子供の教育・成長・遊び

ママにお薦め!育児にも生きる松岡修造の名言7つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

育児中のお買い物はネット通販が便利ということで、Amazonをよく利用するママライターです。

さて、Amazonのランキング大賞が発表されましたね。

ランキング大賞一位は元プロテニスプレイヤーの松岡修造さんの名言日めくりカレンダー「まいにち、修造!」

時代は”炎の妖精”とも呼ばれるほど暑苦しい松岡さんの名言を求めているのです。

もちろんそこには育児のヒントもいっぱい。

そこで、数ある名言のうち育児に生きる修造名言7つをまとめてみました。

熱いので覚悟してお読みください。



こども編

まずはこどもへの接し方に役立ちそうな名言3つ。

「怒る時には、自分の身長の高さから厳しい態度で言うこと。褒める時には、必ず子供の視線までしゃがむこと」

ほめる育児が主流ですが、叱るときにはしっかりと叱るべきです。

そのかわり、褒めるべき時はこどもを認めているという姿勢をしっかりと伝えて、充分にほめるべき。

育児にはメリハリが必要だと教えてくれています。

「わがままではなく、あるがままに」

あるがままがよい人間関係をつくると松岡さんは言っています。

こどもとの関係もそうです。

こどもにエゴを押しつける親のわがままではなく、こどものあるがままをうけとめること。

こどものわがままではなく、本質であるあるがままを見いだすこと。

そして親もまた肩肘張らずにあるがままでいること。

そんな風に生かすことの出来る言葉です。

「自分へのご褒美は、家で思いっきり猫と遊ぼうとか、好きな漫画を一晩中読もうとか、人から見たら『大したことないな』と思うようなことでもいいのです。大切なのは、目標をひとつ達成した自分を、一番楽しい状態に持っていってあげることです」

こどもの他愛ない要求が本人にはとても大切だったりします。

お子様が頑張ったときにはその成功を実感できる状態にしてあげましょう。

それは大人の価値観ではなく、お子様視点でのご褒美であるべきです。



ママ編

そしてママ本人に送る名言3つ。

「予想外の人生になっても、そのとき、幸せだったらいいんじゃないかな」

育児のためにキャリアを中断されているお母様も多い昨今。

中には「もしも一人だったら」と思う気持ちとそう考える罪悪感に苦しむ方もいらっしゃることでしょう。

そうでなくても、育児は予想外の連続。

思った通りに行かないことに連続で、気がつけば思っていたのとはまったく違う方向へ向かっていると感じることもあるかもしれません。

お子様の手を握って見てください。

寝顔を見てください。

大きくなったと思って掴んだ肩の小さいこと、小さいこと。

お母様方、あなたは幸せです。大丈夫。松岡さんもそうおっしゃってます。

「『やってられないよ』と思ったとき、『でも俺、頑張ってるよな』とつぶやいてみてください。『頑張ってる私って、結構いいな』と、自分を好きになってください。その方が生きやすくなるとは思いませんか?」

育児中、特に乳幼児を抱えていると全世界が敵になるような瞬間があったりしませんか?

被害妄想といわれてもあるんです、あったんです、あるって見聞きするのです!

そんなときは堂々と自分で自分を応援しましょう。

「真剣に考えても、深刻になるな!」

ミルクの量も寝返りも喃語もあんよも深刻にならないで。

こどもの成長には真剣に向き合うべきですが、時期や数値に振り回されずにリラックス。

深刻になりすぎてストレスや不安がつのると、お子様に伝わってしまいます。

親子編

最後にひとつ、親子で実践したい名言を。

「今日から失敗したらガッツポーズだ!!!!」

親も子もまだまだなんです。

失敗したらやり直せます。

一緒にガッツポーズです。

いつでも、修造!

いかがでしたか。

松岡修造さんの名言はこんな風に配信されたりもしています。

松岡修造bot https://twitter.com/mottoatuku 

日々の育児に、まいにち、いつでも、修造!です。

【参考】


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします