命名・名前

女の子の名前で「みか」!漢字と由来のセット128!

『みか』

毎年の名前ランキングにおいて、上位に入ることはないものの、女の子の名前では定番的に使われています。

『み』と『か』それぞれの漢字を選んだ名付け方が一般的ですが、どちらも使える漢字が豊富にあります。
豊富だからこそ、漢字によって可愛らしさ、美しさ、賢さ等、様々な想いを込めやすい名前であると言えるでしょう。

イメージごとに使える漢字、そしてその意味も共にご紹介します。

[co-7]

古風なイメージの『みか』36選

日本人が歩んできた時代の中から、現代に受け継がれている“良さ”を表す『古風』な名前。

日本人ならではの豊かな感性を活かし、素敵な名前を考えてくださいね!

歴史・伝統文化にちなむ名前

弥禾・弥嘉・弥加・仁加・仁禾・仁香・彌香・彌可・彌花・都花・都果・都可・都禾・京禾・京寬・京快・京加・宮加・宮可・宮禾・宮香・后香・后花・后禾・后華・巫花・巫華・巫香・雅歌・雅華・雅花・雅香・弥雅・彌雅・都雅・京雅

『都・京』からは、真っ先に“京都”を思い浮かべる方が多いでしょう。

どちらも古き良き日本の風情が漂う漢字ですね。

神社仏閣などの建築物、街並み、工芸品など、歴史が培ってきた京都ならではの文化を守り、受け継いで行こうとする姿が京都の大きな魅力です。

『古風』を大切にしている土地。そんな京都にちなむ名前には、
 
 
「苦難や変化を経ながらも、大切なことを守り成長できる子に育ってほしい」

「古き良き心と、新しいものをバランスよく学び吸収し、自分にとって最良の道を築くことができますように」
 
 
といった想いを込めて使うことができそうです。
 
 
『弥』は、3月の異名である『弥生』から、古風な名前にはぴったりです。“いよいよ・ますます”などという意味があり、草木が芽吹くことに重ねて
 
 
「すくすく大きく成長してほしい」

「目標を持って前進してほしい」
 
 
などの願いを込めることができるでしょう。

『弥』の旧字体である『彌』は、漢字の見た目からも、さらに古風な印象を与えることができます。

『古風』と『古臭い』は別物!

 
『古風』
 
それは、古い時代から現代にまで残っている、しきたりや考えを大切にする心の在り方。

それが、最近は『古風=古臭い』と解釈をされる方もいるようです。

『古風』と『古臭い』とは、全くの別物だと考えます。

簡単にまとめてみました。
 
 

【古臭いとは?】

昔使われていた物が錆びつき、古いがあまりその役目を果たさなくなったもの。

劣化が激しく新鮮さも味もなくなってしまったもの。

時代に合わない考えに固執し、悪影響を及ぼすこと。
  

【古風とは?】

柄や模様などが美しく、現代にこそない新鮮さが感じられる昔の物。

「いつまでも大切に残し続けたい」と思える魅力があるもの。

受け継がれてきた考え方、捉え方で、忘れてはいけないこと。

 
 
子供の名前に古風さを感じさせたいと思う場合は、『古風』と『古臭い』との違いを明確に心に置いておくことも大切ですね。
 
 
(他にも、古風な名前を、「古風でかっこいい女の子の名前を483個集めてみた」、「女の子の和風な名前283個集めてみた」で、詳しく紹介しています。)

美しいイメージの『みか』42選

明治安田生命によると、『みか』という響きは、昭和58年~59年に『美香』と表記された名前がランキングに入っています。(※1)
その文字通り、“美しさを感じさせる響き”という印象が強いようです。

美しいものにちなむ名前

美華・美香・美花・彩華・彩香・弥郁・美郁・実郁・実香・実華・実香・文香・文華・文郁・彩郁・好香・好華・磨香・磨郁・磨華・美侃・実侃・文侃・弥侃・彩侃・光華・光輝・光花・光香・美芳・実芳・弥芳・深芳・深華・美佳・彩佳・弥佳・深佳・光佳・磨佳・文佳・好佳

“美しさ”には様々ありますが、ここでは、見た目や模様、色の美しさ、そして香り高いことを表す漢字を集めてみました。

真っ先に思い付くであろう『美』は、女の子の名前に非常に多く使われる漢字ですね。

容姿の綺麗さ・美しさと共に、“内容・中身が見事である。立派である。”

という意味があります。

『羊』と『大』から成り立ち、“羊がゆったりと過ごす姿=大きくて立派な姿”から、その意味が生まれたと言われています。
 
 
「心が美しい女性に育ってほしい」

「内面の美しさを磨き、良好な人間関係を築いてほしい」

「心が美しく、キラキラとした目の輝きを持った子に」
 
 
などの由来で使うことができるでしょう。

その他、“美しさ”を表す漢字について、いくつかご紹介します。
名付けの由来例とともにご覧ください。

香気が盛ん・芳しい・文化水準が高い・模様が美しい
由来例は

周りを元気にする愛嬌と品の良さを持ち合わせた子に育ちますように

才色兼備な女性に育ってほしい

美しく好ましい人・容姿端麗・才能があり立派で優れている
由来例は

美しく知的な女の子に育ってほしい

豊かな才能で人生を楽しむことのできる子になってほしい

折り目正しくきれいに着飾る・見栄えが良い・礼儀正しく気品がある・利口
由来例は

礼儀正しく利口な女の子に育って欲しい

煌びやか・飾り立てて美しい・学術文芸が盛ん・装飾が彩り鮮やかである
由来例は

華やかな魅力を持ち、たくさんの人と楽しい時間を過ごせますように

挑戦心を持ってキラキラと輝く毎日を過ごしてほしい

美しく可憐・容姿が麗しい・気品が良い・美人・慈愛心が深い
由来例は

人に優しく、美しい心を持った子になりますように

上品で淑やかな女性になりますように

内面が正しく美しい・正しく強い気性・言葉がはっきりとして美しい・純粋
由来例は

真っすぐな心で自分を磨き、高めることのできる子になってほしい

純粋な心で正しい行いが出来る子になりますように
 
 
どの漢字も、外見・内面ともに美しく立派であることを表す漢字ばかりです。
名字から続けて書いた見た目の印象、画数などを参考に選んでみてくださいね。

[co-8]

可愛いイメージの『みか』15選

『可愛い』という言葉には、『愛おしい・愛すべきもの』という素敵な意味があります。

たくさんの人にそのような感情を抱かせる魅力のある子に育ってくれると嬉しいですね。

果実や花にちなむ名前

実果・深果・心果・実菓・水果・水菓・水花・心菓・心花・実花・好花・史花・箕花・弓花・深花

『果』は、“果実や木の実”を表す漢字として有名ですね。

実は、『菓』にも同じ意味があることをご存知でしょうか。

多くの人が、木になる果物を『果』、お茶請けとしての菓子を『菓』と認識されると思います。しかし、その大元を辿って行くと、『菓』も果物を表す漢字として使われていた時代があったのです。
 
 
(他にも、花にちなんだ名前を、「誕生月の花言葉から考える女の子の名前!1月~12月まで各月ごと解説」、「女の子の名前に「花の名前」を使った素敵な名前200選」で、詳しく紹介しています。)

『果』と『菓』の違い

【果の意味】

果物全般を表す。果物が成長することから“出来栄え・仕上がり・終わり”という意味が派生した。

【菓の意味】

“果実”を表す『果』と、“果て・果たす(物事の終わりや仕上がりという意味)”を表す『果』を区別するために作られた日本独自の漢字。現在はお茶請けとしての“お菓子”を表すのが一般的。

果実もお菓子も、甘くて美味しいことから“可愛い”という意味を持たせる女の子名前にはぴったりの漢字です。

また、同じく“可愛らしい”という見た目の印象を想像し『花』を使う名前も、女の子らしくておすすめです。

また、『水花』や『心花』のように画数が少なく丸みを帯びた漢字を使うことで、柔らかく可愛らしい印象を与えることもできます。

個性的なイメージの『みか』35選

使える漢字が増えたり、漢字を自由に読むようになった今の時代だからこそ考えられる、おしゃれかつ個性的な印象の名前をご紹介します。

現代風でおしゃれな印象を与える名前

海花・海華・海禾・海香・海夏・美夏・実夏・海翔・美叶・実叶・海駆・海歌・美歌・魅海・魅叶・生海・生叶・泉海・水海・泉香・心海・心叶・真海・真叶・望加・望叶・望海・満叶・美春・海春・実春・海和・実和・満和・充和

読みの頭文字のみを読ませる方法は、まさに現代風の名付け方と言っても良いでしょう。
 
 
●海→『うみ・かい』の読みから『み』『か』
●望→『のぞみ』の語尾から『み』
●叶→『かなえる』の頭文字から『か』

  
 
このような使い方をするだけで、現代を思わせるおしゃれな印象になります。
 
 
〇望叶…夢を叶えられますように
〇海夏…夏の海のように元気な女の子に育って欲しい
〇泉香…人の心を潤わせる温かい魅力のある子に
 
 
このように、由来の自由度も上がり、込めたい想いに沿う名前を付けやすくもなります。
 

外国では男の子に多い響き!?

『みか』という響きを調べると、男性名として使われる国もあるようです。

このことについて、どのように解釈、認識するのが良いのでしょう。

日本では絶対的に女性名!

『みか』という響きは、日本では絶対的に女の子の名前です。

しかし、フィンランドでは『ミカ』『ミーカ』『ミッカ』という響きで男性名に使われるのが一般的。

アメリカでも、『マイケル』等の愛称として男性に使われます。そのため、グローバル化が進む今の時代、女の子に使うには可哀想…と考える方もいるようです。

しかし、グローバル化が進む時代だからこそ、外国人(海外から見た日本人を含む)に対する名前の響きで、勝手な性別の想像をすることが失礼にあたるという感覚も広まっていることは間違いなさそうです。

今後は、そのような意識がさらに高まることも考えられるでしょう。

名前が持つ性別のイメージは、国によって異なるのは当然のこと。それを前提として、まずは両親が自信を持って名付けることが大切です。
 
 
『みか』という響きは、日本では女性名。女の子らしい素敵な響きであることに自信を持って名付けてあげてくださいね!


【参考文献】
(※1)明治安田生命 | 名前ランキング2016 – 生まれ年別名前ベスト10 – 女の子

[co-9]

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします