子供の教育・成長・遊び

今日から別々!子供部屋で寝かせるのはいつからが良いのか?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!2年生と4年生の子供を育てているママライターです。

子供が自分の部屋を持つのは、1年生を機会に…というご家庭が多いようですね。

しかし、寝る時はママと一緒がいい!と、1人で寝る事に寂しさを感じる子供も多いでしょう。

では、子供部屋で寝かせるのは、いつ頃が良いのでしょうか?!



基準はありません

正直、子供の性格によるもので、その基準はないと私は考えます。

時期はそれぞれです。

私の周囲では、新生児から別室というご家庭もあります。

授乳が終わった1歳、朝まで起きなくなった2歳や、おねしょをしなくなった3歳、

1年生で自分の部屋を持ったことをキッカケにと実践したご家庭もあります。

しかし、部屋を持っても「寝る時はママと一緒!」と言う子供が多いのも事実です。

何かのキッカケで…

新しいベッドを購入した、妹と一緒に寝ていると蹴られる、朝は起こされずゆっくり寝ていたい等、

子供自身がキッカケを見つけて、“1人で寝る!”と決めるご家庭は多いようです。

兄弟一緒なら!

兄弟が一緒の部屋であれば、比較的子供部屋で寝ることに不安を感じない場合が多いと思います。

1人より2人。心強さを感じるのでしょう。

無理強いはさせない

夜は暗くて静か。不安を感じるはずです。

安心して眠らせてあげて!

眠りにつくとき、ママと一緒だと安心するのが子供です。

安心=安眠。不安が睡眠不足に繋がり、日中の生活にも支障をきたし兼ねません。

無理強いさせるとトラウマに

無理に1人で寝かせると、トラウマになってしまう事もあります。

寂しい、不安、でもママに甘えると叱られる…子供の小さな心が大きく傷つきます。

安心させてあげることで、時期が来れば1人で寝られるようになるでしょう。



焦らず見守りましょう。

親と一緒に寝ることに、心配はあるのでしょうか?

我が家は小学2年生と4年生の娘2人ともが、親と一緒に寝たがります。

依存は自立を促します

“甘え”の気持ちを受け止めてあげると、子供は安心します。

安心こそが、自立に繋がります。

安心できず、甘えたい気持ちを我慢し続けると、欲求が満たされず自立に繋がりません。

早いうちから1人で寝かせることを義務付けてしまうと、

いつまで経っても、「寂しい」という気持ちから抜け出せられなくなります。

成長は行ったり来たり…少しずつ

自分の部屋で布団に入っても、途中で目が覚めて親の布団に潜り込むこともあるでしょう。

寂しく、不安なのだと理解し、入れてあげましょう。抱きしめて安心させてあげることで不安が解消されます。

決して過保護ではありません。

そうしているうちに、少しずつ、自分の部屋で寝られる回数は増えてくるはずです。

アジア独特の文化

夫婦と子供が同じ布団で寝るのは、アジア独特の文化です。

欧米では、『寝る=夫婦の時間』という考えが浸透しているため、

子供は生まれてから親と同じベッドに入って眠ることは、ほとんどありません。

別室は自立を促す?

赤ちゃんの時から別の部屋で寝ると自立を促す、というのは本当でしょうか。

私は、そのような事はないと考えます。

現に「1人で寝る時期が遅い子供は、自立が遅れる」という統計はありません。

それどころか、最近はその逆であるという考えが世界的に主流となってきています。

スキンシップも大切

欧米に比べると、日本人は時間に追われ忙しく過ごしている人が多いのが事実です。

子供とのスキンシップも日中はなかなか出来ないため、その分を、夜一緒に寝ることで補うという考え方にも頷けます。

できる限り、一緒に寝ましょう。

子供と一緒に寝る時間は、数えると何年か…人生の何分の一でしょう。

それは、とても貴重な時間です。

欧米でも見直されています

先に、子供と一緒に寝ることはアジア独特の文化である説明をしました。これは、メリットの方が大きい!と、欧米でも見直されています。

子供と一緒に寝ることには、沢山のメリットがありますから、自信を持って、可能な限り続けられるといいですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします