを心にとどめておけたら、初めてお兄ちゃん・お姉ちゃんになる上の子の心を大切にしながらふるまうことができるのではないでしょうか。
ママ一人で実践するのが難しいこともありますので、パパや祖父母など周りの大人の理解と協力を得られるよう意思の疎通を図っていくことも必要ですね。

筆者は下の子が生まれる直前に、夫や自分の両親にもきちんと説明して協力をお願いしておきました。

妊娠出産は大変なときではありますが、上の子の気持ちを尊重したスタートを切れると、そのうち大人が何もしなくても自然と子供たち同士の関係もうまく築かれていきます。

ママや家族のペースも大切に、仲良し兄弟子育てを楽しんでくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします