小学生・小学校

小学校の家庭訪問を充実した時間にする為のママの心構え

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

新学期が始まりさっそく話題になるのが家庭訪問ですよね。

学校により1家庭における時間は様々ですし、

先生がリビングに上がって話をする、玄関先で済ませる、子供部屋まで除く等、内容にも違いがあります。

さて、家庭訪問の本来の目的とは何でしょう。

また、充実した時間にするために事前に心得ておきたいこととは?



何のための家庭訪問?

家庭訪問の大きな目的は次の2つにあります。

熱心な先生ほど、家の中に入って様子をしっかり見ていくことを覚えておきましょう。

家庭における子供の様子を把握するため

基本的に家庭訪問期間中は学校の下校時間が早まります。

先生が訪ねてくる時間帯に子供が家にいるご家庭も多いでしょう。

その時に、親の膝に遠慮なく座って来たり、

にこやかに一緒に話を聞く家庭は子供が安心して親に甘えることが出来ていると考えられます。

また、元気に外に遊びに行っていることも安心材料のひとつです。

逆にずっとゲームをしていたり、テレビを見ている子供の様子が見られると「普段からそうなのかな・・・」と受け取られます。

子供が家でどのように生活しているか、家庭訪問で先生がよく見ている部分だと受け止めましょう。

家庭の様子を把握するため

家の中を見ることにより、子供がどのような環境で生活しているのかを把握するという目的があります。

乱雑な家庭で育っている子供は心が乱れやすい傾向にあったり、

子供の作品がたくさん飾られている、子供が整理整頓しやすいように片付けられている家庭は、

それだけ子供に手をかけているということがわかるのです。

子供部屋も覗いて行く先生には、子供が育っている環境をしっかり見ておきたいという意図があるのです。

遠慮なく、聞きたい事は聞きましょう

家庭訪問は子供の事について先生と直に話すチャンスです。

学校生活の様子を聞く

学校で子供がどのように過ごしているか、知りたいですよね。

特に中・高学年になると、外での友達関係や悩みについては、次第に親に話さないようになってきます。

家の中と様子の違う学校での様子を、しっかり聞いておきたいですね。

学習面での心配事を聞く

子供が学校の勉強をどの程度理解しているか、年に2回の通信簿ではわからない点も多いでしょう。

細かな部分で取り組んだ方が良い事や、上手な勉強方法は、プロである先生に聞いておきたい項目のひとつです。

心配事を伝える

勉強、学校生活、家庭生活、どのような事でも心配事があれば遠慮せずに聞きましょう。
「家庭の事は学校には関係ないわ!」「家庭の事を先生に相談しても・・・」と考えないでください。

家庭内で気になる点がある子供は学校生活にも大きく影響します。

逆に、最近家でとても反抗する様子があって・・・という場合、学校生活や友達関係に原因があるかもしれません。

学校と家庭は、どちらとも子供にとって成長の基盤となる場所ですから、

親と先生が協力して育てて行くという考えを持ちましょう。



充実した時間にするために

いざ先生が来た!お茶とお菓子はどうしよう・・・家の掃除は・・・

とアタフタしている間に肝心な事を忘れてしまいがちです。

大切なのは“話す内容”です。

話す内容は、予め準備をしておきましょう。

何を話そう・・・と考えているうちに制限時間が終わってしまった・・・とならない様、

聞きたいことや伝えたいことは、予め準備しておくとスムーズに進みます。

メモに書いておくことが一番です。

家庭訪問を今後に生かすために

家庭訪問は、これからの1年間を充実させるための、大切な時間です。

先生に、知ってもらうこと

我が子がどのような性格で、どのような事が苦手、こんな時が心配・・・など、

1年の始まりに先生に伝えておくことはとても大切です。

熱心な先生であれば、とても真剣に聞いてくださり、

また今後の学校生活においての子供の注目すべき点を心得てくださいます。

家庭訪問を必要ない!と考えず、

とても大切な事と捉えて有意義な時間にしてくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします