子供の健康・食事

子供が誤飲したらどうすれば良い?対処法を解説します!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、2歳の息子と10ヶ月の娘を育児中のママライターです。

何でも口に入れてします時期の赤ちゃんは目が離せないですよね。

私の娘もありとあらゆる物を口に入れる時期です。

しかし、生活の中には赤ちゃんが飲み込んでしまったら大変なものがいっぱいあります。

誤飲しやすい物と飲み込んでしたまった場合の対処法についてご説明します。



誤飲とは?

食べ物以外のものを赤ちゃんが飲み込んでしまうことを言います。

誤飲による事故はとても多く、子育てしているママにとってはとても身近な問題です。

今一度、赤ちゃんの手が届く場所に飲み込む危険なものがないか確認しましょう。

誤飲かな?と思ったら

赤ちゃんの口の中を確認してみてください。

口の中に入っている場合は指でかき出しましょう。

そのとき、赤ちゃんの名前など大きな声を出してしまうと赤ちゃんがびっくりした衝撃で口の中を飲み込んでしまう可能性がありますのでそっと声をかけてくださいね。

少量であれば様子を見ても大丈夫なもの

飲み込んでしまっても少量であれば、様子を見ても大丈夫なものもあります。

例えば、石鹸・シャンプー・墨汁・絵具・化粧品などです。

もし、症状に変化があればすぐに医療機関に受診してください。

また紙・クレヨン・粘土・砂なども少量であれば様子を見てください。

吐かせる場合と吐かせない場合

ボタンやコインなどといった丸くて気管などを傷つける心配がないようなものを飲み込んだ場合は吐かせてもよいです。

吐かせ方のコツは赤ちゃんの頭を胸より少し下にしてください。

片方の腕で赤ちゃんをうつ伏せに抱きかかえ、もう片方の手で赤ちゃんの肩甲骨を4~5回強く叩きます。

また頭を下にさげ、のどの奥に指を入れて舌を押し下げて直接吐かせる方法もあります。

ボタンやコインの場合は2~3日後にうんちで出てきます。

飲み込んだ直後からのうんちはこまめに確認してみてください。

逆にガラスや画びょうなど尖ったものを飲み込んだ場合はすぐに病院に搬送してください。

この場合、無理に吐かせると気管や食道を傷つけてしまいますので、

自分での対処は絶対にしないことです。



近年増える洗剤の誤飲

お菓子のような小さい洗剤の誤飲が何件かありました。

もし、赤ちゃんが洗剤を誤飲してしまった場合は無理に吐かせずすぐに救急車を呼んで対応してください。

ガソリン・医薬品・石油なども同じです。

たばこの誤飲

たばこを誤飲してしまった場合は、気づいた時点ですぐに吐かせるのが原則です。

口の中のたばこの葉をきれに取り除いてください。

その後、病院に受診し処置を受けるます。

顔色の変化や嘔吐がある場合はすぐに受診してください。

また水や牛乳を飲ませると消化器官でたばこが吸収されてしまいますので何も飲ませないことも大切です。

最後に

何でも口に入れて確かめる時期は、赤ちゃんにとって成長過程のひとつです。

行動範囲がどんどん広がる赤ちゃんにとっては、目に入るものすべてに興味深々です。

事故を未然に防止するためにも家の中に危険なものがないか部屋の生理整頓や掃除はできる限り毎日するとよいでしょう。

また、赤ちゃんだけではなく5歳以下の子供に誤飲の事故が多いです。

子供は勝手に食べ物だと判断して口に入れることもあります。

手の届く範囲に危険なものがないか、確認しておきましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします