妊婦の家事・仕事

妊娠して出来なくなる家事と出産後できなくなる家事!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

赤ちゃんを妊娠してお腹が大きくなると生活が徐々に変化して行きます。

体の変化や着る服、赤ちゃんのための準備・・・色々と心得ておきたい事はありますが、

意外と脳裏に浮かばないのが「家事」の内容ではないでしょうか。

妊娠後期と産後にできなくなる家事の内容を把握しておけば、

事前に片付けておく、周囲にサポートを頼むなど、対処することができます。

妊娠初期の方、これから妊娠を望んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。



妊娠後期に出来なくなる家事

お腹が大きくなると、頑張っても辛くなる家事があります。

お風呂掃除

お風呂掃除はかがんでする仕事ですから、お腹の大きな妊婦にはとても大変です。

滑って足を滑らせることもあるかもしれません。できるだけ、夫に代わってもらいましょう。

換気口の掃除

換気口には埃が貯まりやすく、定期的に掃除をしたいもの。

しかし、高い位置の掃除は妊婦にとって大変かつ危険です。

安定期の早いうちに済ませておき、あとは夫に任せましょう。

窓掃除

大きな網戸を取り外したり、高い位置の窓掃除も大変な家事のひとつです。

そして、思いの他力を必要とします。これも、夫に頼むようにしましょう。

布団の衣替え

お腹が大きくなる前に、布団の衣替えを済ませておきましょう。

布団は重くてお腹にも負担がかかります。

持ち上げてギックリ腰になっては大変であることを覚えておいてください。

キッチンの換気扇

キッチンの換気扇は高い位置にあり、台に上がって手を伸ばさなければならないのでお腹に負担をかけます。

妊娠中の家事としては辛い事ですので、思い切って家事代行サービスを利用することをおすすめします。

奥まできれいに掃除をしてくれるうえにプロが使用する洗剤で除菌までしてくれるので、きれいが長持ちします。

妊娠後期にはぜひ考えてみてください。



出産後に出来なくなる家事

赤ちゃんのお世話に忙しくなると同時に、赤ちゃんから目を放せなくなります。

そこで産前は可能なのに産後に難しくなる家事には次の事があります。

納戸や押し入れの整理

納戸のように奥にこもってする片付けは、赤ちゃんを見ながらはできません。

また、赤ちゃんの物が増えたり、使い易く収納を考える等は

集中して一気に済ませたいために、産前に行っておくべきだと思います。

洋服の衣替え

産後の家事は、赤ちゃんのお世話の合間にするようになります。

大きく広げて片付ける洋服の衣替えは、度々出してするとなかなか片付きません。

中途半端にならないために、産前に片付けておきましょう。

玄関の掃除・衣替え

玄関の掃除は見落としがちです。

産後に出来ないことはありませんが、

砂埃が立つ場所ですから赤ちゃんをおぶりながらや、ベビーカーに乗せながらは避けたいものです。

出産前に一度、隅々まで掃除をしておきましょう。

一緒に靴類の衣替えもしておくと安心です。

夫に上手に変わってもらう方法

産前産後の家事のサポートは、身近にいる夫にお願いするのが一番簡単です。

しかし、やり方が気に入らないとか、定期的にやってくれない、気が付いてくれない

と不満が生まれるご家庭もあると思います。

上手に変わってもらい、定期的にしてもらうためには、妻のちょっとした工夫が必要です。

褒める・感謝する・頼む

男性の脳は女性の脳の構造とは少し違います。

一度頼んだからと言って、次からも定期的にしてくれるとは限りません。

その点は諦めて、してほしいと思う度に頼むようにしましょう。

いくら下手でも気に入らなくても、絶対に責めてはいけません。

ただ、やってくれてありがとう、助かるわという気持ちを伝えましょう。

夫の気持ちを上げることが、次に快く引き受けてもらえるポイントです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします