命名・名前

男の子の名前で「しゅうま」!漢字と由来のセット112!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

『しゅう』を含む名前には『修一』『州平』などがあり、男の子の名前としては定番と言っても良いでしょう。また、『ま』を止め字にする名前には『ゆうま』『とうま』『はるま』など、人気のものが並びます。

この2つを合わせて『しゅうま』にすると、ぐっと現代風なイメージになりますね。定番というわけではなく、といって奇抜でもなく、多くの人が受け入れやすい響き『しゅうま』

漢字と込める想いもしっかり考えて、素敵な名前を作ってあげてください!



おしゃれなイメージの『しゅうま』16選

現代風でおしゃれ、センスの光る印象を与える名前を考えてみました。

おしゃれな名前とは?

7~8年ほど前から、キラキラネームと呼ばれる奇抜な名前が問題になっていますね。その時代の流行に乗り、時が経つと年齢に見合わない名前になってしまったり、恥ずかしい思いをする名前には、少々問題を感じられる方は少なくないと思います。

しかし、個性的でセンスが光り、しっかりとした思いが込められた素敵な名前もあります。

漢字の組み合わせや並びがパッと目を引いて、意味も納得できるものであること。流行を感じさせながら時を経ても愛される名前。そのような名前が『おしゃれ』と言えるのではないでしょうか。

(男の子のおしゃれな名前はオシャレな男の子の名前163個集めてみたをご参照ください。)

パッと目を引く素敵な名前

心海馬・志海馬・志海真・獅羽馬・志羽真・朱馬・柊馬・珠宇万・侍馬・紫馬・紫美・朱宇・珠宇・志馬・志宇馬・志宇真

たとえば『心海馬』や『志海馬』。「海のような大らかな心を持ち、坂本龍馬のような情熱と志を持って生きてほしい」 というような、強い願いを込めることができます。

赤色を表す 『朱』 と果てしない空を表す 『宇』 を組み合わせた『朱宇』は、「大きな希望を持ち、エネルギッシュな男の子に」 と由来付けることができます。

『馬』 という漢字は、歴史上の人物である坂本龍馬にちなんで使われる方も多いと思います。

馬は、乗用・農耕・運搬など、様々な場面で家畜として役立ってきた動物です。「人の役に立てるしっかりとした男の子になってほしい」 という想いを込めて使えます。

また、美しい容姿や大きな体格、足の速さに重ねて使うのも良いでしょう。男の子らしさを感じる漢字なので、止め字にはおすすめです。

安定感をイメージする『しゅうま』29選

器が大きく、どっしりと構えて生きる、そんな強い生き方をしてほしいとの願いを込めた名前をご紹介します。

落ち着きある様子が伺える名前

州馬・州誠・州真・洲万・洲満・洲馬・修真・修万・修馬・脩真・脩馬・脩午・収誠・収眞・収摩・脩眞・脩実・脩馬・宗誠・宗真・宗満・嵩交・嵩誠・嵩万・樹右馬・樹宇真・樹馬・樹午・樹羽真

『脩』 が“修める・整える”、 『修』 は“正しく整える・学ぶ・優れている”、 『収』 は“散在しているものをまとめる”、 『執』 は“しっかり手につかんで執り行う”という意味があります。

どの漢字も、落ち着きのある様子がうかがえ、気持ちが安定していることを表したい名前に使うことができそうです。

「人の意見に流されず、自分の気持ちをしっかり持って生きてほしい」「小さなことに動じず、自分のペースで真っすぐ生きる子になってほしい」 などの願いを込めて使うことができます。

『宗』 は、“物事のおおもととなる大事な部分・中心”という意味があり、「安定感があり周囲から信頼・尊敬される子に」「自分にとって何が大切かをしり、それを信じて生きてほしい」 との思いがぴったりです。

『嵩』 は、“山が高く、直立してそびえる様子”を表す漢字です。どっしりとした安定感を感じる、男の子らしい漢字と言えます。

『州』 は、「欧州・豪州・九州・信州」というように行政区画の一種として使われ、似ている漢字の 『洲』 は“川の中洲”を意味します。

どちらも陸地を表すことから、「地に足を付けてしっかり生きてほしい」 といった安定感を望む意味で使うことができます。

優しさをイメージする『しゅうま』25選

人に対する思いやり、優しさ、そんなイメージで考えた名前をご紹介します。

思いやりにつながる漢字の名前

心右真・心羽真・心有誠・心有眞・心宇信・伺右真・伺馬・伺右馬・思馬・思右真・思有誠・思羽真・偲右真・偲羽万・偲右眞・愁真・愁麻・愁馬・愁満・周真・周眞・周馬・周万・周摩・周茉

『伺』 は、“聞く・尋ねる・訪れる”などの『謙譲語』にあたります。謙譲語とは、“相手を敬い、自分自身がへり下る”目的で使う言葉。

相手を思って行動する謙虚な心が表れています。「相手を思って行動できる子に」「おごらず、感謝の心を忘れず過ごしてほしい」 との願いを込めて使うことができます。

『思』 は、“考えて心に問いかけること”という意味。「しっかり考えて行動できる子に」 との願いを込めることができます。

似ている漢字に 『偲』 がありますが、“思い起こして懐かしむ=遠い人や故人を思う”という意味のほか“賢い・励まし合う・才能がある”という意味もあります。

『切切偲偲(せつせつしし:お互いに励ましあいながら磨き合うこと)』や『切偲勤学(せっしきんがく:励ましあいながら勉学にいそしむこと)』などの熟語にも使われるています。名付けに使う場合はポジティブな意味にちなむようにすると良いでしょう。

『愁』 には“思い悩む・悲しい”という意味がありますが、「悩む人に優しい言葉をかけてあげられる優しい子になってほしい」 というポジティブな思いを込めると素敵ですね。

(優しい男の子を願う名前は優しい男の子に育ってほしい願いを込めた名前314個集めてみたをご参照ください。)



成功をイメージする『しゅうま』21選

無限の可能性を秘めた子供の未来を思い、才能や成功につながる漢字を集めてみました。

才能や成功を想像する名前

秀真・秀馬・秀万・秀満・秀眞・俊馬・俊有万・俊羽真・駿羽真・駿右眞・幸右馬・幸馬・幸右真・幸羽真・充真・充万・充満・充間・就真・就眞・就哩

『秀才・優秀』など、優れた人を表すときによく使われる 『秀』 。明智光秀や豊臣秀吉、徳川秀忠など、古い時代から男性の名前に非常に多く使われてきました。

“優れた人や物”を表すだけでなく、“芽が出る、花が咲く”という意味もあります。「秀でた才能を開花させてほしい」 のような願いを込めて使うことができるでしょう。

『就』 の字には、“始める・物事がまとまる・仕事を成し遂げる”という意味があります。「始めたことを最後までやり遂げる子になってほしい」「目標を達成するための努力を怠らない子に」 などの思いで使えそうですね。

充実・充分』などの熟語でなじみのある 『充』 もまた、男の子の名前にはおすすめです。

この漢字は『育(育てる)』+『儿(人の足)』の2つから成り立っており、“人が育つ様子・子供が育って大人になること”を表します。「立派に成長してほしい」「心の充実した大人になってほしい」 といった願いを込めて使うことができますね。

趣き深い様子をイメージする『しゅうま』21選

心惹かれる、しっとりとした雰囲気のある名前をご紹介しました。

しっとりとした雰囲気が漂う名前

萩馬・萩真・萩麻・萩万・秋満・秋馬・秋満・秋哩・柊真・柊馬・柊哩・柊万・心雨満・心雨万・心雨真・趣馬・趣右万・趣万・趣茉・柊実・趣実

『趣』 には、“自然に感じられる様子・しみじみとした味わい”という意味があります。

ひたむきに努力をするのも大切ですが、心が向くままに身を任せることも時には必要です。「多くの物事と触れ合い、豊かな心を育ててほしい」「自由きままに伸び伸びと育って欲しい」 など、人生が楽しくなるような想いを込めた名前はいかがでしょう。

しみじみとした秋らしい風情が感じられる 『萩・秋・雨』 。どことなくもの悲しさを感じさせる季節ではありますが、それもまた秋の魅力のひとつ。

秋の空気感を表した和歌にちなんだり、静かに沈む夕陽に重ねた名前は、きっと趣きあるものになることでしょう。

美しい秋の風情を表した歌

千早ぶる 神代(かみよ)もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは(在原業平:ありわらのなりひら)

【訳】
不思議なことが多く起きていた神代(かみよ:大昔、神が治めてたとされる時代のこと)の昔でさえも、こんなことは聞いたことがありません。

龍田川の一面に浮く真っ赤な紅葉が、流れる水を鮮やかな紅色に染めているなどということは。

秋の花 種(くさぐさ)にあれど 色ごとに 見し明らむる 今日の貴さ(大伴家持:おおとものやかもち)

【訳】
秋の花や草には様々な種類がありますが、その花々をよく見て愛でる、そんな今日は貴き日です。

川風の 涼しくもあるか うちよする 浪とともにや 秋は立つらむ (紀貫之:きのつらゆき)

【訳】
川風のなんと涼しいことであろう。打ち寄せる波とともに、秋がやってくるのであろう。

秋に限らず、四季折々の趣きを心で味わえる感受性の豊かな子供に育って欲しい…それもまた、名付けに込めることのできる素敵な親の願いです。

なお、季節をテーマにした名前は以下を参照ください。

【関連記事】

春生まれの男の子に「春を感じさせる」かっこいい名前200個集めてみた

夏生まれの男の子に「夏を感じさせる」かっこいい名前200個集めてみた

秋生まれの男の子に「秋を感じさせる」かっこいい名前200個集めてみた

冬生まれの男の子に「冬を感じさせる」かっこいい名前200個集めてみた

名付けはポジティブに!

使いたい漢字の意味や成り立ち、周囲からどんな印象を受けるかなど、名前を決定する前には、様々な方向からの考えを思いめぐらせると思います。

漢字の意味はとても奥が深く、ネガティブな意味があるかもしれません。また、人の価値観は様々で、悪い印象にとらえられることもあるでしょう。

しかし、それらはあくまでも一般的な意見として参考程度に受け止め、ポジティブな意味を持って名付けることが大切です。

自分なりに!良い方向に転換しよう!

例えば『楽』。“楽をする=努力しない”という意味で名付けに使うことはありませんよね。しかし、“楽しむ・快い・要領よく事を運ぶ”という意味で捉えるとどうでしょう。非常に前向きな印象になると思います。

男女ともに人気の高い『陽』は、昇ったり沈んだりする太陽を表すことから、“人生の浮き沈みが激しい=波乱が多い”ために良くないと言う人もいます。しかし、明るく元気で温かいイメージも強いですよね。

このように、漢字には良し悪しそれぞれの意味が必ずついて来るものです。子供の名前には、発想の転換で『ポジティブ』にとらえ、素敵な由来で自信を持って名付けてあげてくださいね!

(男の子の名付けについてまとめた男の子の名前の決め方【完全保存版】も参考にされてください。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします